ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

ぐい呑

2012-06-30 | Weblog

南 絢子

1984 石川県能美郡寺井町湯谷生まれ
2002 父・南繁正のもと家業に従事
2007 石川県立九谷焼技術研修所実習科造形専攻学科修了
2110 卯辰山工芸工房入所
2011 日本工芸会正会員に認定

6/27~7/3まで梅田「阪神百貨店」で「南絢子作陶展」が開かれています

代表作の「雪衾」のぐい呑が欲しかったのですが生憎と持って来て居ないとの
事でしたので作成して戴くお願いをしました
出来あがるまでが楽しみです(およそ3か月)
(7.5×H4)
コメント

刷毛目ぐい呑

2012-06-29 | Weblog

安永 正臣

1982 大阪府生まれ三重県名張市にて育つ
2000 大阪産業大学工学部環境デザイン学科入校
2003 星野暁研究室にて陶芸と出会う
2004 同大学卒業
2006 同大学大学院卒業

現在は伊賀にて作陶

薪窯の奥のスペースに置いて焼かれた作品ですが
面白いピンクの発色をしています
(7.4×H4.3)
7/7まで大阪西天満の「アートサロン山木」にて作陶展が開かれています
釉薬に動物の骨を入れて焼いた白磁も出品されています
コメント

チョイノミ

2012-06-27 | Weblog

篠崎 裕美子

1987 福岡県に生まれる
2009 大阪芸術大学・陶芸コース卒業
    大阪芸術大学・大学院 陶芸コース入学
2011 大学院卒業

現在は福岡で制作

これは小さいのでチョイノミです、欲しかったチョイノミがやっと
手に入りました

ところで、高台内の絞ったような形が何に見えますか・・・?
ロマンチストの人は花のツボミに見えて
助平な人には肛門に見えるそうです

ちなみに、私には肛門に見えましたが、アナタは・・・?

内側のツブツブが唇に当たるのが非常にエロチックで気持が良いそうです
(お酒の好きな作者の弁)
(6.4×H4.9)
コメント

備前窯変ぐい呑

2012-06-25 | Weblog

橋本 勘介

1954  北海道寿都町に生まれる
1981  備前焼窯元「木村陶正園」にて修行
1990  岡山県瀬戸内市長船町東須恵に築窯

工房では陶芸教室も開いているそうです
(5.7×H5.5)
コメント

唐津引き黒沓形酒呑

2012-06-23 | Weblog

藤ノ木 土平

昭和24年 新潟県 十日町市に生まれる
昭和43年 高校卒業後、東京にて七年間油絵を学ぶ
昭和50年 全国各地の窯業地をスケッチして廻る
昭和51年 唐津、大橋裕氏に師事
昭和54年 美濃、加藤芳右衛門氏に師事
昭和56年 この地に登り窯を築き独立
平成 4年 穴窯を築窯

佐賀県唐津市鎮西町在住

昨日より大阪中央区の「ギャラリー縄」にて作陶展が始まっています

チョット遊び心のある雰囲気のぐい呑です
(6.2×H4.7)

コメント

粉引高杯

2012-06-21 | Weblog

荒賀 文成

1972年 京都生まれ
1993年 京都府立陶工高等技術専門校研究科 卒業
1998年 北白川銀月アパートにて「荒楽窯」開窯
2008年 工房を滋賀県山中町に移転
八幡に工房移転の予定・・もうされたのかな・・?

京都在住

6/22~6/30まで大阪中央区本町の「Meetdish」で「荒賀文成展」が開かれます

6/22 PM5:30よりオープニングパーティー&6周年パーティーが開催されます

久し振りに奥様ともお会いしたかったのですが残念ながら私は他の会合で参加できませんが お時間のある方はぜひお気軽に御参加下さい。
(耳なしで 8.9×H10.9)
コメント

刻文ぐい呑

2012-06-19 | Weblog

清水 剛

1975 兵庫県丹波立杭に生まれる
1999 京都市立芸術大学卒業
     陶芸家・今井政之、眞正氏に師事

~12 兵庫陶芸美術館陶芸指導員

6/19~6/25まで「ヤマトヤシキ姫路店」にて作陶展が開かれています
(6.4×H4.6)
コメント

丹波ぐい呑

2012-06-18 | Weblog

市野 勝磯(かつき)

1973  丹波・立杭に生まれる
1995  関西学院大学経済学部卒業
      大学在学中に洋画家・納健氏に学ぶ
1996  東京にて、板橋廣美氏に師事
1998  丹波にて作陶を始める

逆さにすると・・ん・・鉄兜・・・?
炭化ぐい呑かな・・?
(7.4-6×H4.2)
コメント

黄色刻文ぐい呑

2012-06-15 | Weblog

小孫 哲太郎

1974 東京に生まれる
1993 本郷高校デザイン科卒業
1999 沖縄県立芸術大学陶芸専攻卒業
1999~2001 糸満工芸陶苑 就業
2004 千葉県いすみにて開窯

高台までにびっしりと刻文そして箱にも全面に絵が・・・
(8.1×H5.5)
コメント (2)

備前窯変沓ぐい呑

2012-06-13 | Weblog

伊勢崎 紳

1965  伊勢崎満(岡山県重要無形文化財)の次男として生まれる
1988  大阪芸術大学卒業
1989  父、満について陶技を学ぶ
1995  日本伝統工芸会正会員となる

6/13日より「JR大阪三越伊勢丹」にて作陶展が開かれています
(7.1×H4.6)

コメント (2)

黄イラボぐい呑

2012-06-12 | Weblog

デレック・ラーセン

1975  米国カンザスで生まれる
1998  カンザスで最初の穴窯をつくる
2000  カンザス大学 デザイン学位取得
2002  オーストラリアでダニエルラファティのアシスタントをし、
     穴窯をつくる
2003  オーストラリアサザンクロス大学にて、穴窯修士号取得
2004  カンザス ジョンソンカントリー短期大学 陶器専門教授になる
2004  カンザスで2つ目の穴窯をつくる
2005  国民陶器教育機関 陶磁器芸術賞 受賞
2006   中央ミズーリ大学 芸術専門教授になる
2010  滋賀県立陶芸の森 アーティスト イン レジデンス
2011  愛知県柿平に穴窯をつくる

面白い焼成に戴いたぐい呑ですが、後ほど聞くとイラボだそうです
(6.3H3.4)


コメント

鉄釉杯

2012-06-11 | Weblog

鈴木 大弓(ひろゆみ)

1981  仙台に生まれる
2005  韓国・聞慶・慶州に渡り修業
2009  信楽にて独立

6/20まで「アートサロン山木」で「信楽新鋭三人展」が開かれています

6/16~6/24 新潟のギャラリー謙信庵、6/27~7/3 名古屋栄三越で作陶展
が開かれるそうです
(8.3×H4.3)
コメント

彩色灰釉ぐい呑

2012-06-09 | Weblog

仲岡 信人

1996 高等学校卒業後、西端正氏に従事
2000 京都市工業試験場 陶磁器科入所
2001 京都市工業試験場 陶磁器科修業、西端氏に再師事
2003 青年海外協力隊員として、セントビンセントに赴任。現地での陶芸指導
     にあたる
2005 任期終了、帰国
2006 独立

6月19日より「西武渋谷店」で始まります陶展にはぐい呑の新作が出る様です
残念ながら私は行けませんがお時間が有ればお近くの方はどうぞ覗いてみて
ください
(6.7×H5.2)
コメント

信楽ぐい呑

2012-06-06 | Weblog

澤 克典

1980  滋賀県甲賀市信楽町に生まれる
2002  滋賀県立窯業試験場修了
     鈴木五郎先生に師事する
2005  滋賀県信楽町にて独立

このぐい呑にも窯しずくが掛っています
松本伴宏さんの酒杯と同じ窯で焼かれた初窯作品ですので、窯の天井からでは無く
壺の下に置かれてあった為に壺からのしずくではないかとの事です
(6.2×H5.2)

明日から大阪西天満の「アートサロン山木」で「信楽新鋭作家三人展」が始まります
メンバーは澤克典、杉本祐、鈴木大弓の三人です


コメント

玄釉ぐい呑

2012-06-04 | Weblog

吉井 史郎

1955  山口県下関市に生まれる
1978  京都府立陶工専門学校卒業
1978   清水六兵衛に師事
       六代 清水六兵衛
       七代 清水六兵衛
1986   宇治・朝日窯で修行
1991   未流窯開窯 独立
2000   連房式登窯 築窯
2009   半地下式穴窯 築窯

唐津・安南・伊羅保・粉引・刷毛目そして玄釉などを焼成されています
(9.5×H4.2)

コメント