土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

イトトンボ

2019年11月04日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事

 

 

和田1号橋下部工工事です。

底版(フーチング)の鉄筋組み立てが終わり

作業は足場の設置に移りました。

 

 

 

 

現場監督がクルマのなかで思案しているとき

ことわりなく入りこんできたトンボ。

 

 

 

 

「さあ、これはなんというトンボでしょうか?」

 

て質問されてもねえ・・・

が、しかし。

オジさんは敢然と受けてたちます。

調べます。

まず特徴は・・・と画像を見ると

かなり細いトンボです。

そして竹の節のようなものがはっきりと確認できます。

ということで、

「トンボ 細い 竹 節」

で検索。

ダメですね。

竹でトンボをつくる云々という方面へ行ってしまいました。

考えてみたら、トンボには節がありますもんね。

 

ではシンプルに

「トンボ 細い」

 

 

 

おっ、きました。

どうやらイトトンボの仲間のようです。

ならばもっとシンプルに

「イトトンボ」

イトトンボ図鑑というサイトがありました。

どうやらイトトンボには14の種類があるようです。

一番目にあるのがキイトトンボ。

これはモネの庭でよく見かけるやつです。

順番に・・

ベニイトトンボ

リュウキュウベニイトトンボ

エゾイトトンボ

オオセスジイトトンボ

クロイトトンボ

セスジイトトンボ

オオイトトンボ

コフキイトトンボ

モートンイトトンボ

ホソミイトトンボ

ルリイトトンボ

どれもはっきりとちがいます。

最後に残ったのはふたつ。

アオモンイトトンボとアジアイトトンボ。

どちらも体の色が緑系です。

やっぱりこれかな。


 


アジアイトトンボ。 

それにしても・・・

 

 

 

 

クルマから外へ出ても

また寄ってきて

指先にとまったんだそうです。

やっぱり現場監督の人徳っていうもんでしょうかねえ。

 

わたしなんか

トンボはおろか

人も寄りつこうとしてくれません。

いや、

「人だから」

というべきでしょうか。


あらあら

なんだか愚痴めいてきたようなんで

今日はここらでやめにしときましょう。


では

またあした。


(みやうち)




 採用情報

↑↑ 興味のあるかたはクリックしてください。

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 夕暮れどき | トップ | 鳥の眼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国道493号(北川道路)道路改築工事」カテゴリの最新記事