ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

備前緋襷ぐい呑

2010-03-31 | Weblog

脇本 博之

長崎生まれ 山下譲治氏に師事 瀬戸内市長船に築窯

土作りにこだわり、石やゴミを取り除き、足ふみをした後に3年半も
寝かせるそうです

この形の作品は同じ様であるのですが足が違っていたり口が六角形であったり
五角形であったり細かったり低かったりと微妙に違っています
当然緋襷の出方も違います
で、これも以前に掲載のぐい呑と違います
(6.6×H4.6)
コメント

黒織部ぐい呑

2010-03-30 | Weblog

佐藤 和次

林孝太郎氏に師事、早蕨窯を開き独立

なぜか肩の力が抜けほっとする佐藤和次さんの作品
このぐい呑も例外ではありません
(6.8-6.2×H5)
コメント

白丹波ぐい呑

2010-03-29 | Weblog

今西 公彦

篠山市立杭に生まれる 京都の岡本彰氏に師事 丹波立杭に戻り作陶
現在は三田市藍本に築窯

今西さんが焼く白丹波、雑木でガンガン焼き溶け出した釉が溜まり
ビードロを作りだす
(8.6×H5.5)
コメント

志野楽ぐい呑

2010-03-28 | Weblog

水谷 渉

愛知県春日井市生まれ 九州地方で修業 鯉江良二氏に師事
肥田市河合村に山王窯を築窯

先日の水谷さんの作陶展の案内で志野楽って何?と思われた方にこんな感じです
と言う事で掲載しました
(6.7×H5)
コメント

ぐい呑み

2010-03-27 | Weblog

高間 智子

大阪生まれ 大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業
大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程造形表現V卒業
大阪芸術大学大学院芸術制作研究科研究院終了
武庫川学院武庫川女子大学建築学科非常勤助手 

鋳込み成形で顔料を加えた色泥漿を石膏型に注ぎ込む際、数色の色泥漿を一回一回
鋳込みと排泥を繰り返す事によって色層が生じ、削り取る深さの違いで色が現れるそうです
(5.9×H4.8)
コメント (2)

絵唐津ぐい呑

2010-03-26 | Weblog

水谷 渉

愛知県春日井市生まれ 九州地方で修業 鯉江良二氏に師事
肥田市河合村に山王窯を築窯

今日から大阪のギャラリー縄で作陶展が始まりました
約200点の一窯分の作品が並んでいます
志野楽、唐津、楽、灰被り等が・・・楽は800度位の温度で引出して志野楽はそれから
温度を1300度位まで上げて引出し。唐津は窯の奥に置き。と・・・
一窯で何度もおいしい焼成
(7.8-6.8×H3.4)
コメント

白磁ぐい呑

2010-03-25 | Weblog

和田 的(あきら)

千葉県生まれ、上瀧勝治氏に師事後独立、千葉県在住

和田さんは私の白磁に対する取っつき難い意識を変えさせてくれる一人です
(5.9×H4.5)

コメント

備前ぐい呑

2010-03-23 | Weblog

クリストファー・レイヴェンホール

イギリス ダービー州生まれ。来日 多久守氏に師事 
現在は熊山町石蓮寺に築窯焼成

伏せ焼きをされたために高台に灰が掛かり溶けて流れた灰釉が口縁に
溜まりを作りビードロも出来ています
(6.9×H6.6)
コメント

ふたえぐい呑

2010-03-21 | Weblog

アロン・サイス

ニュージーランドオークランド生まれ 栃木県益子町にて作陶

このぐい呑は「ふたえ」と表示してありました
鈴木五郎さんのように二個整形してかぶせてあるのかな?
形は見込みの底部分が上げ底で小さくなっていますが(写真でわかるかな?)
でもずっしりと重いです
(7×H6.9)
コメント

白楽ぐい呑

2010-03-20 | Weblog

井戸 八一

宝塚のギャラリーリランのオーナーが初個展
鯉江良二氏を始め各陶芸作家が来廊、大盛況だったそうです

ギャラリーリランへお邪魔した時に丁度個展に向けての白楽の窯焚きの
真っ最中でした
次から次へと窯入れ、引出、冷却、同じ焼けが有りません
それが面白いとオーナーの言葉

次はどんな作品が出て来るのか見て居て飽きません、が、何時までもお邪魔
する訳にもいかず個展でお会いするのを楽しみにお暇をしました
(本当に忙しい時にお邪魔して申し訳ありませんでした)
(6.6×H6.8)
コメント

黄瀬戸ぐい呑

2010-03-19 | Weblog

小嶋 伸介

栃木県鹿沼市生まれ 瀧田項一氏に師事
加藤卓男 七代加藤幸兵衛氏に師事 栃木県鹿沼市に独立
栃木県壬生町に穴窯を築窯し作陶

素直な佇まいの黄瀬戸です。造りは少し薄く抜けタンバンもお約束通り出ています
ややもすれば軽く見られそうですが釉調がそれを補って味わいを出しています
(5.7×H4.6)
コメント

あんぐりのみ

2010-03-17 | Weblog

原 菜央

兵庫県生まれ 京都精華大学芸術学部造形学科陶芸分野卒業
京都市伝統産業技術者研修陶磁器コース終了

前回の「かゆいところに手がとどかないぐい呑」のリピート作品です
色付けや手の形ヒレの大きさなどが少しちがいますが一番の違いは
ウサギに耳が付きました(前回の無いのがレア?)

今回は魚がウサギを呑みこんでいる絵の箱付きです
作品名も「あんぐりのみ」に変りました
(8.8×H3.8)
コメント

備前緋襷沓ぐい呑(左馬)

2010-03-16 | Weblog

石川 泰二郎

茨城県つくば市生まれ 倉敷芸術科学大学卒業 伊勢崎競に師事
伊部にて築窯、独立

このぐい呑は初窯作品で高台に左馬の刻印があります
伊勢崎競さんのお弟子さんが活躍される、もうそんな時代に
なったのですね・・・・
(8.2-5.1×H5.3)
コメント

カップ

2010-03-15 | Weblog

下 和弘

大阪府交野生まれ、佐賀県立有田窯業大学研究科卒
佐賀・愛知にて修業。鯉江良二氏に師事後三重県伊賀市に陶房を開く

植物の芽や文字が所狭しと丁寧に描きこまれています

どこまで変化して行くのか気になる作家さんです
(8.6×H9.2)
コメント

粉引獅子湯呑

2010-03-14 | Weblog

池田 省吾

種子島で作陶

湯呑となっていますがチョット小振りで我が家ではぐい呑サイズ

えっ~!! これが獅子~?

なんとも貧相な顔の獅子です・・・

こんな器を誰が買うんだろう・・・?

アタシだよっ~!!!

(7×H7.6)
コメント