ぐい呑の棚

ぐい呑に興味を持ってもらえる入り口になればと思っています

伊賀ぐい呑

2018-09-18 | Weblog

新 学

1973  大阪に生まれる
1995  関西大学文学部卒業
1999  父・新歓嗣に師事
2002  穴窯築窯 初個展(神戸)
2003   以降各地にて個展、グループ展開催
2008   二基目となる穴窯築窯
2011  薪窯築窯


(7.7×H5.6)
コメント

赤ぐい呑

2018-09-16 | Weblog

水野 しづ

1973 名古屋市生まれ
1996 武蔵野美術大学陶磁専攻卒業
現在(公)美濃陶芸協会会員、工芸美術日工会会員

(6.8×H5.2)

コメント

志野ぐい呑

2018-09-13 | Weblog

伊藤 公洋(こうよう)

1965 愛知県高浜市に生まれる
1983 安藤日出武氏(岐阜県重要無形文化財保持者)に師事
1994 独立し高浜市にて作陶生活に入る
1995 高浜市の工房に「志野」専用ガス窯を築窯
2000 豊田市足助町「猿海老」に半地上式穴窯を築窯

(6.7×H5.4)

後ろから顔を出しているのは金工作家の土屋陽太作のヤモリです
コメント

青白磁献茶杯

2018-09-12 | Weblog

洪 斗賢(Hong Du Hyeon)

1982  生まれ
1996  韓国吉陶坊で陶芸入門
2006  韓国啓明文化大学 陶芸専攻卒業
2007  韓国慶州で独立 (半月窯)
現在 韓国慶尚北道清道郡で 作陶中

9/12~25「心斎橋大丸現代陶芸サロン桃青」にて「高麗の風に吹かれて 鈴木大弓・洪斗賢」
開催中です
(杯6.3×H4.5 台11.7×H3.3)
コメント

稀晶石片口

2018-09-11 | Weblog

木ノ戸 久仁子

1976 滋賀県に生まれる
1995 登り窯窯元宗陶苑にて作陶をはじめる 若手オブジェ集団SEEDSに参加
1998 ニュージーランドにて一年間作陶
2001 信楽窯業試験所釉薬科 修了 ニュージーランドにて三ヶ月間作陶
2002 京都にて作陶
2004 滋賀県信楽町に築窯
2011 滋賀県比叡平に築窯
(12.4×H8.5)
コメント

黒釉ぐい呑

2018-09-10 | Weblog

矢野 直人

1976年 唐津市に生まれる
1994年 5年間アメリカ留学
2002年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2003年 佐賀県立有田窯業大学校嘱託講師
2004年 自宅 殿山窯にて作陶始める
2008年 韓国 蔚山にて6カ月作陶

現在 唐津市鎮西町に在住

(6.5×H5.3)

コメント

青白磁潮流文盃

2018-09-07 | Weblog

樋口 邦春

1969 京都に生まれる
1988 京都高等工芸学校 美術デザイン科卒業  (現 京都黎明学院 京都芸術高等学校)
1990 嵯峨美術短期大学 陶芸科卒業
   日本工芸会理事 岩淵重哉先生の内弟子となる
   香川県 讃窯
1994~08 奈良県 雄水庵に勤務
2008 奈良県河合町に『結び窯』を築窯 独立

9/5~11 大阪淀屋橋「アトリエヒロ」にて「樋口 邦春 作陶展」開催中です

盛り上がって刷毛目のように見えるのは削り出して潮流を表現され釉も数度掛けて
濃淡を出しています
(9×H4.8)
コメント

伊賀ぐい呑

2018-09-06 | Weblog

谷本 貴

1978 三重県伊賀市に谷本景の長男として生まれる
1997 同志社大学文学部及び芸術学専攻入学
2002 京都府立陶工高等技術専門校入学
2003 森 正氏に師事
2004 イタリア留学
2005 帰国後伊賀市にて作陶

9/5~11 大阪大丸「現代陶芸サロン桃青」にて「谷本貴 作陶展」開催中です
(9.2×H5.1)
コメント (2)

灰志野ぐい呑

2018-09-05 | Weblog

小割 哲也

1970  静岡県富士市生まれ
1992  明治大学工学部建築学科卒業
1994  同大学大学院修了
     日本料理を始める
1997  父・祥嗣のもとで陶芸を始める
1999  中国陶磁器・窯場視察
     2基目の穴窯を築炉

9月5日~17日 京都「酒の器Toyoda」にて「小割哲也 陶展」開催中です
(6×H6.8)
コメント (2)

怪獣の足カップ

2018-09-04 | Weblog

有松 啓介

1959  岡山市生まれ
1978  岡山県立岡山操山高等学校卒業
1982  武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業 東京ガラス工芸研究所入学
1984  東京ガラス工芸研究所卒業 山谷ガラス工業株勤務(~1987年)
1987  瑠璃庵長崎工芸館勤務(~1989年)
1989  岡山市中区東川原にグラス・スタジオ透明館を設立

先日、島根県松江市よりの帰り道に鳥取県三朝温泉へ親類を送って行くことになり
その帰りに人形峠を越えた先に「妖精の森ガラス美術館」の看板を発見!
一度通り過ぎたのですが気になりUターン!そこは世界で初めてのウランガラス専門
の美術館でした
紫外線が当たると黄緑色に発色をするウランを混ぜたガラスを制作、展示、販売をしていました
買ったのはウランガラスでは無くて怪獣の足コップ!! ^^;
(7.6×H9)
コメント

志野ぐい呑

2018-09-02 | Weblog

鈴木 都

1984  東京生まれ
1990年代 土を掘りはじめる
1997  美濃古窯跡を訪ねる
2010  瀬戸に居を移す
2011  愛知県立窯業高等技術専門校修了
     土岐津高山にて制作を開始する
2015  美濃古窯の地、郷之木に移る
(7×H4.7)
コメント

白ぐい呑

2018-08-31 | Weblog

大前 悟

1972 大阪に生まれる
1990 神戸にて陶芸を始める
1994 土を採取し始め、南蛮焼締を焼く
1999 大阪にて初個展
2001 信楽に移住
    伊賀・信楽の窯変焼締をはじめる
    全国的に個展活動を開始
2003 全地下式穴窯を築窯
2005 施釉陶器に興味を持ち、白磁や唐津等を焼き始める
2007 李朝時代の焼物に魅かれ、井戸茶碗や柿の蔕茶碗
    を穴窯焼成にて挑戦し始める
2010 兵庫県淡路市に移転
    半地下式穴窯、楽窯を築窯
    黒楽を焼き始める
2013 赤茶碗を焼き始める
2015 光悦 乙御前写を焼き始める
2016 淡路島の土を使い白楽を焼き始める
2017 光悦 不二山写を焼き始める
(7.5×H5.7)
コメント

光る波杯

2018-08-29 | Weblog

鴨頭 みどり

1977 愛知県瀬戸窯業訓練校卒業
1980 メキシコトルーカ陶磁器学校勤務
1985 多治見市市之倉に「松永工房」開窯

8/29~9/4 大丸心斎橋「現代陶芸サロン桃青」にて「鴨頭 みどり 作陶展」開催中です

以前はぐい呑類は制作されていませんでしたが
最近では色々な杯に挑戦されて次回の出会いが楽しみです
(10.9×H6.5)
コメント

黄瀬戸ぐい呑

2018-08-27 | Weblog

西岡 悠

1977  千葉県生まれ 
2011  愛知県立窯業高等技術専門校修了、鈴木 五郎氏に師事 
2014  岐阜県恵那市にて独立

チョット可愛い小振りなぐい呑です
(4.8×H4.7)
コメント

白赫跡ぐい呑

2018-08-25 | Weblog

澤田 勇人

1978 茨城県笠間に生まれる
2000 流通経済大学卒業
2002 陶芸を始める
2004 東京福祉大学卒業

茨城県ひたちなか市在住
(8.7×H7.6)
コメント