玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

厄病亀

2009年09月28日 | 日々思うことなど
私は経済のことはギリシャ語と同じくらい得意である。
要するにチンプンカンプンということですが。
そんな自分にも最近の亀井金融・郵政担当相の債務返済猶予(モラトリアム)論はたいへん危なっかしく見える。
大丈夫か本当に。誰かなんとかして。

金融音痴を露呈した民主党 「返済猶予」が引き起こす深刻な副作用 JBpress(日本ビジネスプレス)
asahi.com(朝日新聞社):「私の発言で株価下がるような銀行は…」勢いづく亀井節 - 政治

それはともかく(ともかく?)、株価も順調に(!)下がったことだし、亀井大臣が「厄病亀」呼ばわりされる日は近いと思われる。
というか、まだ誰も使ってないのが不思議だ。





コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 首相指名「白紙投票」論の馬... | トップ | 法律を知らないリゴリスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々思うことなど」カテゴリの最新記事

トラックバック

亀井大臣暴走モード (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
ステキなお言葉の数々はこちらをご参照下さい。 誰かぁ・・・。 ***♪亀井をとめて♪ 亀井をとめて このままそっと 下げゆく株が 耐え難いから 弁済猶予を その手でとめて 話す言葉が 狂っているから いつまでも連立 無理なのか 今日も株価が 急落す...