玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東国原英夫の野望 知事群雄伝

2009年06月29日 | 政治・外交
東国原知事と地方分権改革の志を同じくする仲間が集まって、いよいよ「知事群雄伝」の物語が始まりそうだ。
そうはいっても、地方分権改革とは何なのか、改革派知事連合が自民党あるいは民主党支持を明確にするのか、それともいっそのこと政党化するのか、具体的なことは何もわからない。祭囃子は聞こえてくるけれど神輿も露店も見当たらない。

前の記事は「全国版」、今回の記事は「群雄伝」とくればお分かりの通り、元ネタは「信長の野望」シリーズである。とはいえ、自分はそんなに熱心なファンじゃないので凝ったネタは書けません、ごめんなさい。
せっかくだから東国原氏の能力をノブヤボ式に勝手に数値化してみよう。

東国原 英夫 (ひがしこくばる ひでお) 日向国 1957~

 戦闘 = 73
 政治 = 58
 智謀 = 67
 魅力 = 80
 野望 = 96


「戦闘力」は選挙の強さ。
知事選では圧勝したものの、衆院選挙でどれくらい戦えるか未知数なので中間的な数字にした。

「政治力」はそのまんま行政能力。
知事の任期を終えるまでは評価以前の段階だ。一期目は評判がよくても二期目以降にボロを出す「改革派知事」も珍しくない。

「智謀」は謀略や扇動を仕掛ける能力。
今回の出馬騒ぎを高く評価する向きもあるが、マスコミ受けはともかく世間の風は案外冷たいようなので低めに設定。

「魅力」は単純に人気として評価。
県知事として宮崎県での支持率は高いし、マスコミ的な人気者であることはまちがいないから高くした。ただし、人気がそのまま衆院選での支持につながるとは限らない。

「野望」は間違いなく高い。おでこも目付きもギラギラしている。
96は過小評価かもしれない。上杉謙信の戦闘力のように100オーバーでよかったかも。

能力値はそこそこで、野望ばかりが高い。
武将として配下に加えるといつ謀反を起こすかわからず、どうも信用できないタイプだ。
軍師が「殿、見込みのある武将を見つけましたぞ」と進言しても私なら家臣に加えたくない。よほど人手不足で「開墾」「町作り」する武将が足りなければ雇うかもしれないが、兵を持たせて戦場に送るのは危なっかしい。
敵軍の武将として捕虜にしたとき「どうか家臣にお加えくだされ」と媚びられても、賢明なプレーヤーなら「斬首」するか他家に混乱を起こすことを期待して「逃がす」だろう。金や茶器を贈って忠誠度を上げるほど価値のある武将とは思えない。

東国原英夫、どうにもこうにも食えない武将 …じゃなくて政治家である。

参考記事
おっちょこちょいのヒマ人、「世論」を作る - 小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」
コメント (1)

真剣で素振り

2009年06月26日 | 日々思うことなど
警察の銃器取り扱い訓練は大丈夫なのか。

東京新聞:女性2警官拳銃誤射 貸与開始からわずか 県警 54署の訓練 当面中止:神奈川(TOKYO Web)
 厚木署と青葉署で二十五日、女性警察官二人が訓練中に相次いで拳銃を誤射した事故。四月末から原則、女性警察官全員への拳銃貸与が始まったばかりで、県警は「扱いに慣れていなかった」と説明。県内五十四署に当面の間、拳銃訓練の中止を通達し、安全確認の徹底を呼び掛けるなど、対応に追われた。

 県警によると、誤射した警察官二人はいずれも七月二日に開かれる県警の拳銃大会に出場予定の代表選手。拳銃は五月に貸与されたが、日常の業務では使用していなかった。

 二人は、テレビ画面に映し出された犯人が発砲する状況を見ながら、どう対応するか指で発砲の構えを取るイメージトレーニング中に、思わず腰の拳銃を手に取り、引き金を引いてしまったという。銃弾が当たったテレビは壊れた。


事故そのものはやむをえない。どれほど気をつけていても起きてしまうことだ。
だが、神奈川県警の言い訳がだらしなくて、本当に心配になってしまう。

 女性警察官全員への拳銃貸与が始まったばかりで、県警は「扱いに慣れていなかった」と説明。

暴論のようだが「扱いに慣れていない素人に実銃を持たせるな」とさえ言いたい。
それなら訓練できないじゃないか、と言われそうだが、銃の取り扱い訓練なら実銃じゃなくて模擬銃(モデルガン)でも問題なくできる。

 ・ 銃を手に取ったら必ず装填を確認する
 ・ 必要がなければ弾を抜く
 ・ 常に安全装置をかける
 ・ みだりに銃口を人に向けない
 ・ 撃つ直前まで引金に触らない

基本的な銃のマナーはモデルガンでも同じである。もちろんイメージトレーニングだってできる。本当に実銃でなければできないのは射撃訓練だけだ(それにしてもかなりの程度はエアガンや光線銃で代替できると思うけど)。
逆に、「慣れていない」警官に「装填された実銃」を渡してイメージトレーニングさせるほうが不可解だ。剣道で初心者に素振りさせるとき真剣を持たせる師匠がいるだろうか。ほとんどありえないことだ。
今回の事件は単なる女性警官個人のミスではなく、神奈川県警の拳銃取り扱い規定や訓練教官のほうに問題があるように思われる。


ちょっと話はずれるけれど、私は以前から警察官の発砲について警察内部でちゃんと考えられていないんじゃないかという気がしてならない。
今回のような隠しきれない事故や不祥事の場合は「申し訳ない」と言うけれど、それ以外のときは事なかれ主義で独善的だ。
何か事件があって警官が発砲したとき「撃つ必要はなかったんじゃないか」と批判されたり、その逆に「撃つべきなのに撃たなかったのでは」と叩かれることは結構ある。だが警察の対応は常に「規定どおりであり問題はなかった」。せいぜい「調査して問題がなかったかどうか確認する」とは言うけれど、「調査の結果こういう問題が見つかりました、再発防止のため対応します」という発表を見たことがない。
もちろん間違いは無いほうがいいけれど、警察官だって人間だからわずかなミスまでゼロということはありえない。それなのにいつもいつも版で押したように「何も問題はなかった」と発表されるとかえって信用がなくなる。「問題を隠しているんじゃないか、まじめに対応するつもりがないんじゃないか」と疑いを持ってしまう。

うちの近所のスーパーは結構評判がいいのだけれど、その理由のひとつにコミュニケーションボードの存在がある。
お客からの要望や「おほめの言葉」とともに、「おしかりの言葉」が少なからず並べられていて、それぞれにどう対応したか説明されている。私自身はクレームをつけたことはないけれど、「この店ならトラブルがあったときも誠実に対応してくれるだろう」と安心できる。逆にクレームを隠して「うちの店ではお客様すべてに満足していただいております」とうわべをつくろうような店はうさんくさい。
コメント

東国原英夫の野望(全国版)

2009年06月24日 | 政治・外交
そのまんま権力への野望をむき出しにする男。
日本でいちばん危険な人物かもしれない。

asahi.com(朝日新聞社):「722分の1にならぬ」 東国原知事、気持ちは国政へ - 政治
asahi.com(朝日新聞社):東国原知事「条件そろえば国に行く」「自分は真剣」 - 政治

共同通信の記事が東国原知事のコウフン(口吻・興奮)をリアルに伝えている。

東国原氏「宮崎のため国政に」 次期衆院選に出馬意欲 - 47NEWS(よんななニュース)
 宮崎県の東国原英夫知事は24日、自民党から要請されている次期衆院選への立候補に関して「自民党総裁候補」となることをあらためて条件とした上で、「宮崎のために国政に行く」と意欲を示した。

 知事は条件について「麻生太郎首相の次に自分が総裁になるのではない。総裁候補の1人として衆院選の顔になるということだ」と説明。「いたって真剣だ。ふざけたり、おちょくっていることはない」と強調した。県庁で記者団の質問に答えた。

 自民党から出馬したものの政権交代が起きた場合については「野党になったらしょうがない。民主党の政治をチェックする」と述べた。

 自民党内からの批判に対しては「『頭を冷やした方がいい』と批判する人の方が、下野して頭を冷やした方がいい」などと反論した。


東国原氏の「立候補を要請するなら自分を自民党総裁候補にしろ」という発言が伝えられたとき、私は最初から「本気で言っているな」と思った。
世間では「ジョークだろ」「体よく断っただけ」という見方をする人も多かったけれど(その一例)、そんなに甘いものじゃない。冗談で片付けようとする人たちは彼の権力欲をなめている。東国原英夫という男はおとなしいゴールデンレトリバーのふりをした獰猛なジャーマンシェパードだ。

2007年に宮崎県知事に当選したころから、東国原氏のことをいささか危険な人物だと思っていた。政治活動(というか「政治家活動」)に熱心なのは結構だけれど、テレビ出演のパフォーマンスに臭みがあった。建前としては宮崎県のアピールだが、私には国政進出を目指した個人的売名にしか見えなかった。
これまでも何度か国会議員への立候補を噂され、本人は打ち消してきたけれど、私はぜんぜん信じなかった。よくもまあぬけぬけと、という感じである。
今になってみると「遅かれ早かれ衆院選に出る」「本気で総理になりたがっているから参院に回り道はしない」「一期目の任期は勤め上げて実績を売り物にするだろう」という観察はだいたい当たっていた。とはいえ、一期目の任期途中でいきなり「自民党総裁候補としての処遇を要求」というのは想像を超えている。よく言えば率直、はっきり言うとさもしい男だ。

もともと私は東国原英夫なる人物を信用していない。
知事・政治家としても評価以前だし(せめて任期を終えるまで待てなかったのか)、芸能人としても好感を持ったことがない。個人的な好き嫌いはともかく、知事選であれほど「宮崎県のために尽くす」と言い続けた新米政治家がいきなり「宮崎のために国政に行く」「総裁候補の1人として衆院選の顔になるということだ」などと言い出したら好感を持つのは難しい。宮崎県知事の肩書きを個人的権力欲のために使い捨てたみたいで、宮崎に縁もゆかりもない私も嫌な気持になった。売れたとたんいい気になって糟糠の妻を捨てる芸能人みたいだ。
東国原氏が国政に色気をむき出しにせず、そのまんま県知事として勤めていれば私もとやかく言うつもりはなかった。しょせんはよその県のこと、宮崎県民が満足しているならそれでいい。だが国会議員に立候補する、それも自民党総裁候補(総理大臣候補)の座を要求して、となると断然「やめてくれ!」と叫ばざるをえない。いやもう本当に、悪い冗談としか思えない。

このさき宮崎県知事として実績を積めばどうなるかわからないが、今の東国原氏にあるのは知名度と「人気」だけだ。そしてむき出しの権力欲。こんなポピュリズムの権化のような人物が「世論」の期待を集めるようになったら私はほとんど日本の政治に絶望する。
もしかしたら順番が逆なのかもしれない。善良なる日本国民はすでに日本の政治に絶望していて、人気と権力欲だけの男にもつい劇薬として期待してしまうのか。それとも、すでに自民党の存在を完全に見捨てていて、東国原氏と自民党が抱き合って泥沼に沈むのを笑いものにしたいだけなのか。どちらにしても虚無的・冷笑的で悲しくなる。

いや、嘆くのはちょっと気が早い。別に「東国原の野望」を世間が歓喜して迎えたわけじゃない。今のところは半信半疑というか「気の効いたジョーク」として受け流すつもりの人が多いようだ。私も笑いごとで済めばいいと思う。だが残念ながら楽観はできない。
東国原英夫は本気である。あの男の権力欲を甘く見てはいけない。
コメント (6)   トラックバック (2)

リニア路線問題はインド人に学べ

2009年06月20日 | 日々思うことなど
リニア新幹線のルート選定問題で諏訪回りの「Bルート」を主張する長野県(知事・県庁・県民)が叩かれてる。

痛いニュース(ノ∀`):リニア試算提示→長野県「6400億円の差額は小さい」「時間差はわずか7分」「差額はJRが負担を」
はてなブックマーク - 痛いニュース(ノ∀`):リニア試算提示→長野県「6400億円の差額は小さい」「時間差はわずか7分」「差額はJRが負担を」

うーん、どうなんだろう。
批判があるのは当然だけど、「恥を知れ」「長野県民はバカか」式の罵倒に何の意味があるのかわからない。単なる鬱憤晴らしのように見える。
デパートのおもちゃ売り場で「合体ロボがほしい!買って買って買って!!!」と駄々をこねる子供は確かにうるさいけれど、それをヒステリックにしかりつける母親のほうがもっと不快だ、という感じ。江川卓じゃないけれど、「みなさん、そう興奮しないで」と言いたくなる。
別に長野県(のBルート推進派)をかばうつもりはないけれど、彼らの一見すると理不尽な「ゴリ押し」にはそれなりの歴史と理由があるのだ。

リニア中央新幹線「1県1駅」方針と地元各県の反応。 - とれいん工房の汽車旅12ヵ月
80年代末の段階でルートを先送りしたツケが今来ている

 JR東海はリニア構想を発表した80年代末以来、そのルートについては明言を避けてきた。もちろん甲府から飯田へと直行する「Cルート」が念頭にあったからだ。

 リニア構想の前身である中央新幹線構想が話題となったのは、それより先の1973年。田中角栄首相の手で全国新幹線鉄道整備法の路線の中に盛り込まれたのが契機である。当時、飯田周辺では国鉄中津川線(飯田~中津川)の工事が予算が付かずに中途で放置されていた。試掘が始まっていたトンネルを中央新幹線に転用することが期待されたりもした。

 ただ、この時点では、甲府と飯田の間については何も明言されていない。

 そして、80年代、いつしか田中角栄は権力者の座から引き下ろされ、中央新幹線は新幹線形式じゃなくてリニアでやるって話に膨らんできて、その弟子の1人である金丸信副総理が山梨県にリニアの実験線を持ってくるのだが、ここでも結論は先送りされている。

 もちろん、JRや国や鉄建公団はCルートありきで考えていたのは誰にでも想像できるんだけど、最終的にどうするかは先送りしてきたんだよね。みんな。グレーゾーンにしておけば、とりあえず政治的軋轢は生じない。


長野県民もBルートで一本化されているって訳でもないんですよ

 まあ、長野県民以外にとっては諏訪に行こうが行くまいがどうでもいい。飯田経由・Cルートでいいよとは思う。ネットの住民が長野県庁や長野県知事、商工関係団体などの言葉に反発を感じるのも当然。おらが県にだけ2つ駅を造れ……と主張するのはワガママにしか見えないし、土木業に依存してきたここ数十年の地方政治の汚い側面を見せつけられたような気がするから。ネットでは賛同者はへとんどいなさそうだし、信濃毎日新聞など長野県絡み以外のマスコミもスルーしている。

 そして、長野県は、1989年にリニア中央エクスプレス建設促進長野県協議会で県内ルートは諏訪回りのBルートで一本化。県議会で議決したり、イベントを開催したりしながらBルート当然というスタンスを固めてきた。もう20年間も。これじゃあ後戻りできない。振り上げた拳を収めるタイミングを失った。
(中略)
 結局、中央新幹線構想の節目で重要な役割を果たしながらも、無責任にプロジェクトを決めてきた田中角栄と金丸信が悪いんです。全て。国土と財政と地域の破壊へとまっしぐらに向かっている高速道路や空港や港湾を大盤振る舞いしてきたのもこの2人が原因だし。角栄と金丸が悪かったんだと、あの世に逝った2人に責任をなすりつけることで長野県も「1県1駅」で納得してくれないかな……と思ったりもする。


ルート問題をあいまいにして先送りしてきたツケが長野県に回ってきた、ということらしい。勝手に期待したほうも悪いが、知っていて気をもたせ続けたほうも悪い。
彼女が「クリスマスイブには素敵なレストランで食事をして、高級ホテルに泊まって…」と夢を語っているのに彼氏が「あー」とか「うーん」とか生返事しかしなかったらどうだろう。男は「俺の給料知ってたらそんなこと本気で言うはずがない」とたかをくくり、女は「否定しないのは真面目に考えてくれているからね」と思い込む。街でジングルベルが聞こえるころ悲劇が起きる。こんなとき「ぜんぶ女のほうが悪い」と決め付けるのはフェアじゃない。
女性に同情するとしても、実際のところ男性の懐が寂しくてホテルの予約を取ってなければ素敵なプランを実現するのは無理だ。夢見る女性には現実を知ってあきらめてもらうほかない。こんなとき「俺がいつ約束した?勝手に期待されても困るんだよ!」と切れる男はガキである。理不尽だとは思いながらも彼女の機嫌をとり、高価じゃなくても気の効いたプレゼントを贈って笑顔を取り戻させるのが「大人の男」だ。
えらそうなことを言ってしまったが私自身もいい年してガキである。「それならお前はどうなんだ、怒ってる女性をちゃんとなだめられるのか」ときかれたら「ごめんなさい」と謝るばかり。そもそもクリスマスを一緒に過ごす彼女が(略


…えーっと、気を取り直して。
長野県(のBルート派)がずいぶん無理なことを言っているのはまちがいない。だが、彼らが主張する理由は理解できる。「自分が彼らの立場ならやっぱりそう言うだろうな」と素直に思う。だからといって「JR東海は6000億円負担してBルートでリニアを作れ」とは言わないけれど。
むしろ、「長野県けしからん!」と憤る人たちのほうが理解しがたい。そんなにカッカしてもしょうがないでしょうに。「バカ叩き」してストレス解消したい、という動機であれば理解はできるけれど、自分が真似したいとは思わない。

日本が「定価社会」であることが怒りの原因のひとつなのかな、という気もする。
日本中どこに行っても、たいていの店でほとんどの商品が定価販売されている。この場合の「定価」とは店が決めた価格(言い値)の意味でメーカー希望小売価格ではない。正札どおりの値段で値引き交渉せずに買うのが普通の消費行動だ。
関西ではわりと普通に「おっちゃん、ちょっと負けてや」「しょうがないな、特別サービスやで」というやりとりが行われているらしいけれど、それにしても理不尽な「吹っかけ」というのはあまりないだろう。私が思うに、日本人は「吹っかけ」に対して経験値が低く、すぐカッとなってしまう純情なところがある。

たとえばインドあたりでは、観光客に地元民価格の何倍も吹っかけるのが当たり前らしい(行ったことはないので旅行記を読んだ印象)。100ルピーの商品に対して300ルピーとか言われても驚いてはいけない。
そんなとき言い値で買うのはバカげているけれど、「吹っかけやがったな!俺をなめてるのか!」「インド人は恥を知れ!」とカッカするのもつまらない。交渉ごとでは冷静さを失ったほうが損をする。「300ルピー」と聞いたら目が回ったふりでもして、「そんな大金払ったらこの店が全部買えるよ」と笑ってみせる。「50ルピーなら考えてもいい」「そんな殺生な、せめて200ルピー」「冗談じゃない、75がせいぜいだ」「大負けに負けて150」「100、これ以上ビタ一文出せない」「うちには4人の子供が腹をすかせて待ってるんです… 125ではいかがで」「赤ん坊のミルク代ならしょうがない、120で買うよ」「ありがとうございます」というのが面倒くさいけれど面白い、「正しい値引き交渉」というものだ(地元民価格よりちょっと高いのはしかたない)。

長野県の県民性は理屈っぽくて議論好きだそうで、その点インド人とちょっと似てるかもしれない。いや、別に似てなくてもいいのである。大事なのは、日本人とインド人が「他者」であるように、Bルートを主張してやまない長野県民(の一部)もまた立場と考え方が違う他者である、ということだ。
他地域の住民が「日本全体の交通網」とか「技術的・資金的問題」から考えてアルプスを貫くCルートを良しとし、長野県民が地元の発展を考えてBルートを望む。単に立場と考え方が違うだけで、道徳的にどうこう言うような問題じゃない。
リニア建設は国家的な大事業(事業主体はJR東海だけど)であり、地域住民がローカルな利益を主張するのは当たり前のことだ。立場の違い、利益の対立があるから政治という営みが必要になる。頭ごなしに「自重しろ、我慢しろ」と押し付けるだけなら簡単だが、それは独裁国家のやり方だ。経済論や技術論、社会論としてBルート派を批判するのは結構だけれど、倫理的問題であるかのように決め付けて叩くのはよろしくない。かえって問題を感情的にもつれさせ、ややこしくするだけだ。
コメント (1)   トラックバック (2)

あえて「地域エゴ」を擁護する

2009年06月16日 | 日々思うことなど
ネット世論が「バカ叩き」大好きで極論に振れやすいのはいつものこと。
とはいえ、これはちょっとどうかと思う。

リニア新幹線Bルート要望相次ぐ 伊那でJR東海が説明会 - 長野日報 (Nagano Nippo Web)
痛いニュース(ノ∀`):【リニア】 長野「Cルートは独善的。これからの時代は1県1駅でなく駅を増やして人間的ゆとりを」
はてなブックマーク - 痛いニュース(ノ∀`):【リニア】 長野「Cルートは独善的。これからの時代は1県1駅でなく駅を増やして人間的ゆとりを」

2ちゃんねる(痛いニュース)もはてなブックマークも批判・罵倒・嘲笑であふれんばかり。
誰が誰をどんな理由で批判しようと自由ではあるけれど、社会の仕組みとかそれぞれの立場とか何も考えず「ただ叩くだけ」の批判はつまらない。

長野県(県庁)と長野県民がリニア中央新幹線計画について「諏訪回りルート」を主張していることが批判の的になっているけれど、私には何が悪いのかわからない。言うだけなら別にいいじゃないかそれくらい。
長野県に限らず、日本中あらゆる地域の自治体と住民がローカルな意見(利益)を主張するのは当たり前のことだ。リニアに限らず、オリンピック招致でも首都機能移転問題でも「ぜひうちの地域を」「わが街(県)を選ぶとこんなに利点があります」と大いに宣伝したはずだ。そのなかにはずいぶん無理なものもあるけれど、他の地域の住民が「誘致運動自体がけしからん」と叩くようなことはなかったと思う。
私は別に「長野県(県民)の言ってることは正しい、リニアは諏訪回りルートにすべきだ」と言いたいわけじゃない。むしろ「東海道線の御殿場回りじゃあるまいし、技術的にトンネルが掘れるならわざわざ遠回りさせる意味はないだろう」「そもそもリニアはスピードが命なんだから」と思っている。だが、私がそう思っているからといって、長野県民もそうしろと押し付けるのは無理だ。彼らには彼らの立場があり、長野県民の意見が他県と違っていても「けしからん」とか「恥知らず」などと糾弾されるいわれはない。

長野県(県民)のリニア路線問題に対する主張をわがままだ、地域エゴだと批判するのはたやすい。
だが、自分が同意しないローカルな主張を「地域エゴ」として安易に切り捨てたら、自分が何かの事情でローカルな利益を主張するときにも「地域エゴはやめろ」と罵倒されることを覚悟する必要がある。「情けは人のためならず、めぐりめぐって己がため」ということわざもあるが、他者の「エゴ」に対する不寛容もめぐりめぐって自分のところに戻ってくる。
たとえば自分の住んでいる地域に産廃処分場が計画されたとき、「国のために必要なんだから『地域エゴ』は慎もう」と素直に納得する人はどれくらいいるだろうか。もちろんそういうご立派な人もいるのだろうが、「そりゃちょっと困る、勘弁してくれ」と感じるほうが普通だと思う。ところが反対運動を起こすと日本中から「地域エゴ見苦しい」「イナカモノの悪あがきはいい加減にしろ」と叩かれるかもしれない。まったく他人事ではない。

実際に、沖縄の米軍基地反対運動や日本各地の原発反対運動では「わがままはいい加減にしろ」「地域エゴは見苦しい」式の批判や罵倒がぶつけられているようだ。私自身は、米軍基地も原子力発電も必要だと思っている。負担を担う(押し付けられる)地域の人たちはお気の毒だが、日本全体としてはやむをえない。やむをえないけれど、「お前らイナカモノはお国のために我慢するのが当然だ」などと威張り散らす輩はゲス野郎である。「他の地域の人間にとっては見苦しいだけの『地域エゴ』も、その地域に住むものにとっては切実な問題かもしれない」という想像力をなくしてはいけない。

リニア新幹線路線問題の長野県叩きを見ていると、光市母子殺害事件における弁護団叩きを思い出してしまう(この問題については江川昭子の記事が詳しい)。
叩いている人たちは無意識のうちにアプリオリで自明な「真実」「正義」の存在を前提にして、そこから逸脱した存在(長野県や弁護団の主張)を一顧だにせず切り捨てる。自分と異なる立場、異なる考え方の存在を認めない。時間と手間をかけて対立を解きほぐすのを嫌い、手っ取り早い解決を求める。「リニア路線問題」「光市事件の弁護団叩き」だけでなく、警官の発砲礼賛とかピースボート批判とかフィレンツェ大聖堂いたずら書き問題とかを見ると、「正義」がドミノ倒しに似てきたようでちょっぴり憂鬱になる。


話を元に戻して、リニア新幹線の路線問題について。
長野県庁とか長野県民(の団体)といったローカルな存在がローカルな利益を求めて「諏訪回りルート」を主張するのは当たり前のことだ。逆に、それくらいの主張もできないようなら何のための地方自治なのかわからない。国会議員は「国民の代表者」なのであまりローカルな利益を代弁すると顰蹙を買うが、知事とか県庁とか地方議員がローカルな利益を主張するのは彼らの義務といっていい。
JR東海にはJR東海の、長野県には長野県の利益があり、愛知県には愛知県の、東京都には東京都の…  それぞれの意見(利益)を主張して議論するのが面倒だけれど正しく民主的なやり方だ。「広く会議を興し、万機公論に決すべし」である。
議論するのは大いに結構だが、はっきり言って、諏訪回りルートは無理筋である。民主党政権になって羽田孜が国土交通相にでもならないかぎり実現する可能性はないだろう。別に恐れることも長野県バッシングする必要もない(今のところは)。
コメント (6)   トラックバック (1)

威嚇射撃の流れ弾(落下弾)について

2009年06月03日 | 日々思うことなど
前の記事に威嚇射撃の流れ弾の問題を指摘するコメントをいただいた。

>真上に向けて発砲すれば、流れ弾が第三者に当たる確率はほとんどない。

ダウト。
イラン・イラク戦争停戦が決まったときは,イラク国民が撃った祝砲の流れ弾で,一説には200人以上が死亡したと言われています。(酒井啓子著『イラクとアメリカ』,岩波新書)


人口密度が高い日本においては
その確率は跳ね上がります。

結論から言えば、私は威嚇発砲の流れ弾にはそれほどの危険性はないと考えている。
「お前はずっと弾丸は危険だ、必要なとき以外は撃つなと言ってたじゃないか!?」と疑問に感じる読者がいるかもしれない。
威嚇発砲した流れ弾の危険を減らすためにはいくつかの条件がある。
上に向けて撃つ場合は、まず空が開けていること。
屋内はもちろん無理だし、ビルの谷間のような場所で弾丸が斜めに飛ぶと室内に飛び込む。たとえば去年の秋葉原連続殺傷事件の場合、周囲はビルが立ち並んでいるから威嚇射撃は危険だ。
状況によっては横や下に向けて撃つこともできる。とはいえ、弾丸が貫通したり跳ね返ると危険なので、標的は草地とか土嚢のような厚みと柔軟性が必要だ。それでも石や金属片に当たって跳弾するかもしれない。やはり真上に向けて撃つのがいちばん安全だろう。
「落ちてくる弾丸は危険じゃないのか」という心配はもっともだが、私は真上からの落下弾に大したエネルギーはないと考えている。実例を示そう。
 FBIのジーン・ジョーンズが、ガバで空中の空きカンを撃っていたら、たまたまあの重い.45ACPがジーンの頭に落下してきた。「ウーッッッ……」なんて声も出ないくらい痛く、でっかいタンコブまで出来たそうだ。

(註) ジーン・ジョーンズ=有名なFBI射撃インストラクター  ガバ=コルト・ガバメント

GUN誌、1980年5月号39ページより引用。
実用拳銃としては最大の45口径弾が真上から落ちてきても「でっかいタンコブ」ができる程度なのである。
Wikipediaによれば、.45ACPの弾丸は10~15g。一方、警察拳銃用.38スペシャルの弾丸は7~10g。よっぽど運の悪い人に落下弾が当たっても、大ケガはしないだろう。

念のため注意しておくと、これはあくまでも真上に向けて撃つ場合のことだ。斜めになればなるほど危険性が高まる。
真上に撃つ場合、弾丸は弾道の頂点で運動エネルギーを失い(正しくは位置エネルギーに変換されて)一瞬静止する。そのあとの落下速度は高度・重量・空気抵抗によって決まる。
だが、斜めに撃った場合は地面に落ちるまで発射時の運動エネルギーが残っている。38スペシャルでは弾丸の初速が800Km/hを超える。半減したとしても400Km/h。十分な殺傷力がある。

拳銃と物理についての質問です。- Yahoo!知恵袋
komekome_888さん

拳銃と物理についての質問です。ばかばかしいと思われるかもしれませんが子供に聞かれて答えに詰まってしまい、困っているのでどなたか回答お願いします。

実弾を威嚇射撃などで天空に向けて発射した場合、その弾はどの程度の高度まであがり、どのくらいのスピードで落ちてくるのでしょうか。また、その落ちてきた弾によって怪我をしたりする可能性はあるのでしょうか。拳銃の種類は警官が持っているリボルバーのタイプでご回答お願いします。



ベストアンサーに選ばれた回答 kudoi_hitoさん

真上に向けて発射した弾はいつか落ちてきますが、空気抵抗と重力が釣り合うところで速度の上昇は止まり、
その後は一定の速度になって落ちてきます。それを終端速度と言います。

終端速度の計算はけっこうややこしいのですが、必要な数字を入れると計算してくれるページがあります。
http://irws.eng.niigata-u.ac.jp/~chem/itou/ce/termvel.html

警官が持っている拳銃の弾は38SPL、およそ8gで主な材料は鉛です。
上記リンクだと球状の形をしていないと計算できないので、仮に直径1cmの鉛で出来た球体だとします。
すると終端速度は61m/sとなります。
8gの弾がその速度で落ちてくると威力は約15Jとなります。そこそこの威力で、当たったら怪我はするでしょう。
野球の硬球(148gだそうです)だと51km/hのスピードのデッドボールということになります。かるいキャッチボール程度でしょうか。
もっとも野球の球より小さくて尖ったものなので怪我の度合いは変わるでしょう。
大きなタンコブができるか、皮膚が裂けたり弾が少しめり込んだりする程度のものだと思われます。
よほど当たり所が悪くない限り死んだりすることはない、その程度の威力です。

これがライフルになると、弾の重さも威力も桁が変わってきます。
また真上ではなく斜め上に発射した場合は、終端速度に達する前に落ちてくることが有り得るので話が変わってきます。
よくこの手の質問があった場合に引き合いに出される、中東で祭の祝砲で死人が出る例は、
「ライフルを使い、必ずしもキッチリ真上に向けて撃ってない」例です。拳銃を真上に向けて撃つのとは全く条件が異なります。


「終端速度」で検索したら模範解答を見つけてしまった。回答者の kudoi_hito さん、そして質問した komekome_888 さん、ありがとうございました。
kudoi_hito さんの解説どおり、中近東のようにライフルを斜め上に向けて撃つと危険だが、拳銃を「真上に向けて撃てば」落下弾の危険は大したことないと思ってよさそうだ。





横須賀の事件とは関係ないが、銃関係のニュースでちょっと気になるものがあった。

中日新聞:原田伸郎さん書類送検へ 銃刀法違反、番組で猟銃手に取る:社会(CHUNICHI Web)
 元「あのねのね」のメンバーでタレントの原田伸郎さん(57)がテレビ番組で不法に猟銃を所持したとして、滋賀県警が銃刀法違反の疑いで、番組を制作・放送したびわ湖放送の本社(大津市)を捜索していたことが分かった。原田さんからも事情を聴き、銃を手渡した猟友会員や番組制作スタッフ、同社とともに書類送検する方針。

 疑いが持たれているのは1月17日に滋賀県余呉町で撮影、生放送された観光情報番組「ときめき滋賀’S」。番組を録画したDVDでは、原田さんは、民家で地元猟友会の男性(49)が持ってきた猟銃を手に取り、「うわ、重たいもんですね」などと話していた。

 銃刀法の規定で、都道府県公安委員会の許可を受けた人以外は銃を持ってはならない。許可を受けた人も正当な理由なく銃を携帯すると罰せられる。県警は、番組プロデューサーらや、プロデューサーの使用者であるびわ湖放送も銃刀法に違反した疑いがあるとみている。

 びわ湖放送の寺村和久取締役は本紙の取材に「事前に猟銃を持ってくるようには言っていないはずだが、半年前のことで現場にいた制作スタッフも記憶があいまい。捜査には全面的に協力している」と話した。猟友会員は「事前の打ち合わせの際にテレビ局側から頼まれ、銃を持っていった」と話している。

うーん、どうなんだろうこれは。
ちょっとやりすぎ、という感じがする。普段は民間の銃器所持に厳しい世論も「変だ、杓子定規すぎる」というものが多い(一例)。
とはいえ、実際のところは番組のビデオを見ないとわからない。
もしかしたら(あくまでも仮の話)、タレント氏が猟銃を手にしたとき「うわーカッコいい、持って帰りたいな」とか「貸してくださいよ、撃ってみたいんです」とか言ったのかもしれない。その場合は警察が「見逃すと悪い影響がある」と判断して捜査するのも理解できる。個人的には厳重注意でいいような気もするが、過去にも銃刀法違反で捕まった芸能人がいたことだし、万が一を心配したのかもしれない。
これはあくまでも最悪の仮定であって、記事のように「うわ、重たいもんですね」だけで銃を返していれば、わざわざ捜査する必要はないだろう。「本物の銃って怖いですね」「素人がうかつに触っていいものじゃない」とか言っていたらむしろ警察がほめてもいいくらいだ。

事件(?)の真相はわからないが、実銃所持者のみなさんはくれぐれも安全確認と管理を怠りなく。そして、私を含めた一般人(=素人)は実銃にみだりに手を触れてはいけません。
コメント (1)