覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

親方、思い出を有難う

2005年05月31日 12時13分39秒 | Weblog
 花田満さんが亡くなられた。55歳の若さであった。土俵人生また才能に恵まれすぎた2人の息子さんとご家族をめぐる土俵外の人生、苦悩、栄光。紛れなく日本一のいい男であった親方に私も格別の思い出がある。私は主役ではないが、この場では、競馬会に対し、橋田満調教師 の1頭とて、お見送りの思いを私も託させて頂ける配慮を懇望したい。外れ馬券でもよいのが本音だがこれは別条。北の湖 ノーザンファームを差し切らせて貰いたい。プリンスを発射させるのかな。第1回ダービーの勝ち馬が2人の息子と同じワカタカ16番であること、誰よりも競馬会が肝に銘じていよう。
 強い男の早い死。
 スポーツ万能であり、確か中学生では水泳日本一になり、角界芸能人ボーリング大会では中山律子ら、女子プロを圧倒する、パワーは勿論、正確な投球で、殆どストライクで会場を沸かせ、小兵ゆえと、再三プロレスに誘われながらも土俵を勤め上げた甘い2枚目だった。理事長には悪いが、人気では横綱を圧倒していた。輪島との人生の名勝負も忘れ難い。
 馬も居るかどうか知らぬが、天上のアフターライフは必ず在る。幸福な新生を寿ぎたい。


 1950年2月19日生まれ 貴乃花 利彰 この年のこの日競馬があったかどうか、またその結果は分からない。が、親方誕生のこの年の5月3日 桜花賞では、偶々親方の本名と同じ名の、トサミツル 5枠11番が初の大一番の土俵を締めた。第10回桜花賞馬である。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皐月賞 RD小史

2005年05月31日 11時30分54秒 | Weblog
三冠の資格を奪え、英雄の誕生に夢が育まれる。 



若さで歴史を変えろ、未来を託したい新鋭。



青春を叫べ、新しい世代を君の強さで先導しろ。



新星、若き勇者の叫びが時代を築く情熱になる。



喝采の中、誰もが認める新時代の英雄が誕生する。



伝説の始まりがあります。



青春の情熱が時代を変える。



意を強く、名を刻み、史を創る。



次代を魅了する春冠となれ。




 このような眺め方も、また一興と思う。05~97 の皐月賞のRD(インフォメーション)を一覧した。また同一レースならではの示唆が窺える。
 今年05年のディープインパクトの 英雄の誕生 と一致するのが、4年前2001年である。


  三冠の資格を奪え、英雄の誕生に夢が育まれる。 



  喝采の中、誰もが認める新時代の英雄が誕生する。



 後者の勝ち馬は、アグネスタキオン。つまり、この2つの英雄の誕生、英雄とは、デビューから無敗のクラシックホース を指すことがはっきりする。また、ディープのゼッケン14番はタキオンの2着に来たダンツフレームと同じ。


 また、2002年と1999年の類似。



  新星、若き勇者の叫びが時代を築く情熱になる。



  青春の情熱が時代を変える。



 勝ち馬は、ノーリーズン と テイエムオペラオー。15番人気、5番人気で勝った皐月賞馬だが、此処での情熱とは、春の1冠を制しはするが、残る年内のクラシックでは、主役の座に就けず、オペラオーは菊花賞で2着するが、圧倒的1番人気ステイヤーズステークスでは単勝1.1倍の人気を裏切る惨敗といっていい2着、有馬記念では3着と、翌年以後の活躍はさて置き、同年内はその後の期待に応えられぬ存在であり、ノーリーズンは言うまでも無く、1番人気菊花賞で武豊がスタート即落馬を命ぜられた馬である。情熱 とは、栄光への意欲つまりは実績に裏打ちされぬ代物であると意味付けされた語彙と見える。記号論的に解釈の拡張、拡散に走らず、数学的記号 レースとレースを繋ぐ指標として捉えたい。

この記事をはてなブックマークに追加

安田記念 RD を遡る

2005年05月31日 11時28分50秒 | Weblog
豪脚の軌跡を記せ、速さと強さの融合が王者をつくる。



衝撃を大地に刻め、誇り高きマイラーの聖域。   ツルマルボーイ    テレグノシス



進化を見せろ、君は戦いの中で強さを磨く。    アグネスデジタル  アドマイヤマックス



風格、王者は速さの中で余裕を漂わす。      アドマイヤコジーン   ダンツフレーム



迫力の頂点を制す衝撃の印象派がいる。      ブラックホーク    ブレイクタイム



速さと強さに心奪われます。          フェアリーキングプローン   ディクタット



君は速さに憧れ、僕は強さに驚く。        エアジハード     グラスワンダー



最高の興奮を伝える王者がいる。         タイキシャトル  オリエンタルエクスプレス



最強かつ最速の美学を見せつけろ。        タイキブリザード    ジェニュイン




 以上、明らかな類似性が見て取れるものをピックアップして置こう。



豪脚の軌跡を記せ、速さと強さの融合が王者をつくる。 



速さと強さに心奪われます。              6枠12番  5枠10番    



君は速さに憧れ、僕は強さに驚く。           7枠12番  5枠 7番



 共に12番が1着で、5枠が2着だが、2年続いた文言の一致から無理からぬところ。それより2000年は外国からの招待馬同士で決まったが、今年の外国馬、いかがなものか。


この記事をはてなブックマークに追加

速さ と 強さ

2005年05月31日 09時37分23秒 | Weblog
この2つの言葉の併記から、



 2002年3月の高松宮記念



  電撃、春風を切り裂くのは速さという強さだ。



 また、2001年5月 NHKマイル



  強さと速さを印象づける若者に新時代を託したい。



 殊に、このNHKマイルの方は、ダービー当日の230万馬券 14番4番 とゼッケンが一致し、この立ち上る花火は今週への何らかの予告だった可能性がある。


この記事をはてなブックマークに追加

RD

2005年05月31日 09時20分48秒 | Weblog
  豪脚の軌跡を記せ、速さと強さの融合が王者をつくる。
    第55回 農林水産省賞典
    安田記念



 豪脚 は


  維新の風となれ、豪脚が春の主役の座を約束する。
  第50回 京王杯スプリングカップ



 強さ 速さ は、上のレース5月15日の先週、前々週に連続しており、この2つの融合 との物言いは、この2週の決着をどう融合させるというのか。



  勲章の価値を上げろ、世代を制す速さが進化する。
  第10回 NHKマイルカップ



  強さの伝統を記せ、真の実力が重厚な輝きを手にする。
  第131回 天皇賞(春)



 さらに、


  速さの限界に挑め、鮮烈な光が瞬く間に突き抜ける。
  第35回 高松宮記念



 王者 は、


  譲れない誇りを賭けろ、砂の王者は世界を見据える。
  第22回 フェブラリーステークス



 軌跡 は、


  砂の軌跡を輝かせろ、個性を極めて頂点に立つ。
  第9回 ガーネットステークス



  実力だけが輝きを放つ、速くて強い風の軌跡。
  第21回 マイルチャンピオンシップ



  世代が築く夢は熱い、記憶に刻む三冠の軌跡。
  第65回 日本中央競馬会創立50周年記念
  菊花賞




 王者から、


  誇り高き王者よ叫べ、譲れぬ世界の頂点。
  第24回 ジャパンカップ
  第5回 ジャパンカップダート


この記事をはてなブックマークに追加

安田の暗闘

2005年05月31日 03時58分15秒 | Weblog
 2002年5月3日の京都新聞杯は次のような決着だった。

1着 5枠 8番 ファストタテヤマ 安田康彦  安田伊佐美厩舎
2着 5枠 9番 キーボランチ   安藤勝己  音無秀孝厩舎


 安田安田と揃えば、これは6月の安田記念への示唆である。5枠か、ゾロ目か。安田記念5枠は9番人気12番人気だった。

2002年 第52回安田記念

1着 8枠18番 アドマイヤコジーン
2着 8枠17番 ダンツフレーム

 このゾロ目 8-8 で、枠連¥、3590 である。


 このところ、安田調教師は重賞で活躍する姿が絶えて久しい。トウカイテイオーで2冠主戦だった安田隆行調教師とて重賞の壁は厚い。

 今年の安田記念を考えると、昨年安田記念翌週の6月13日中京の重賞ファルコンステークスで、安田康彦が勝つ。相手に1週前の安田記念2着と同じ5枠を連れて来た。


2004年6月13日 中日スポーツ賞ファルコンステークス

1着 8枠16番 キョウワハピネス   安田康彦
2着 5枠10番 シルヴァーゼット   池添謙一
3着 5枠 9番 ・・・

 そして、今年のGⅠを見る限り、その枠順中、安田 は

高松宮記念  8枠16番 キョウワハピネス   騎手・安田康彦

桜花賞    8枠16番 モンローブロンド   調教師・安田隆行

皐月賞    6枠12番 タガノデンジャラス  騎手・安田康彦

 以上を出ない。折り重なる8枠16番の真偽のほどはいかに!

 私にとり思い出の安田記念は、98年 タイキシャトルが6枠に入らないことを切に願った年。見事1枠に入ったお陰で、シャトルを信用するならば、1-6 以外買う馬券がない安田記念であった。馬連なら1860円が、大事をとり大勝負の私の枠連は750円であった。そぼ降る雨のなか、パドックにカッパ姿で出てきた岡部さんの勝つに決まっているという、ニッコニコの笑顔が忘れられない。


 これともう1つ御紹介したいのは、その3年前、武がゴドルフィンのロイヤルブルーに袖を通し、ハートレイクで勝った95年安田記念。実は都内某所のさる大学キャンパス、そこに明治の文豪の小説の名を冠して呼ばれる池、というより澱んだ水溜りがあり、その正式名称はこの形状から 育徳園心字池 という。ハートレイク=心の湖沼 これが赤い3枠で勝ったのはこの学校のシンボルとも言えるある建造物が赤塗りでありまたこの学校の講堂がそもそも安田の名を持っているからである。そもそもこの講堂の名の由来と安田記念の命名の元となった人物である・・は・・。この学校で私は・・・
 2着は6枠11番サクラチトセオーだったが、この学校の、入試合否電報は「サクラ咲く」及び「サクラ散る」であったものである。

 このレースは、学府レースであり、ダンツ(抜群)なジャッジ(判断力)を備えたボーイで無くば入ること能わず、人からアドマイヤ(賞賛)され、デジタルな感度の頭を持ち、名匠や名相を輩出し、大和を代表するメジャーな存在である筈だ。このところ、早慶果ては上智にまで総理の椅子を譲ったが、依然隠然また公然と国家を牛耳る集団的で相互他益的な階層をかたちづくっていることは疑い無い。また、所謂この講堂立てこもりを巡る○大闘争では、ブリザードが吹き荒れ、サンダー(雷鳴)の如き騒音が轟き、ワンダー(疑い)を超えたジハード(聖戦)の積りの学生達と警官隊それをブラックホーク(米の機動ヘリ)を思わせるヘリで報道陣が全国に中継し、注視する視聴者国民は事の顛末、行方を茶の間で待機するばかり、このタイキは3着2着1着また次も1着と4年いや35時間以上を要し、やがて学生達はことをタイキの末シャトル(悟る)。わたしも、この建物に初めて近寄ったとき、生々しい銃痕を見つけ、慄いたものである。


この記事をはてなブックマークに追加

付録DVDの強調枠

2005年05月31日 02時31分19秒 | Weblog
 「優駿」6月号の付録DVD収録の今月に必然性の薄いレース映像に 4枠 が多いことはここでも指摘した。

 まず、別にダービー馬でもない、今週の特集 サラブレッドヒーロー列伝 テイエムオペラオー のレースから、4枠8番で勝った2000年のジャパンカップ。岡部幸雄ベスト騎乗レースベスト5を編集部が勝手に選定し、それは

4枠10番  シンボリルドルフ     51回ダービー優勝
4枠 7番  ヤエノムテキ       102回天皇賞優勝
  2着も 4枠8番 メジロアルダン
8枠18番  レオダーバン       52回菊花賞優勝
  2着に 4枠8番 イブキマイカグラ
8枠14番  トウカイテイオー     12回ジャパンカップ優勝
  2着に 5枠7番 ナチュラリズム
6番ゼッケン タイキシャトル      98年ジャック・ル・マロワ賞優勝


 私なら、ジェニュインの皐月賞、タイキシャトルの国内レース、オグリキャップでタマモクロスを破った有馬記念、騎乗で見る者を唸らせたという評判ならクシロキングの天皇賞、などに指を屈するが、編集部は何しろ広い意味で職業競馬人。ファン投票でレース映像を選別しろなどと、折角の向こうの好意を無に帰するも忍びないことである。
 ちなみに、このオペラオー 岡部の選抜好騎乗レースの他は、4月の重賞回顧と昨年ダービー馬キングカメハメハの蹄跡である。ご丁寧に、皐月賞の映像にはディープインパクトカメラのスタートからゴールまでの1頭のみ追った映像まで付いて、撮影者は恐らく他馬の担当(皐月賞に果たして18人と18台のカメラが用意されていたのだろうか?)カメラマンに比べ、飛び切りの腕っこきが選ばれたのだろう。また、撮影者自身は馬券を買える立場の人であったろうか。


 要は、4枠がどこかで発射なのである。そして、一般認知度の低い内にそれを済ましてしまうのは向こうの常套手段だ。7番が帯びた意味は申すまでもない。

 ま、昨年は優駿71ページに5番と12ばんのゼッケンの馬を出し、あからさまにこの大レースを教えたが、今年は6月号表紙で恥ずかしいほどあからさまではあったな。木も見て森も見る、この呼吸の熟し・・・

  まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで   六代目音羽屋御宗家辞世


この記事をはてなブックマークに追加

ディープインパクトの単勝を買う人々

2005年05月31日 01時36分00秒 | Weblog
 また、ある競馬に通暁しているとは言い難い方から、次のような指摘を頂いた。

 1.1倍ですって! 1000円買って100円儲かるだけでしょ。そんなの誰が買うの?

 そう、買わない。ディープインパクトの単勝など、買わない即ち売れないのである。支持率73%とか言うが、誰がそのようなものを目当てで競馬をするものか。1000万円買って、100万の儲けでまあ好いやと考える、1000万くらい消えても余り痛みを感じない程度の方が何十人何百人買っておられるか知れないが、ディープインパクトの単勝など、世間的なベストセラーになる訳ない。まず、買う者は多くない。そうなるようにオッズを仕組み、提示しているからである。金曜前売りの時点で1.0倍だった筈だ。即ち、この馬券は無駄ですよ、買うのは無意味ですよ、買わないで貰いたい、との競馬会からのメッセージである。払い戻さねばならない馬券の売れ行きを競馬会は心配しているのである。出来るだけ投票して欲しくない、その際主催者は何をするか。買っても無意味であることを予め鮮明に示すのである。その鮮明さで、つまりオッズで逆にどの馬が勝つか分かることは多い。逆に、ディープインパクトの単という誰も買わない馬券をよそに、代わりにファンは他の20倍のインティライミとか、その他30倍以上も付く重賞ウィナーの単を小分けして購入する筈である。その為、オッズを高めに設定するも意のまま。払い戻さなくても済む、即ち文字通り、ただ儲けの馬券は魅惑的に見せ、払い戻しの発生する当たり馬券は売れにくく工夫し、売れても僅かの払い戻ししか払わない。これは、結果が予め決めてありそれを十分承知しており、万が一異常投票で国庫に穴、持ち出しとなる可能性を極力排除して置きたい主催者側の自在な裁量で何とでも出来る芸当であり、日銀の相場介入と同様、売り上げ実数が正確に提示されているとして、実質競馬会そのものが購入し、相場を操作しているとも言える。


 どの馬が強い、どの馬が好気配で、馬場血統が合い好調教など、予め厳格な取材規制した上で、重大な1次情報のほぼ全てを競馬会が独占発表しまた発表することを許し、オッズの元となる、競馬マスコミ向け情報、本命印の配分まで示唆、規制下に置き、パトロールフィルムまた審議など、公正競馬と称した上、公正確保の名目で部外者の立ち入りを厳に警戒また排除し、お手盛りのオッズで売れて欲しい馬券を売り、残るのは偶然の的中者と高笑いの博打胴元のみ。それも国庫のためとの美名で、国民に健全なレジャーを提供する、などと抜かす。思うに、郵政問題ほか、真の国民の関心を国家が恣意的に推し進めたい政策が為、国民的重要事から目を背けさせる為の競馬会の歴史的スターの準備と登場、この壮大な仕掛けの全体絵図をとくと思い描いてみられるがよい。一言、自作自演。これが最も相応しい競馬の本質ではなかろうか。ゲリラ的な予想家以外、競馬予想家また評論家として、競馬会という胴元自体の息がかからず、競馬会に認知されていない有名評論家が独りでも居るか。全て、如何様な、意想外のレース結果も、評論家という専門家が口を揃えれば済むこと。


 一言、競馬会 の名で括られる一群の組織体が役割分担して、あるは井崎と名乗り、競馬新聞社に派遣され、やがて競馬広報全体を担当するようになり、あるは柏木 またあるは飯田の名であたかも的中を競うかの如き、新聞各社を立ち上げて、印の集中と散らしで、ファンを幻惑することを担い、あるは脚本を書く。その競馬専門紙の印統計から数多くの管理統制の及びがたい2次3次予想家また一般競馬玄人のおびただしい雨後の筍予想が列島を駆け巡り、居酒屋や中学校での立ち話にまで増殖してくれる。また予想外に実に多くの人間が秘密の厳秘という最大級の重要事に従事し、何時どのレースだろうと御覧になるがよい、大レースほど武はじめ勝利ジョッキーのインタビューの背後で、政治家のボディガード兼目付け役の如く、その言動、事前のカメラテスト シナリオ通りか、当意即妙の突っ込みにアドリヴで無難に応ずる頭の切れと冷静さ、秘密保持、競争をしない競馬システム自体への忠誠さの程をしかと監督し、競馬会の意図通り=「公正さ」を頑なに守るスーツ姿のスタッフの存在に気が付かれるはずだ。この重要タレント1人当たりに一体どれほどのスタッフが付いているものか。競馬会の指示以外、また許された監視下外で、天皇賞は○○・・○で必ず勝ちます など言えるわけがない。所謂三味線が上手い(負けると知っていて自信あるそぶりを示せ、間接的に売り上げに貢献する)ジョッキー、調教師が育成されると同時に重宝されるのは当然である。武も福永も2世騎手。その他婚姻、人的しがらみなどを含め、身内または身内同然で固める、これがこの共産社会の特色の筈だ。競輪では、関東ラインとか言って、九州出身の選手なら嫌いな同郷人の方と気が合う東北人より仲良くするのが当然 として、競走という体裁を組み立てる手段の一つとしているが、競馬会こそ業界内ルールを遵守しこれに忠実な者のみが栄光を浴び、行く末を保証されるという鉄則を乱させない。

この記事をはてなブックマークに追加

230万馬券の真実

2005年05月30日 23時09分03秒 | Weblog
 ダービー当日の8R青嵐賞の3連単230万馬券のレースに就いて触れて置きたい。

1着 7枠14番 イブキトレッキング  藤田伸二
2着 2枠 4番 ジークレフ      柴田善臣
3着 5枠10番 ラムタラプリンス   塚田祥雄


 要は、ダービーデイ は、そう遠くない過去のダービーの思い出を回顧するということであると思う。7枠の藤田伸二、競馬ファンは1996年のフサイチコンコルドを思い浮かべる。単勝27倍という、このところ1番人気断然のダービーにあって、極上の単配当で思い出深いこのレースは、1番人気2枠3番武豊のダンスインザダークを直線、僅か3戦目の藤田フサイチが差し切った。枠連は2-7。これを思い出したら、2-7を買っときなさい、また、そのフサイチコンコルドの3戦目のダービー制覇は、その当時話題となり競馬会がそのつくりを真似てこのダービーの演出を考案した疑いが濃厚の、前年本場エプソムダービーを2戦目で勝ったラムタラに類(たぐ)えられ、神の馬ラムタラの再来と騒がれたことも思い出し、3着にラムタラの子ラムタラプリンスを買うような酔狂で100円を230万円にしますよ、との向こうのサービスである。アイネスフウジンの19万人には及ばずとも、14万も競馬場に人が入っておれば、スマップのコンサートなど霞む大花火でスタンドの度肝を向いてやろうくらいの洒落っ気が起きて当然である。
 かくして、この回顧レースで助演男優賞の武豊は、出演していたのに5着に敗退したのは、この日の本番で主役が廻ってくるからであった。

 このような馬券を獲るには、余裕と記憶とレースをしているわけではないとの信頼が必要となる。ダービー10年分くらいの儲けになるのだから。


 ま、私は斯様な大万馬券を出す理由は、単勝複勝とも110円も払い戻さねばならぬダービーレース結果を選択した競馬会が、全体として売り上げから十分な控除を確保するため、誰も当たらない馬券にする、言葉を換えれば、結果を知っている人間だけモノに出来る払戻金が目当てなのだと考える。厳密には違法だろうが、競馬会がこの払い戻しを受け取る仕掛けにしているものと思う。その申し訳に同着をも出してくれる。ダービー前に新たにダービーの3連単馬券の売り上げをひと伸びさせ、新馬券導入効果アピールという色よい報告を上に上げたい、公務員的発想ではないか。

この記事をはてなブックマークに追加

岡部幸雄引退記念 とは何だったのか

2005年05月30日 22時03分39秒 | Weblog
 岡部幸雄引退記念、重複を恐れず、このレースの素晴らしさを、再認識して置きたい。私達が他ならぬ人間である証左として、たとえ悪人でもある期間を共に過ごせば、愛着が湧き、好きになる気持ちが起こる。味が出てくるのである。岡部さんは悪人とは言いがたい。
 かつて、ある競馬御用評論家の命名の由来となった競走馬で、スダホーク というのがいた。好きだった。ダービーで2着にきた頃は、小憎らしい強い馬だったが、重賞の常連として、勝てずとも、繰り返し元気な姿を見せ、勝たなくとも無事にホークらしい末脚の競馬をして来てくれさえすればという、馬主須田松夫さんの勝つよりも応援してくれるファンのために、との控えめで謙虚な姿勢が透けて見える古豪、スーパーホースではないが、名馬だった。ナイスネイチャ ステイゴールド なども、忘れがたい脇役、渋く、出走して来てくれるだけで、馬券は買わなくとも、負けを覚悟で意気軒昂、まさに職人の顔をしていた。ファンファーレと共に本馬場に入場してくれる姿だけで嬉しくなったものだ。況んや38年の岡部さん。様々の栄光を浴び、様々の惨敗に罵声と巨大な恨みを買い、後進に道を譲る齢に至りなお競馬会の事情により、レースという現場の差配をとり仕切り、思うに、ファン獲得と他の人気スポーツ並みに若々しくイケメン系主役らが競うスポーツに脱却させる為に、今の藤田、蛯名、ヨシトミら、リーディングジョッキー(最多勝ジョッキーの意味でなく、レースの仕切りをこなせるガバナーでありながら芸能人や女子アナを娶れるの意味)を河内さんらと共に急速に育て、やり違えば何億の金に絡む東証の場立ちも及ばぬ鉄火場を縦横に差配した、名人と呼ぶより、自ら現場に赴く担当重役、これを嫌いになることは出来ない。一杯酌めば、酌めども尽きぬ思い出話は3日3晩の夜話では到底足りない。

 この岡部さんの引退という、予定の行動が必然的に引き起こしたのが、この引退記念レースに、大きな意義を孕ませざるを得ぬ、競馬会の宿命的作業だったのである。

 このようなレースが執り行われると知った時、何も考えず、問答無用で、このレースの決まり目を、春のGⅠで、出現するまで各レース1点ずつ買う という信念を抱き、それを実行すれば、3月20日以降高松宮記念、桜花賞、皐月賞までで、3万円の投資で29万円になった。いや、予め、コンピュータにインプット的に春GⅠ全てで、この岡部幸雄引退記念の枠連 5-7 馬連10番13番 だけ、各GⅠで2点ずつ買うという単純な信念だけで、此処まで14万円の投資で、29万円となる。ま、出るまで買い続け出たらそこでやめるというのが呼吸であろうが。桜花賞以来、春GⅠで投資金額を2倍以上に出来たファンが競馬ファン全体でどれほどいるだろうか。
 このレース、競馬会は、サインを仕込まざるを得なかったのである。総括しておこう。


 岡部幸雄引退記念の枠連 5-7 が皐月賞の7枠14番ディープインパクト 5枠10番シックスセンス で出現し、枠連5-7 2880円。このレースが皐月賞トライアル スプリングステークス直後だっただけに暗示的であった上、このレース自体皐月賞と同じ14番に武豊が乗っていた。また、このレースは1着アルビレオはさて置き、2着が長い写真判定になり、迫り来る岡部さん手渡しの表彰セレモニーを前に、多くのファンは、的中かどうかより、結果を早くと催促の思いで注目していた筈だ。そこに、掲げられた10番は当然向こうさま、演出サイドの強調である筈。人気薄で気をつけなさい、というメッセージである。果たして、皐月賞10番は12番人気で2着、天皇賞10番は13番人気で1着する。また、このレースには、唯一GⅠ連対馬が出走しており、それが6枠12番エイシンツルギザン、2年前NHKマイルカップの2着馬である。果たして、NHKマイルカップは6枠12番ラインクラフトのものとなる。また、このレースにはただ1頭、オークスデイに出走経験のある馬がいた。1枠2番オーゴンサンデー。そして、そのレースとは、矢張り2年前オークスの直前のフリーウェイステークス。その着順が 9番 5番 4番 11番 と4着まで入っており、これが当の今年のオークスでは、4番 5番 9番 11番 と、1着と3着だけ入れ替えて入線という肩透かしであったこと、お話済み。そして、大一番ダービー。今日の記事で書いた通り、ゼッケンと馬名を岡部幸雄引退記念とダービーを比較すると、7番が インセンティブガイ と インティライミ で、これは酷似!?と呼べないではない。おまけに、ディープインパクトにも、イン と ティ が入っており、好いミニミーさんによれば、頭がディープインパクトと決まればその相手はこれと訴えかけているかの如し。

 果たしてこれで打ち止めだろうか? 
 さらにもっと深い意味が蔵められているのではなかろうか。

 多くの競馬ファンが思いも知らぬところに、驚愕の真実はある。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ダービーを終えた感慨

2005年05月30日 20時02分33秒 | Weblog
 ディープインパクトの犯罪馬性を綴ってきた過去記事を通覧して頂いた方は、オークス当日の横山の有給休暇取得、即ち降着騒動で、横山のいないダービー の意味に就いて、直ちに了解されたことと思う。既に、去るファンの方から意中のディープの正体をご指摘頂いているが、

 2冠馬 ディープインパクト  =  ○○○説

 を唱え、奉ずる私としては、横山が出ないダービーである以上、この頂点レースがこの馬に齎されることも止むなしと、多くの方同様考えた。ヨコ○○○○ が強制的に居なくさせられる このこと自体、弥生賞であのジャパンが収穫を携え追いすがったのを寄せ付けず、また6カ国協議にも影を踏ませず皐月のゴールに飛び込み、今回また横○を消去(○○)して見せたダービーで暴走、いや独走した。馬主の金さんいや金子さんの感動をよそに、この馬の運命を、いや正確にはこの馬を絶対的に信奉するファンの行く末を私は案ずることが出来る。3冠馬になるか。ブライアンからもう11年、なるかも知れない。が、ブライアンもそうであったように、天皇賞馬にはなれない。または、菊でも悲鳴と共に沈む。或いは、年末の有馬記念で圧倒的人気を背負い、競馬場を狂乱に陥れる。


 かつて、私が弥生賞後に、思い描いていたこの馬の醸す狂乱の光景とは、

 ダービーで1枠1番に入り、スタート後○○○いを走らねばならぬこの馬が、横山の乗ったアドマイヤジャパンにゴール前差しきられる、というものだった。

 競馬会は、2冠馬で世上一種のブームを作り出すことの出来た華やいだ祝賀ムードと共に、この小柄だが衝撃的な馬が、如何様な正体を持ち、ハイセイコーなどかすむほどの歴史的衝撃を裏切りという形で与える宿命と既にスケジュールに載った「その日」を思い合わせ、たかが競馬に絶対などという概念を持ち込み、信仰するこの国の民を、衆愚と哂い、容赦なく時至らば打ち捨てる諧謔味に酔っているものと見る。
 同時に、全てが晴れ渡る、我々が国民としての誇りをこの馬に取り戻す、驚愕のどんでん返しが、我が政府により齎される祈りをも込め、日本の名を冠する(正確には東京優駿だが)栄光をこの馬に携えさせ、至誠の思いを担わせたと見る。
 馬が次元を超えて強い、そのような感慨にあらず、斯様な競馬観を、競馬会としても、国民にしみじみ味わってもらいたかった筈である。


 競馬で儲ける、とは結局、向こうの言いたいことを正確に受け止めることが出来るかどうか、そこにかかっている。
 かりそめにも 3冠 また7冠 などとは、栄光であるのより何よりも、競馬関係者全てに取り等しく、独占、横暴、などといった暴虐であり、早い話が一人勝ちではないか。福知山線なくば、予定外に福永の春の活躍もなし。世相、そして今年という年を思えば、福知山線が有馬記念を勝つこともほぼ確信できるではないか。日本の競馬は恐ろしい。その徹底的公務員的処断と庶民感覚とかけ離れた最終結末のつけ方、ゆめ無辜の民の発想で馬券など買ってはならぬ。

この記事をはてなブックマークに追加

検索インデックスレース

2005年05月30日 16時56分25秒 | Weblog

 これも、枠順発表時点で見つけ、嫌な思いで眺めていたものだが、ご一覧を頂きたい。



マイネルゼスト      11  ペールギュント
カオリジョバンニ     3  ローゼンクロイツ
ゴッドオブチャンス    5  ディープインパクト
ゲイリーファントム    15  シックスセンス
エイシンツルギザン   12  マイネルレコルト
スプリングシオン     6  アドマイヤフジ
マルターズホーク     8  シャドウゲイト
マイネルモルゲン    14  アドマイヤジャパン
カリプソパンチ      16  シルクトゥルーパー
オーゴンサンデー     2  ニシノドコマデモ
サンライズキング      1  ブレーヴハート
インセンティブガイ     7  インティライミ
アサクサデンエン     9  コンゴウリキシオー 
ダイワバンディット     4  エイシンニーザン
フジサイレンス      10  コスモオースティン
アルビレオ        13  ダンツキッチョウ



 上の馬名を見て、これが3月20日岡部幸雄引退記念だと分かる方は流石競馬ファンだ。これはこのレースの着順の悪い方から並べて書き、それとダービーの同じ馬番を比較できるようにしたものである。一覧して、次の類似性に気付かれる筈だ。



   インセンティブガイ    7  インティライミ


 この時点で、当のインティライミ自身はつい1週間前3月12日のゆきやなぎ賞で2番人気2着に敗れたばかりの1勝馬の身であり、このとき既にこの馬のこの後の2連勝での重賞制覇と栄光のダービー2着が予定されていたと見ねばなるまい。このレースの直前の勝ち馬ダンスインザモア 2着 ウインクルセイドなどは、端役に過ぎなかったのである。このところのダービーでの向こうの企みとして、裏木戸からいつの間にか、2着馬が表舞台に登場していたという演出を施している。クリスエス ロブロイなど、後のチャンピオンホースは、豹変をその性格としている。早熟のエリートレース また皐月賞の再戦に終わらぬ差別化という性格を帯びさせる意図が窺い知れる。


この記事をはてなブックマークに追加

ヨネヤマ!?

2005年05月30日 15時28分17秒 | Weblog
 6月5日、安田記念当日、蛯名正義 と米山篤志(東京ヴェルディ1969)のトークライブが行われるという。米山選手のゼッケンは5番。むしろ前日土曜に注意したいが、蛯名が5番で出走することがあったなら、何が起こるものか。また、5番ゼッケンの競馬ファンの認知に何の支援もしない競馬会ではないと思う。ユニフォームと勝負服など、目配りしたい。ビギナーのためのJRA競馬テキストも配布されるとか。ビギナーというにはおこがましいが、是非手に入れたい。競馬新聞など買うよりも安く(無料)、また的中に向けて有益な筈だ。

この記事をはてなブックマークに追加

2005年05月30日 12時21分59秒 | Weblog
 うまうまクンにカーソルを合わせると、蛙が飛び出るか、虹が架かるか、土砂降りになる。

この記事をはてなブックマークに追加

露骨な3着

2005年05月30日 11時46分37秒 | Weblog
 72ページ、露骨な提示で、暗示的とは言いがたい、シックスセンスそのもの、3連単臭いと思ったが矢張り3着だった。此処で嘆いている皐月賞の5-7がそのまま馬連に写し取られるという曲解、人気で決着するときは示唆が薄い。言葉を換えれば、人気薄ほどはっきり教えるのである。今週のGⅠも穏便に3週続けて大本命とは到底信じられない。ビッグタイムある限り、トータルで大勝ちに決まっている。
 中居クンの清原馬券、愛嬌であったな。これを使ってくれる邪気を向こう様も持ってくれようと思う。

この記事をはてなブックマークに追加