インターゾーンで働く社員のブログ

群馬発のITベンチャーで“こんな会社もある!”を見つけよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

打木@茨城守谷営業所

2014-03-26 16:24:43 | 打木@茨城の奥さま
今日は、社員のみんなもまだ知らない茨城守谷営業所をご紹介したいと思います


いらっしゃいませ~

おしゃれっぽい外灯もあります。


ドアを開けると



ゴルフバックが並んでる廊下を抜け左折



プリンタも完備



今はきれちゃってますが、ノートPCですかいぷしてます




もちろん有線なんてかかってないので、たまにラジオ聞きながらやってます。
壊れたアイフォンでw新しい使い道発見です。





で、なぜこんな勤務時間中にブログを更新したかといいますと。

すぐに解決できない問題を考えて、うーんうーんと唸りながら、
これ!という解決方法を見つけられずに迷走中なのです。
重要なところなので早く解決策を見つけないとなのですが、行き詰まりましたー

ちょっと気分転換できたので、続きやろー




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20代、30代の若いスタッフが活躍するオフィスで一緒に働こう!

2014-03-13 21:44:24 | 人事部 山田
メールによるお客様対応のアルバイトを募集します!

ホームページから入ってくるお問合せに、メールで案内を返信する業務。

業界や商品を限定しているので、すぐに覚えられますし、難しい作業はほとんどありません。

9時~18時、週3~5日程度働ける方を募集します!

時給850円~
※研修期間は時給800円


業界No1のインターネットサービスをもつ若い会社です。
成長している企業だから、頑張りが認められて社員になるアルバイトも続々登場。
フリーターの皆さん、チャンスならここにたくさんありますよ!

応募はお電話で。
027-387-0003 担当:人事部




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

社員の体験発表

2014-03-07 17:24:37 | 人事部 山田

今日は四半期ごとに行われる全社員参加の経営会議です。

社長の鏡山をはじめ、各事業部のリーダーが四半期の振り返りと次の目標を発表していく場ですが、今回からは社員による個人的な体験発表が加わりました。

営業部の木村です。



彼は中途入社です。

前職では人気食品メーカーの営業として仕事をしていましたが、あるきっかけから転職を決意。
そして、まったく縁もゆかりもない群馬のあるベンチャー企業への入社を決意しました。

岡山出身で会社は東京、歴史もあり安定した会社での仕事を捨て、インターゾーンを選んだのはどうしてなのか?
いったいどんな覚悟をして決断をしたのか?

今まで誰も聞いたことのない彼の真摯な気持ちが赤裸々に語られました。


次に、昨年結婚したばかりの打木。



新卒で入社して5年目に結婚を決めた彼女は、茨城に住む旦那さんのもとに引っ越しました。
当然、会社に通える距離ではありません。
やっぱり結婚したら退職・・・と半ばあきらめていた打木でしたが、社長の鏡山の一言で状況は一変しました。

「それで、うつぎはどうしたいの?」という問いに彼女が出した答えは「結婚もしたいけど、仕事も続けたい」。
インターゾーンでは初のケースとなった在宅勤務制度はそこからスタートしました。

「前例がなければ、私が前例になってみせる!」と、始めた在宅勤務ですが、やってみたら「私が働いている姿は誰からも見えない。どうすれば私が働くことの価値を見せられるのか?」と悩むことになります。

そして、彼女が考えぬいて、起こした行動は・・・
女性社員たちが多いインターゾーンでは、彼女の行動と考えに共感した社員も多かったと思います。


最後に、今年一年目の営業部、高橋。



東京の大学へ出て、都内で就職活動をしていた彼は地元の群馬に帰ってくるつもりはさらさらありませんでした。
超有名な大手企業や都内のベンチャー企業ばかりを回って、その数は100社以上にも。

しかし、彼が最終的に選んだのは、名前も知らなかった群馬のあるベンチャー企業でした。

たくさんの会社を見て、経営者の話を聞いて、彼の中では少しずつ変化が起きました。

どんだけいいサービスを作っているかどうか、そんな話を聞いてもワクワクしない。
それより、どんな考えをもってビジネスをしているのか、会社を経営しているのか?

たまたま聞いた社長の鏡山の話を聞いて共鳴し、次第にインターゾーンへの関心が高まっていったのでした。

野望を隠さない新入社員の高橋の就活話は、今就活をしている学生さんたちにこそ聞いてほしい話でもあります。

もし「聞いてみたい!」という学生さんがいれば、都合のつく限りお会いして話をする機会を作ります。
ぜひご連絡ください。

人事部、山田まで。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする