覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

1・2着馬とも尋問の上、釈放!

2013年05月19日 16時16分35秒 | Weblog
 第74回 オークス わたくしの主たる狙いは、的外れ! 
 
 それにしても、今朝、当日朝情報で、昨日の結末を受け、疑いを増した2頭を申し上げたが、それが
 
    7枠13番 エバーブロッサム    2着    5番人気
    2枠 3番 メイショウマンボ     1着    9番人気
 
 この2頭で決まるとは!
 
 優勝馬マンボ これは早々に見切った以上、わたくしは完敗である。
 
 疑いを帯びた根拠 
 
 それは、オークスに置かれた次の同一馬主3頭のゼッケン、これが土曜メインで発射した事実にあった。
 
    1枠 2番 ブリュネット      馬主・ロードホースクラブ 
    4枠 7番 ティアーモ       馬主・ロードホースクラブ 
    5枠10番 リラコサージュ    馬主・ロードホースクラブ 
 
 この3頭のゼッケンで
 
   土曜東京メイン メイステークス    2番10番
   土曜京都メイン 平安ステークス    1番 7番
 
 無論、この平安Sの 1番 は圧倒的人気。これ以外の3頭は薄目。一体、何故、
 
   前日メインで オークスの ロードレースホースの馬 ゼッケンが発射したのか!?
 
 この疑念から、わたくしは、ロードの馬自体が優勝した次のオークス
 
   2001年 第62回 オークス 
 
   1着 7枠13番 レディパステル   馬主・ロードホースクラブ 
   2着 1枠 1番 ローズバド    
 
 これを申し上げた。そして、今回の出馬表との合致
 
   2001年 7枠13番 レディパステル     フローラS 2着 → オークス 優勝
   2013年 7枠13番 エバーブロッサム   フローラS 2着 → オークス  ?
 
 
 同じ臨戦課程での挑戦だったので、これから、疑いを申し上げたのが、つい今朝方のこと。
 
 が、これとても、わたくしはこれ以上、この1頭 13番 エバーブロッサム 結果2着 これを重視せず、寧ろわたくしの本命馬への推し、と解釈したものである。
 
 
 そして、もう1頭 勝ち馬 2枠3番 メイショウマンボ これもまた、わたくしは、去年まで同じ週に行われ、今年移動した 東海ステークス この手掛かりからやはり、炙り出しはした。
 
 が、これはいずれも、 〇番と3番 〇番と13番  と云う可能性を掲げたに過ぎず、最終的に軽視
 
 
 唖然たる結末だったが、犯人のいる部屋のドアの前まで行き、共に、ノックするのを迷っただけ。
 
 御登録中の皆様、わたくしは決してJRAサイドの回し者ではなく、朝、正解の2頭を匂わせて申し上げ、主たる予想ではわざと嘘をしゃべった訳では決して無い。本当に、考えた上で、捨て去ったものである。
 
 を疑わせ、犯人はもう一人のだった!
 
 結局、全く異なる部屋に導かれ、中心の2頭。内1頭の不発はもうレース前、明らかだったが、まさか、この2頭の結末とはな ・・・
 
 
 
 ダービーに向け、GⅠシリーズ全体の整頓、サインの精査に再度、取り組むこととする。
 
 
 皆様、ダービーでまた、会いましょう。