亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

孤高のハイキング(3)

2013-10-10 09:14:00 | 司法書士の日記

軽い休憩の後,景徳院への道を選んで出発。いきなり急な登りです。登り切ると,平坦な一本道をひたすら歩きます。誰にもすれ違いません。50分位歩いたでしょうか,鉄塔の脇を通り,少し歩くと民家が見えました。

この風景が,前に行った陣馬山から下りてきた場所に似ていると思いました。この辺の山村は,何処も同じような雰囲気を醸成しているのでしょうか。

ところが,最後の最後で道が途切れていました。一瞬躊躇しましたが,少し迂回してようやく民家の庭を抜け一般道に出ました。

景徳院と書いてある方に進み出すと,休憩中の若い二人組(足場を組んでいたようです)から,こんにちはの挨拶が。こんなシチュエーションで,まさか挨拶されると思っていなかったので,思わず景徳院はどちらですか?と聞いてしまいました。

すると,内一人が地図を持って来ますと言って地図を取りに行ってくれました。ですが,絵地図のようなものでよく分かりません。どうやら彼は,地元の人ではないようです。その後,道を聞いてきますと言って,今度は住人を連れてきてくれました。(とても親切な若者達でした。)

結果,道を降りてすぐ前にあるということでした。何でもこの村は,落人の村で,ほとんどが○○という姓だと話してくれました。

景徳院は,武田勝頼が,妻・長男と自害したところで,後に家康によって,三人の墓が建立されました。勝頼と妻の辞世の句が石碑に彫られていて,戦国の世の裏切りの無念さを唄っているようにも思えました。

その後,バスがあいにく行ってしまったばかりなので,甲斐大和駅まで歩きました。歩いている途中,葡萄(ピオーネ)の販売所がありました。試食したところ,とても甘く値段も安かったので買ってリュックに詰め込みました。車で来ていたらまとめ買いをしたい位美味しい葡萄でした。標高700メートル位で寒暖の差が激しい場所のため甘みが増すということでした。

駅に着いたとき,大槻行きの列車が既に入線してました。時刻表を見たら出発まで5分しかなく,これを乗り過ごすと次は1時間位待たされます。ビールを列車の中で飲むのが楽しみでしたが,あきらめ家路に就きました。

総歩数は2万2000歩を超えていました。単独行の時は,次も,秀麗富士12景の山に登ろうと思っています。

よろしければ,クリックお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

コメント

孤高のハイキング(2)

2013-10-08 09:41:34 | 司法書士の日記

中高年グループのカメラマンを努めて頂上をスタートしたのは12時前。さほど急な下りでもなく,米沢山を目指します。

地図によれば,渋滞で有名な笹子トンネルの上を横切っていることになります。ここも,林が多く時折右手に富士を望めます。

苦も無く米沢山頂上へ。次いでお坊山に向かいます。吹く風がさわやかで,緑の中誰にも出会いません。まるでバロック音楽の世界に浸り混んでいるようです。

振り返れば,木の種類によるものなのでしょうか,黒に近い緑と淡い緑のコントラストが絵画の芸術のようです。

そうこうする内にお坊山へ。標高は,腹摺山とほぼ同じです。その後,大鹿峠に至る鞍部にベンチがあったので休んでいたら,やっと人に巡り会えました。

元気の良い若いハイカー,次いでやや神経質そうなハイカー,何れも単独行です。

予定では大鹿峠を越えていくつもりでしたが,標識に景徳院と出ていたので,そちらに道を変更。 つづく

よろしければ,クリックお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

コメント

クリーンアップ作戦

2013-10-07 16:09:06 | 司法書士の日記

昨日6日は,私の居住する市のクリーンアップ(ゴミ拾い)の日でした。これには,ロータリークラブ,地元高校生,PTA,婦人の会等様々の団体が参加します。

人数が多くて,駅前広場で打合せができなので,場所を近隣の公園に変更。 わずか30分足らずの清掃でしたが,目立ったのは1.たばこの吸い殻2.ガム これがほとんどです。

最近の嫌煙ブーム?は愛煙家にとって厳しいものかもしれません。しかし,ほんの一部の人と思いますが,依然として吸い殻を道に捨ててしまう人がいることは現実です。

昔ほどゴミ箱の設置が無いと思いますが,せめて携帯灰皿を持参しておく事は,最低限のマナーだと思います。

さらに,ガムも踏みつけられて容易に剥がれません。踏まれるということは,口の中からそのまま道に吐き捨てているということを意味します。特に自販機の周りがひどい。その他,ラジカセや壊れた笠が,木の植え込みに捨てられていたようです。

会長の挨拶にありました。掃除をする人は心が洗われ,きれいになる。 確かにその効果はあります。

帰り道,またしても,完全に消されていない吸い殻を拾い,ゴミ箱が無いので,コンビニに立ち寄り捨ててもらいました。

よろしければ,クリックお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

コメント

孤高のハイキング(1)

2013-10-02 15:47:31 | 司法書士の日記

快晴が予想された28日の土曜日,秀麗富士12景の一つ「笹子腹摺山」に単独ハイキングに行ってきました。 単独行は,治療後3度目です。

過去2度の縦走ハイキングに慣れたせいでしょうか,今回も笹子駅から甲斐大和駅にいたる山々を縦走ぎみに歩きます。 笹子駅から登山口まで,国道20号を30分位歩きます。

ようやく登山口にたどり着いたところで,地元の人3人組が,「登る前に少し休んでいきなせえ。」と声を掛けてくれたので,少し世間話。

 何でも昔は米を背負って,三つ峠の村の方まで物々交換にいっていたそうな。この辺りの山々は子供の頃から歩き慣れていて,私の行く先もよくご存知でした。

 さて,登山口を出発,鬱蒼とした林の間を登っていきます。辺りには誰一人いません。あまり人気の無い山なのかな? それ程気温が高い感じはせず,吹く風がさわやかなのですが,さすがに長袖では暑くTシャツ1枚に。

頂上に着いても誰もいません。なので,頂上からの富士を撮った後,自分で証拠写真を撮り,友人にラインで写真を送りました。この写真をブログに載せようと思いましたが,4MBを超えるものはアップロードできません。とのエラーメッセージが。

スマホも画素数が多くなり,ブログには,古いデジカメが適しています。その後ベンチが一つ置かれているので,少し早いけどお昼に。

そろそろ出発しようと思っていた時,下の方で賑やかな声が。 すると,次々に中高年の登山者が。やっと人に会えたのですが,狭い所なので早々に出発しようとしたところ,「済みません。シャッターを」との声あり。

登山の証拠の標識と富士を重ねようと思いましたが,何せ22人の登山グループでしたから,標識を入れるのがやっとでした。

よろしければ,クリックお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村

コメント