メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

西粟倉村(野鳥苑)~駒の尾山

2020年05月27日 | 山歩き

初めて駒の尾山に登った(30年?前は)現在のダルガ峰林道がなくて、西粟倉村の「野鳥苑」というキャンプ場?から駒の尾山に登っていました。2・3年前から峰越峠から先のダルガ峰林道が通行止めになっているので、この機会に「いにしえのコース」を歩いてみたいと思っていました。

千種町から志引峠を越えて大規模林道を走り「あわくランド」手前から右の林道へ、ここで駐車します。

歩きだしてすぐに野鳥苑の管理施設を通り(10時40分)

新緑の(広い)遊歩道をどんどん上へ。

50分ほどで遊歩道が終わり、ここから山道に入ります。

 昨日の雨で「ツチグリ」も元気!

所々に古い案内板が残っており「正規ルートだと」確認が出来る。

所々崩れている所もありますが未だ階段も残っており、割と歩き易い登山道でした

スタートから80分で「林道ダルガ峰線」に出た。駒の尾山登山口は左へ

5~6分で登山口に着いた。ここから登るのは「久しぶり!」

休憩舎で昼食をとって

広くて穏やかな登山道をのんびり歩き

昼食を含めて80分で頂上へ着いた

今日も(もやって)眺望は今一つ。すぐに下山します。

40分ほどで登山口へ。登山口を修理している方がいたので聞いてみると、ダルガ峰林道は南側からはここまで車で来れるようでした。

 下山は左のコースへ

 

今日のコースは「影石谷遊歩道」と呼ばれていたようです。

 

                

特別珍しいものはありませんでしたが、「フタリシズカ、ヒトリシズカ、ヤブデマリ、サラサドウダン、ギンランなど。

青い円の中を歩きました。

15時ちょうど駐車地に戻ってきました。新緑の中、二十数年ぶりに懐かしいコースを歩けて満足!10km・4時間半

コメント

スキー場から赤谷山

2020年05月25日 | 山歩き

50名山の中でも人気の高い「赤谷山」は戸倉峠登山口から登るのが一般的ですが、もう一方の「戸倉スキー場登山口」からのコースはスタート地点の標高が戸倉峠より150mほど低く、その分ちょっとしんどいですが「若いブナ」が多く静かでいいコースです。

ワラビがいっぱい生えているゲレンデをまっすぐ登ってゆきます。10時40分

リフトトップに11時10分着。暑い!暑い!ここから山に入ります。

登山道はほとんどが木陰で谷から吹き上げる風が涼しい

1000m付近から軽い藪になってきた

県境尾根には12時20分着。ここから頂上までは藪が酷い。『山の持ち主から笹を刈らないように言われてますので整備不可なのです

12時35分頂上着。もやって眺望はあまり良くありませんが・・・。静か(^^)/

簡単な食事をとって下山します。13時スタート

下山は上りに使ったすぐ北側の尾根を下ります。出だしは藪っぽいですが

すぐに歩き易い尾根になります

分岐に注意しながら40分ほどで(宮シリーズの一つ)四等三角点(点名・宮向)【戸倉の大森神社を中心にすべてという字が付いた4つの三角点があります。すぐ上の宮ノ前(910m)十年登山道の途中の宮ノ後(971m)氷ノ山林道途中の宮ノ奥(1149m)」など】

終盤は(やや急な)植林帯を下り

スキー場のすぐ北側に下山、ここは(堰堤の工事?)が行われているようです

5分ほど歩いて

駐車地に戻った。14時25分。7kmでした。

コメント (2)

ダルガ峰~駒の尾山~鍋ヶ谷山

2020年05月15日 | 山歩き

1週間ぶりに千種町の山へ。今日はスキー場手前の「駒の尾登山口」の近くから「ダルガ峰」へ

ここから登ります。9時20分

(荒れていますが)広い作業道を登れば

広い伐採地に出ます。

 

昔「たたら場」だったのだろうか、カナクソがいっぱい

崩れた作業道を上り詰めると

ダルガ峰のすぐ下まで伐採が進んで、すぐ上の

ダルガ峰への登山道に合流

10時25分、登山口から65分でダルガ峰に到着

西側の眺望が開け

 大山もうっすら

「トウゲシバ」も青々と元気だ!

ダルが峰から20分ほどで大海里山へ

ドウダンやレンガツツジはまだまだだが「オオカメノキ」の花があちこちに

大海里峠

駒の尾山への道はいつ来ても気持ちがいい。

駒の尾山には11時半着。下る人、登る人など、今日は5人ほどの登山者と出会った

駒の尾山頂上から眺める手前から鍋ヶ谷山、船木山、後山。午後から天気が崩れるというので

今日はここ(鍋ヶ谷山)から鍋ヶ谷林道へ下ります。

出だしはこんなところ

植林の中も

鍋ヶ谷山から60分で林道に出て15分ほどで

スキー場への県道に出た。風が強くて涼しい新緑の山は素晴らしい! 8.1km 4時間10分

 

 

コメント

笠形山(アカヤシオ)

2020年04月21日 | 山歩き

「そろそろかな?」と笠形山へ。

グリーンエコー笠形のキャンプ場からスタートします。

4合目付近からP812への尾根へ

頂上手前から期待していた「アカヤシオ」が

少し早いようでしたがまずまずの開花!頂上で何年振りかで「丹波のたぬきさん夫婦」に出会うという嬉しいハプニングがあり大満足で一般登山道を下山

 

扁妙の滝の水量も多くて豪快!

登山口のすぐ上で「ヒカゲツツジ」も

 マムシグサも沢山

7km、4時間ほど。

 

 

 

 

コメント (2)

阿舎利集落から一山へ

2020年04月14日 | 山歩き

高野峠への国道(429号)が工事中で不通なので(久しぶりに)阿舎利集落から一山に登ってみました。一宮町河原田から阿舎利集落までの道は修理されて、まずまずでしたが狭い上、尖った小石の落石で通行注意です。

阿舎利山登山口の「二つ橋」に駐車してスタートします。10時ちょうど

 ここから左へ

別荘の脇から尾根に

 シャクナゲが

40分ほどで林道終点に着いてここからプラ階段を登り

頂上の北西側から登ります。茅は未だ伸びてなく比較的歩き易い。

頂上直下は所々に昨日降った雪が残っていました

11時15分、大展望の頂上着。2日前に見た氷ノ山がさらに白くなってくっきり!

藤無山も

 一昨年作った「カメラ台」で

阿舎利山付近は作業道だらけで山肌むき出し。1時間近く頂上でゆっくりして

下山は、林道終点まで往路を戻り阿舎利林道を下ります。(途中で一部崩壊しています)

林道分岐からの一山

頂上から70分で駐車地に戻ってきました。

天気に恵まれた展望のいい一山の選択は良かった! 6.4km

 

 

 

 

コメント

大森神社から十年~殿下登山口~ヤマメ茶屋

2020年04月11日 | 山歩き

時節柄家に居なければいけないのですが明日と明後日の天気が悪いというのでちょっと「十年」へ

戸倉スキー場の「大森神社」からスタートします。10時ちょうど

林道を30分ほど歩きここから尾根へ

尾根に登ればすぐに四等三角点「点名・宮の後」

十年まではミズナラの大木が多い広い斜面が3回ほどあります。

11時30分に十年の頂上に到着、ここでパンとコーヒーの昼食をとってすぐに出発。天気が悪かったら一般コースを下山する予定でしたがまずまずの天気だったので市境尾根を北上

頂上から北側に「くらます」が何とか見えています

頂上から10分も歩けば新設の作業道があちこちに出来て、ちょっと戸惑う

1080mピークの手前から「ヤマメ茶屋」へダイレクトで下るコースもパスして北へ。作業道が出来るまでは「笹の茂る秘境尾根」の様相だったのですが、当時の趣が無くなったのはちょっと寂しい

1080mピークから25分ほどで作業道に出た。ここから殿下コースの登山口まで40分ほどで

殿下コース登山口に出た。ここが今日のコースの最高地点(標高1200m)

登山道にも雪がかなり残っています。(登山口から1.5km付近までは雪のため車は通行できません)

林道を4km歩いて坂の谷登山口へ(トイレは未だ使用できません)

殿下コース登山口からここまで(ヤマメ茶屋)8km、ちょうど2時間

国道29号線を歩き駐車地には15時40分。17.8km疲れました(^^;

 

 

 

コメント

三郡山のミツマタ群落

2020年04月04日 | 山歩き

昨年の今頃(2019/4/3)の三郡山はミツマタが満開でした。今年はどうだろう?

右回りで歩きます。

    

近道コース(急坂ですが)で登ります

駐車地から40分ほどで主尾根に出た。(昨年は雪道でしたが・・・)

主尾根に出てから45分で三郡山に到着。

すぐ先にある展望地から杉の木立の間から氷ノ山が何とか見えた。天気はいいのに霞が強い。

三郡山から20分も歩けば黒原山(点名・神子畑)。

黒原山から奥組山までのコナラやカラマツの(広くて穏やかな尾根は)いつ来ても心地いい!

黒原山から(ゆっくり歩いて)奥組山(点名・朝来)へ

ここは南側の笠杉山や千町ヶ峰の展望地。ここから西側へ300m余りを下ります。

尾根から作業道に降りたところがミツマタの群生地。

昨年よりさらに勢いを増して圧巻!

登山口のすぐ上の伐採地も増えつつあります。

「東河内・本谷」のミツマタの元気がなくなったと感じている私的には、ここを大勢の皆さんにぜひ見ていただきたいと思いました

 

 

コメント

寒峰(福寿草)

2020年03月26日 | 山歩き

5年ぶりに。福寿草で有名な山「寒峰」へ行ってきました。徳島県の大歩危を通り「祖谷のかずら橋」方面へ。東祖谷栗枝渡(くりしど)から細い道を上へ「住吉神社」まで走り、ここで駐車してスタートします。

8時55分スタート

 

神社の裏に登山口があります

20分ほどで林道登山口に着きました(5年前はここまで車で来ましたが今日は工事中でした)

登り始めてすぐに第一の群生地。(少し早いのか?)咲いてはいますが「群生」ではない!

 

 

それでも綺麗に咲いています。第二群生地も同じ様です

頂上までの登山道は所々に道標があり「目障りな」テープはなく、わりと穏やかでいい!

頂上が見えてくれば

まもなく茅と笹の斜面になり

11時20分1604mの頂上に着いた。

天気は快晴、昨年10月に登った三嶺・天狗塚・牛の背が南側に対峙

下山は周回コースを歩きます。頂上で出会った地元の方の話では「周回コースは少しわかり難い所と危ないところがある」というので少し心配でしたが

所々の標識とGPSで

何とか迷わず

ここまで下山してきました

林道を45分歩き(住吉神社の)駐車地に無事下山しました。

四国の山(剣山付近の祖谷渓)へ行く度にいつも思うことですが「道が狭くてカーブが多くとても走り辛くて登山口に着くまでにかなり疲れるます」それでも四国の山は「静かでしかも花も多く」楽しい!9.4km・4時間45分

 

 

 

 

 

 

 

コメント

深山への道

2020年03月17日 | 山歩き

山崎町上ノからサブコースと云われる「深山」へは長い林道歩きがあります。以前はかなり奥まで車で入れたのですが、最近は林道の所々で障害がありガイドクラブの報告書でも、「通行困難箇所あり」との報告がありました。「さてさて、どれぐらい傷んでるのだろうか?」と今日、早速歩いてみました。

山崎町上ノ、岩上神社に駐車してスタートします

5分ほどで林道入り口の「登山口」

先日の雪が解けて、ぬかるんでいますが、道は整備されていて状態はいい。

道がいいはずで駐車地から2.5km付近で大規模な伐採が始まっており、重機がうなり材木搬出のトラックが何台も

伐採地を何とか通行させてもらい、さらに奥へ1km。ここが林道終点。ここから山へ入ります。

それにしても思わぬ積雪にちょっとびっくり(たかが標高700mなのに・・・)

植林の尾根を30分ほど歩き

11時45分、深山頂上に着いた。天候は悪くないのですが霞んで眺望は良くない

下山は(雪解けのドロドロの往路が嫌なので)波賀町側へ下り「蔦路峠」から林道をショートカットすることに

蔦路峠手前から左へ植林の尾根を下ります。

ジャケツイバラを避けながら茅をかき分け

無事林道をショートカットして

岩上神社まで下山してきました

    神社の阿吽はオオカミ

林道は整備されて車も通行できるようですが木材搬出中なので日曜以外は伐採が終わるまで通行不可?

7km、3時間余りでした。

 

 

コメント

中坪峠から暁晴山へ

2020年03月15日 | 山歩き

久しぶりに「岡の上三山」を歩いてみようと「坂の辻峠」から峰山林道を北上、午後から天気が崩れるというので早い目に切り上げたいと思っていたので予定変更。林道の(入り口から)4.2km地点に駐車して、ここから地図にある点線の道を「中坪峠」へ。気温は0度、かなり寒い!

ここから右の植林へ

 すぐ上が「中坪峠」

中坪峠

 「雪彦・ 峰山縦走」コースにもなっています。

1000mを過ぎるあたりから(地図の表示通り)土塁がでてきました。基本的にコースは土塁に沿って歩きます。

穏やかな、カラマツとアカマツの混合林も

40分も歩けば暁晴山が見えるところに出た。白い帯は「峰山スキー場」

50分ほどでドコモのアンテナ管理道路に出た。

スキー場

70分ほどで、小雪が舞って、うっすらと雪化粧した頂上へ。急な登りがなかったので寒い!

付近の木々は霧氷がついているような?

下山は「山笑う」コースを下り、4km弱の林道を駐車地まで戻った。

 

 

 

 

コメント