メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

大茅スキー場~(県境尾根)~沖の山

2018年08月19日 | 山歩き

積雪期に沖の山登山口の「若杉天然林」へは千種スキー場から峰越峠を越えるか、(西粟倉村の)大茅スキー場から歩くか・・・ですが。大茅スキー場から県境尾根に登り、四等三角点・若杉(1196m)を通れば面白いコースになるかも?ということで車を1台下山地にデポして大茅スキー場からスタート。

大邸宅(廃屋?)の横から山に入り尾根にとりつきます。ここしばらく乾燥した爽やかな気候だったのですが、今日はやや蒸し暑い。

最初は植林、県境尾根の893mピークまでは急坂が続きます(藪はありません)

県境尾根に出れば北西側に目的の沖ノ山が見えています。

南側を望めば、県境尾根は沖ノ山との間に深い谷を作って志戸坂峠へと延び、写真の中央にうっすら見える那岐山へと続きます。

県境尾根は比較的歩き易く綺麗なブナもあり(薄い藪も少し)なかなかいい。

登り始めて2時間で沖の山分岐の四等三角点(点名若杉)1196mに着いた。

ここまでくれば沖の山は近い、広い笹の尾根を下れば

沖の山手前広場へ続く舗装林道に出ます

林道歩き15分ほどで(有名な?)灯篭に着いた。さらに作業道を歩き頂上の南側へ

南側の展望地からは南東側に千種の山々が真近に見える

展望地からは5~6分で頂上へ。今年2月に「帰駒」から登った時に付けたプレートが2m以上も上に。

頂上付近のブナがやや色づいて秋の気配が感じられます。

帰りは三角点まで戻りここから「若杉天然林」へ、広い尾根で藪もありコースを外れないように注意しながら、登ったり下ったりしながら頂上から70分で芦津越まで帰ってきました。

後は若杉天然林駐車場まで遊歩道を歩き

15時45分駐車地に戻った。今日のコースは全体に傾斜が急で雪の時は部分的にやや危険!距離はかなり短縮できますが・・・。

11km5時間ちょっとでした。

コメント

駒の尾~後山~鍋が森神社奥の院

2018年08月04日 | 山歩き

どこにいても暑い! 山も暑いが我が家より少しは涼しいだろうと・・・。ちょっと出かけてきました。沢も水に入れば涼しいでしょうが「涼しい風」はやっぱり尾根でしょう!

 駒の尾登山口はまだ工事中、すこし手前から取りついて正規コースを登りました。10時10分、

 45分ほどで大海里峠へ到着、期待していた通り爽やかな風が吹いて涼しい!(暑かったらここで終了)と考えていたのですが益々元気が出て先に進みます。気温26度

 峠から35分で駒の尾山に着いた。頂上にも小屋にも誰もいない。

 霞みもなく鍋ケ谷山、船木山、その先の後山が綺麗!鍋ヶ谷山まで行ってそこから林道に下山するつもりで駒の尾山頂を出発

 尾根はほとんどが木陰で快適だった。予定変更で船木山まで歩いて、ここから林道に下山するつもりでしたが・・・

後山まで歩きました。船木山から後山との間で(広島から来たという)単独男性とちょっと話をして、頂上で(板馬見から上がってきた)若い男女に会った。(登山道は大丈夫だったようです)12時35分

 頂上からオゴシキ方面に少し下って藪を分けて「鍋が森神社奥の院」方面へ

 この景色も久しぶり(^-^)

 藪が切れて自然林が出て来たらコースは正解

 頂上から20分ほどでネットのある伐採地に着いて左側のヒノキ林を下ります

急なヒノキ林の中を下って沢を少し遡行すると「奥の院」があります。流木が散らばっていますが(先の豪雨でも)大丈夫だったようです。

 「鍋」の由来の甌穴

山腹をトラバースして鍋が森林道終点に出て 

 船木山登山口を経て林道起点まで下り駐車地に戻った。尾根まで頑張って登ればそこは涼しい風が吹いて(日陰は)天国!

コメント

若桜(久曽木川谷)幻の滝へ

2018年07月28日 | 山歩き

ここしばらく(久しぶり?)の腰痛でダウンしていましたが、7日ぶりに(少しだけ)歩いてみました。行き先は「若桜の山ボーイさん」達が整備されたと云う「幻の滝」へ。(ここは20数年?前に行ったことがあるんですがほとんど覚えていません(^-^; 現在は作業道などが出来てずいぶん変わっているでしょうけど・・・)国道29号線戸倉峠を下ったところから「久曽木谷川」に沿って久曽木集落へ入り終点で駐車。

29号線から別れて右へ舗装路を進みます。

 

 ここからコンクリートの道を左上へ。黒いデリカ(大阪ナンバー)は途中で出会った若い釣り人(3名)

 作業道が終わるところ(ここ)から沢沿いの山道に入ります。(ここまで20分ほど)

 クルミやトチなどの自然林の中に付けられたコースを奥へ

 鎖やハシゴもあって

 古い石積みの道も

 連続の滝

途中2度の高巻が終わり、ここを渡って5分ほど歩けば、その先に幻の滝がありました。

 駐車地から55分ほどで滝に着いた(2.5kmほど)。滝は何段にもなっていて地図で見ると40~50mくらいか?もう少し水量があったらもっと迫力があるのだろう・・・。

 整備するのは大変だったと思いますが《欲を言えば高巻き部分が沢沿いに歩けたら…》など思いながら帰路に着いた。

 

コメント (2)

大森神社(戸倉)から十年

2018年07月21日 | 山歩き

1か月振りのブログ更新です。その間に大雨や最近の異常高温があり山行も「力が入った」物もなかったです(^-^;  今日は戸倉から十年に登りそこから市境尾根を北上して、かっての「殿下コース分岐」からヤマメ茶屋に下りました。暑さを覚悟していましたが尾根は涼しい風が吹き「思わぬ避暑!」になりました。

8時35分戸倉大森神社からスタートします。

 林道を少し歩き、尾根末端から歩きます

いつものミズナラやブナの「癒しの森」を歩き10時25分「十年」に着いた。

十年から養父市との境界を北上します。養父市側にはいたるところに作業道ができています。

11時55分下山予定の標石に到着(殿下コース30番)ここで昼食で15分休憩

戸倉反射板には12時25分。

下山尾根は歩き易く楽しい

13時30分無事下山。ふもとは(やっぱり)暑い!、国道を30分歩いて駐車地に戻った。11.9km5時間半

コメント

船木山南西尾根~後山周回

2018年06月22日 | 山歩き

天候不順でしばらく山行が空いていましたが今日は(暑そうですが・・・)まずまずの天気です。ほとんど毎年参加している「後山山開き」に今年は参加できなかったので今日は「後山」と決めてコースは「笛石山~後山~おごしき山」の予定をしていたのですが。急に考えが変わって、志引峠を越えて「後山キャンプ場」付近から「船木山南西尾根」を登ることに決った。

後山キャンプ場に駐車して取付きはいつもと違って、船木山登山口の手前(地図の点線付近)から。10時50分

 

間伐された木が散らばった急な植林の中を汗びっしょりになって1000m付近まで登ります

1000m付近からはこれまで(夏冬とも)何度か歩いたし傾斜も落ちてやや安心

12時25分後山~駒の尾山縦走路に出た。標高差600mを95分もかかった。暑いし疲れた!

 

10分ほどで船木山へ、ここから後山往復へ

 

12時55分後山着、写真だけとってすぐに戻ります

やや霞んでますがまずまずの眺望

 

いつもながら縦走路は歩き易く楽しい!

 

14時05分、駒の尾山に着いた。ここでおにぎりとコーヒーの昼食をとって14時20分下山します。サワフタギの花が綺麗!

頂上から南側

頂上から少し下れば先ほど歩いてきた後山~船木山~鍋ヶ谷山、登ってきた船木山から南西に下る大きな南西尾根が見える

頂上から南側の「駒の旺山荘登山口」へ下ります

14時55分登山口に下山、ここから林道を歩き

駐車地に戻った。船木山へはどこから登っても最初が急ですが今日のコースはあまりよくなかった。(何度か歩いた)1016mの三角点を通るコースの方が(途中に岩場の難所がありますが)よかったと思いました。ともあれ11.4km、5時間弱(暑かったですが)楽しく歩けました。

コメント

音水湖から三久安山周回

2018年06月14日 | 山歩き

今日は音水湖畔からのコースで三久安山へ出かけました。

ここからすぐ右の斜面を登ります、すぐに鉄塔巡視路があり急坂ですがジグザグの道は歩きやすい。

15分ほどで鉄塔に着いた。天気もまずまず。湿気のない涼しい風が吹いて快適

鉄塔のすぐ上から音水湖の南側がよく見える。(音水湖が見える山)の日ノ原山が正面に

750m付近から950m付近まではやせ尾根の急坂が続きます

11時50分やっと傾斜が緩み、そこから10分ほどで

正規登山道に合流(12時ちょうど)

頂上には12時35分、ここで昼食。

 頂上のホウの花がまだ咲いていました

下山をいろいろ考えた末、藤無峠方面に歩き1067mピークから四等三角点(三宝)を通り鹿伏集落へ下るコースに決めて

宍粟でも上位に入るブナの尾根を1067ピーク方面にスタート

 四等三角点(点名 三宝)

三宝までは過去に何度か歩きましたがここからは初めてのコース。P845までは良かったのですがその下が激斜面、最後のコース取りが失敗・・・だった。P845から南へ下るのが正解だったか・

 ハナイカダにも会いました

15時40分、無事に「鹿伏集落」に下山、あとは国道を歩いて16時20分駐車地に戻った。10.7km5時間50分

 

コメント

河内(千種町)~カンカケ峠~竹呂山~河内

2018年06月13日 | 山歩き

しばらく用事があったり天候が良くなかったので5日ぶりに山に出かけました。今日はカンカケ峠から竹呂山へ行く予定。いつもは波賀のリンゴ園からカンカケ林道を歩きカンカケ峠まで行くのですが、今日は(以前から何時かは歩い置てみたいと思っていた)千種町河内からカンカケ峠まで歩いてそこから竹呂山へ登り、下山は一部50名山コースを通り河内の作業道に下山しました。

 9時15分「こうち広場」からスタート(ここがカンカケ林道入り口)

 広い道が続きます

2か所ほど崩れて通行困難な場所がありましたが 何とか通過

途中の分岐を左へ。

 

広い道ですがジメジメして、しかも落石がそのままで結構傷んでます。

10時45分(90分で)カンカケ峠に到着

 峠からは日名倉山から後山方面がいい

峠から竹呂山への尾根に乗ります。しばらくは間伐された木が邪魔 

 登るにつれてだんだん良くなる尾根

 「カンカケ分岐」の大ブナが出てきました。(頂上はすぐそこ!)

 12時05分竹呂山に着いた。ここで軽い昼食をとって下山にかかります

途中まで一般登山道を通り、登山口方面に下らず

  四等三角点(真所)を経由して

作業道に下山

しばらくコンクリートの道を歩き

 河内集落に戻ってきました。(念願の)千種町側からのカンカケ峠は下山コースも初体験、満足でした。14時駐車地に戻った

(13.7km4時間45分)

 

コメント

荒尾集落から植松山~荒尾山周回

2018年06月05日 | 山歩き

昨年から植松山の登山口手前が工事中のためしばらく登ってないので、今日は荒尾集落から植松山に登り(体力が残っていたら荒尾山へ縦走する)そんな予定でスタート

9時25分ここからスタートします

 林道を25分ほど歩きここから尾根に乗ります

 最初は急坂ですが

 やがて杣道が出てきました。これを利用 

 

スタートから頂上近くまでほとんどがヒノキ林の急坂で汗だく

 

 頂上手前の自然林

 

 11時ちょうど頂上に着いた、やや霞んでいますが眺望はまずまず

 頂上の標柱

ヒルガタワから荒尾山がよく見えています、これに元気づけられて荒尾山へ行くことに決定

ヒルガタワ付近はいつ来ても癒される景色だ

 カマツカが満開!

縦走路はこんな所や

 紅ドウダンが咲いていたり

なかなかいいところや

ここは縦走路の最低鞍部(970m)植松山から220m下って

 

140m登って荒尾山へ (12時20分着) 荒尾山から林道へ下り、そこから荒尾集落への林道へ

 

ここの林道へ下山して

 13時45分駐車地へ戻った。頂上は虫がうるさく、食事をする気がしなかったのでそのまま下山しました。トンボがでるのはまだ先、防虫スプレーもいまいちでした。今日は10,3km歩けました(^-^)

コメント

三室山~大通峠へ

2018年06月01日 | 山歩き

登る山やコースを、ほとんどの場合(前日に)決めることが多いのですが、時には車に乗って走り出してもまだ決まらないことがあります。今日の三室山は前から決めていましたが、コースが決まってなかった。(せっかくなので)面白いコースも考えたのですが結局(無難な)一般を登り(県境を)大通峠へ下るコースを歩きました。

9時40分市民の森駐車場から出発します

林道を通り

35分ほどで登山口についた。

 鎖場手前にはまだドウダンツツジが残っています

竹呂山分岐は竹呂山方面の方が開けて登山口へ下山する方が迷いやすいと言うので標識を設置しました。

11時45分頂上着、360度の大展望!頂上で単独男性と男女登山者2名と会い、竹呂山へ行く男性と別れて男女登山者と案内がてら大通峠へ県境尾根を後になり先になり下ります。

枯木のモニュメント付近までは笹が茂り膝上の「やぶ漕ぎ?」近年、藪の復活が著しい

中間付近の穏やかな尾根に「カマツカ」が綺麗に咲いて・・・

コース中、一番お気に入りの場所

振り返れば三室山頂上や先ほど歩いた尾根がよく眺められる。

 

1時間ほどで峠に下ってきました、林道を100mほど歩きここから右へ峠道に入ります。

数年前は通る人がほとんどなかった峠道も(100年振りに?)よく歩かれているようで、歩きやすい。

終盤は(沢沿いの)作業道を歩き、最後は林道に出て

峠から1時間ほどで駐車地に戻った

コメント

赤西谷~竹呂山~三室山~赤西山

2018年05月22日 | 山歩き

2016年5月と7月に歩いたコースを再度歩きました。長丁場なので赤西ゲートを8時45分に出発します。天気は爽やかな快晴

赤西ゲート から

ゲートから5分ほどで左の斜面を登ります。 

スタート付近は間伐した杉が散らばり歩き辛かったが登るにつれて(急坂ですが)歩きやすくなった。

 9時30分、縦走尾根の834mピークに出た。ここから今日の最終ピーク「赤西山」が見える。

 しばらく穏やかな自然林の尾根を進み、カンカケへの分岐を過ぎると

 最初の山「竹呂山」に着いた。10時35分(スタートから110分)

すぐに三室山に向かってスタート。途中から先ほどのピークから眺めた時より少し大きくなった赤西山が・・・

ショウダイ付近は倒木でかなり歩きにくい

12時15分三室山に着いた。

 

       頂上のブナも倒れて                つい最近まで元気だったブナ

頂上から南西方向

三室山 頂上で昼食をとって、県境尾根を赤西山へ

  

 近づいてだんだん大きくなる赤西山         カミナリ杉も元気?でした。

 三室山を下って赤西山へ登る手前までは穏やかな笹原が続き、爽やかな風が吹き「天上の楽園」

 

赤西山頂上には14時20分に着いた、予定よりやや早く到着してまずは安心

        

鳥取県では「加地山」?                  ドウダンも、綺麗に咲いて

赤西山から一気に下ります

1時間弱で赤西林道に下山

 16時10分駐車地のゲートに戻った。快晴の爽やかな天気に恵まれ宍粟市の最奥尾根14kmを楽しく歩けて大満足!

コメント