覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

絶望視、全容解明

2017年03月31日 11時24分07秒 | Weblog

 今日の報道で、

     金正男氏殺害   真相解明は絶望的 

 この文字が躍る。北の人質外交に腰砕けとなった模様だ。

 寒気がする ・・・・

 御登録各位様はお解かり。真に、真に仰天する

 別にわたくしの健康問題は普通。昼も辛いスープ麺を食したくなった。
 ユーグレナ、緑の習慣も中々だ。お薦めする。

 明日、開催日当日、土曜情報冒頭で、第61回 大阪杯 核心に踏み込み、申し上げる。

 自画自賛するが、わたくしが昨日見出した、

     2017年 春GⅠシリーズ   ゴールドシステム 

 これは、去年秋シーズンの、六文銭ダービー・システム これ同様、画期的で、真正である。一目瞭然だからだ。
 向こう(=JRA演出側)が何をやりたいか意図が透けて見える。

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。

 興奮が止まない。


待った無し!大阪決戦

2017年03月31日 11時00分47秒 | Weblog

 皆様、高校野球は脚本に沿い、運営され、戦われている訳ではない、と考えるが

    第89回 選抜高校野球大会   決勝

       履正社  VS  大阪桐蔭    

 この大阪決戦が、図らずも、JRAの 第61回 大阪杯 昇格GⅠ と重なり、決勝戦がこの組み合わせとなったことを踏まえ、当然、何らかの「忖度」が凝らされたことと推察する。

 まさか、年度当初、大阪勢同士で大阪杯の週、甲子園決勝が戦われるなど、思い及ばなかったはずだ。

 だからこそ、合点が行く事柄がある。

 昨日もこの春GⅠシリーズに向け、画期的発見があり仰天したが、今日の出馬表もびっくりした。
 無論、仁川の直線で悲鳴が上がる仰天の可能性も含め、あの1頭を凝視している。

 水曜情報で申し上げた、あの2つの連動。その合致。申し上げ、連動表を掲げ、事実をお示しした通りで、はっきりしているではないか。

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


 大阪勢の活躍で、必然的に、あの厩舎。サインを出さざるを得ず、はっきり出ている。
    


大阪杯 出馬表

2017年03月31日 09時26分42秒 | Weblog

 出馬表が出た。第61回 大阪杯 昇格したGⅠ。
 
 一目、唖然とする枠順となった。あの 〇枠〇番 不発である。

 そして、水曜情報で申し上げた、過去18年で17回、過去30年で28回の連動レース
 これは今回も貫徹されると見る。

 そして、水曜週中情報御送付後、わたくしが見出した仰天の 2017年春GⅠ の ゴールドシステム これからも自ずと相手位置は、明瞭に浮かび、結論はあっさり割れる。

 結局、果たしてどちらが勝つか、と云うレースとなった。

 最終的に、絶対の大本線をお伝えする日曜になる。

 中山、阪神の2場開催で、じっくり読み込ませて頂く。

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。

 前大統領、逮捕収監にまで至った。

 あの1頭に関しては、徹底的に考えなければならない。

 春が来た。と、心底思える、日曜午後4月最初の日曜を迎える。


大阪杯14頭立て

2017年03月30日 16時33分06秒 | Weblog

 第61回 大阪杯 出走14頭が確定した。

 やはり、出て来るのはおかしいと見ていた、先週日経賞にも出走 ディーマジェスティ 恐らく予定通りで、回避。

 これで、週中ずっと申し上げている 〇枠〇番 位置が実現確定した。

 明日、何が置かれるか。

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


 また明日 1枠1番 キタサンブラック となるのではなかろうか。

 桜花賞まで、あるいは 皐月賞までの御登録の皆様方から続々、宝塚記念までのシーズンを通して延長・御継続のお申込み、頂戴しております。春シーズンを貫く、最重要のシステムに関しては、今日の発見も含め、シーズン御登録のある皆様方限定でしか申し上げられません。御理解ください。

 正しく調べ、推論すれば、誰でも解かることなのだが。


晴れわたり、氷解

2017年03月30日 14時18分58秒 | Weblog

 ゴールドシステム

 これを知った者だけ得をする。必然的に、今年の ダービー を勝つ馬 が浮かび上がる。

 やはり、お正月に御指摘申し上げた、あの年間を通す ・・・・ と合致。
 既にターフに登場のあの1頭だ。必然的に、あのダービージョッキーも今年誕生することになる。

 現役でダービーを2勝以上したジョッキーは 武豊 四位 横山典弘 デムーロ しかいない。
 


春GⅠ必勝 仰天の発見

2017年03月30日 14時01分28秒 | Weblog

 この午後、天を仰ぐ発見があった。
 去年秋の 六文銭ダービー に匹敵する。

  
    2017年 2月19日 第34回 フェブラリーS 

    1着 2枠 3番 ゴールドドリーム       デムーロ  平田
    2着 5枠 9番 ベストウォーリア       戸崎     石坂 
         (16頭)

    2017年 3月26日 第47回 高松宮記念   

    1着 3枠 6番 セイウンコウセイ       幸英明   上原 
    2着 2枠 3番 レッツゴードンキ        岩田    梅田 
         (18頭)


 この2つから、この先が読めるかどうか。読める。特に次の今週 第61回 大阪杯 絶対の自信のレースとなった。

 昨日水曜情報で 〇枠〇番絶対 を申し上げたが、これを踏まえ、相手枠の絞り込み、検討を多面的に行い、徹底して材料を列挙、お伝え申し上げたが、今回の 昇格GⅠ 大阪杯 第一に買わねばならないのは 

      枠連 〇-〇 

であることに到達した。

 再度申すが、天を仰ぐ発見である。

 昨年秋、最初のGⅠ レッドファルクス のスプリンターズステークス これが ミホノブルボンのダービーと同じで、馬番 13番15番 だったことからこれ以降の去年秋GⅠは、そのブルボンの第59回 ダービー 以降、このダービー史を辿り、なぞるシーズンとして実施、挙行されるのではと疑い、それが事実実行された。これを ミホノブルボン の勝負服と去年のNHK大河の合致から 六文銭ダービー とシステムを命名した。

 これに匹敵する、この春のGⅠシリーズのグランドデザインを提示するもの。それが上記、終わった2つのレースからはっきり読み取れるシステムである。

 ジャポニウム同様、発見者に命名権もまたある。ある意味を込め、このシステムの本質をも言い当てる積りで、これを

     2017年春Gシステム    ゴールドシステム  

 こう呼ぶ。今週末の情報でお伝えする。御登録各位様、仰天の準備を。

 絶対的な裏も取れている。一目で納得される。


   御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


 これまでも散々、驚かされることの連続だったが、中央競馬とはこんなことをやっているのか。
 寧ろ、競馬の素人の方の方が驚かれるかもな。

 わたくしもたま~に脚が震える。これでこの春シーズンも必ず勝てる、成功する、と確信が行くからだ。


笑い、散る乙女

2017年03月30日 13時06分12秒 | Weblog

 昨日水曜に至り、JRAでは次のニュースを掲載した。

    タガノグランパ  登録抹消   

    騎手・松田大作  道路交通法違反 に関する裁定委員会の開催   

 この3月2日、松田大作は京都市内で無免許運転、スピード違反で摘発されていた。どうにも驚いたのは、実に先週の 第47回 高松宮記念 優勝した セイウンコウセイ これはオーナーの以降では、本来、松田大作騎乗での出走の思惑だったらしい。それがこの不祥事で降板、表向きは、これで幸英明に乗り替わり、優勝となった、と云う体裁。全部脚本でやっているのに、何故、このような尾ひれが残るのか。

 また、タガノグランパ だが、代表的な勝ち鞍は

    2014年 第28回 ファルコンステークス   

    1着 7枠13番 タガノグランパ       福永祐一   松田博資 
    2着 3枠 6番 サトノルパン         小牧太     村山明
         (18頭)

 これは今週の大一番 第61回 大阪杯 を前に何を意味しているのか。

 そして、今週のJRAトップページのフラッシュ画像、2枚。申し上げた通り

    2016年 第60回 産経大阪杯  

    1着 7枠 9番 アンビシャス        ルメール   音無 
    2着 6枠 7番 キタサンブラック      武豊      清水久詞 


    2016年 第76回 桜花賞 

    1着 7枠13番 ジュエラー         デムーロ    藤岡健一
    2着 6枠12番 シンハライト        池添謙一   石坂正  


 この今週のJRAの「看板」は共に 枠連 6-7 これまた何を意味しているのか。

 
 昨日夕方、ヤフーのメール不具合に襲われ、御送付が一部遅れたが、既に 週中 水曜情報 御送付済。

 上記、向こうの着々、小出しに提示してくる大一番を前の手掛かりはさて、もう

     過去30年で28回  過去18年で17回 の連動レース

     過去18年で17回 の連動レース

 これら2つの濃い連動レースの合致位置。これを 100%絶対 と申し上げ、第61回 大阪杯 今年の昇格GⅠの手掛かりをお伝え申し上げた上で、〇枠中心 であり、囮として造型されるあの1頭の配置位置まで先取りで予告申し上げた。

 もう、皆様方同様、明日午前の出馬表発表が待ち遠しくてならない。
 果たして発射100%絶対と断言申し上げた 〇枠〇番 ここに何が置かれるのか。

 そして、柳楽優弥、高畑充希の登場する東京競馬場のパドックを舞台のCM、そして当日のプレゼンター・土屋太鳳登場の意味とは。

 そして、宝塚記念までのシーズンを通しての御登録の皆様には、

      2017年春GⅠシステム  

 2つのGⅠを終わった時点での、この春を席巻、支配するシステムをわたくしは堂々、読み切った通り、お伝え済み。今週の試金石の的中を経て、この春は黄金のシーズンが待ち受ける。

 ドバイの 笑う大魔神。果たして、この先の何を予告しているのか。


  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。
     

  ようやく、桜を見上げるシーズン。また寒のゆるみも顕か。
 
  今週は吉本の 大阪杯新喜劇 の凱歌に続き、来週は 桜の大輪 乙女の決戦、桜花賞

 その乙女舞台、今日宝塚音楽学校の合格発表があった。第105期生、26倍の倍率だと云う。


ヤフーメールトラブル

2017年03月29日 18時23分22秒 | Weblog

 御承知かも知れませんが、現在

     Yahoo mail にて 障害発生、メンテ中 

の表示となって居り、本日 水曜週中情報 既に完成し、送信途中でございましたが、この障害に遭い、一部の御登録各位宛にしか、送信出来ておりません。

 ヤフー様のの障害ですので、わたくしも回復まで待ち、その後、予定通り、本日お約束のメールを御送信致します。

 こちらでは対処しようがございません。御理解ください。

 未着の御登録各位様、後程送信可能に復旧後まで、御待ち下さいませ。

 本日内容も、御期待に違わず、一読、仰天して頂く内容を盛り込んでおります。



  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


華々しきゲスト達

2017年03月28日 10時56分41秒 | Weblog

 非常に驚いた。今年の最初のGⅠ

    2017年 2月19日 第34回 フェブラリーステークス

    1着 2枠 3番 ゴールドドリーム     
    2着 5枠 9番 ベストウォリアー       
         (16頭)

 加えて、先週のわたくしが 10番人気 を対抗評価にして、これが勝利した

   
    2017年 3月26日 第24回 マーチステークス 

    1着 2枠 4番 インカンテーション        10番人気
    2着 8枠15番 ディアデルレイ   
         (16頭)
 
 この2つのレースは、ある人物が予め告げていた。去年から解かって居なければならなかった筈だ。全く同じだからだ。だからこそ先の近いレースなら、5月のあのGⅠ当日、必ず勝てる、と考える次第である。

 今年の主要な仕掛の1つが、やはり2つ目のGⅠを終え、ほどけた訳だ。

 今週のGⅠ 第61回 大阪杯 のゲスト

      土屋太鳳     1995年 2月3日 生まれ   

 この人物の登場が告知された先週の内から、察知、読み切るべきだった。最も近い、この昇格GⅠ 大阪杯 のゲスト誕生日当日に中央競馬が行われたのが、4年前の2013年。その太鳳バースディ当日のメインは

    2013年 2月3日(日)

    第63回 東京新聞杯     枠連 1-3   =  先週土曜 毎日杯     枠連 1-3  

    中京  長篠ステークス    枠連 6-7   =  先週土曜 日経賞     枠連 6-7

    第53回 きさらぎ賞      枠連 2-3   =  先週日曜 高松宮記念  枠連 2-3   


 いまさら言ってもだが、実は 土屋太鳳 超絶美人 だったと云える。
 もう今週これらに期待するのは、遅過ぎと云うことになる。わたくしのガールウォッチングの目が曇っていた。
 まだまだ修行が足りん。


 わたくしは先週の、今年の 第47回 松宮記念 これのテーマとして断言した

    高松宮殿下記念 世界文化賞   受賞監督スコセッシ代表作  『タクシードライバー』 

    3月14日逝去 俳優・渡瀬恒彦  代表作 『タクシードライバーの推理日誌』 『おみやさん』 

 これで、絶対 タクシードライバー だと、先週ここでも盛んに伏字でお示ししていたが、かつて走っていた実在競走馬から

     タクシー          田中章博 厩舎 

     ノーザンドライバー    重賞2勝

 後者の重賞勝利位置

    1990年 第25回 デイリー杯3歳S   2枠 2番 ノーザンドライバー 
    1991年 第 5回 ペガサスS       3枠 3番 ノーザンドライバー
 
  これでそのまま 枠連 2-3 が結末だった訳だが、わたくしは、両者の合致位置 2枠3番 レッツゴードンキ 絶対と読んだ。


 また、既に引退された 田中章博厩舎 この タクシー厩舎 は生涯重賞4勝。内、高松宮と同じ舞台、中京での勝利は

    1997年 第33回 中日新聞杯    中京競馬場 

    1着 3枠 5番 ファンドリショウリ      宝来   田中章博 厩舎
    2着 2枠 4番 マンオチャレンジ    
         (16頭) 


 先週のGⅠゲストは 佐藤隆太 だったが、わたくしも調べてはいたが、再度見返して愕然とする事実だが、現役では見当たらない リュウタ と云うジョッキー、トレーナーだが、かつて中央競馬に

    佐賀競馬所属  岡元隆太    おかもとりゅうた      =  佐藤隆太   

 このジョッキーが参戦、一度だけJRAで騎乗したレースがあった。それが


    1999年8月29日 小倉11R 小倉日経オープン     

    1着 3枠 4番 アグネスワールド       小牧 太    森 
    2着 2枠 3番 メイショウアヤメ        飯田祐史   飯田 
    ・
    ・
   12着 1枠 1番 アービルヒーロー         岡元隆太   九日 
         (15頭)

 結局、これが今回の向こうの「犯行の真実」、予めの遺留品佐藤隆太の真実の意味だった。


 一体、どれだけあちこちに 枠連 2-3 を提示し、正しく思考した者には、正解の褒賞が用意されていたことか。

 
 さて、今週のGⅠ第3弾 第61回 大阪杯 出馬表も出る前から、現時点では15頭の登録だが、わたくしは

      大阪杯 は 〇枠〇番  発射  絶対100%

 こう堂々宣言している。この宣言は、明日、水曜情報にて御登録各位様宛、はっきり申し上げる。無論根拠も添える。最も濃い連動は 過去30年で28回、過去18年で17回 のあるレースで、これは決め手、他からも浮かぶ手掛かりで、全部この共通の 〇枠〇番 に収斂する。

 
 もう1つの今週重賞 第49回 ダービー卿チャレンジトロフィー だが、これには

     過去15年で14回 の連動レース   【ある、年数を隔てたGⅠレース】
 
     過去16年で15回 の連動レース   

     過去13年で12回 の連動レース 

 この3つ。及び、ダービーそのものからあるサインから、全部 〇枠で合致。このレースは断然この〇枠だと思う。

 馬は、先週のわたくしのあのレースの見解をお読みの方は、どの1頭か、お察しになられると存ずる。

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


 GⅠシリーズはシステムで勝つ。そして今回のこの今年 2017年春GⅠシステム これにはある運用の妙が加わる。わたくしにはそれが解かる。

 だから、キタサンブラック また 1枠1番 だと申し上げているのである。


 土屋太鳳、さしたる好みでもないが、凝視しなければならないのである。この太鳳さんから、あのジョッキー。今年何処の大舞台で炸裂するか。そろそろで大舞台だろうか。


喜劇『大阪杯』上演間近

2017年03月28日 06時00分43秒 | Weblog

 ようやく、関東は春の陽気。関西も、大阪杯の日曜辺りまでは、良好
 晴天、良馬場の昇格GⅠを迎えられそうだ。

 先週も、続々のJRAニュースでの告知、放たれていた。
 
  日付25日(土) オリジナル壁紙カレンダー提供、桜プリンセス を示す。これは申し上げ済み。

  日付26日(日) 大阪・梅田で 祝GⅠ昇格!大阪杯スペシャルイベント を開催

 もうこの2つだけでも、

     プリンセス   梅田厩舎    → 梅田厩舎の桜花賞  レッツゴードンキ  発射 

 この1頭への確信は深まるばかりの材料だった。

 また、なんばグランド花月では

      大阪杯新喜劇   上演     3月31日(金)  19:10 開場  

 これには 佐藤哲三 安藤勝己 は良いとして、実に 清水久詞JRA調教師まで出演、登場し、大レースに大本命として臨む キタサンブラック の管理トレーナー。大一番2日前に、吉本なんぞに出ていて良いのか、と思うが、そこは大阪。横山ノックでも府知事になる土地。何でもあり、と云うことか。こんなんで、勝てるのか!?

 ともあれ、これと別に

      第61回 NEW大阪杯    スペシャルイベント  

 梅田ビッグマン前広場&阪神競馬場で、ポストカード抽選会。ハズレても「大阪杯大入袋」をプレゼント。抽選会で NEW大阪杯(GⅠ)Tシャツ抽選会 に参加できるらしい。他にも

     走る!大阪杯オリジナルヘッドマークトレイン   24日(金) ~ 4月21日(日) 

 既に走っている訳だが、これら手掛かり。

 わたくし分析では、これらはわたくしが大本命と見る 〇枠〇番 これの訴え、告知で集約されている、と見る。

 解かる者には解かるよう、向こうは取り計らい、告知、演出している訳である。
 レースは、その予めの告知を正しく読んだかどうかの確認の場である。

 
 ずっと、これらイベントでも、JRAの今週のトップでも 

     7枠 9番 アンビシャス      横山典弘   

 この去年の優勝馬の写真が掲げられている。そして、忘れてならないのは、この大阪杯向けの、柳楽君と高畑充希さんの出るCM。これの再確認だ。既に、このCMの正体をわたくしは申し上げているが、先日の 日経賞 これを見届け、あっ!と思われた方も多かろう。詳細は明日、水曜情報で、御登録各位様宛、申し上げる。

 次のビッグなプレゼンター

     4.2 [日]  大阪杯    土屋太鳳   
    
     4.9 [日]  桜花賞    吉田沙保里  

 そして、
 
     4.2 [日]  大阪杯    月亭八光  ミサイルマンさん 登場!

 他にも記念入場券、オリジナルグッズ販売、日刊スポーツ抽選会、もある。何故、このスポーツ新聞社なのか。

 今朝

     てるみくらぶ 破産 

     那須 雪崩 高校生ら8名死亡  

 これらがトップで報じられる。わたくしは既に申し上げている。

    キタサンブラック  マカヒキ  は勝てない!

 そして、稀勢の 優勝 で サトノクラウン なのか!? 

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。

 兎も角、メンバーは揃った。そして、この馬が同居したら、人気馬の枠は消える、と思われる1頭の浮上。
 また、これが発射枠に同居するのでは、と思われる1頭。

 これらは浮かぶが、最大の手掛かりは2つのGⅠで検証・確定できた 春GⅠシステム そして 濃い連動 この合致だと申し上げている。


高松宮記念 身代わり出頭

2017年03月27日 21時03分36秒 | Weblog

 GⅠシステムに掛かって居て、仰天していたので、前記事で書き忘れた。

 大レース勝馬の正体である。

    第47回 高松宮記念  優勝   セイウンコウセイ   幸英明   上原博之 厩舎 

 実は、オリジナルの犯人馬が居り、その代理で発射、優勝。先週と、現在日本を刻印した1頭だった。

 真犯人 = 昨日・先週の主役    

      プレミアムボックス        上原博之 厩舎   

    重賞3勝 

      2008年 オーシャンステークス       中山 芝1200m  騎手 吉田隼人  

      2009年 CBC賞               中京 芝1200m  騎手 鮫島良太 

      2009年 京阪杯                京都芝 1200m  騎手 幸英明    


 全部、高松宮記念 中京芝1200m と同じ、スプリント戦である。

 この最後の勝利 幸騎手 上原厩舎 これを刻印すべきが第一で、馬は後から選んだのだ。

       
     池泰典  森友学園 元理事長       = ボックス 


 中央競馬を代表する  即ち ボックス これを管理し、最後の栄冠を与えたコンビ。これが

       セイウンコウセイ      幸英明騎手  上原博之 厩舎

 身代わりの出頭だった、と考えている。


 わたくしがこの ボックス馬 で見ていたのは、最も近いこの ボックス馬 出走の次の2つ。

    2017年 3月17日

     阪神 4R  2枠 3番 スプリングボックス        6着 
     中山 7R  7枠13番 ラッキーボックス         3着 

 この2つだった。前日土曜 日経賞 優勝 シャケトラ この 7枠13番 が早くもこれを映し出していた、と見做される。

 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。

       
 勝手に心証を申し上げるが、100万円の寄付、授受は事実だったのだろう。
 昭恵夫人が、ヒステリックに反論しない上、竹下国対委員長の夫人の証人喚問必要なし、のコメントにそれが窺える。喚問したいのではなく、偽証させる訳に行かないからだろう。

 籠池さんの週だった。一人で列島をドミネイトした先週と先週競馬だった。
 


2017年春GⅠシステム 告知

2017年03月27日 20時25分29秒 | Weblog

 わたくしは、シーズンのGⅠシリーズは 

    システムを見抜き、システムで対処  

することを、本筋だと見做し、毎年これで勝負している。そして、春または秋、それぞれシーズン最初のGⅠはこのシステムの 「基点」 = 始まり を示す役割を担ったレースであり、2戦目以降は、この1戦目が提示した基点に則り、基本的にその順番通りで対処していけば、格段に勝負は楽で、シーズンを通しての勝利は愈々確実になる、と考えている。

 今シーズンも、デムーロの凱歌 ゴールドドリーム の フェブラリーS でシーズンGⅠは幕が開き、そして昨日日曜、稀勢の里大逆転、感動の優勝の前、2つ目のGⅠ 高松宮記念 が終わった。

 この2つを終えた時点で、このシーズン、2017年春GⅠシステム これが読めないようでは、残る10のGⅠレース。対処は基本的に個別的になり、システムに沿い、システムで次を読むことが困難である、と云うことになる。確かに3つ目または4つ目のレースで、システムを察知する、と云うことも有るが、主要システムは1つ。そして最初のGⅠで基点が提示され、後は基本的に順番通り。ずっと毎年、向こうがやって来たが急に転覆的に換わる、とは考え難い。
 
 従って、わたくしもシステム的に2つ目GⅠに対処し、勝負したつもりだった。そして、レース後間を置いて、この月曜、完全休養し、英気を養うと云うような情緒的ムーブメントはわたくしには全くなく、今週の重賞2レースへの手掛かりの探査、及び、巨大テーマである 

     2017年 春GⅠシステム   

 これを探ることに時間と連想力を費やした。そして、現時点で満足する読み、地点に到達することが出来た。
 
 やはり、例年と同じことをやっている。

 このシステム探査がもっと進んでいれば、昨日のGⅠ 高松宮記念 世評では多くの評論家筋にはかなりの低評価だったが、2枠3番 レッツゴードンキ 大本命 これの発射は、幸い事前の探査、余りにも濃い連動の発見も手伝い、100%絶対と読み切れていただけに、システムをもっと踏み込んで読めていれば 枠連 2-3 もっと重い評価で獲れた、と今述懐する。余りにシンプルだからだ。

 実は、昨日のレース後、ひょっとして例年と全く違ったことをやってくる年なのではないか。2つのGⅠ、春と秋の1つずつ、今週の 大阪杯 及び 秋、有馬記念後の ホープフルステークス が増え、仰天の大転換、大転回でもかましてくるのか、とも少々、少々怖れていた。わたくしは歴史を踏まえ、基本、歴史=競走史、戦績の中から正解を探り出してくる、逆に言えば、全レースが過去のあるレースの再現をしているに過ぎない、と考え、全く新たな歴史をつくるレースは、恐らく、ダービーなどクライマックス、頂点レースだけだとも考えている者であるが、この基本スタンスを向こうが転換すれば、こちらは泡を食う。が、問題無し。
 システムの構築、運営の基本は、去年までと同じだ。

 これに則り、このシステムを既に既存、即ち、今後GⅠ10レースの基本スケジュールを基本的に図表として見据え、今週の3つ目のGⅠ、昇格後初で、どういう例外的、あるいは逆にどういうGⅠとしての正規戦としての扱いを受けるレースなのか。実はわたくしは全くのGⅠ正規戦だと見ているが、要するにシステムが把握できた、と云うことは、この大阪杯の再現元レースが、そして来週以降の 桜花賞 皐月賞 天皇賞・春 以降まで見通し、キャッチできている、と云うことである。

 システムが一覧で見えた時、この全体相を総覧するのは、かなり爽快である。例えば、今シーズンのシステムを正しく把握していないと、大阪杯は 〇の発射 だと見る方もあるだろうが、わたくしはこれが囮で 〇枠 だと確信している。

 何故、今年2つのGⅠを向こうは追加したのか。これは大相撲で本場所を1つ増やし、興行を充実させる(元北の湖理事長の現に拠れば 土俵の充実)と云うことだろうが、要はもっとクライマックスを増やしたい、ファンに足を運んで欲しい、売上を挙げたい、との思惑だろうが、これで、わたくしも今日見出した、歴史的な大阪杯の連動過去30年で28回、過去18年で17回の連動、この発見が駄目押しで絶対 〇枠〇番発射 だとの確信に至っているが、水曜、今週の情報で、宝塚記念までのシーズンを通した御登録を頂いている方々には、このシステム表を公開申し上げる。
 
 果たしてシーズン最初のGⅠ フェブラリーステークス これが果たして過去のレースのどれを今季GⅠシリーズの基点として提示し、これに則り、2つ目GⅠ高松宮記念 セイウンコウセイ レッツゴードンキ で決まり、枠連 2-3 3番6番 のオリジナルレース。そして、大阪杯 が再現するレースは何なのか。お伝えする。


 その前に、昨季、2016年秋GⅠシステムの正体 これを講義申し上げる必要もあるかとも思うが、殊に 六文銭ダービー に関しては、このブログの場で、有馬記念の終わった後、公開、御説明申し上げている。そちらを読まれることをお勧めする。基本ある秩序に則り、ある一連の一群のレースを、順序通り、再現していくだけだ。
 
   
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


 今週の 第47回 大阪杯 キタサンブラック 武豊 はまた 1枠1番 に配置されると思う。
 申し上げた通り、この馬が勝つことは有り得ない。


 前記事で申し上げたが、的中御礼メールは引きも切らぬことがあり、御遠慮申し上げる旨、かねて申し上げているが、やはり日の改まった今日、かなり最終の フレンド馬券 要は 森友・籠池馬券。超のつく人気薄だった所為で、かなり獲られた方があった模様で、改めてお喜び申し上げる。どうにも、御登録の方の中にも、人気薄を本命または高評価で申し上げた際のみ、どかっといかれる、射幸心旺盛の方(当たり前か)、多いと存じ上げる。そもそも、GⅠだけが競馬では無く、140円の京都大賞典よりも、34000円の最終の馬連だ。140円の払い戻しで、一体どう大勝負をかけるというのか。

 それは誰でも解かる馬券を、あるペースで出すのは、基本的な向こう(主催者側)のファンサービスである。


大阪杯GⅠ 発射確信の1頭

2017年03月27日 13時25分57秒 | Weblog

 昼の報道番組も、先週までは 籠池国会喚問一辺倒で、逆にこの一辺倒があったから、最初から 友 = フレンド を探し、きちんと応えてくれたが、一転、今日は相撲史上最高の感動とも云われる

    新横綱 稀勢の里  千秋楽の逆転優勝    

 これで、あちこちのメディア登場の 東京相撲記者クラブ社友 杉山邦博氏。このNHKの大相撲中継の顔でもあった方のお陰で誕生した優勝馬

    2015年 NHKマイルカップ   優勝  クラリティスカイ    山典弘                

                 馬主    杉山忠国    すぎやま  ただくに  
 
    NHK大相撲中継  記者    杉山邦博    すぎやま  くにひろ  


 これでジョッキーも、から必要で駆り出されたものと了解されるが、わたくしも十四日目の取組を凝視し、相撲にならなかったので、休場して欲しい、と思っていた。そこからの怒濤の大逆転劇だった。正しく恐れ入った。毎週競馬と云う演出劇を見ているので、本物の劇を見るとやはり、人為を超えたドラマの実在で、圧倒される。


 振り返る、昨日の大一番。御登録の皆様方にも御紹介したがアイテム2つ、当日の 

     阪神競馬場ゲスト  3.26[日] 
     咲き誇れ★Ms.OOJA SAKURA ライヴ  

 このゲストでの登場に加え、週末に早くも提示された、JRAオリジナル壁紙カレンダー・四月版。この写真は

    4月 「SAKURA Princess」    第76回 桜花賞   優勝馬 レイをかけられた写真  

 よく見れば、去年の ジュエラー である。

 もうこの2つの提示。

     SAKURA  の名のゲスト歌手の登場 
     SAKURA  を冠したカレンダー写真

 これでどう見ても、さらに 2枠3番 レッツゴードンキ 2015年の桜花賞馬。昨日の発射は決定的だと感じた。問題は 相手 だった。


 さて、愈々、去年及び現在のJRA最強の布陣が揃う 第61回 大阪杯 新たに昇格した新GⅠ。
 詳細は明後日、水曜情報にて申し上げるが、既に調べはついているわたくし。

 このレースには、幾度繰り返し見ても圧倒される、ある大レースとの濃い連動レースが存在し、これが 

     過去18年で17回   過去30年で28回  

 しかも、この該当レースは、大阪杯と云う必ずしも頭数が多くもならないレースに対し、常に多頭数で争われるレースであり、唖然、瞠目に値する。

 これに加え、過去18年で17回の連動レース、及び 過去20年で18回の連動レースもある。後者がやや物足りないが、例外の2年は1つは取消ゼッケンの代理発射優勝、もう1つは該当レースの直後最終の枠連がスライド代理している。

 はっきりと3つの連動レース、これら悉くが合致する

      〇枠〇番  発射  

 これを確信する。現時点で15頭の登録があり、この枠・ゼッケンの造型、登場は間違い無し。

 そしてその上、この濃い連動のあるレースを見つめていて、発射する1頭がはっきり解かる。
 わたくしは予めここで申し上げて置きたい。今回のこの昇格GⅠ 4月2日 大阪杯 

      キタサンブラック  マカヒキ は勝てない 

 そして発射すると思われるのは 〇・・・・・・・〇 だと考える現時点である。

 詳細は、明後日、水曜情報にて申し上げる。
   
 
   
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。


ドンキ後、感動の大勝利!

2017年03月27日 07時07分29秒 | Weblog

 GⅠ競走のあと、感動的な新横綱の昇進場所の大逆転の劇的優勝があり、また加えて、最終の見解を信じて下さった方々にも忘れ難い、圧巻の的中馬券が待っていた。

 先週を振り返れば最大のTV、報道に釘付けが

      学園理事長  籠池証人の国会喚問    

 これで、わたくしもドバイを見届け、深夜帯の内放り込んで置くことを決めた 日曜中京最終 鈴鹿特別 

      5枠10番 フレンドスイート       16頭立て最低人気     

 無論 

      森友学園      = フレンド

 この日、

    阪神 4R  5枠 7番 スズカグランデ      1番人気  9着  
    阪神12R  5枠 5番 ブリーズスズカ      9番人気 10着
 
 鈴鹿 のレース当日に スズカ が2頭5枠に集中し、しかも一方は人気で沈む。これで、この阪神最終を待つまでもなく、鈴鹿特別の5枠、フレンド枠が一層怪しくなる。

 加えて、見逃さなかった、当日の特異なイベントのメッセージ。

     3.25[土]26[日]   中山競馬場  
     青森物産展 

 おかしい。確かに土曜全国発売になったばかりの4月号『優駿』巻末編集後記には、太宰治への言及があり、これで、土曜毎日杯は、太宰啓介騎手の生涯初重賞 福島牝馬ステークス の 枠連 1-3 そのままの再現があったが、確かに太宰の故郷、津軽の名産はリンゴだが、こんなことはさて、何故、この3月下旬の千葉は中山競馬場で、青森の物産展などを開催するのか。青森関連のレースがある訳でも、格別な交流、所縁も無い。ただいきなり、先週限定で 青森物産展 の開催である。その物産展の商品のサンプル写真には

    パティシエのりんごスティック      モンドセレクション受賞   

 こう記してある。これで、直ぐ読めた 中京最終 鈴鹿特別

      8枠15番 コロマンデル              1番人気
      8枠16番 アダムズアップル        13番人気

 このアップル枠。

 わたくしはかねて、御礼のメール、また御祝儀などのお申し出を固く御辞退申し上げているが、GⅠ後の最終の謂わば、アフタ・ケアでもあり、余程うれしく御堪能されたのか、稀勢の里の千秋楽を見届けようと構えていた夕方、数多いメールを頂戴した。


    日曜中京12R  鈴鹿特別   

    1着 5枠10番 フレンドスイート     丸山  16番人気 
    2着 8枠15番 コロマンデル       戸崎   1番人気 


 所謂、1番人気と最低人気との決着

    単  30180円   複勝  5850円   枠連  2150円   

    馬連  33940円    馬単  94590円  

 わたくしもレース後確認したが、単勝複勝から買っていた。馬連で1000円でも 34万円 となる大穴。
 枠でも 森友の5枠から 8枠 1枠 相手の2点で仕留めている。


 該当ページの 武幸四郎 とマーチステークスで、トライアンフマーチ の皐月賞 枠連 2-8 で決まった、マーチステークス。絶対の大本命 レッツゴードンキ の高松宮記念。これも

     幸四郎   → 松本幸四郎 代表的舞台(歌舞伎以外)  ミュージカル 『ラ・マンチャの男』  

 この ドン・キホーテ とその原作者セルバンテスの物語。これで、相手が スコセッシ の『タクシードライバー』その最後の タクシー 出走レースの騎手・幸英明

 春GⅠ戦線は幕開けしたばかり、既に皐月賞の連動まで読み込んでいるが、明後日、愈々GⅠ昇格の 第61回 大阪杯 アンビシャス サトノクラウン キタサンブラック マカヒキ 現役の真打らが登場の大一番。初GⅠらしい、頂点レースの激突として演出されている。勝つだけ。

  
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。

 引き続き、安田記念まで 及び 春のグランプリ・宝塚記念までのGⅠシーズンを通した御優遇御登録、お受け致します。

 


高松宮タクシードライバー

2017年03月26日 16時40分42秒 | Weblog

 今日は 柳楽優弥 誕生日。今年のJRAナビゲーターの一人であり、その出世作、カンヌで映画『誰も知らない』で、最優秀主演男優賞を最年少で受賞した俳優。その折の役柄名と同じ 

     アキラ      →  土曜 中京 2R  3枠 5番 アキラ   

 わたくしはこれの意味を、今日情報冒頭で申し上げ、3つのメイン何処かで 3枠 または 5番 炸裂を申し上げた。

  結果、わたくしも最後に残ったメインGⅠ 第47回 高松宮記念 絶対の発射だと自信を以て申し上げた

      2枠 3番 レッツゴードンキ     岩田   梅田智之厩舎    3番人気  

 わたくしが相手本命と読んだのは、優勝した3枠ではなったが、2つのメイン 六甲ステークス マーチステークス 共に、3枠 5番 共に不発だったので、ここまでオッズがつくなら、と 枠連 2-3 2490円 押さえで獲らせて頂いた。
 
 が、本線勝負は敗北。正体は後述申し上げよう。


 そしてもう1つの重賞 第24回 マーチステークス わたくしは、

     今週4月号該当64、65ページ   武幸四郎  
     レースタイトル              マーチ  

 この2つを凝視の上、間違い無く、発射要素は 幸四郎のマーチ  

    2009年 第69回 皐月賞    

    1着 8枠16番 アンライバルド          岩田     友道
    2着 2枠 4番 トライアンフマーチ       武幸四郎  角居 
        (18頭)

 これで当然注目したのが 

      2枠 4番 インカンテーション       10番人気    優勝 

 これで 単 2540円 

 また、2着した 8枠15番 ディアデルレイ  2番人気 これは押さえ評価だったので、わたくしは人気馬同居の6枠信用が基本線だったが、これまた個人的な押さえを入れた。だが、これも 2枠4番 への着眼は正しかったが、正解を読み切れた訳ではなかった。惜敗の日だったな。


 お話ししよう。何故、インカンテーション も見えたのか。それも踏まえる。


 今回の 高松宮記念 この場での伏字で幾度も記したが、最大のテーマとは

     去年9月  高松宮殿下記念 世界文化賞 

       映像、演劇部門受賞  マーティン・スコセッシ  映画監督 

 この人物だった。これに、被さったのが 

       俳優  渡瀬恒彦   死去    代表作 『おみやさん』 『タクシードライバーの推理日誌』

 これで、誰がどう見ても、都内でも日に幾度も(何十回、何百回以上も!)見る

    タクシードライバー      スコセッシ監督代表作(主演 ロバート・デ・ニーロ) 

 これを伏字で掲げ申し上げた訳だ。おみやさん = 記念 で渡瀬さんもスコセッシ代表作もタクシードライバー
 
 これで目を着けた史上の競走馬  

     ノーザンドライバー    鶴留厩舎    重賞2勝  デイリー杯3歳S  ペガサスS  
     タクシー           田中章博 厩舎 【既に引退】
     トラヴィス          山内研二厩舎   馬主 ターフスポート   映画主人公の名前
     

 わたくしは事前に、濃い連動から、今回の 高松宮記念 2枠絶対 を申し上げていたので、
  
     ノーザンドライバー   2重賞  2枠 及び 3番   =  2枠3番 レッツゴードンキ  

 これは100%で、相手探しのレースと出馬表発表時点で読み切った。そして、正解提示は

    1990年 第25回 デイリー杯3歳ステークス    【現在は 2歳S】

    1着 2枠 2番 ノーザンドライバー       
    2着 6枠 6番 イイデシビア           

 結局は 2枠と6番 結着。が、事前には 3枠6番 セイウンコウセイ 読めなかった。
 柳楽君の印象的な役柄 あきら君 → 前日の 3枠 アキラ   

 これで押さえを入れただけ。今もって 枠連 2-3 と云う強烈な根拠、正体は読めない。
 ただ以下かも知れない。


 敢えて言えば、今年のJRA賞授賞式。この席で異例の早い歴史的評価 ジェンティルドンナ の顕彰馬選出、表彰。これで最後の有馬記念 枠連 2-3 これは今年大レースで出現しておかしくなく、わたくしも考えたが、今回とは思わなかった。

 結局 映画『タクシードライバー』 のデニーロ扮する トラヴィス この山内研二厩舎が今日、直前阪神10Rで 1枠 2枠 4枠 配置で、高松宮ではどれかの枠の発射で大丈夫で、文句無く2枠を読み、また トラヴィス の馬主ターフスポート から、これと合致する マーチS 2枠4番 インカンテーション を読んだ訳だが、最後申し上げた通り 1番人気 レッドファルクス の デムーロ騎手 = デニーロ の可能性まで考え及び、自身はそうだとは思わないが、これでドバイ勝利 ヴィブロス の秋華賞と同じ 枠連 2-4 3番7番 まであるかもと思い、情報では申し上げ、中京9R の 4枠7番 レッド馬 デムーロ この発射で完全に切捨てと見て、別の馬券を押さえに出た訳だが、3枠6番 セイウンコウセイ 上原博之厩舎 馬主・西山茂行 わたくしは正体が見えない。

 これから、考えるべきことだろう。

 皆様。マーチS で 対抗評価ながら 2枠4番 インカンテーション 11番人気 を読み、高松宮記念 2枠3番 レッツゴードンキ 緻密に根拠を積み上げ、力説の上、絶対発射を申し上げ、読み切りつつ、相手関係を読み切れず、申し訳ございません。

 2つ目の春GⅠが終わり、これから来週以降も続く 2017年春GⅠ のシステム解明、読み切りに耽る週となる。


 こんなことは最初から承知していたが、最も近い タクシー馬 勝利レースは


    2002年8月3日(土) 小倉10R インディアトロフィー    

    1着 3枠 5番 ダイタクシードゥ      福永祐一    石坂 
    2着 2枠 2番 フミノトップヒル          畑端省吾    西浦
         (15頭)


 確かにこれは 枠連 2-3 だった。タクシー  田中章博厩舎 は6戦未勝利。だが、最後の出走の折の

    2010年1月24日  京都 2R  6枠10番 タクシー   幸英明    8着   

 ジョッキーは幸だった。これがサインだったというのだろうか。



  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さいませ。