覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

エッセイ賞

2005年10月17日 18時30分15秒 | Weblog
「優駿」11月号の、巻末近く、2005優駿エッセイ賞の受賞作品が発表されている。注目は、作品の内容などではなく(非礼深謝!)、受賞作のゼッケンである。


 グランプリ 「ウインズのある村」 式守漱子


 このゼッケン、及び出馬表は、10月号巻末にあり、紐解いてみればお分かりのように、全18作品という出馬表で、グランプリ作品は

 10 ウインズのある村


で、10番ゼッケンである。ちなみに、次席2作品も紹介すると

 12 競馬タクシー
  5 タカミちゃん

である。この11月号は17日発売だが、当然、16日の競馬のあった日にも、既に上梓され、ひょっとしたら、JRA関係売店、競馬場などでは入手可能であったかもしれない。ポイントは、この10番ゼッケンが、16日の競馬に持っていた意味であり、

 秋華賞   1着 5枠10番 エアメサイア

 府中牝馬S 1着 5枠10番 ヤマニンアラバスタ


 また、言うまでも無く、GⅠ秋華賞 2着のラインクラフト は 5番。このエッセイ賞を装った勝ち馬宣言は、例年通り有効なものだった。

 66回菊花賞 8回富士ステークス から、66ページ 8ページ を開くのは当然。

 66ページの、石橋騎手の落馬負傷記事、そのレースは9月19日の阪神ジャンプSで、

 5枠 7番 アズマビヨンド
 7枠11番 テイエムコンバット


と、落馬した1番人気 フミノトキメキ 4枠5番 は押さえておく。このページの石橋繁騎手はピンク帽のようだが。このページの下の、競馬ミクロアイ と言うエッセイの作者は、日高雄高(ひだか ゆたか)。ここに、豊 登場! また、8ページは、6枠9番 ディープインパクトの写真で、武豊の土日12勝のレコード達成の記事である。アドマイヤフジの菊花賞出走があれば、単純に、富士ステークスに繋がることもあろう。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 秘された紫苑の華 | トップ | 国士並びなき人物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グランプリね~ (mugimugi)
2005-12-27 11:16:27
グランプリ受賞の10番そのままでしたね。

残念ながら、ハーツクライがゴールした瞬間に思い出しましたが・・・
ごめんね (ドラクロア)
2006-01-02 04:03:17
 私は憶えていましたけれど、この馬自体を比較的軽視していました。ごめんなさい。事前にお伝えできなくて。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事