コーヒーブレイクに

時が過ぎていく。
ときには、その日の風まかせ。
ほっとひと息しませんか。

ゆきあいの空

2017-09-26 16:55:19 | 日記
 倉嶋厚さんが、去る平成29年8月3日 93歳で永眠された。 
若い人は知らないだろうが、シニア世代の人間には「倉嶋厚」は
懐かしい名前である。
NHK解説委員、ニュース番組の気象キャスターとして活躍された。
倉嶋厚さんの気象予報は単なる天気予報にとどまらず、明日の
天気を彩る感があった。
そんな倉嶋さんの生活が一変したしたのは1997年、妻泰子さんを
ガンで失ったからである。それがきっかけとなりうつ病を発症、
衣服の着脱さえおぼつかなくなり、テレビ画面からは以来、姿が
消えてしまった。



「自分たちは一心同体の『掛け算型』の夫婦だったが、掛け算は
片方がゼロになったら答えはゼロのまま」
「生活の面でも精神面でも、互いに自立した『足し算型の夫婦』の
要素を持った方がよい

そんな言葉を倉嶋厚さんは残している。

※ゆきあいの空とは、ある季節が去り、次の季節に移り変わ
ろうとするころの空。
コメント

しっかり生きるしかない

2017-09-25 15:26:00 | 日記
 人はやがて衰えていくのが自然の摂理。
抗っても仕方ない。
シミやシワは決して美しくないが、自分の見たくない
部分にも目をつぶらないこと。
 年を取ると記憶力や体力は落ちるが、様々な経験値は
増えていく。
 上手に年を取っている人は下の世代が困窮した時に自分
の知識や経験を教示する。
 人は皆、自分の役割を果たすための人生がある。
置かれた立場で自分らしく天寿を全うするしかない。
コメント (2)

秋のイベント日和

2017-09-24 16:46:38 | 日記
秋の休日に合わせて博多の街では各場所でイベントが開催されています。
買い物に行った大丸福岡パサージュ広場では「ハワイまつり」があっていて、
フラダンスが披露されていました。






フラダンスを楽しんだりして街を散策しましたが、人の賑わいを避けて天神の
「アクロスの森」へ行きました。
ここは都心にあるビルの壁面に樹木が植栽されていて、登れば森の香りに包まれ
癒されます。





コメント (2)

妻の尻に敷かれる

2017-09-22 09:39:31 | 日記
 今朝の博多はどんよりした曇り空です。
きょう、妻は毎週金曜に行われるヨガ教室に行きます。
「あんた、わたしがいなくて寂しかやろけど、我慢しとってね」
私は「いなくてせいせいするよ!」と返す。
「まーた、強がりはやめたほうがよかよ。素直になれば?」
と、ノー天気に妻の発する言葉が家を明るくしてくれます。
妻にはずっと元気で明るくいてほしいものです。

 我が家は、妻(天皇)がナンバー1で旦那の私は2の地位です。
家庭のコウフク(幸福)は、妻へのコウフク(降伏)です。
愛妻の微笑みを見たくて、妻の尻に敷かれています。(笑)







コメント (2)

オジサンは謙虚になるべき

2017-09-21 10:32:23 | 日記
スーパーや飲食店あるいは駅などで偉そうな態度を
とる団塊世代とおぼしきオジサンをよく見かけます。
年を取ると頑固になりがちですが、独りよがりの頑固さ
や信念は捨てたほうがよいと思います。
腹が立っても一呼吸、「ま、いっか」と、さらりと許す態度
が大人の男の流儀。
嫌われないオジサンになるには、自分に驕ることなく素直で
謙虚になることです。そして、いつもニコニコ笑顔で他人に
迷惑をかけないことが大事ですね。
コメント (2)