車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



 昨日は奈良へ出かけました。
 一宮インター6:30、曇り、車が多い!しかし渋滞はなく 9:00には奈良県庁横の駐車場へ。
小雨が降ってきて寒いので、車内にあった作業着を下に着込みました!!


奈良公園周りには駐車場が多くあります。結局昼過ぎても満杯にはならず。

 東大寺には何度も行っているので、今回は興福寺へ。
ここには私が仏像の中では一番好きな「阿修羅像」があるので、当然これも拝観しました。
 やっぱり吸い込まれるようなオーラを感じます。朝早いのでゆっくり見れました。
ここの五重塔は、遠くからでもシンボル的に見える堂々としたもので、自然の多い中での姿は、京都の東寺などとはまた雰囲気の違った「古都」を感じます。



 このあと、なら町を周り、浮御堂へ。桜がすごくきれい。
満開のこの時期なのに、人も車も少なめなのは小雨のせい?


浮御堂

 でも公園で柿の葉寿司を食べていたら、シカに袋を食いちぎられた!こわっ。
 このあとは浄瑠璃寺と岩船寺へ。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 十三重塔/談... もう一つの塔... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (omachi)
2018-09-09 21:24:35
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。