風の備忘録~ ~ ~

風は林に色や形や音を運んできます
忘れないうちに 忘れないように
短い言葉でメモ memo   
       

私の好きなイギリスの詩人 クリスティナ ロセッティとつながる人々

・画家・詩人ダンテ・ガブリエル・ ロセッティは兄 ・西條八十 ・三井ふたばこ(西條嫩子) ・宮澤賢治  ・金子みすず

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

にせものの岩

2006-11-30 | 言葉
気になった新聞記事を取っておいた。溜まったので整理していたら。。。
2005(H18)5月21日の朝日新聞から・・・・・・・・

『アクアマリン福島』は最上階4階のガラスのアトリウムに福島の川と
沿岸の自然を再現している。
ごつごつした岩のがけを流れ落ちる滝や木立のなかの野草の茂るいわばヲ魚たちが泳ぐのが人気だ。

岩に見えるのは 実はGRC(ガラス繊維補強セメント)をそれらしく仕上げたものだそうだ。

開園6年で植物も繁茂し、まがい物に見えないという。

植生担当のスタッフは擬石を前に、お前は石だ、石だと語りかける。
そうやると
苔むし、魚も元気になるというのです
 」と書いてある。


すごい!擬石も人の言葉に反応するだ

じょうずな写真家は撮られる人に「いいね~。きれいだよ」などの言葉をかけ続け、
かけられた人はそれに染まって良い写真ができるらしいことは聞いたことがある。

植物に話しかけて良い植物に育てることも聞いたことがある。

擬石も人の言葉に反応するのだ。


今から これをいろいろ試してみようと思う。

心を込めて まわりのものに 語りかけてみよう。







コメント

目がひりひりで 「アズレン点眼薬」

2006-11-29 | 健康・病気
一昨日ごろから 左目がごろごろ、右目がひりひりしていた。
今まで貰っていた「ヒアレイン0.1(点眼薬)」と
アレギサール点眼薬」を使用して様子を見ていたけれど
まだ調子が悪いので 先日 行ったばかりの眼科にまた行った。

今日は待合室にも数人、中の問診や視力検査する部屋にも数人、
診察室にも数人いて かなりの時間待った。

私の番になって症状をいい診察を受けた。
「たいしたことはないですね。目薬を出します。
すぐになくなるから2本だしますね」といわれる。
カルテを見て 先生は「この人は 毎回 視力を測るように」と指示していた。
それでまた視力検査があった。 先日と変わっていないそうだ。
17日に見たばかりだから・・・。そんなに急に悪くなるものなのだろうか?
丁寧に見てもらう分はありがたい。

貰った薬は「アズレン点眼薬 5ml」←クリックすると開きます。
花粉、ハウスダスト等による目の充血、かゆみ、なみだ目といった
アレルギーによる不快症状に効果的です。
 と書いてある。

すぐに良くなるというので 一日4回 忘れずにつけよう。


 ←クリックで blogランキング に移動します。
    今日はこれまで180INでした。
    クリックしてくださった方に  

コメント

今夜の「のだめカンタービレ」

2006-11-27 | 本・映画・ドラマ
夫とはめったに同じ番組を見ない。
というより夫は時代劇や推理ドラマなどをよくみるけど私は見ない。

例外は「のだめカンタービレ」 
音楽好きの夫と今夜も一緒に見ました。

今夜はドラマ・7回目
私はドラマが始まった頃は「のだめ」ばかり見ていたけれど
先週から「千秋先輩」も見ている。
「のだめ」を[しょうがないやつ]と思いながら
いつも気にかけている姿がなかなか面白いし、顔の表情がいい。

でもやはり 見ているのは上野樹里の「のだめ」。
今夜の「のだめ」はハリセンのピアノ指導に切れた。
切れ方がすごかった。
夫は「のだめも切れるんだなぁ」とビックリ。

オーケストラに差し入れの場面の「のだめ」は
濃い鮮やかなビリジャンのセーターに赤いチャックのスカート。
クリスマスみたいで可愛かった。

もう主婦気取りで皆に挨拶しながら通り過ぎて行くのも嫌味がない。

一緒に帰らない!という千秋先輩に
「絶交、別居、離婚」なんて、とんでもないことをいう「のだめ」

私は「のだめ」ファン。
「のだめ」は何をしても言っても可愛いのだ。
ハリセンからにげて幽霊のように歩く「のだめ」も可愛い。

モーツアルトは私にとっては「黄色」なのだけれど
いぶし銀のモーツアルトが恋のムードで演奏に感情が入って「ピンク」。
表現に感情が入らないと聴く人、見る人の心を打たないものなのですね。

純情きらり」のぼっちゃんは黒木役で意外と重要な役だったけれど
私はイマイチ。

今夜聴いて良いな~と思った曲は「メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲
と「ホルストの惑星の木星」。
モーツアルトのオーボエ協奏曲ハ長調」・
ブラームスの交響曲第一番」は聞きなれないためか あまりピンとこなかった。

来週はどういう展開になるのだろう。
といっても
ドラマの筋よりも上野樹里の「のだめ」を見て、音楽を聴いて、
楽しんでいる私です。



← クリックでblogランキングが開きます。
今日はこの時間までで200IN

クリックしてくださった方にです。


参考:検索リンク: のだめカンタービレ
           「のだめカンタービレ」
コメント (2)

仙台空港に行く

2006-11-26 | お出かけ
日曜日
晴れ
暖かい

夫が子どものように
「飛行機に乗りたい、飛行機に乗りたい」という。

一昨日の11月24日金曜日の朝に 
2歳のRが「でんしゃにのりたいの,でんしゃにのりたいの」と電話をよこした。
「どうしても急に電車に乗りたいといって」と母親(下の娘)が付け足した。

それとまるで同じ。

「じゃぁ 飛行場に行って離発着機を見ようかしら。
空港で お蕎麦でも食べてこない~?」と言ってみた。
二人とも 空港が好き。飛行機が好き。

そうしよう というのでデジカメなどもってドライブ。

空港への道の両脇の照明灯のデザインが悪いね。。などと感想を言いながら
ほとんど車が通っていない広い道を進んだ。

秋晴れ
晩秋の晴れ
小春日和

駐車場は混んでいて やっと空いているところを見つけた。


飛行機を見に来てる人が結構いるんですね。
隙間を見つけて飛行機を見る。
二機が飛び立った後はさっと波が引いたように見ている人はいなくなった。


何か食べようと探したけれど、二人ともお腹が重いので
食べないで帰ってきた。
帰宅後、パン食。

気がついたらデジカメ一枚も撮ってこなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
大事な用事で甥が来たけれど腰が痛く、頭も良く回らず夕食は出せなかった。
とても身体が疲れているようなので今夜はおやすみなさい。



←クリックでblogランキングが開きます。

クリック ありがとうございます。
コメント

「村」に行った11月25日。

2006-11-25 | お出かけ
」という響きが好き・「村」という存在が好きな私。
けれど日本から「村」がなくなってきています。


今日 気がついたら「村」に行ってきたのでした。

孫の絵画が展示されているというので
夫の車で1時間かけていったところは・・・。

宮城県黒川郡大衡村

 「村」です。

そこの「大衡村ふるさと美術館」で開かれているのが

    平成18年度発表展・シリーズ「空間力」
   《黒川郡内児童・生徒絵画コンクール作品》

    

一番良い絵がポスターになっています。
残念ながら お孫ちゃんの絵はポスターになっていません。
(お兄ちゃんは 3年のときにポスターに載りました)

市町村合併で 「村」から「町」 そして 「市」に
名前が変わっても見える風景は同じです。

宮城県黒川郡大衡村」は どこかの「市」と同じように
里山があり 田圃や畑があり 家がありました。


←クリックでblogランキング に移動します。

クリックしてくださった方です。絵文字は楽しいゎ。
コメント (2)

ハンドルネーム・ニックネームについて。

2006-11-24 | PC ・インターネット
インターネットの世界に入ってから 私は多くの名前を持った。
ハンドルネーム (ニックネーム

1999年、ブログはまだ普及する前のこと。
私自身はHPを作ることは出来なかったので
興味のあるHPの掲示板に書き込みなどをしていた。
訪れるHPごとに名前を変えていた。

例えばサッカーサイトのHPでは「000」
のサイトのHPでは「×××」というように。

メーリングリストチャットメッセなどを利用するときも
名前を変えていた。

2005年の2月にブログを自分も作るようになってからは
ハンドルネームを変えていない。

  HPで交流のあった人にインターネットで(例えばMSNのメッセで)
  久しぶりに出会って
  自分はその頃、なんという名前でいたかがわからないときもある。

名前を多く持つと私自身までがいくつかに分かれてしまうよう気分になるし
面倒な点もあるから、これからは 一つに絞っていこう。
と思ってもまた替えるかもしれない。
(それはこのブログを閉じて別のブログを作るとき)


「林に風が通り過ぎていく」イメージが好きなので、今は「林」。
ローマ字、ひらがなの書き換えるときがあるかもしれないけれど。


ニックネームといえば、このブログにたびたびコメントを下さる
「しんむけーげむーけーげーこー」さん。
一年前くらい前にいらっしゃったときは「本名の@@@@」さんだった。
それがずーっと続いていて
「本名で大丈夫?男なら大丈夫かなと思っていたら
ごく最近ニックネームは「しんむけーげむーけーげーこー」に変わった。

なんと覚えるのが難しい名前
意味はなあ~~に?と思っていた。

答えは「しんむけーげむーけーげーこー」さんの別のブログの中にあった。

>このニックネームは仏教用語で、般若心経にでてくる言葉です。
  意味が、あまり細かく気にしないという意味らしいです。


なるほど・・・『あまり細かく気にしない』なのねぇ。

ハンドルネーム(ニックネーム)には それぞれの想いが入っていて
面白いものです。


←クリックで blogランキングに移動します。

クリック どうもです。
コメント (4)

アロエとシクラメン

2006-11-23 | 林の詩・文

ここの住まいは機密性が高いので暖かい。
朝起きて部屋の温度を見ると21度

今までの一戸建てのときとは 全く違う。
あの古い家は地面と床(ゆか)の間が狭く
地面からの冷たさが足元に伝わって来ていた。

6畳の部屋にコタツ石油ストーブファンヒーターを入れても
寒くてつらかった。
南向きなのに陽もあまり入らず、部屋は暖まらなかった。

移り住んだこの住まいの居間には
ベランダから中に入れたアロエに かなりの面積を占領されている。
温室のように暖かい部屋でアロエは元気に育っている。
秋に挿した芽も根っこを張り始めたようだ。

村田から買ってきたシクラメンは暖かすぎて花がしおれたようになってしまった。
静かに水をやり、陽のあたらないところに移動したら
パキッと元気になった。

庭はないけれど、小さな自然がここにはある。

アロエとシクラメンと私の住まい。
静かな平穏な生活



←クリックでblogランキングに移動します。

クリック
kumaのwelcomeがあったので使って見ます。 
熊は絵本や動物園ではかわいいけれど、里山から降りてきたくまは怖い。 

コメント (2)

じゃがいも&たまねぎ

2006-11-22 | 
10月20日、新聞に朝日新聞サービスアンカーからの広告が入ってきた。
北海道産・産地直送 
  たまねぎ・じゃがいも
 ご愛読者限定サービス

・じゃがいも(長沼町 坂下ファーム) メークイン 20kg 1500円

・じゃがいも(長沼町 坂下ファーム)北あかり  20kg 1500円

玉ねぎ(北見産)ネット入り          20kg 1700円 

この住まいは おき場所が少ないし、お店もすぐ近くなのだけど

芋好きの夫が「頼め」と言うので頼みました。

じゃがいもは 11月11日ごろ届き 玉ねぎは今日 届きました。

これとニンジンがあればカレー・シチュウはじめ肉じゃが・・・
何でもつくれます。

じゃがいも15kgよりも玉ねぎ15kgの方が重く感じられるのは不思議です。

 

検索メモ・ 長沼町


←クリックするとblogランキングに移動します。

クリック 
こう並べると、このかえるたちはかわるがわる顔を出すので面白いです。
コメント   トラックバック (1)

映画< 孫 <旧居

2006-11-21 | 日記
昨日の寒さが嘘のように暖かい日になった。

映画を見たかったけれど こんなに晴れているのに
暗い映画館に入るのはもったいない気がした。

風邪気味で鼻水が出ているという孫のところに行こうと
メールしたけれど、返事が来ない

これから行っても映画には間に合わないし
孫のところからは返事がないなら。。。

急遽 旧居へ行くことにした。

生協バスを途中で降りて銀行でお金を下ろして
郵便局で年賀はがきを買う。450枚。もう50枚をたぶん追加。

450枚のハガキは重い


旧居に行って 探し物。

家計簿には日記を書く欄がある。
1998年のある日のことを調べたかったのだけれど、家計簿が見つからない。

というよりも、家計簿全部が見つからない。
引っ越しのためにモノを移動したので何かの下になっている可能性が高い。

母の家(実家)から持ってきた中から必要な古い書類を抜く。


その後 お隣にお邪魔して雑談。気がついたら2時間半も話をしていた。

今まで40年間もお隣同士で、家の中に入ってお茶のみはしないけれど
ことあるごとに立ち話をしてきた仲だ
久しぶりの話が長引くのはしょうがないかな。

2時36分の生協バスに乗って帰ってきた。

探し物をしたためか 古い記録を見たためか、長話しをしたためか
とても疲れてしまった。

今夜は早めにお休みなさい。



 ←クリックしていただくとランクアップ


コメント

月9は「のだめカンタービレ」

2006-11-20 | 本・映画・ドラマ
待ちに待った月曜日。
一日雨で寒くてつまらない日だったけれど
夜は9時から「のだめカンタービレ

夫には下の娘のために録画を頼み、
部屋を暖かくして9時を待ちました。
夫もチャンネルを回してくれました

のだめのラフマニノフのピアノ協奏曲のピアノは
レコードやCDで聴くより面白かった

どうやら私は音だけでなく人物が見えたほうが好きのようです。

といっても 演奏会に行って演奏をしている人を見るだけでは面白くないのです。

トークが欲しい。演奏者の声が聞きたい。
声やしゃべり方で「人物」がわかって、演奏もより楽しく聴けるのです

純粋に音楽を聴くというのから離れているのかもしれません。

そういう理由で「のだめカンタービレ」はどの楽器も人物がわかるので
演奏も楽しく聴けます
のだめの上野樹里さんはどのくらいピアノを実際に弾いているのか分からないけれど、
全部弾いている位に自然です

そういえば「純情きらり」のぼっちゃんが今日は登場しましたね。
上野樹里さんのように自然に演奏して見せてくださいね。
「純情きらり」の桜子の演奏は実際弾いてるの?と気になって音楽を楽しめなかった。
達彦さんの演奏も楽しめなかった。

「のだめカンタービレ」は演奏に嘘っぽさがないから好き

夫にどうだった?ときいたら「マンガだな」。

マンガだもの。とうぜんです。

夫によると千秋先輩を演じている玉木宏さんは時代劇にも出てたそうですし、
下の娘の夫さんの友人の飲み友だちとか。

来週も楽しみ~~~。


 ← クリックでblogランキング に移動します。

クリックしてくださった方に

コメント   トラックバック (4)

北の窓の蔦

2006-11-19 | 覚え書き メモ


なくなってしまった窓ガラスの向こうには

明るい平和な風景。


北向きの窓の内側で

母は何を考えて一人で暮らしていたのでしょう。


壊されて なくなった窓ガラス

解体されてなくなった家。


北向きの窓の蔦は

再び見ることが出来ない。


母の心は きっと まだここにあるだろうに。




 ←クリックするとblogランキング へ移動します。

クリックありがとうございます。
コメント (2)

やはり「黄斑部網膜上膜」形成症

2006-11-17 | 健康・病気
9月15日の「脳のMRI・MRA検査」の際に脳以外の健康診断もあって
その結果が10月5日に届いたことは、その日のブログに書いた。
「黄斑部網膜上膜」疑い  ←クリックすると開きます。

以前から近眼老眼、さらに角膜に傷があったり、ドライアイだったりして
目がとても疲れる状態だった。

黄斑部網膜上膜」は疑い だから と思って医者に行かないでいたけれど、
ほおっておくことも出来ないだろうと 今日 近所のお医者さんに行くことにした。

今まで10年間 通っていたところは ヤメにした。

今朝は夫が血液検査とインフルエンザの注射のために保険証をもって
8時頃に出かけた。
帰宅した夫の朝食の準備をしてからだったので私が眼科に行ったのは
11時近くになってしまった。
歩いて10分もかからない近いところ。
患者さんも少ないから待たせられなくて良いなと思っていたら、
診察室の中にも座っている患者がいた。
検査もいろいろしたので時間がかかった。

これまでの眼科と違って検査の機械が沢山あるので違いに驚いた。

色々の検査の後に目薬をさされて 
「この後の検査は午後にしますので1時45分まで戻ってきてください」
といわれ家に戻った。

午後の検査はものすごくまぶしい光を当てられて、
一時的に目が見えなくなった。

検査結果を先生は小さい紙に書いてくれた。
 左目が「セロファン黄斑症」とのこと。
「セロファンをくしゃくしゃにしたようになっていて、治らない。
くしゃくしゃのシワが破れたら手術ですね」と言われた。

飲み薬を出された。「カルナクリン錠50 50単位」
夕食後 1日1回 1錠内服。(眼科で内服薬を貰ったのは初めて)

家に帰ってからインターネットで「セロファン黄斑症」を調べたら
黄斑部網膜上膜形成症
(別名:セロファン黄斑症、黄斑前線維症、網膜前膜)とは、
網膜の上に薄い膜が形成され、そのために視力が障害される病気です。 とある。
やはり 10月5日の病名と同じだった。
疑いが決定になった。
日常生活の注意点を聞いた。本を読んでもパソコンしても良いそうだ。

自分としては目が疲れるから ほどほどにしようと思う。


注:カルナクリン錠50・・・カルナクリン錠50(I.U.) この薬は脳の血液の流れをよくし、
脳の働きを活発にし頭痛、頭重、めまい、しびれ等の症状を改善する薬です。
・・・夫に「この薬は脳の働きを活発にするんだって。
   私、頭が良くなるかもしれない。1ヵ月後を楽しみにしててね」
   と伝えた。
別のところには:::降圧系剤 カルナクリン錠(50国際単位/T) 循環系作用酵素(末梢循環改善) とある。



・・・クリックで blogランキング へ
  
コメント

パソコン教室のスタッフ

2006-11-16 | PC ・インターネット
年に1回 この時期に 
公民館主催で「パソコン教室」が5日間にわたって開催される。

私はインターネットを開く方が多く、
文書作成などは真面目にきちんと勉強していないけれど、一応お手伝い。


今年は 「Word」中級編・「表」を取り入れた文書作成
町内会やサークルの会報誌など、ステップアップで誌面を充実させましょう!
ということで
Word][Excel」がインストールされているノートパソコンを持参できる10名が対象。


13日(月)から17日(金)までの13・30~16:00まで。
私は13日は子守で行けなかった。
明日17日も用事がある。

スタッフは参加者と同じ位いるし、
一応パソコンが出来る人たちが集まってきているので
抜けても大丈夫だろう。

参加者が制作するものを一昨日から私も作ってみた。
「表の位置を定める」は難しかった。
いったんそれを使うと表は動かないので今回はかえって不便。
使わずに作成した。

参考のプリントを見ないで「表」をスイスイと作るためなら
何度も失敗し、繰り返して作成するのも悪くないゎ。


←クリック
コメント

いじめられても死んじゃだめ

2006-11-15 | 林の詩・文
 
いまはもう秋♪という歌が好きな人がいた。

つらくても つらくても 死にはしないと♪と

すんだ声で歌っていた。


歌っていたのに 死んで行った。


もっと もっと つらい話は昔からあるよ。

本の中にも たくさんあるよ。


誰かが死んだからって 死んじゃだめ。

生きて誰かを助けてください。




 ←クリックするとblogランキングが開きます。

クリックしてくださった方にです。


コメント

昨夜の「のだめカンタービレ」

2006-11-14 | 本・映画・ドラマ
昨夜のこと。
下の娘が育児で
月9の「のだめカンタービレ」を見ることが出来ないというので
夫に録画を頼んだ。

私は見るつもりで台所の片づけをし、お風呂にも入って楽しみにしていた。
9時になったのでテレビを見ている夫に
「のだめ~のだめ~」と頼んだけれど
夫は
「録画しているから」と言うので諦めた。

今朝のこと。
いつもならば7時過ぎに出かけるまでは夫が見たいテレビを見るのに、
6時台のニュースなどを見終わったら、
「のだめをかけるからな」と再生してくれた。

うれしい~~。

今回はガーシュウィンラプソディ・イン・ブルー

そして「ラフマニノフの ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調」を聞くことが出来た。
この曲は結婚した頃に夫が良く聴いていた曲。
その頃、私はクラシックも聞いていたけれど
フォーリーブスが好きで、青山くんなどと密かに騒いでいた。

「のだめカンタービレ」はクラシックが、より楽しく感じられる素敵なドラマだと思う。

のだめは千秋先輩にあいかわらず「寄生」しているという表現だった。
さわやかで無邪気でかわいいのだめ

来週も楽しみ。。。


注:ラフマニノフ

注:ラフマニノフの ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18

←クリックするとblogランキング が開きます。
クリックしてくださった方にです。


コメント