ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

釉器 

2018-05-30 | Weblog

安永 正臣

1982 大阪府に生まれ、
1988 三重県名張市に移転
2006 大阪産業大学大学院環境デザイン専攻修了
2007 伊賀に陶房を開く
2011 薪窯を築窯
(8.7×H8.9)
コメント

彩紋ウマレタテノ器

2018-05-28 | Weblog

平井 明

昭和50年2月  奈良市に生まれる
平成6年3月  京都府立陶工高等技術専門校卒業
平成6年4月~12年3月  宇治 朝日焼にて修行
平成12年4月  唐古・鍵遺跡のある奈良県田原本町にて独立
(6-5.2×H5.5)
コメント

白刻野焼器

2018-05-26 | Weblog

明主 航(みょうしゅ わたる)

1990 京都府亀岡市に生まれる
2013 京都精華大学素材表現学科陶芸コースを卒業
2013 亀岡で工房を借り独立
2014 小林航から明主航に作家名を改める

5/26~6/3 「at.wad+」にて」「明主 航 展」開催中

一度焼いたぐい呑に土を巻き野焼きをしてあります
ぐい呑はよく焼けていますが周りは取り扱い注意!

ぐい呑として使えますが洗う時が・・・・・・^^;
(8.6×H8.2)
後ろの亀は五百円玉が大好物です・・・^^
コメント

備前神獣炭化酒呑

2018-05-25 | Weblog

中原 幸治

1978  大阪府堺市で出生
2000  奈良芸術短期大学専攻科卒業
2001  岡山陶芸センター卒業
     備前焼作家 川端文男氏に師事
2007  備前焼窯元 金重利陶苑に入社
2011  大阪市西成区に築窯

(7.6×H5.5)
コメント

竹灰釉ぐい呑&自然釉一輪挿し

2018-05-24 | Weblog

北風 一三

1957 大阪府守口市に生まれる
1980 大阪芸術大学工芸学科卒業
       九世白井半七氏に師事
1985 神戸市北区道場町平田に一三窯開窯
1989 西宮市山口町金仙寺に一三窯移窯
1997 加東郡東条町(現加東市)永福に一三窯移窯

5/24~30 京阪百貨店守口店にて「北風 一三 作陶展」開催中

伐採してきた竹を小さな穴窯で燃やして灰を作り使用しているそうですが
竹灰を使用する作家さんは珍しいかな・・・・?

後ろに写っている一輪挿しは窯詰め時に隙間に置いた自然釉での焼成です
(6.9×H5.9)
コメント

油滴天目盃

2018-05-23 | Weblog

橋本 大輔

昭和47年 二代橋本城岳の次男として京都に生まれる
平成14年 京都府立陶工高等技術専門校陶磁器成形科修了
平成16年 京都市工業試験場陶磁器コース終了
平成16年 二代橋本城岳に師事
平成25年 滋賀県大津市に築窯独立


5/23~29 京都高島屋にて「橋本 大輔・よしこ 二人展」開催中です
(7.8×H5.1)
コメント

ミナモノアワレ

2018-05-21 | Weblog

アサ佳

1985 埼玉県出まれ
2008 明治学院大学 卒業
2013 岐阜県多治見市意匠研究所 修了
    岐阜県土岐市に工房を構える

(7×H4.3)
コメント

黄瀬戸ぐい呑

2018-05-18 | Weblog

鈴木 都

1984  東京生まれ
1990年代 土を掘りはじめる
1997  美濃古窯跡を訪ねる
2010  瀬戸に居を移す
2011  愛知県立窯業高等技術専門校修了
     土岐津高山にて制作を開始する
2015  美濃古窯の地、郷之木に移る

5/16~22 阪急梅田本店にて「山口 真人 鈴木 都 二人展」開催中
(7.1×H4)
コメント (2)

織部ぐい呑-龍-

2018-05-16 | Weblog

山口 真人

1978 西山窯6代目として生まれる
2000 加藤裕重(霞仙陶苑)に師事
2004 愛知県瀬戸にて独立

5/16~22 阪急梅田本店にて「山口 真人 鈴木 都 二人展」開催中
(6.9-6.3×H5.5)
コメント

鉄彩眠娘紋杯

2018-05-14 | Weblog

升 たか

1946 長崎県出身
1967 劇団・天井桟敷入団
1976 サンフランシスコ・アカデミーオブアート留学
1983 1983日本イラストレーション展・銀賞受賞
1993 青木繁記念大賞展・大賞受賞
1995 別府現代絵画展・大賞受賞
1997 作陶を始める
2000~ 個展を中心に活動

我慢が出来ずに、又、眠娘を戴いてしまいました・・・・・^^;
(6.4×H6.1)
コメント (2)

志野ぐい呑

2018-05-13 | Weblog

林 友加

1971  生まれ
1994  関西大学経済学部 卒業
1998  土岐市立陶磁器試験場 修了

現在 土岐市で制作 

(7.3×H6.1)
コメント

備前青ぐい呑

2018-05-11 | Weblog

馬場 隆志

1983 馬場祥輔の長男として備前市に生まれる
2006 東京芸術大学彫刻科卒業
2007 京都市産業技術研究所工業技術センターで1年間学ぶ
備前伊部に在住

(7.5×H4.1)
コメント

酒呑

2018-05-09 | Weblog

小川 哲夫

1968  岐阜県岐阜市生まれ
1994  陶工を目指し全国の窯業地陶芸家を訪ねる
1998  陶土の里山岡に薪窯を築き独立
1999  国際美術院常任理事就任
2000  日本芸術協会理事就任
2001  国際美術院展 知事賞
2002  日本芸術協会常任理事就任
(7.6×H5.2)
コメント

ニュウクリンクル スーパーバック

2018-05-07 | Weblog

小松 誠

1943 東京に生まれる
1965 武蔵野美術短期大学 工芸デザイン学科卒業
1965-9 武蔵野美術大学 工芸デザイン科研究室勤務
1970-3 スティッグ・リンドベリのアシスタントとして、グスタフスベリ製陶所デザイン室勤務
1973 帰国、埼玉県行田市に工房をかまえる
1999 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科教授就任

紙袋では有りませんよ~
片口ですよ~・・・・(無理があるかな・・・?^^;)
(9.1-5.3×H12.7)
コメント (2)

丹波 鬼面盃

2018-05-05 | Weblog

大上 伊代

1987 丹波立杭に生まれる
2010 京都市立芸術大学陶磁器専攻卒業
   栃木にて佐伯守美氏に師事

現在 丹波 大熊窯にて制作

5/5~15 神戸の「EN陶REZ」で「大上 伊代 作陶展」開催中です

(この盃は先日「ギャラリー器館」での「佐加豆岐の展パートⅧ」で戴いたものです)
(6.6×H3.5)
コメント (2)