コーヒーブレイクに

時が過ぎていく。
ときには、その日の風まかせ。
ほっとひと息しませんか。

政治家の発言が酷すぎます

2017-06-30 09:49:55 | 日記

「このハゲ!」「あたしが違うって言ったら違うんだよ!」と
いった罵声や怒声に暴行。とんでもない凶暴議員がいたものだ。
この豊田議員の暴行、暴言には驚いた。
最近は政治家の暴言、失言、放言、迷言が多すぎて政治家の
言葉が信用できなくなった。


文科省前事務次官前川氏の「総理のご意向」などとする文書が
存在していたとの証言に、みさかいもなく前川氏の人格攻撃をし、
文書は「怪文書だ」と吐き捨てた菅官房長官。
後の記者会見で「怪文書という言葉だけが、ひとり歩きしたことは
極めて残念である」と珍発言。
ひとり歩きさせた張本人が言うとは、ホント滑稽である。


萩生田官房副長官は落選中に加計学園から報酬を得ていたのに、
加計氏とは付き合いがないと関与を改めて否定する。
本人のブログに安倍首相と加計氏の3人で総理の別荘で一緒に
親しくバーベキューしている写真があり明らかな嘘の発言。


自民党の竹下国対委員長は野党から前川氏の証人喚問を要求され、
前川氏本人も「応じてよい」も了承してるのにも関わらず、不要と
拒否したことについて「なぜ、必要ないと考えるのか?」と野党
から問われ「必要ないということが、その理由だ」と野党や国民を
小馬鹿にしたような意味不明の発言。


ヤンキー先生こと義家弘介文部副大臣は文科省が「総理のご意向」
文書の再調査に応じない理由を、私が確認していない文書は行政
文書ではない」と思い上がった勘違い発言。


山本幸三地方創生相は「一番のがんは文化学芸員と言われる人たち
だ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」とあたかも
文化学芸員が地方創生の“抵抗勢力”であるかのようにレッテル貼り
をした傲慢発言。


つい先日は、またもや、稲田朋美防衛相が都議選の応援演説で
「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても応援したい」と
自衛隊の政治利用とも受け取られる問題発言。


共謀罪の内容について追及を受け「ちょっと、私の頭脳というんで
しょうか、対応できなくて申し訳けありません」と素直に答えた
金田法務大臣の言葉が清々しく聞こえる。(苦笑)


少しさかのぼれば、今村雅弘元復興大臣は「まだ東北で、あっちの
方だっからよかった」と被災者の方々の心情を傷つける、人として
あるまじき発言。


トリは一強である安倍首相である。国会の議論の場で「読売新聞に
書いてある。ぜひそれを熟読してください」と国会軽視も甚だしい発言。
そのほか、あれこれと迷言がある。
先日はなんと「地域に関係なく2校でも3校でも意欲のあるところには、
どんどん獣医学部の新設を認めていく」と述べた。これまで「1校限定」
として決定したことを180度ひっくり返す発言であり本当に無茶苦茶である。
コメント (4)

75歳以上の老老介護3割超え

2017-06-29 10:10:09 | 日記
高齢者が高齢者を介護する「老老介護」が広がる中、
要介護者と、同居する介護者の年齢がともに75歳以上の割合が、
初めて3割を超えて過去最高を更新したことが明らかになりました。

介護が必要な高齢者について、必要になった原因を調べたところ、
認知症が4人に1人にのぼり、脳卒中を上回って初めて最も多く
なったことも分かりました。
老老介護の末、介護疲れなどから認知症の夫や妻を殺害する事件を
報道で耳にするたびに悲しくて胸を痛めています。

「老老介護」は、決して他人事ではなく、いつ自分もそういう立場に
なるかもしれません。

急速に高齢化と核家族化が進む中、「老老介護」は今後も増えて
いくと見られています。
高齢になっても在宅介護をできるだけ続けられるよう、介護保険制度
の充実が望まれます。


コメント

ならぬことはならぬものです

2017-06-28 09:18:17 | 日記
誰かが叫んだ。「このハゲー!」
思わず頭を手で隠す。
「あんたはハゲてなんかないよ。」
と慰めて はげます妻の声で目が覚めた。
夢だった。よかった。
テレビで度々耳にし、インパクトが強すぎたせいだろう。


起きてカーテンを開けたら雨が降っていた。
どんよりした雨空でどうも気分がスッキリしない。

気分がすぐれないのには他にも理由がある。
最近、政治家の暴言・失言が多すぎる。
昔の政治家は善徳や品性を持っていたが、今の政治家は
著しく品格に欠けている。とても国民の代表とは思えない。

 ”ならぬことはならぬものです”
〇虚言を言うことはなりませぬ
〇卑怯な振舞をしてなりませぬ
コメント

妻と二人連れでは映画に行きません

2017-06-27 09:16:15 | 日記
妻と二人連れでは映画に行きません。
映画の好みが違うのです。
劇場の座席の好みも違うのです。(笑)
妻はサスペンス、私は山田洋次、是枝裕和監督らの
作品が好み。
座席は空いていれば後方まんなか辺りが良いのですが
妻は「左側後方じゃないと落ち着いて観れない」と変な
こだわりがあるのです。(苦笑)
そんなこともあり夫婦いっしょに映画見ません。


私が先日観た「22年目の告白」が良かったと話をしたら、
(もちろんネタバレ無し)妻は「あんたが良い映画という
のはおもしろくないけんね。」と憎まれ口を叩いていまし
たが、昨日観にに行ったようです。
テレビのサスペンスドラマでは出演する俳優を見て犯人を
推定してしまう妻(笑)に感想を聞いたら「面白かった。」と
珍しく素直でした。
こんな妻も昔若いころは私の見たい映画によく付き合っていました。
ほんと可愛くて従順でしたが、今や強情な妻となりました。ああ(涙)

コメント

毎日かあさん

2017-06-26 12:40:00 | 日記
毎日新聞の連載漫画「毎日かあさん」が本日の回で終了した。
足かけ16年にわたり、笑いと涙の子育て漫画を届けてくれた。
作者の西原理恵子さんはおかあさんの育児をリアル描いて、
多くの母親と家族を励ました。


子育ては大変です。
何よりも夫の理解と協力が大事ですよね。
私も子ども二人が成長して、あらためて妻の苦労を知り
心から感謝したものでした。

コメント