玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビデオ流出犯を擁護しません

2010年11月10日 | 日々思うことなど
「尖閣ビデオ」流出事件の真実がようやく明らかになりそうで結構なことであります。

【海保職員「流出」】名乗り出たのは40代の主任航海士だった…否定一転、神戸5管本部「言葉ない」 - MSN産経ニュース

名乗り出てきたのが本当の「流出」実行者なのかどうか、まだ取り調べの段階で確定はしていないけれど、特に疑う理由もないので本物として話を進める。
第5管区海上保安本部神戸海上保安部(5管)の方々には深く同情申し上げる。静かに任務に励んでいるところに突然爆弾が投げ込まれたようなものだ。政府やマスコミの批判も、「愛国者」たちの流出を擁護する叫びも、どちらもわずらわしいばかりだろう。「40代主任航海士」の上司は管理責任を免れないだろうが、同僚や部下の方たちが騒々しい議論に巻き込まれないことを願う。

一方で、流出させた主任航海士に対してはあまり、というかほとんど同情しない。
流出を擁護する人たちが言うように義憤に駆られての行動だとしても、名乗り出るまでの時間が長すぎた。仮に政府が問題視しないようであれば出てくる必要はないが、調査を行うことがはっきりした時点で正々堂々「自分がやりました」と明らかにすべきだった。彼が沈黙していた間に多くの人手が動員され少なからぬ経費が費やされたはずである。彼はそれをどんな思いで見ていたのか。
「流出」が確信犯だったとしても、いやそれだからこそ、捜査の手間をかけたことを国民に詫びてほしいと思う。

あるいは、あまり考えたくないことだが、「愉快犯」的にたいした考えも覚悟もなく「面白い映像を見せてやろう」くらいの気持でYoutubeに投稿したのだろうか。だとしたら擁護どころか軽蔑に値する。海の警察官がそんないい加減なありさまではどうしようもない。
私自身としては「流出」自体は擁護できないけれど、せめてやった者が堂々とさわやかな振る舞いを見せてくれることを願っていた。だが、捜査が進展するまで逃げ隠れしていたかのような「40代主任航海士」の姿はあまりさわやかではない。「追い詰められた末に情状酌量を期待して自首」みたいに見える。正直言ってがっかりだ。

尖閣中国漁船衝突時件は、頑なにビデオの公開を拒む政府も、「流出」事件も、「流出」実行犯を擁護し賞賛する人たちも、どれも同じく支持できない。呆れるやら情けないやら、なんとも虚しいばかりだ。

参考 ビデオ流出による3つの問題 - リアリズムと防衛を学ぶ

コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「こんにゃくゼリーを政治主... | トップ | やっぱりビデオ流出犯を擁護... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-11-10 21:16:31
>「40代主任航海士」の姿はあまりさわやかではない。

それはただの偏見に過ぎないと思うのだが
Unknown (同じ穴の~)
2010-11-10 22:16:31
自分で勝手に投稿者の気持ちを推測しておいて、軽蔑に値するって言うのはどうよ
a (a)
2010-11-10 23:53:25
自分だけが頭が良いと思って
人を馬鹿にしてるだけの記事に見える
Unknown (ノープロブレム)
2010-11-11 05:30:27
あなたのようなタイプの理想主義だと重箱の隅をつつくような話になる。

だいたい、警察は事件が起きても起きなくても給料は貰ってるんだ。
捜査をしようがしまいが金額は同じじゃないか。

国民の知る権利と、警察官の変わらない給料、どっちが大事か考えるまでもないだろう。
それでも私は擁護したい (tottotto)
2010-11-11 10:14:13
言いたいことは理解できます。また、そういう側面があることも事実です。
でも、私は彼を擁護したいと思います。

少なくとも彼は愉快犯ではない。国民の知る権利を守ってくれたのです。

もしかすると彼は逃げおおせると思っていたのかもしれません。プロキシの知識もなしに。

でも、逃げきれないことが分かって仕方なく自首したのでしょう。これはカッコ悪いと思います。

もし、彼が映像をアップしていなければ未だに我々はあの映像を見れていないのですよ!

職を辞する覚悟を持って映像をアップした勇気と正義を正しく評価するべきだと思います。

Unknown (Unknown)
2010-11-12 11:14:08
「流出」ではなく「内部告発」と言う意見も聞きます。

私も勇気をもった「内部告発」だと思います。

彼はとんでもない大変な事になるとはわかってたハズ。
あとに残した家族を想って相当悩んだハズ。
それでも起こした今回の行動を私は擁護します!


人の数だけ意見があるのは当然ですが、あなたの意見には首をかしげました。
カッコいい悪いの問題ではないですよ (Unknown)
2010-11-12 22:14:18
少なくても、この領海侵犯の一部を見ることができたことに、ほとんどの国民は、感謝の気持ちを持っています。
彼の本心を知りもせず、憶測だけで非難するのはいかがなものでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々思うことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

英雄にあらず (けいいちの日記)
衝突ビデオで神戸海保職員逮捕へ 「自分が流出させた」(共同通信) - goo ニュー...
神戸海上保安部うらなみ航海士・事前インタビュー(尖閣ビデオ) (sean's photo diary)
こちらの昨日のエントリーの中で触れた「自分がアップロードした」と上官に報告した神戸海上保安部・保安官が、事前に読売テレビ記者のインタビューを受けていた件について、 本