新塾長日記(魚歌水心)

魚歌水心

波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を、水の深さを。

鳥の声が聞こえるか

2016-05-22 19:56:36 | 日記・エッセイ・コラム
以前のNHK大河ドラマ「宮本武蔵」で、武蔵を戒める藤田まこと演じる柳生宗矩(石舟斉だったかな?)の言葉です。


夢中になりすぎて、天高く飛んでいる鳶の声が耳に入っていない武蔵に、もっと余裕をもって事に当たるように諭します。

今日は天気が良かったので、訪問診療も自転車で行き、午後は一人でノルディックウォークをしてました。
やはり、田舎は空気もうまいし、水もうまいし、気持ちいいです。



負けても、泣いても、背を向けずにがんばるならば応援します

2016-05-22 12:55:14 | 日記・エッセイ・コラム
アマゾンで漫画の「ちはやふる」の続きを買おうと思ったら、売切れてました・・・。

自分はまだ5巻を読み終えたところですが、18巻あたりが品薄のようです。

どんなことでも一生懸命する姿は感動ものです。
秀才の太一は、主人公の千早が憧れる新(あらた)に負けたくなくて、背を向けようとします。
始めの方で(2巻)こう言います。

「青春全部懸けたって 新より強くはなれない。(だからやらない)」

かるたの師匠、原田先生は答えます。

「青春全部、懸けてから言いなさい。」

そして5巻。
かるたクイーンの絶対的強さに悔し涙を流す千早を見てつぶやきます。

ー原田先生、俺にもできるかな

 負けながら

 泣きながら

 前に進むことがー


負けても、負けても、泣いてもいいから、がんばろうよ。


渡を越すといふ事

2016-02-28 12:44:35 | 日記・エッセイ・コラム
今朝の新聞のコラムに、宮本武蔵の言葉が載っていました。五輪書をあらためて読み直しています。
上記の言葉は、火の巻に記載されています。

「とをこすといふ事」
航行の難所を越えて港に着くためには、航路を知り、船の性能、天候を把握し、横風や追い風を利用し、風がなくても櫓を漕いででも港に着くように、人生においても自分と相手のレベルを見極め難事に対応しなければいけない。

五輪書は、兵法について書かれていますが、生き方そのものに通じる内容です。

地の巻には、こうも書かれています。
朝鍛夕錬(ちょうたんせきれん)してみれば、をのづから兵法の道にあふ事、我五十歳の比(ころ)也。
論語にも、「五十而知天命(五十にして天命を知る)」とありますから、いい加減開眼しないといけないようですが・・・。

さて、今日は天気もいいし、日光浴がてら外をぶらぶら散歩して頭を活性化させるかな。


年末が近づいてきました

2015-11-29 22:49:13 | 日記・エッセイ・コラム
はるかぜ診療所のレントゲン画像を映すモニターの設置をした後は、家でゴロゴロしながら今日も映画を観てました。

途中、運動不足解消のため、散歩してきました。

今年は、実のなる木は当たり年のようで、みかん、ゆず、柿がたわわになってます。

そよかぜ診療所の玄関には、クリスマスリースが飾られています。

職員旅行

2015-11-27 21:11:09 | 日記・エッセイ・コラム
今週末に、医療法人そよかぜの第3陣職員旅行があります。
第1陣は神戸のラ・スイートでエステでした。
今回は、我々の行った第2陣の京都旅行を振り返ります。

まずは、診療所に集合。何とか荷物を1台に詰め込んで行きました。
出発前の集合写真

まずは、化野念仏寺

歩いて昼食場所の平野屋へ。
途中、保存館に立ち寄ると、平野屋の模型がありました。

ここが本物の平野屋です。一度来てみたかったので、今回の昼食場所に指定しました。
かまどでご飯を炊いてます。
雄雌の鮎。うまかった~。

そして今回のメインイベント、愛宕山登山です。駐車場のおばちゃんにあやうく止められるところでした・・・ちょっとゆっくりしすぎたかな?


くじけず神社に参ってきました。1時間ちょっとで登りきりました・・・ちょっと無理しすぎたかな。

着替えて下ります。

駐車場前の橋で集合写真。駐車場のおばちゃんも脱帽の速さの登山でした。来年はもっとゆったりしたトレッキングにしよう・・・。

運動後のご褒美の夕食です。宿泊先のウェスティンで、四川料理のコースでした。飲み放題プランにしてくれてありがとう、幹事の和巳のヒットでした。かんぱ~い



翌日は、国立京都博物館の琳派展です。俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の風神雷神図が並べてある最終日でもあり、凄い人でした。
ポスター前でパチリ

近くのお寺を散策したのち、帰路につきました。

来年はのトレッキングはどこにするかな?