グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

自分で考えて行動することの大切さ

2022年05月20日 | ツアー
一昨日、名古屋からきた修学旅行の中学3年生たち8人+先生と、三原山半日ツアーに行ってきました。

生徒さんたちは、会うなり「よろしくおねがいしま〜す」と挨拶をしてくれて、とても活発&積極的でした。

道を歩きながら「先に向かって道が細くなっているのは〇〇○だよね」と、なんだか聞いたことのない言葉で語っていたので、「〇〇○ってなに?」と聞いたところ、遠近法のことだそう。

なるほど言われてみれば確かに。これって教科書に出てきそうな構図かも!?

生徒さんから「これなんですか?」と質問があったのが、クロマツ。

「こんなマツ初めてみた」とのことでした(確かに普通のマツとイメージ違うかも?)

「お〜い、そこで止まってこっち見て」という先生の呼びかけに振り向く…の図。

1986年溶岩にて😊

このあと、いまだ満開状態が続くコケリンドウの花の間に、キノコを発見しました!

熱心にキノコを撮っている女子生徒さんをみて、私もマネ!(笑)

草が被ってしまったけれど、なんか可愛い写真が撮れました〜💕

山を登ったところで、海側から雲が湧き上がってきたので、「火口が見えなくなるかも!」と心配したのですが

結局、最後まで景色を楽しむことができました。

みんな、とにかく元気で楽しそうでした。
走って

飛んで

火口一周コースの一番高いところでお茶飲んで

観察して(ゲジゲジの子どもを、発見していました)


めでたく火口一周、達成〜!

ここで、再び飛んで(先生からの急な声かけだったので、こんな写真に・笑)


帰りは、もと来た舗装道路を降りるのではなく、表砂漠へ下りました。

火口を一周以上するので、通常の半日コースの4割増しぐらいの距離を歩いたことになります!

帰り道も男子はダッシュを繰り返し、元気に歩き終わりました。


生徒さんたちは、最後に三原山を眺めながら、「最初は全然知らない場所だったのに、今は全部わかる! あそこがトイレでしょ、あそこが剣ヶ峰でしょ…」と、歩いて見た景色を振り返っていました。

伊豆大島の火山が皆さんにとって、親しい存在になったのがわかって嬉しかったです💕

今回の修学旅行は、生徒さんたちが旅行会社の方と相談しながらコースを選び、計画段階から自主的に関わってきたそう。大島でもシュノーケリング、サイクリング、など複数の体験コースがあり、その中のジオツアーだったようです。

生徒さんに「学校楽しいでしょう?」と聞いたら、速攻で「はい!」という答えが返ってきました。「レポートが多くて大変なんですけど」とのこと。

生き生きして積極的な中学3年生たちを見て、「自分で考え行動する」ことの大切さを、またまた感じました〜😊

(かな)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

霧?雲?

2022年05月19日 | 今日の大島
はじめて、投稿させていただきます。
新人ガイドの田中ユリカです。

伊豆大島のダイナミックな自然と島暮らしが好きで
2019年に上の子たち(双子です!)が小学校に入学するのを機に横浜から移住しました。
普段は英会話や生涯学習のコーディネーターなどをライフワークにしています。

現在開催中の、伊豆大島ジオパーク推進委員会主催の第3期ジオガイド養成講座の受講を後押しに、
ジオガイドとして活動することをあらたに志し、日々学ばさせていただいています。

地球を身近に感じられる伊豆大島。
火山を中心に常に変化する自然が、生きる力を思い出させてくれ
人間も自然の一部という感覚を与えてくれます。

新人目線のワクワクするような発見をブログでお届けできたらと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


さてさて、火曜日の話です。
表砂漠にまだ降りたことのない私をかなさんがフィールド研修してくれました。

お天気は雨が降るか降らないかというような不安定な空。
でも、三原山が「こんにちわ!」と姿を見せてくれました。


山頂から表砂漠に降りるルートは看板が設置されています。
が、降り斜面は滑りやすいので、どうぞゆっくり気をつけて!


どこまでも続く黒と緑の大地。
思わず溶岩の高台で自由を叫びたくなります 笑


表砂漠に降りて振り返ると霧がやってきました


あれ、でもこれって霧?それとも雲?


かなさんに、尋ねると
地面に接していれば「霧」、接していなければ「雲」なのだそう!

自分でも調べてみると、できるメカニズムは同じだけれども、
見る視点によって「霧」か「雲」になるとのこと。
ということは、わたしが山の中で見た「霧」を、町にいる人が山を見上げてみたら、それは「雲」。
なんだかおもしろい!

小さいころ雲といえば、漫画の中にでてくるような、
わたあめのようにふわふわしたものをイメージしていたけれど、なんと霧と同じだったなんてー。
月にうさぎが住んでいないと知った時のような衝撃。

でも雲 and/or 霧を身近に見て、触って、感じれる、三原山の幻想的な姿もステキですね!


あの噂に聞いていた「幻の池」も見れました!!


その時にしか出会えない一期一会の風景は、
人間の都合に左右されない、自然のダイナミックさを感じさせてくれます!

(ユリカ)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニンゲンテンナンショウ

2022年05月18日 | 植物
伊豆大島の植物図鑑を見て、「イズホソバテンナンショウ」だと思いこんでいた、この植物。(島ではマムシグサと呼ばれている?)

確かに葉が細い”ホソバ”なのもあるけれど、すごく個体差があって…

「これじゃ、“マルバ”じゃないか〜!」と、頭の中はいつも「?」だらけに…😅

で、八丈島と神津島と御蔵島と伊豆大島の植物図鑑を調べ、ネットでも調べまくってみたけれど、正体は分からず、「もしかしたらコウライテンナンショウなのでは?」という疑惑まで持ち上がり…、追求は諦めることに決定!(笑)

名前はとにかく、三原山周辺の森の中では、この植物の花が盛りを迎えています。

正面から見ると、蛇に睨まれているような気分になります💦

草丈も様々で、15cmぐらいのものから、こんな大きなものまで!

いや〜デカいですよね!
大きさに見惚れ、そしてヒラメキました!

ニンゲンテンナンショウ〜!(笑)
テンナンショウと、お友達になれたみたいで、嬉しかったです😊

(かな)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スマホ写真塾!

2022年05月17日 | ツアー
天気予報を参考に、一昨日に日程変更した裏砂漠ツアー。

スタート時は、可愛いピンク色に引き寄せられるように、オオモミジの実の下へ(笑)


青空は少ないものの視界はよく風も弱くて

裏砂漠は爽快!


ただ、黒い地面にタイヤの跡がクッキリついていて残念でした💦

(国立公園特別保護地区なので、車の乗り入れは禁止なのです)

前日まで気づかなかった、ジシバリの花がとても目立っていたのも驚きました。

一斉に開花したと思われます。

イタドリの葉に覆われて、ジシバリの葉にはわずかな光しか届かなさそうなのに、たくましいなぁ〜と思いました。

あと、妙に存在感があったのが、シマタヌキラン!

茶色のモシャモシャの“花”が、ぬいぐるみみたいでカワイイですよね😊

そして足元には、こんな石が…

もちろん探してきましたよ!

赤い唇!(笑)

恒例の寝心地体験。

皆さん寝転んで空を見上げ、楽しんでいらっしゃいました〜😊

あと溶岩が何に見えるかクイズをしていたら、お客様が「シロクマに見える!!」と…😊

なるほど〜。(シロクマの写真集思い出しました)

お客様は、スマホで撮る写真教室に参加されてきたとのことで、所々でカメラを逆にして撮影されていました。

私も真似して撮ってみたら、こんな写真になりました〜。

普通はこんな感じだから、確かに違うかも。


ミツバアケビのツルがどんどん背が高くなり、私の背丈も抜かれてしまいました😅

”ツルがどこからきたのか”を調べて、「ここから出ているんだ!」とお客様。

みんなで、ツルのたくましさに驚きました😊

そしてツアーの締めは…

やっぱり満開のツツジ!
😊😊😊

楽しい時間でした。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

(かな)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

朝の挨拶

2022年05月16日 | その他

私 民生委員になりました。もう3年前ですが。コロナ禍で活動の半分ぐらいしか活動が出来ていないのではないかと思うのでまだまだ初心者?(心がまえとしてはそれではNGですね)

 民生委員とは 良く分かっていないで入ったのが本当の事で他の方に聞き私らしく目の前の事に向き合っていきたいと思っています。

 

民生委員は正式には民生児童委員です。(子供達の対応にも当たる)

ここは小学校正門ですが他に信号のある四つ角、学校裏門などに分散して声掛けしています。

7時30分から8時までの短い活動でしたが子供達の顔を見ることが出来て楽しかったです。

午後 子供放課後教室に出たら子供達に『朝、居たでしょう?』『何でいたの?』

帽子にマスクだったのに 朝は声掛けされなかったけれどしっかり見られていたのね(しま)

※写真は私ではありません(写真を撮っています)本日の事ではありません

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする