インターゾーンで働く社員のブログ

群馬発のITベンチャーで“こんな会社もある!”を見つけよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第14期インターゾーン総会

2014-08-30 19:23:30 | エマニエル山洞
こんにちは!入社1年目のエマニエル山洞です!

8月29日(金)にインターゾーン第14期会社総会が行われ、
今年はインターゾーンの従業員に加えて、システム関係の仕事でいつもお世話になっているインプローブの室田さん、中澤さん。制作関係の仕事でいつもお世話になっている横山さん、magさんにも参加していただきました!
今期もどうぞよろしくお願いいたします。そして、15期の総会のご参加もお待ちしております!





今年の第14期インターゾーン会社総会はWHITE IN TAKASAKIで開催されました!
去年に比べて会場広かったです・・・。

それだけ去年に比べて人も増えて会社も成長しているということですね!
山洞も早く結果出さないと・・・。。。

今年の総会は、14期の振り返りと15期の行動計画の共有の他に「サプライズ人事&報告」があり、会社にとって劇的な変化のきっかけとなる内容だったのではないかと思います。

そして恒例の「インターゾーンアワード」!!

これは一年間を通して、インターゾーンの“企業理念”を体現した人に贈られる賞です!
今年のインターゾーンアワードMVPは、コールセンター事業部の森田さんが受賞しました!
おめでとうございます!


そしてアワード受賞者たちで集合写真です。
ちゃっかり私も特別賞をいただきました・・。(笑)
来期ははしっかり結果を出してまた受賞できるよう働きます!


インターゾーンアワードの後は恒例のビンゴ大会

ビンゴになったらインターゾーンの皆さんの写真パネルを選択して、パネルに応じた商品を獲得できるというものでした。


今年も豪華賞品は勝負運が強いコールセンターの従業員の方たちが牛耳るという結果になってしまいました。(笑)
いや~さすがです!


最後は参加者全員で集合写真です!
15期も全員が一丸となって、同じ方向を向いて目標を達成できるよう取り組んでいきましょう!

山洞の15期の目標は「信頼される人材になること」です!
会社としての目標も自分自身の目標も達成できるよう取り組んでいきます!

それではまた!







コメント

一泊二日の新入社員研修

2014-05-20 22:44:18 | エマニエル山洞
こんにちは!入社1年目のエマニエル山洞です。


5月13日(火)、14日(水)に一泊二日で新入社員対象の新人研修をしてきました!

どんな内容かと言いますと、「同期の絆を深める」というテーマのみを与えられ、
内容は全て新入社員が決めて、絆を深めるためにはどんなことをしてもいい・・・。

一風変わった新人研修だったと思います。


同期というのは、イイところは互いに認めつつ、ダメなところもさらけ出せて、
いつでもスタート地点の自分を思い出すことができる貴重な仲間であると学びました。

そういった絆を築いていくには、
その人の考え方や、その人のことを深く知っていかなくてはいけないのだと思います。


そこで私たち同期3人は、

「同期それぞれが、今の人生において“きっかけ”となった人に会いに行く」

ということをしました。


私は、会社で見ている同期というのは会社でしか見れない同期であり、
いくら話しをしていても表面上でしかコミュニケーションが取れていないのではないかと感じていました。


そこで、自分のすべてをさらけ出すことができる友達、同期の人生のきっかけとなった人に会うことで、
その同期の知らない一面を知ることができる。


そういった一面を知ることで、その同期の考え方やその同期の事を深く知れると共に、
今後絆を築いていけるきっかけとなるのではないかということで実施しました。


具体的には、同期の友達を交えて食事をしたり、ボーリングをしたり、ビリヤードをしたり、お酒を呑んだり・・・
その友達に対して見せる同期の一面やその友達と同期が知る過去、そして今を知ることができ、かなり濃い一日を過ごすことができました。


この研修を通じて、入社してまだ1か月半ですが、
まだ知らない同期の一面や考え方を深く知ることができて、
今後はイイところもダメなところもすべてをさらけ出せて、互いに切磋琢磨していける関係性が築けるきっかけとなった一泊二日の旅になったのではないかと思います。

また、自身の人生のきっかけとなった人に会うことで、
自分自身の人生の「スタートライン」を思い出させてくれる旅にもなったと個人的に感じています。


大きな会社で人がたくさんいたり、少人数にしてもコミュニケーションを求められる場において、普段の自分を見せられる人というのは少ないのではないでしょうか。

その人の事を知るために、絆を築くためにお酒を呑みに行って腹を割って話しをしたり、
社員みんなでどこかに旅行に行ったりすることも方法のひとつかもしれませんが、
こういった「その人の人生のきっかけとなった人に会いに行く」というのも
絆を築いていく上で、面白い方法のひとつなのかもしれません。
コメント

新入社員研修スタート‼︎

2014-04-03 17:59:27 | エマニエル山洞
入社3日目、新入社員の山洞です。

今回は、インターゾーンに興味がある就活生にとってホットな情報でもある
【インターゾーンの新入社員研修】の内容について投稿します。


高崎に会社があるインターゾーンですが、
今私は広島にいます。

入社初日、入社式から帰って来て営業部長に一言こう言われました。

部長「明日広島行くよ!」

山洞「???、はい…。」

てな訳で入社2日目から、部長の営業に同行させてもらっています。


一般的な企業の新入社員研修であれば、
商品知識をつけるために、商品知識勉強会のようなものをしたり、
礼儀、作法のマナー研修をしたりと、
しばらくは会社の中であったり、新入社員をまとめて教育・指導していき、
社会人としての基礎から身に付けていくような研修内容ではないかと思います。

社会人になった途端に、営業の最前線に連れて行くような新入社員研修をする企業は、
少なくとも群馬県には存在しないのではないかと思います。笑



まだ入社して3日目ですけど、正直言ってキツイです。

「明日の6時50分発の新幹線で、羽田行くよ」
「9時25分発広島行きの便とっといて」
「広島の⚪︎⚪︎ホテル予約しといて」等々

他にもムチャブリの多い、営業同行でした。



ただ同時に、濃い時間を過ごしているなとも感じています。

インターゾーンの営業は、モノを売るだけの仕事ではありません。
インターゾーンの営業は、提供しているモノはあくまで、クライアントの目的を達成するための手段であるという考え方の基、クライアントにとってBestなモノを提供するコンサルタントのような仕事です。

入社早々に、現場の最前線で営業部長に同行できるというのは
同年代の他の企業に入社していった新入社員に比べて、貴重な経験を積ませてもらっているなとも感じています。

こういった経験が入社早々にできるのも、インターゾーンのイイところです。

「早く社会で活躍したい!」
「もっと成長したい!」

というような思いを持った学生の
入社を心からお待ちしています。

そんな学生が入社してくる頃には、私も社会に価値提供ができる頼れる人間になれるよう精進していきます‼︎

コメント