ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

がまぐい吞

2021-06-16 | Weblog

伊豆野 一政

1974 秋田県生まれ
1999 京都造形芸術大学デザイン科情報デザイン 卒業
1999 寺外窯(てらがいどうがま)杉本貞光 入門
2005 独立
2017 東京・麻布十番から埼玉に窯を移す
(7.5×H4.3)
コメント

粉引破れぐい吞 漆継

2021-06-14 | Weblog

伊藤 千穂

名古屋市に生まれる
 高校・美容学校卒業後、名古屋市内ヘアーサロン勤務

1999 愛知県立窯業高等技術専門校 卒業
2013 瀬戸市赤津 六兵衛陶苑 にて織部・赤津焼を学ぶ
    瀬戸市水野にて作陶を始める
2005 瀬戸市陶生町に現在の工房を建てる

(6.3×H5.3)
コメント

志野彩文ぐい吞

2021-06-11 | Weblog

伊藤 公洋(こうよう)

1965 愛知県高浜市に生まれる
1983 安藤日出武氏(岐阜県重要無形文化財保持者)に師事
1994 独立し高浜市にて作陶生活に入る
1995 高浜市の工房に「志野」専用ガス窯を築窯
1999 豊田市足助町「猿海老」に半地上式穴窯を築窯

6/9~15 阪神梅田本店にて「志野 伊藤公洋 作陶展」開催中です
(6.9×H5.2)
コメント

ぐいのみ 夏立つころ

2021-06-09 | Weblog

南 絢子

1984 石川県生まれ
2002 父、南繁正のもと家業に従事
2007 石川県立九谷焼技術研究所実習科造形専門学科終了
2010 伝統工芸MOT実践塾終了
2011 日本工芸会正会員に認定される 
2012 金沢柳辰山工芸工房終了

6/9~15 大阪髙島屋にて「色絵のうつわ 南 絢子 展」開催中です
描かれているのは泰山木(たいさんぼく)で花言葉は「前途洋々・威厳」だそうです
(7.2×H5.4)
コメント

備前緋襷ぐい吞 

2021-06-06 | Weblog

中村 和樹

1980  中村真の長男として生まれる
2003  岡山大学文学部を卒業後、祖父・父に師事
2006  初窯 独立
(8.1×H5.1)
コメント

刷毛織部徳利 虎黒

2021-06-04 | Weblog

池田 省吾

1976 鹿児島県に生まれる
1996 日本デザイナー学院卒業
1998 鹿児島県工業技術センター陶芸部卒業
1999 有田窯業大学卒業

現在 鹿児島県種子島で作陶

6/2~13 酒の器Toyodaにて「18年目の芒種ー七人の土ー」開催中です
(9.5×H12.8)
コメント

楽園流紋ぐい吞

2021-06-02 | Weblog

山田 浩之

1970 兵庫県篠山市生まれ
1992 岡山大学卒業
1993 丹波立杭焼窯元で修業
1994 滋賀県立陶芸の森の研修作家として作陶
    同年より信楽焼窯元にて就職
1996 信楽町黄瀬にて独立
2001 信楽町宮町に工房を移転

6/2~6/8(土日休業)京都髙島屋にて【山田 浩之 陶展】開催中です
コメント

伊賀鎬ぐい呑

2021-05-31 | Weblog

新 学

1973  大阪に生まれる
1995  関西大学文学部卒業
1999  父・新歓嗣に師事
2002  穴窯築窯 初個展(神戸)
2003   以降各地にて個展、グループ展開催
2008   二基目となる穴窯築窯
2011  薪窯築窯
(7.5×H5.8)
コメント

白ぐい吞

2021-05-29 | Weblog

杉本 玄覚貞光

1935 東京に生まれる
1968 信楽山中に穴窯築窯
1974 大徳寺立花大亀老師よりご指導を受け今日に至る
2006 伊賀焼専用の穴窯築窯

桃山に帰れの作陶の精神で長次郎風や光悦風の
黒や井戸、粉引きなどを作陶

5/29~6/13「ならまち ギヤラリーたちばな」にて「杉本玄覚貞光 侘び寂び展」を開催中です
(7×H5.3)

コメント

黒光盃

2021-05-27 | Weblog

新里 明士

1977 千葉県生まれ
2001 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2011 文化庁新進芸術家海研修制度研修員(アメリカ・ボストン)
現在は岐阜県土岐市にて制作
(7.4×H5)
コメント

備前酒盃

2021-05-25 | Weblog
多久 守

1952  岡山に生まれる
      九州産業大学機械工学部を卒業後 備前陶芸センターで基本から陶技を習得
     その後 備前焼作家木村隆明の弟子として陶技を学ぶ
1983  佐伯町に登り窯を築く
1998  建部町に半地下式穴窯を築く

紐づくりで成形され半地下式穴窯での独特の焼成には味わいがあります
(7.5×H5.4)
13年前にワンカットだけ投稿した作品を数カット載せてみました・・^^;
コメント

はぎあわせぐい呑

2021-05-23 | Weblog

市川 宗(いちかわはじめ)

1953 現千曲市に生まれる
1978 多摩美術大学絵画科版画専攻卒業
     長野県教職員となる
1995 退職
     陶房「せらぼ」設立 作陶活動を開始 現在にいたる

タタラにした陶土を一度引き裂きそれを又貼り合わせて
形を作るそうです
(6.4×H4)
コメント

瀬戸黒ぐい吞

2021-05-21 | Weblog

若尾修平

父の若尾昌宏、兄の若尾圭介と共に
岐阜県多治見市虎渓窯にて作陶
(6.3×H5)
コメント

本沼手黄瀬戸可盃

2021-05-19 | Weblog

松村 遷

1977 埼玉県浦和市生まれ
1995 浦和市立南高校卒業
1997 京都伝統工芸専門校(陶芸コース)卒業
1999 多治見市陶磁器意匠研究所(デザインコース)卒業
   その後土岐市鈴木陶苑で製陶に従事
2003 さいたま市の自宅に窯を設置

お分かりの様に横に穴が空いています。穴の部分を指で塞いで可盃として
使用するか、又はその部分に箸を入れて箸置きとして使用も出来ます
(5.4×H3.5)
コメント

斑唐津碧彩ぐい吞

2021-05-17 | Weblog

木俣 薫

1967  鹿児島県生まれ
1987  甲南女子大学短期学部卒業
      唐津にて修業 
1995  神戸にて独立 開窯
2008  兵庫県朝来市に登窯 築窯
 
5/17~29「アートサロン山木」にて―木俣 薫「窯変唐津」-開催中です
コメント