メ~さんの山日記

札幌岳(冷水コース)

札幌市内からも気軽に行けて山頂からの眺望も良くその名の通り、札幌市内を一望できるので、一年を通して多くの登山客で賑うという「札幌岳」を今回の北海道山旅、最後の山に選びました。昨夜の宿「道の駅230ルスツ」から札幌方面に走り豊平峡ダム付近の「冷水登山口」からスタートします。

冷水コース登山口 

 駐車場の奥から出発します。7時発

何度か沢を渡って、篠で覆われた登山道を1時間ほど歩き

 いったん道路に出ます。

森林限界のない山はここにきて初めて。標高も1293mなので内地の山と雰囲気が変わらない

 出発して100分で「冷水小屋」に着いた。ここで沢から別れてしばらく急坂を登り

頂上手前では穏やかなところも

10時10分頂上に着いた。予報ではもっといい天気だったのに薄曇りでガスの頂上。

しばらく待機していたらやっとガスが切れてきた。西側に羊蹄山(蝦夷富士)やニセコアンヌプリなどがやっと見えました。

しばらくして北側の眺望が開けて札幌市街が

まずまずの眺望に満足して往路を下り、無事駐車地へ

13時帰着。今日の登山者は10名程度だったようだ。  11.6km、6時間(休憩30分)

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「山歩き」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事