コーヒーブレイクに

時が過ぎていく。
ときには、その日の風まかせ。
ほっとひと息しませんか。

懐古

2018-01-28 15:05:28 | 日記
寒い日はなぜか両親や祖父母のことを想い出す。
年を取ったせいだろうか、昔のことを懐かしく思い返す
ようになった。

子供のころ寒い日に「寒いっ、寒いっ」と肩をすくめて歩いて
いると、近所の大人から「冬は寒いのがあたりまえだ。
子どもは風の子だ・・・」と言われたりした。
昔は町自体が一つの大きな家庭みたいだった。
町のおじさん、おばさんたちは他所の子にも遠慮はなかった。
見守られ、叱られ、褒められて成長したような気がする。

家の居間には練炭火鉢が置かれてあった。体を暖めようと
火鉢の上にまたがっては祖父から注意されたりもした。
昭和30年頃まで暖房は火鉢ぐらいだった。
それでも家の中は温かった。
コメント (2)

美に反応する妻

2018-01-27 11:02:08 | 日記
美人女優や人気モデルがインタビューで
「どうしてそんなに綺麗なんですか。
その美しさの秘訣は何ですか?」と聞かれて
答える言葉は「特になにもしていないです〜」
元々が美しいのよとばかり、にっこりと微笑む
彼女らを見て、我が妻は鋭く反応する。
「よく言うわ。毎日のように美容エステに行ったり、
特別な化粧品を使ったりしてるんでしょ!」と突っ込む。
「あたしだってお金をかけたら、美しくなれるわよ」
私に視線を向け、同意を求める妻の顔をじっくり見たら、
〈それはないよ。素材そのものが違うから〉と思わず口を
滑らしそうになった(苦笑)
コメント (4)

すっぴん女子に殺到

2018-01-26 14:11:53 | 日記
今、すっぴんの女性と会話を楽しみながら飲食できる
「すっぴん女子カフェバー」に男性客が殺到しているという。
訪れた男性は、すっぴん女性の魅力について「親近感があると
いうか。化粧をしていて綺麗な方って構えてしまうが、
すっぴん女性はすごい話しやすい感じがあってリラックスできる」
と話す。
こういう店に多くの男性客が殺到するという事実は、やっぱり
女性に癒しを求める心優しい草食系男子が増えていることの表れか。
わたしは女性が頑張って綺麗になろうと化粧をするのは好きだ。
美しい女性は好きだ。もちろん、すっぴん女性を否定はしない。
大方の日本男性は純粋無垢な女性に憧れるという。すっぴんで
ナチュラルなものは良いものだという日本ならではの文化とも
いえそうである。


コメント

沖縄の旅

2018-01-25 13:52:47 | 日記
今季最強の冬将軍で全国的に強烈な寒さになっているようだ。
2泊3日の沖縄の旅から昨日帰ってきた。
今の沖縄は気温的にベストシーズンであり、22〜24日は17℃
ぐらいで、暑からず寒からずで過ごしやすかった。

沖縄へ行きたいと思っていたが、今回訪れたのは40年ぶりである。
働いていた現役時は出張で2年間、毎月1週間ほど滞在していた。
いまや街はすっかり変貌していたが、沖縄の人の温かさは昔と少し
も変わっていなかった。
久々に那覇のメインストリート国際通りの雑踏を歩いたり、
世界文化遺産の首里城では琉球王国の栄華を偲ぶ。
ひめゆりの塔では戦場に動員された夢見る年頃の学徒たちの
思いに馳せり、改めて戦争の恐ろしさを痛感した。

今回の沖縄への妻と二人旅費用は1人25,700円で行くことが出来た。
宿泊ホテルはアパホテルで部屋の狭さは多少気になるところで
あったが、夫婦2人だから我慢できる範疇であった。
古希を迎えて想い出に残る旅となった。



コメント

電車内 無事に産まれて良かった

2018-01-20 15:55:03 | 日記
  〈出産に関するニュースより〉
女性が産気づいたのは、電車が松戸駅を発車してすぐだった。
たまたま隣にいた看護師の女性が、くずれるように床に座る
女性に、持っていたバスタオルを取り出し、女性の体の下に敷いた。
そして、別のタオルを近くの女性客にも渡し、周りから見えない
ように持ってもらった。
まもなくして、「もう生まれる」と女性が言うと、赤ちゃんが
出てきた。
通報で駆けつけた駅員から毛布をもらい、くるんで抱き上げると
赤ちゃんは足をバタバタとさせて「オギャー」と泣き声を上げた。

無事に出産できて本当に良かったと思う。
母子とも健康状態はおおむね良好だという。
看護師さんや周りにいた数人の女性たちの協力があったからだ。
心温まるニュースである。
コメント (2)