ヒロ爺のあれやこれや!

憩いと安らぎを・・・

いか焼き見っけ!

2018-11-12 21:39:02 | 食べ物

 

 

今日は家人がお出掛けなので、昼飯は外食に。

かどやのカレーうどんを食べることにします。

 

運動のため自転車で行こうとしたら、2台ともパンクしているみたい。

次男坊に見てもらったら、1台はチューブ・タイヤとも変えた方が無難だと言う。

来週末にサイクリングがあるので、修理を頼みます。

 

出掛けようとしたら、雨が降りそうな雲行き。

小ちゃな傘をママチャリのカゴに入れて出発。

堺東駅の駐輪場に入る直前にポツリポツリと雨が降ってきました。

空が暗くなってきたので、帰りの雨が心配です。

 

久しぶりのかどやですが、いつもの通りの愛想で迎えてくれます。

麺が少しもっちりしたような・・・

出汁のとろみがチョッと強いような・・・

と思いながらも、美味しくいただきました。

 

何軒かのお店でカレーうどんを食べました。

それぞれ特徴があって美味しいのですが、子供の頃に食べた「かどやのカレーうどん」が懐かしくなり食べたくなります。

カレーうどんに、おにぎりと一品が付いて580円(税込)は安いです。

 

 

お店から出てくると、いか焼きの看板と大阪名物の提灯。

「いか焼き 進次郎」というお店です。

お腹いっぱいなはずなのに、思わず注文してしまいました。

 

かどやに初めて来た時、迷っているあっしに声をかけて、親切に場所を教えてくれた方が店主でした。

焼き上がるまでに話をしていると、昔からの知り合いのような気がしてきます。

気さくな方で、終始笑顔で話されるのが良い感じ。

 

出来上がったいか焼きは、生地がもっちりしていてイカの風味を感じます。

大阪で有名な某百貨店のいか焼きよりも上だと思います。

美味しくてボリュームがあるので、250円(税込)は安いです。

 

帰る時は雨模様だったので、透明傘を出してくれました。

100均?で買った小さな傘は持っていました。

「大きな傘の方が濡れないですよ」「差し上げますので返さなくてもいいですよ」とのことで受け取りました。

途中で大粒の雨が降ってきましたが、大きくて前が良く見える透明傘があって助かりました。

 

  左が借りた傘、右が手持ちの傘

 

 

店主とお話をしていると何故かホッコリします。

きっと、また伺うことでしょう。

「冷めてももっちりと美味しいいか焼き」だそうなので、今度はお土産に買うことにしよう!

 

(撮影:iPhone se)

 

 

コメント (2)

野菜料理のランチ

2018-09-20 23:27:38 | 食べ物

 

久しぶりに「箪ぽぽ」へ。

奥さんが笑顔で迎えてくれます。

 

お昼のメニューは会席料理とたんぽぽ膳の2種類に変わっていました。

安い方の「たんぽぽ膳」(1,380円)を選択します。

 

大きなお皿に、8種類の小鉢が載った料理が運ばれてきました。

女性が喜びそうな料理です。

野菜中心で見た目が綺麗で、どれを食べても美味しいです。

 

メイン料理は、家人が天ぷら、あっしは魚の煮つけをチョイス。

今は白米を控えていますが、美味しそうなご飯だったのでつい食べてしまいました。

食後には、前回訪問時に貰ったチケットでアイスクリームを頂きました。

 

自宅の近くに、安くて満足のいく食事ができるお店があるのは嬉しいです。

たんぽぽ膳は料理内容が毎月替わるそうなので、次回も楽しみです。

 

コメント (2)

ノンアル・ビール

2018-08-18 23:51:03 | 食べ物

 

 

あっしは下戸。

若かりし頃は、上司や先輩の付き合いで無理して飲んでいたが、当然悪酔。

酒の席は嫌で仕方なかった。

 

現在は無理に酒をすすめることもなく、飲めない者にとってはありがたい時代に。

ありがたいと言えば、ノンアルコールビールの出現も嬉しい。

乾杯はウーロン茶から、泡の出る飲み物に・・・(笑)

 

糖質制限の必要があって、出来るだけご飯を食べないようにしている。

そんな中で、食事の満足感を味わうにはノンアル・ビールは必要なもの。

 

アルコールには弱いけど、ビールの味は好き。

焼き肉や餃子などの時は、ノンアルコールビールを開ける。

 

お気に入りの銘柄は「ヴェリタスブロイ」

色々と試して行きついたのが、これ!

 

ドイツ製で、一番ビールに近い味だと思う。

モルト、ホップ、ビール酵母、天然水で作られ、本物のビール醸造と同じ。

違うのは、出来たビールからアルコールを抜くこと。

 

店舗では販売していないようなので、ネットショップで購入。

いつもまとめ買いしているが、7月下旬の注文時には品切れ。

しばらく掛かりそうなので、スーパーでノンアル・ビール6種類を購入。

ほとんどが「ビール味のジュース?」という感じ。

一口目は飲めても、飲み終わる頃には欲しくなくなる。

 

       「龍馬」が揃った(笑)

繋ぎとして、評判の良い「龍馬1865」をネットで注文。

結構イケル味だけど、2缶目は手が出ない。

 

今日、ようやく「ヴェリタスブロイ」が3ケース届いた。

餃子とノンアル・ビール、良く合うんだよな~。

本物のビールじゃないけど、最高に美味い!

 

下戸のあなた、酔わないけど結構楽しめますよ~。

 

コメント (2)

西瓜をお供えに

2018-08-14 23:53:27 | 食べ物

  

 

猛暑でイマイチの体調ですが、野菜にも影響が出ています。

 

初めは上手く育っていたキュウリやトマトなどでしたが、8月に入ってからは実の成りかたがおかしくなってきました。

実が小さかったり、変形したり・・・と。

キュウリは早くも枯れはじめてきました。

 

昨年、ダメ元で植えたスイカが運良く育ったので、今年も運試しに植えてみました。

3本のうち、2本は植えてすぐに枯れてしまいました。

水はけが悪く、根腐れが原因のようです。

 

残った1本には大きな黒皮西瓜が実りました。

昨年より二回り大きく育ち、お盆の仏壇にお供えできました。

1個しか生りませんでしたが、32センチもあるので納得です。

 

来年はたくさん収穫ができたらいいですね。

コメント (2)

完熟トマト

2018-06-16 16:05:58 | 食べ物

 

 

朝7時にインターフォンが鳴る。

何かあったのかと、一瞬「ドキリ!」とする。

両親が入院していた時の不安だったことを思い出す。

 

ご近所の方がハウス栽培農家でトマトを譲ってもらい、その帰りに寄ってくれた。

農家は昔から親しい方で、生ったままで完熟させているので美味しいらしい。

以前から定期的に購入していて、出荷に合わせて朝早くから畑に出かけたという。

 

我が家の家庭菜園でできた野菜を差し上げているのでお礼だそうだ。

素人が作った野菜だけど、完全無農薬なのが良いところ。

新鮮で美味しいと喜んでくれるのが嬉しいので、多めにできた時にはお配りしている。

 

       こんなに大きい

 

頂いたトマトを見ると、おおぶりで真っ赤だ!

袋を開けるとトマトの良い香りがする。

家人は子供の頃に自家栽培のトマトを畑で食べたことを思い出すと感激。

 

早速、冷蔵庫で冷やしたトマトを食べた。

あまりの美味しさに感動!

甘さと酸味のバランスが最高。

トマトが苦手な息子も美味しいと絶賛。

 

 

ハウス栽培は味が良くないと思っていたが、きちんと完熟させると美味しいんだ。

我が家の菜園でも少し作っているが、まだ青い実だ。

食べられるのはまだまだ先だけど、このトマトの味を超えるのは難しいだろうな・・・

 

 

コメント (2)

納豆を克服!

2018-06-14 21:14:00 | 食べ物

 

 

や~~と、納豆が食べられるようになりました。

 

10回以上のチェレンジで、ようやく美味しいと思って食べました。

最後は3年ほど前で、生協の小粒納豆が食べやすいと聞き挑戦。

納豆独特の臭いは少なく、何とか食べれたという感じ。

2パックは食べたけど、その後は食べる気が起きず、それっきり。

 

最近、テレビで納豆の栄養価やその効用について、度々放映されています。

これまで納豆が食べられんかったら、別の食材を食べたらエエねんと考えていました。

「食べられたらラッキーじゃないの」と思えてきました。

 

大豆は好きだし、豆腐類は大好物なので絶対に食べられるはず。

そう思って、自分でスーパーマーケットへ買いに行きました。

 

沢山の種類がありますが、これまでどれを食べたか全くわかりません。

「金の粒 におななっとう」が目に入りました。

過去に口にしたような気がするけど、挑戦するならこれが良さそう。

 

開くと、「あれっ、ほとんど臭わないぞ!」

出汁が蓋に組み込まれていて、蓋を二つに割ることで手を汚さずにかけられます。

手に臭いが付くと、それだけで食べる意欲が削がれるので、良いアイデアですね。

 

パックのまま、辛子とネギを入れてかき混ぜても深呼吸ができます(笑)

食べてみると、「美味しい!」じゃないですか。

生まれて初めて、美味しいと思いました。

 

5日間、毎日食べています。

どうやら納豆嫌いが克服できたみたい。

慣れてきたら、別の納豆も食べてみよう。


コメント (4)

欧来食堂へ

2018-05-25 22:45:08 | 食べ物

 

 

欧来食堂TANAKA(タナカ)へ行ってきました。

 

久しぶりの大当たりレストラン!

大満足です。

 

 

好きなテレビ番組「よ~いドン!」の「プロが教えるとっておき 本日のオススメ3」で気になるお店がありました。

野菜ソムリエシェフが作る「B COURSE」は、野菜たっぷりで美味しそうです。

予約時に「よ~いドン!を見たと言えば、デザートがサービスとあります。

 

放映後なので、ダメもとで電話したら予約がとれました。

谷町四丁目駅から西へ10分ほど歩くとお店に到着。

想像より大きなお店で、四人掛けテーブルに二人で座るのでゆったりしています。

 

前菜、スープ、パスタ、メイン料理(肉or魚)、パン・飲み物、デザートです。

前菜は手を掛けた6品で、これだけで来て良かったと思えます。

スープには細かくカットした野菜がいっぱい入っています。

 

量が少ないと思ったパスタですが、手打ち生麺に具だくさんで食べごたえ十分。

メイン料理は、肉と魚を一つずつ頼んでシェアしましたが、どちらも美味しいです。

ここにも手を加えた野菜がたっぷりです。

    魚料理(鯛)アップ

    肉料理(牛肉)アップ

野菜料理というだけあって、調理された色んな野菜が堪能できました。

メイン料理をいただいたところで、もう満腹状態です。

 

 

デザートは別腹で頂きましたが、横になりたいほど。

これで1,500円(税込)は、文句の付けようがありません。

帰りに寄りたいところがありましたが、真っ直ぐ帰りました。

 

「季節の旬の野菜の持ち味を堪能できるレストラン」は本当でした。

また、食べに行きます。

 

 

【お店のデータ】

欧来食堂 TANAKA

大阪市中央区常盤町2-2-21

℡ 06‐6941‐5747

 

(撮影:iPhone se)

 

 

コメント (2)

苺の朝

2018-05-15 21:12:46 | 食べ物

 

 

毎朝、苺が収穫できています。

朝食のテーブルに5~7粒ほど出てきます。

 

昨年までは苺が生っても、アリなどが先に食べてしまいます。

今年は路地から鉢に変えて、ぶら下げたり、地上から持ち上げています。

 

お店で売っているような大きな苺ではありません。

甘みよりも酸味が勝っている感じ。

子どもの頃に食べた苺の味ですネ。

 

それでも美味しいです。

新鮮だからでしょうか?

自宅の庭で採れたからでしょうか?

 

採り立てを食べると、身体に元気がみなぎってくるような気がします。

来年は畑でも作ってみようかな。

 

 

コメント

粉末生姜を作る

2018-04-23 23:56:18 | 食べ物

 

生姜を乾燥させてから粉にした生姜を作りました。

 

最後の職場で粉末生姜の作り方を教わりました。

生姜には色んな効用があるそうです。

抗酸化作用による老化防止、血行改善による肩こり改善、免疫力アップによる病気予防など良いことづくめ。

 

粉にすると、生の生姜よりも辛みが出て、効果が持続するそうです。

興味があるものの、邪魔臭がりなので今まで作りませんでした。

 

薬味としての味が好きだし、料理で生姜を使うことが多く十分な量を食べています。

わざわざ手間を掛けて、粉にすることもないかな?という気持ちでした。

 

朝の寝覚めが良くなると聞き、蜂蜜でレモネードを飲むようになりました。

これに生姜を入れると自分好みの味になるし、リラックス効果も感じます。

夜、風呂上りに自分で生姜をするのはどうも・・・

そんな時、粉末で作っておくことを思い出しました。

 

試しに、少しだけ作ってみました。

生姜を薄くスライスしてもらい、ザルに並べて天日干しします。

一日目は、自転車のカゴに乗せて乾かしました。

二日目からは、雨・猫・黄砂などの心配があるので、室内の窓際に置きました。

三日間干すと、ちっちゃくなってしまいました。

 

これだけ干してもカラカラにはなっていません。

電子レンジでチンをして、水分がなくなるまで乾燥にさせました。

量が少ないのでミキサーは使えません。

スリコギでゴリゴリしました。

             子どもの離乳食つくりで使ったもの

             もっとパウダー状にしたい!

 

夏になると、冷やした甘酒を飲みますが、これに生姜を入れると美味しいんですよ。

十分に乾燥させ、パウダー状の生姜を沢山作っておこうと思います。

 

コメント (2)

復活!かどや

2018-03-23 23:06:17 | 食べ物

    

 

カレーうどんで有名な食堂「かどや」が、再び営業を開始されました。

堺東の銀座通りの角にあった元の「かどや」の味が、また味わえます。

 

幼い頃に祖母に連れられて食べたカレーうどんと赤飯の味が忘れられません。

当時は外食することがほとんどなく、ささやかな贅沢でした。

 

繁盛していたはずなのに急に店じまいされ、当たり前のように食べられない寂しさがありました。

その息子さんが3年ほど前にお店を開き、カレーうどんが食べられると喜んでいました。

 (2014年5月11日の記事)

ところが、お袋と親父の世話が続いて、長い間行くことができませんでした。

落ち着いた頃にお店を訪ねたら、居酒屋に変わっていて驚きました。

 

ネットで検索するも、移転された情報はなく 本当に残念な思いでした。

最近になって、「かどやのカレーうどん、食べられるらしいよ」と聞き、調べてみると元のお店の近くに「かどや」をオープンされていました。

 

先週13日の火曜日にお店へ行ってみました。

入口に暖簾が掛かっていて、あの「かどや」に間違いないと確信。

入口には、最初のお店の懐かしい写真が飾られています。

 

お店に入ると、接客をしているのは元気一杯の奥さんに違いありません。

しかし、調理している男性は違うように思います・・・

どうやら、体調を崩して痩せてしまったようです。

ラガーマンのようなガッチリした体型だったのが、スマートになって別人のように見えたのです。

 

        写真を撮る前に、うどんを混ぜてしまって・・・

出てきたカレーうどんは、間違いなく「かどや」の味です。

出汁にカレー粉を溶いて、トロミをつけたシンプルカレーうどんなのに味わいがあります。

 

 

ご主人と奥さんと話をしていたら、前の店へお袋を連れて行ってことを覚えていてくれました。

行った時期や座った席なども記憶されていて、感激しました。

 

今日、教えてくれた方と一緒に再び行ってきました。

「ああ、これこれ!懐かしい味。美味しいわ~!」とあっしと同じ感想。

 

あげカレーうどんに一品、ご飯(白ご飯orかやくご飯)漬物が付いて580円(税込)

リーズナブルな料金なのに、奥さんの明るくて楽しい接客が付いてきます。

 

満腹感と一緒に元気をもらえたような感じ!

あっしのお気に入りのお店になりました。

今度は、長ーーく続けてくださいね!


コメント (2)

今年の沢庵

2018-03-12 23:59:00 | 食べ物

    

 

今年初めに漬けたたくわんは、お袋の味に近づけたように思います。

 

市販されているたくわんの多くは、美味しくても沢山食べられません。

いろんな味付けをしているからでしょうか、毎日食べると飽きてしまいます。

 

小さい頃から食べてきたお袋の漬けたたくわんが一番美味しく、幾らでも食べられます。

砂糖は入れず、大根の持つ甘みを生かしつつ、糠と塩に昆布・唐辛子を加えるだけのシンプルなものです。

 毎日夕飯に食べているとあっという間に減っていきます。

 

太い大根でしたが、30日間干してから糠漬すると、小さくなります。

長さで半分、体積では1/8ほどに縮んでしまいます。

嵩は減りますが、コリコリという食感はこたえられません。

 

 

30本漬けたので、兄妹・ご近所の方などにお配りしました。

自分では納得のいく漬物でしたが、「美味しかったよ!」と言ってくれたのは5人ほど。

人の好みは千差万別なんだと、改めて感じました。

有難迷惑だと感じた人もおられたのではと、チョッと反省!

 

漬けてから2ヶ月以上経ち、色も茶色っぽくなり、味も濃くなったようです。

残りは7本、少しづつ味わって食べよう・・・

 

 

コメント (2)

大根の糠漬け

2018-01-11 21:52:18 | 食べ物

 

今日、大根を糠漬けにしました。

親父が亡くなったあと体調を壊したので、2年ぶりの漬け込みとなりました。

 

今年も良い大根が120本ほどできました。

50本は姉とあっしが糠漬けに。

50本は自宅と知り合いへお配りしました。

 

「美味しかった~」のひと言は嬉しく、野菜づくりの楽しみの一つです。

冬大根は煮込むと柔らかく、おでんは最高。

 

                     畑で干していた大根を自宅へ持ち帰り

       

                     調合した糠

甘い大根の漬物は好みじゃないので、お袋が漬けた大根の味を目指して漬けます。

砂糖は加えず、糠と塩、それに昆布と鷹の爪のシンプルなものです。

今年は歯ごたえ重視で、干す期間を長めの1ヶ月としました。

 

                葉を落とし、漬ける直前の大根

       

             漬けこんだ樽の上段(途中は写真の撮り忘れ)

             空気が入らないように隙間なく詰めます

       

                 下段が漬けた大樽

                             上段は古漬け

大きなプラ桶にギッチリ30本入れました。

美味しい漬物ができますように!

 

コメント (2)

当たりのイタリアン

2017-11-30 23:13:06 | 食べ物

 

 

あびこで美味しいイタリアンの店を見つけました。

 

家人がイタリアンを食べたいと言うので新しいお店をネットで探します。

「これは!」というお店が見つからず、競争の激しいあびこ駅周辺をgoogle地図で検索。

 

地図を見て、横を通ったときにニンニクをオリーブ油で炒めた良い匂いがしていたのを思い出しました。

地下鉄あびこ駅から北へ300mほど歩いたところにある「ボーノボーノ」です。

 

 

外から見るよりも店内は広く、27席ほどあるらしい。

なかなか良い感じで、聞こえてくる会話から馴染み客が多いみたい。

値段を見ると、チョッと高めな感じ。

ランチメニュー(9品のオードブル、パスタ、パン)+コーヒーを付けて1,500円

 

シェフが一人なので、少し時間が掛かるのでしょう。

最初に運ばれてきたオードブルセットを一口食べて、出てくるのが遅いという不満はなくなりました。

みんな手が込んでいて美味しい。

特に、ミネステローネ風スープと、その下の洋ナシと生ハムが印象に残りました!

             

小さなカップスープと8品のオードブルは丁寧に作られたのが分かります。

パスタは二人が頼んだものをシェアし、二つの皿に分け盛られて出てきます。

いい味だし、量にも不満はありません。

高めだと感じた値段は、妥当な価格だと思えました。

 

近場で美味しいお店が見つかり良かったです。

オードブルだけでも来るだけの値打ちあり。

すぐ近くにコインパーキングがあるし、また来よう!

 

(撮影:iPhone se)

コメント (2)

半額でも感動!

2017-11-09 22:29:21 | 食べ物

                     「入兆」の店長・料理長

【 シニアデー(11月) 】

昨日、「入兆」のシニアデー半額サービスを家人と二人で利用してきました。

 

8のつく日は60歳以上の方に限り、半額でいただけるサービスです。

開店から既に6回目の利用ですが、初めて半額で利用できました。

大人気のようで、予約時刻は13時30分となりました。

 

カウンター席だったので、包丁を握る料理長を目の前で見られました。

調理の腕と同じように話し上手なので、楽しく食事ができました。

  

         

  

  

 

いつものように美味しい料理ですが、中でも、一人鍋の柚子味噌が絶品でした。

タレの器に、鍋の出汁を入れて飲み干しました。

隣を見たら、家人も同じようにしています。

味の好みだけは似ているみたいですね。

 

 

【  レディースデー(10月) 】

レディースデーでは、最後の職場で一緒に仕事をした女性と利用しました。

 

「5のつく日は半額割引」の話をしたら、是非行きたいとのこと。

上手く日程調整が出来たので、平日にいきました。

仕事仲間と久しぶりに会えるのは嬉しいものですね。

 レディースデーなので、店内は女性客ばかりで男性はあっし一人だけ。

ハーレムのようでした・・・(笑)

 

この日の料理で一番の感動したのは、きのこ料理でした。(大きい写真の上部の器)

5種類のきのこが本来の旨味を主張していて、きのこってこんなに美味しいんだとビックリ。

炊き込みご飯の代わりに巻き寿司だったのが、いつもと違っていて良かったです。

  

       

  

  

 

半額だと1,350円(税込)でいただけるのですから、サービスデーを利用しない手はないでしょう。

「この料理が、この値段だと儲けはほとんどないやろな!」と思いますから!

 

               こんなサービスも・・・ 

 

【お店のデータ】
 四季料理 「入兆」イリチョウ
  大阪市西区靭本町3丁目2番18号ラパレス靭公園1F
  06-6441-5566
  最寄駅 地下鉄阿波座駅下車

 

(撮影 : ソニーRX-100)

 

コメント (2)

幻のラムネ

2017-10-28 23:59:00 | 食べ物

  

 

奈良県生駒市で製造される「レインボーラムネ」の子袋2個を元同僚のTさんから頂いた。

 

「幻のラムネ」といわれるほど手に入りにくい人気のラムネだ。

ネットで調べると、『今春3,500人分を全国販売したところ、14万を超える申し込みが殺到。

買いたくても買えない人が続出し“幻のラムネ”として注目されている』とある。

 

子供の頃からラムネが好きで、セロファンに包んだ小さなラムネを口一杯に頬張る食べ方が好みでした。

少し前に、息子が何かの景品で貰ってきた〇田製菓の大瓶に入ったフルーツラムネ。

歯ごたえがなく、口に入れた途端に溶けてしまう食感が家族に不人気。

あっし一人で食べていたけど、半分ほどで手が出なくなった。

 

頂いたラムネはビー玉ほどの大きさ。

白色の中に3色のラムネが入っていてカラフル。

しっとりと溶けていく食感と、程よい甘さと口の中に広がる香りがグッド。

 

入手困難というのは需要と供給の関係だろうけど、この商品なら大人が食べたくなるのも分かる気がする。

6人の従業員の一つ一つの手作りなので、増産が難しいようだ。

 

食べたい人は、地元の駄菓子屋で並ぶか、年2回のハガキによる申し込み、そしてふるさと納税の記念品を待つの方法がある。

どれも、あっしにはできないなぁ~

Tさんのご厚意で、苦労せずに食べられたのはラッキー!

 

 

コメント (4)