メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

三室山~大通峠~三室高原

2016年08月31日 | 山歩き

大通峠から三室山へ登る登山者が増えているようですが(三室高原から大通峠までの林道が長いため)峠から往復または車2台で周回しているのだと思います。積雪期によく利用する峠道(地図の破線)が夏でも利用できたら大通峠から高原までの距離が三分の一以下になるので車一台でも周回が出来ると思い、歩いてみました。

10時25分駐車地を出発、今日は「市民の森」の中を通り登山口へ

  

      登山口への林道            登山口の左側(西)の尾根を上へ                  

  

 大岩庭園付近で紅いペンキのマーキングがあちこちに(十数か所)テープならまだしも、ペンキは掃除が大変(>_<)

 鎖場付近から木々の間から下山予定の県境尾根が見える

 南側には千種の町並みが・・・その先に瀬戸内海がうっすらと。

 12時20分頂上に着いた。昼食中の夫婦?の方がおられて、しばし山談義。それにしても今日は(風が強いせいか)眺めがいい。氷ノ山と扇ノ山をバックに三室山の標柱が映える。

昼食をとって13時ちょうど 下山します。県境尾根からは正面(西)に天児屋山、その先に沖ノ山その向こうに那岐山等々

 北側には東山、高倉、くらます、その先に扇ノ山などの絶景を楽しみながら

 

 13時55分、大通峠に下山、峠から林道を100mほど下り、カーブミラーのところから右へ

 所々で道が不明瞭なところがありますが

 

       大体はこんな様子、              終盤は沢に出ます

 峠道はここまで、林道まで150mほど歩き舗装林道を三室高原の駐車地まで25分で戻った。4時間半ほどで一周出来るし峠道もそれほど悪くないし距離も8.5kmほどなので十分利用価値がありそう.三室山頂上から峠まで約1時間、峠から高原駐車場まで50分でした。

 

コメント (4)

船木山西尾根から後山~駒の尾周回

2016年08月27日 | 山歩き

今日は天気がいまいちでしたがその代わり最近にないとても涼しい山行になりました。船木山キャンプ場手前の林道を西へ500mほど走り林道脇に駐車して出発

 切通しになった尾根に左斜面から取付きます(10時25分)

 

 しばらくは植林の中を進み

標高900m付近の岩場を過ぎたあたりから自然林になり尾根の傾斜も落ちて

 積雪期も含めて何度か歩いていますが、いまだにテープが一本もないのが新鮮で嬉しい!

主尾根の手前が少し藪ですが

 それを越えるとひょっこり縦走路に出ます (11時50分)

 10分も歩けばそこは船木山(後山より10m低いだけなので岡山県第2峰?)

後山に着くころからガスが出てきて寒いぐらいだ(気温は19度)12時25分到着。誰もいない頂上で弁当を食べて13時に出発して船木山へ引き返す途中、駒の尾山から来たという4名の男性グループと会いちょっと話をしてまた歩き始める。

いつもなら鍋ヶ谷山を過ぎたあたりから駒の尾山がきれいに見えるのだが今日はガスで靄って頂上はぼんやり。

 今日下る予定の美作市(東粟倉)への稜線(下に見える町は美作市)

 14時05分駒の尾山に着いた。人もトンボもアブも居ない。

 下山途中振り返ればススキが穂を出し(涼しいこともあり)急に秋めいてきたように感じる。

  

よく整備されて歩きやすい登山道を50分で「林道登山口」に 下山

 林道登山口

 林道を20分歩いて駐車地に戻った。涼しくて、アブもブヨもいない山は久し振りでした。残暑はまだまだ続きそうですが「秋」を先取りしたような山行になりました。(15時15分)

 

コメント

若杉峠~(中央分水嶺)~十年~やまめ茶屋

2016年08月25日 | 山歩き

2009年やまあそさん、TQFさんと若杉峠(わかすとうげ)からs新戸倉スキー場まで歩きましたが今日は「十年」まで歩いてみました。あれから7年、山は変わっただろうか?

 若杉峠から出発します。峠は切通しになっているので道谷側へ少し戻って斜面に取つく。8時40分

 尾根の上は広くて歩きやすい

 9時25分「点名 横行」に着いた。以前来た時はテレビの共聴アンテナがあったはずだが、綺麗に片付けられて三角点だけ。

 三角点を過ぎるあたりからコースは素晴らしい自然林の尾根になる。

  

9時55分送電線鉄塔に着いた(上野横行線85)以前来た時に道谷側には巡視路のプラ階段があり横行側にはなかったのでもう一度探してみましたがやっぱり見つかりませんでした。鉄塔から少し進んだところに、鉄塔跡の石組が現れた、これは戸倉の大森神社から「点名 宮の後」手前の尾根にある鉄塔跡に繋がっていたのではないか?

 

「宮ノ後付近の鉄塔跡」とプレート {因電・九八 昭和八年七月}

穏やかな自然林の尾根は まだまだ続きます

 11時15分ごろ、十年の登山道の930mピークを通過

 11時30分十年頂上に着いた、下山は頂上から少し戻り、いつもの尾根から「やまめ茶屋」へ下ることにした。

 下山尾根の途中「アンテナピーク」から今日は左(南)の尾根を下って(途中昼食20分)

 12時45分作業道に下山(ここも最後はやや急坂)

作業道を 15分ほど歩き「やまめ茶屋」横の林道に出た

 あとは国道を歩き13時25分(車のデポ地)大森神社に戻った。7年たってもやはり素晴らしい尾根でした。標高700mの若杉峠から1039mの十年まで標高差340mほどの楽々尾根歩き、10.4km、5時間弱。

  

 

 

 

コメント

蓮花岩山隧道から三久安山

2016年08月18日 | 山歩き

火曜日(16日)竹呂山への途中で熱中症のような症状になって途中でリタイヤ。今日は「なるべく風通しのいい所へ」と思い三久安山へ行った。コースは溝谷集落から林道を少し歩き「蓮花岩山隧道」手前から・・。このコースは2006年にやまあそさんの案内で(大勢で)登りましたが、あれからはや10年・・・。ちょっと懐かしいコースでした。

広い林道ですが(落石があったりして)通行禁止です。ここから歩きます。(9時発)

30分で「蓮花山隧道」に着いた。右の斜面(激坂)を登ってトンネルの上に出ます。(これがなかなか大変^_^;)

しばらくは植林の尾根ですが950m付近までは厳しい登りが続きます。気温は25度、風があって思っていたより涼しい。

951mピーク付近10年前は伐採地で地肌が見えていましたが今はススキやイヌワラビの茂ったグリーンの広い尾根になった。

 2006年4月(やまあそさんのHPより)

ここからは南側の眺望がいい、阿舎利、一山、等々

下山予定の尾根もよく見える。

公文川に続く尾根に合流付近からは自然林に変わり雰囲気もいい。

目印の大杉付近まで来ると頂上は近い

頂上手前ではイヌワラビとオオバアサガラの藪もありますが

氷ノ山もよく見えておりました

11時20分頂上に着いた。(駐車地から2時間20分)8月初めに来た時あれほどいたトンボは麓に降りたのかほとんど見かけずアブがブンブン 昼食のおにぎりを食べて下山します11時55分

下山は「梯子コース」から

急な尾根を林道へ

   

最後は潰れそうな梯子をおそるおそる降りて、林道を1時間歩き        

13時40分駐車地に戻った。三久安山は東西に長い山なので音水湖からのコースと藤無峠からのコースはわりと穏やかですが南北は急峻でどのコースもなかなか手ごわいですが、それもまた面白い。4時間30分 11,5km

コメント

一山(ひとつやま)

2016年08月12日 | 山歩き

今日はちょっと行ってみたい所があって、そこへ行きかけたのですが「木の伐採中」とやらで林道が通行止めになっていました。仕方なく次の予定の所では車を停めたとたん、大きなアブの群れが車に突進してきてゴンゴンとすごい音!ここもあきらめ(無難な)高野峠から一山へ。

峠に駐車してスタート

峠のすぐ上の鹿ネットで囲まれた伐採地は完全に囲まれて鹿が入れないようで、木や草が茂って鹿が食べつくしたネットの外側との差が大きいのにびっくり!

少し上から眺めると良くわかる。(何年も前はどこもこのようだったですが・・・)

コースは木々で日差しが遮られ気温(29℃)のわりには涼しい

ちょうど1時間で頂上に着いた。今日は氷ノ山の両脇に阿舎利山右側に三久安山、藤無山等々が綺麗に眺められる。

西から北側に大甲山、荒尾山、植松山、後山、舟木山、ダルガ峰、長義山、空山、竹呂山、三室山、赤谷山、三ノ丸まで50名山が12座。

東から南側も絶景!存分に眺望を楽しんでから少し下って林の中で昼食をとって往路を下山した。目的の山は登れなかったですが、眺望の良さに満足。

※一般コースなので地図はありません。

コメント

赤谷~小舟林道

2016年08月10日 | 山歩き

3日も家に居てビール漬けの毎日 暑さを覚悟で北のほうへ、「道の駅波賀」でY君と会った、今日は「セラピーガイド」だという。私もガイドでありながらまだ一度もやったことのない、山ばっかりでセラピーガイドは『落ちこぼれ』しばらく彼と雑談、彼と別れ車を走らせ「戸倉トンネル」手前から旧道に入り赤谷山へ。

 旧トンネル付近に駐車して出発 10時

 峠の登山口までの林道歩きが嫌なので、すぐ先の谷から登ります(登山道ではありませんが)

 45分で一般登山道の「ネジキピーク」に合流 ここからはよく踏まれた道を頂上へ

11時20分頂上に着いた、(いつものことですが)誰もいません。氷ノ山もくっきり!

期待していた通り眺望はいい、360度見渡す限り山!山!山!

下山は「小舟林道」へ下ります。11時45分藪へ

前半はかなりの藪(薄いですが鬱陶しい)

45分ほど歩いて、やっと藪から解放された

  

12時40分「小舟反射板」に到着

ここからは北側に氷ノ山三の丸付近が見える

反射板から20分で林道に降りた。

林道付近は「国有林の間伐」の最中でした。作業している方とちょっと話をしましたが・・・(最近は重機を使って伐採作業をするためか?)若い方が多い。

13時20分赤谷山登山口の「戸倉峠」に着いた。

峠からはコンクリートの林道を歩き駐車地に戻った。(13時35分) 暑い暑いと言いながらも頂上付近は23度、時々爽やかな風が吹いて、それなりに満足な山行でした。8.4km

 

 

 

 

コメント (4)

道谷~三久安山~くるみの里

2016年08月06日 | 山歩き

今日も暑い一日でした。こんな日は標高が高くて木陰の尾根コースを歩くのが一番。若杉峠手前の「沼谷林道」西側の尾根から三久安山へ、下山はP1012まで戻りそこから「くるみの里キャンプ場」へ下った。

沼谷林道入口に駐車して県道をすこし戻って山のほうに入る広い農道へ 8時30分発

 ここから上へ

 10分ほどで尾根に乗った。

 80分で藤無峠からのコースに合流、ここからはよく踏まれた道を頂上まで

 10時50分頂上に着いた。涼しい風が吹いて心地よい。虫も少なく久し振りに頂上で1時間余りゆっくり出来た。

12時25分、 汗で濡れたシャツもすっかり乾いて気分よく下山にかかります

P1012までは往路を通りここから くるみの里方面へ

木々に遮られほとんど眺望はないコースですが(点名道谷)四等三角点手前からは三久安山の北斜面付近が眺められた。

 イヌワラビに埋もれた(点名道谷)

 

 尾根は下りながらも時々上りもありノコギリの歯のようでなかなかしんどい。標高も下がり風も止まりだんだん暑くなってきた。

15時05分広いテーブル(ベンチ?)のある台地に出た。ここからは麓の「くるみの里」まで遊歩道になります(古いですが) 

 5~6分で(点名石亀)に着いた、東山の展望台と同じタイプ(少し低いですが)の展望櫓がありますが木が茂って展望は出来ません。

 所々に付けられた階段を目印に遊歩道を下山しますがあと少しのところで道を見失ってしまい最後は標高差200mほどの植林の激坂を下り

 15時55分くるみの里に無事下山(13.5km約6時間)下山後気が付いたのですが送電線鉄塔から右側に道があったようです。思っていた通り木陰の尾根道はとても涼しく快適な山歩きでしたが、下山尾根は結構長く下山したときは汗だくになっていました。それにしても「くるみの里遊歩道」はブナやコナラの自然林の穏やかな尾根を整備して作られたいい所なのに、最近はほとんど利用されてないようです、もったいない!

 

コメント

十年への道

2016年08月02日 | 山歩き

「宍粟50名山別撰5山」の選定も終わり後はコースを決めるだけになりました。先日5山のコース候補を作り作成委員で協議しました。その中の「十年」を取付点を変えて歩いてみました。

10時35分戸倉の「大森神社」からスタート

林道を少し歩き尾根の末端から取付きます

最初の激登り(15mほどですが)の上もしばらく急坂が続きます。

 

p851の手前は見事な杉並木が続きます。付近には「恐い《カエンダケ》が・・・」と思ったらベよく似た「ベニナギナタダケ」でした。

11時28分「宮の後山」に着いた。林道をp851を過ぎた付近まで歩いてそこから取付いた時より10分ほど多くかかっているようだ。

ここから分水尾根を通り十年まではミズナラやブナ、頂上手前はカラマツが混ざる自然林が続きます

 

12時10分「十年」に着いた、駐車地から95分。

下山は頂上から少し戻って右(南西)へ

地図の965mピークにはテレビの共聴アンテナがありケーブルがやまめ茶屋まで伸びているのでそれがコースの目印になる

アンテナピークからはずーっとミズナラの自然林が続き圧巻だ!

13時20分林道に下山(最後が少々急でしたが)

 30分ほど国道を歩いて駐車地に戻った。7.8km 3時間15分でした。

 

コメント