覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

天皇賞出馬表発表前

2009年04月30日 12時30分21秒 | Weblog
 間も無く、今週の、いや今年の大一番 第139回 天皇賞・春 の出馬表が発表されるが、5月号のつくり、そしてここまで終わった4つのGⅠ競走を通し、今年の春GⅠに特有のある決め事、またわたくしが把握しているこのレースの強烈なある連動から、

       天皇賞は ○枠の発射

で間違いない、と見ている。5月号のつくりが如何にも特徴的だからである。


 そして、○枠にあの馬が入れば、これが囮だろうとはっきりしている。人気となる1頭である。

 萌える紫陽花の季節を過ぎ、愈々佳境が近づくことを、感ずる日々である。


 今年がどんな年か。

 一足速く、菖蒲湯でくつろがせて頂いた。母の日には、いいプレゼントが出来るだろう。わたくしの本命、必ず走ってくれるだろう。

 好天続き。皆様方も好い連休を。


両重賞とも本命勝利

2009年04月26日 17時11分51秒 | Weblog
 土曜、福島牝馬ステークス。わたくしが本命と申し上げたのは、16頭立て13番人気、7枠13番 ヤマニンメルベイユ だった。怖い1頭として申し上げた7番人気 4枠8番 ブラボーデイジー が1着し、メルベイユは3着まで。ワイドでも50倍だったが、2着に、わたくしがこのレースでは弱めではないのかと思った1枠 アルコセニョーラ が入り、この11番人気と共に、上位は人気薄が独占した。

 この13番人気本命視、相手の8番から、3連複の14万馬券。1000円が145万円だが、獲られた方々からご報告を頂いたのは、嬉しかった。好い連休になりますね。おめでとうございます。

 日曜、東西両重賞は、わたくしが連動から申し上げた

   フローラSは ○枠 か 8枠

   アンタレスSは ○枠 か 3枠

 この連動が保たれ、共に本命視した馬が1着した。

 特に、フローラステークス 8枠16番 ディアジーナ この日の間違いない主役だと申し上げた。発売されたばかりの5月号に、何故、地味な種牡馬・メジロマックイーンを再評価する、という特集が載っているのか。また該当の14ページ、2歳馬の紹介ページだが、紹介された6頭の内、実に4頭が芦毛の馬だった。

      ディアジーナ  芦毛3歳牝馬 父メジロマックイーン

 この日のレース番組を見れば、さらに強烈なものがこの1頭に託されてあったが、先があるので、そのことは申し上げられない。ご登録の皆様には申し上げた。


 アンタレスステークス 土曜に2つの鮮烈なサインがあった。このタイトル


     アンタレス  さそり座の1等星 
            ギリシャ語で 火星に対するもの

とJRAページで説明されている。

 土曜に
   
   土曜福島 8R 3枠 4番 スコルピオンキッス  = サソリ
   土曜京都 8R 2枠 4番 ファイアレッド    = 火

という、2頭の4番を示唆する馬が登場していた。連動からは、この4番から 相手3枠中心 で良かったが、わたくしは3着に入った1枠まで疑いを申し上げた。


 さらに、この日の暦だが、井上馨外相自宅に明治天皇を招き、初めて天覧歌舞伎が行われた日である。当時の、団十郎、菊五郎が揃って出演し、出し物は『勧進帳』。

 この歴史にあやかり、わたくしは、この出し物と同じ登場人物、弁慶、義経 らが出演する出し物が、この日、出走することを申し上げていた。それが、東京3R

     1枠1番 フナベンケイ  = 船弁慶

である。単 2490円 である。

 土曜、あの福知山線事故の当日であり、この追悼を思っていたが、2頭の クラッシャー馬(激突・大破)が登場することを申し上げ、最初の1頭が不発なら、残る1頭を狙うと申し上げていた。それが 東京メイン メトロポリタンS の

    スノークラッシャー  1着

だった。



 5月号、139ページ。天皇賞・春が第139回なので、このページには、天皇賞のサインが込められている。もう、勝ち馬を知っている積りなので、わたくしは既に解読済みである。読んだとおり、天皇賞には ○枠に ○・・・・○ が入り、優勝する。

 GⅠシステムを解明できたので、今後の春のGⅠ戦線、宝塚記念までがぐっと戦いやすくなった。視界良好! ハイシーズン到来である。そして、天皇賞初め、オークスまでサインするはずの5月号、何故、これほどまでにチャンピオン戦が続く季節、地味なつくりなのだろう。それだけ、サイン読みの腕が試されるのである。

 予め勝ち馬が決められ、それが暗示的にサインされた上で、競馬は行われている

 これは厳然たる事実である。馬の気まぐれ、ジョッキーの気分、天候などで、数百億以上の金が動く人間世界への甚大な影響が及ぼされるものが左右されるシステムを、人が採用するわけはない。本質的に、他のプロスポーツとは違うのである。穴も本命も脚本である。今シーズンも、意外で、あっと驚かされる演出が施され、これから、クライマックスまで、上演される。

 わたくしは、明日、ウインズ後楽園近くのあのイベントに出かけます。もし、お出かけになる方は、その場でお会いしましょう。

 ご登録をお待ちしています。

       sir_delacroix@yahoo.co.jp

まで、空メールをご送付下さい。件名は、「登録希望」として下さいますよう。

競馬は芸術、騎手は

2009年04月20日 14時02分49秒 | Weblog

 本年のGⅠ競走に関し、重要なことが分かりました。

 GⅠレースが4つも終われば(まだあと7つ、今シーズンも残っているが)、結果が示される訳だから、重要な事柄が判明する。またそれが読み取れなければ、予想・見解など披瀝できるわけがない。

 わたくしは、あるシーズンのGⅠ競走は、一連の連続ドラマとして、必ずある一貫したルール・システムに則り、それを約束事・決め事として挙行されていることを知っている。その原則が掴めるかどうか。それで、シーズンの勝利程度が決まる。またこれは原則なので、必ず例外、外しも向こうは作ってくる。

 その一貫しているものを、如何に早く、掴むか。

 一片を申せば、たとえばどうやって、桜花賞2着位置 8枠18番 が示されていたかを掴むことによって、今年の日本ダービー連対枠が特定できた。ダービーは○枠である。あとは、そこに馬が入るのを待てばよい。

 わたくしは根拠をはっきり申し上げた上で、同意の上、レースに向かって頂きたいと考える主義である。

 単に、8枠の馬が走った、というわけでなく、予めそれが決められ、その通り行われ、しかもそれが事前にある形で、提示されているのである。

 横山ロジは、包まれたのでも、揉まれる競馬を未経験だったから走れなかったのもなく、走らなかっただけである。かつての名ジョッキー、も云っている。

   騎手はアーティストである。その自覚を持って仕事をせよ。 
                            ・・・柴田政人

   豊の場合はなんとなく物静かなレースだと思います。
                        ・・・武邦彦

 後者は、4月号のインタビューで、かつて名人といわれたパパがジョッキーである息子、天才と呼ばれる息子をどう見ているか問われ、語った言葉である。何故、ペース配分や馬の御し方、レース勘、、戦略などを先輩として批評せず、物静かなどと語るのか。

 騎手の仕事が、競走ではなく、競走(という芝居)をどう見せるか、その見せ方のスタイルが重要だと知っているからである。上手いとか、未熟という以前に、武パパは息子の技量ではなく、詰まるところ性格を語っている。そして息子のレースを見ても、競走ではないので、スポーツ競技能力ではなく、姿、佇まいを見つめている。本当は、もっと豪快に、おとなしくないアーティストとして振舞って欲しいのだろう。それがパパの好みだと言える。
 かつての競走馬の名前で、競馬を評すれば、競馬はスポーツであるよりもファッションショーに近い。ある大レースでは、事前に誰が勝つか、(出演者・演出者は)皆知っているので、勝つこと自体でなく、どう勝って見せるかが重要なのである。

 が、豊という息子がここまで競馬会で重宝され、主役を演じさせられてきた最大の理由は、冷静で、ほぼ絶対にやり間違いがなく、また冷静沈着だからであろう。激せず、指先1つに何百億という金が左右される場面でも、たじろがない実務執行能力を保持し、インタビューでも、淡白で冷静で準備通りのコメントに終始し、的確なアドリブも専門の担当者から学んで身につけている。

 例え2cm差であろうと、脚本通りに集団行動、群集劇を演じきれる個人能力と、当然それに付帯して必要な、人的交流能力、煎じ詰めれば、ある主役級の人々同士の相性と呼吸、アイコンタクト以上の意思疎通能力、こうしたものを練り上げる必要がある為、ほぼ大レースでの出演者、常連ジョッキーが、ある数十人程度に絞られているのであろう。無論、大前提は、絶対的厳秘たる、機密保持能力である。

 アンカツも岩田も、岡部がいなくなった後、そのような観点で選び抜かれているのであろう。

 GⅠの狭間、今週ご登録下さった方、ご登録ある方には、日本ダービーの連対枠を、根拠と共にお話しする。それ以外は、無論、ダービー週まで、口を噤む。お聞きになった方、妙な場所で口外しないで下さいよ。

 ご登録は  sir_delacroix@yahoo.co.jp  まで、空メールを下さいますよう。

サイン通り 8番人気武邦の息子の馬

2009年04月20日 07時57分52秒 | Weblog

(8番人気)

 そう書いてある。第69回 皐月賞 をサインするはずの『優駿』4月号の69ページ。武邦彦元調教師の対談の中の言葉である。

 私は検討を続けていく内に、別の角度から 2枠4番 が浮かび上がり(そのプロセスは詳細に皆様にもお伝え申し上げている)、前日からオッズ変動をフォローし、どうやら最終的に

    8番人気  2枠4番 トライアンフマーチ  武幸四郎

となりそうな情勢から、どう見ても怪しい、と、この1頭を睨んだものである。

 アチーブスターで桜花賞に出走することになった朝、奥様に武邦彦さんが

 「きょうはいいところがあるかもしれない」と話した相手(奥様)がやがて産んでくれた幸四郎の馬。人気薄桜花賞馬 アチーブスター と同じく8番人気の息子の馬。

 ばっちりサインされていたのである。

 わたくしは 7枠15番 セイウンワンダー を本命視したが、この4番人気に加え、さらに この2枠4番 トライアンフマーチ 8番人気が浮かび上がってきて、この両頭が見えれば、3連複にも手を出したくなるのは人情である。676倍。わずか1000円でも67万円である。

 
 素晴らしいレースだった。1週置いて天皇賞・春がやってくる。今週も、斎戒沐浴。天皇賞を勝つ馬は既にお伝え申し上げている。佳境がやってくる。

 ご登録をお待ちしています。

      sir_delacroix@yahoo.co.jp まで、登録希望の件名で

 空メールをお送り下さい。

皐月賞 3連複的中 676倍

2009年04月19日 15時59分13秒 | Weblog
 第69回 皐月賞
 
 大本命 15番 セイウンワンダー
 ロジでなければ 4番 トライアンフマーチ 

 そう申し、3頭の馬券、3連複も勝負した。本命は 15番 1番 4番 これから。

 別に意外な2着馬ではない。


 基本戦略は、 1-7 1番15番 本命だが、

 1枠 または 7枠 の発射

 ただ、もしどちらか一方なら、相手筆頭は 2枠4番 だった。


 3頭の馬券、堪能された方、おめでとうございます。

英雄の誕生 第69回皐月賞

2009年04月16日 22時51分00秒 | Weblog



 今週末の大一番、第69回 皐月賞 わたくしにとっても、リベンジの一戦になる。

 ディープインパクトの皐月賞の頃、気付いた事柄だが、競馬会がこのレースに関し、予告・決め事としていることを解明しており、今週、再度詳密に調べてみて確信が行った。

 先週は、5枠9番 ブエナビスタ のサインは見抜いたが、2着は人気薄をほぼ1頭に絞り、残念ながら不的中だった。わたくしも低配当3連複を手にしたに過ぎない。

 が、今週も、自信を持って勝負する。ロジユニヴァースで大丈夫だなどという見解をわたくしが申し上げる訳がない。人気を被るとは思えない1つの確信枠から勝負する。今週も、1番人気・2番人気の枠同士で決着するGⅠ競走、この方が寧ろ不自然に決まっている。馬が競走しているわけではないからである。

 わたくしも週中は、精神統一に努め、今日のイチローの満塁ホームランで、また闘志に火がついた。あのイチローでさえ、胃潰瘍になるのだから、が、それから見事復活し、あのWBC決勝、延長の見事な一打に続き、千両役者ぶりを見せてくれた。元気をもらった。

 GWの予定もぼちぼち固まった。無論、わたくしが天皇賞・春などを休むはずがない。

 或いは土曜早朝になるかもしれませんが、皐月賞の驚愕の連動レース、ご登録の方々には連動表とともにお送りいたします。私も見つけてあっとなったが、こんなこと先ず考え付かないよ。


      勝負は○枠から

桜花賞 読み切り

2009年04月09日 23時20分37秒 | Weblog
 ただ今、桜花賞を読み切りました。幾度も眺めた『優駿』4月号ですが、流石、よく作ってある。仔細に読み解かねば、見えないものが隠されていることに気付き、はっきり確信が行きました。


 どのページを見るべきか、ご存知の方は、そのページの読み解きに挑戦なされるが好い。


 日曜の、第69回 桜花賞 大一番ですが、自信の大本命1点でご提示いたします。無論、3頭目で、3連複とて狙いごろである以上、これ以外に、馬は示しますが、いつも通り、わたくしの情報をお読みの方は納得されると思いますが、私が買い目のみならず、根拠をしっかりお示しすれば、自ずと、大本命に1点を買ってみたくなられると思います。


 実に、鮮やかなサイン。予告が放ってある。終わっても分からない方は多いでしょう。


 有難う、パパ ・・・



 ご登録は、 sir_delacroix@yahoo.co.jp まで、登録希望の件名で空メールを下さいますよう。



 果たして、天下の大本命、ブエナビスタ 発射するのでしょうか。

桜花賞予告枠

2009年04月09日 16時02分08秒 | Weblog
 わたくしが事前に申し上げた、第69回 桜花賞 の予告枠。


 ご覧の通り、あの馬が配置されました。ブエナビスタはさておき、この馬の発射で間違いありません。


 1点大勝負と色めき立つ方々も、多かろうと存じますが、まあまあ・・・


桜花賞 連動レース

2009年04月06日 16時53分23秒 | Weblog


 今週末の大一番、第69回 桜花賞


 わたくしはこのレースへの連動レースを把握しており、一両日中に、無論、出馬表発表前に、ご登録の皆様方にお送りする積りである。


 わたくしが、十分に信頼に足る連動と申すのは、85%以上の連動確率であり、連動する以外に、明らかに向こう(競馬会演出側)が意図して行っていると推定するに十分な数字以外の要素の合致である。


 本当は、これからも長らく続く桜花賞。お話したくはないのだが、今回は、十分な自信があり、また、わたくしがこの日曜のあるレースを見て、予告申し上げた桜花賞発射枠と合致しているので、お話しすることにする。


 この連動レースは、ここ20年で17回、過去13年連続で、桜花賞を予告している。
 今年も、日曜のあるレースの予告からも、今回の


      第69回 桜花賞  ○枠の発射 で間違いない。


 従って、出馬表発表前に、前発表する。もし、ブエナビスタが来るのなら、そして○枠以外に配置されるのならば、ブエナビスタから○枠へ、1点でゲット出来ることになる。


 今回は、3連複などで大勝負するチャンスではなかろうか。わたくしもそうする。



   ご登録は   sir_delacroix@yahoo.co.jp まで、


   登録希望の件名で空メールを下さいますよう。詳細をご返信致します。


   今週からご登録ですと、皐月賞、天皇賞・春 まで含みます。


 もう、ご登録の方々には、ダービー馬、春の天皇賞を勝つ馬 その名前まで、はっきり申し上げております。この期間とて、無論、申し上げますよ。


 桜花賞の今週のみのご登録も、今回はお受けします。


 宜しければ、お付き合い下さい。

ミサイル飛来の週

2009年04月06日 13時40分22秒 | Weblog


 先週の2重賞、連動からの前発表枠は・結果は


   産経大阪杯  1枠   結果 6-8
   ダービー卿  6枠   結果 2-6


だった。共に低配当に終わり、またわたくしは、『優駿』4月号から、大阪杯は マツリダゴッホ と見たが、結果は囮にかかった形だ。ただ、予期せざる事柄、現役調教師の死去があり、武豊 3200勝 というわけには行かなかったことも思われる。ま、サインは明瞭だったし、連動は21年で18回となったが、来年このレースで取り戻せると思っている。


 北朝鮮が飛翔物を発射してくれたので、日曜中山3R


    アウトオブオーダー   単 4190円


 これを頭から狙った。この馬名が 無軌道 そのものである。
 また中山9R 伏竜ステークス わたくしも、特徴的な枠、7枠の スーニ から、7-7 馬連 2830円 から勝負した。届かないと思われる位置から スーニ の差し切り。堪能した。


 阪神3R この日誕生日の、渡辺騎手も同居した8枠から 7-8 2590円 馬連 7390円 また、難波ステークス この日唯一の難波騎手の出走が


    阪神5R 8枠16番 クィーンワルツ    難波騎手


であり、これがサインであることは明瞭で


    難波ステークス 8枠16番 ブーケフレグランス 1着 単 2050円


から、枠連50倍 馬連75番 馬単175倍、頂いた。




 明瞭に、桜花賞のサインが発せられた日曜だった、と見ている。あのレース、あの馬である。これはもうご登録の方々にお伝えした。桜花賞は ○枠から、もし例のシステムどおりなら、枠連 ○から2点 このどちらかが正解であると見る。


 わたくしは現時点で、あの馬を桜花賞で信用していない。



 愈々、クラシック本番。今週から3週、天皇賞までGⅠ競走が3つ続く。


 わたくしとて、斎戒沐浴。研いだ頭で、3連勝させていただく積りでいる。



 ご登録は   sir_delacroix@yahoo.co.jp まで、登録希望の件名で空メールを下さいますよう。

大阪杯、ダービー卿 前発表!

2009年04月02日 00時20分22秒 | Weblog
 日が明け、木曜となりましたので、お伝えして置きます。


 GⅠ競走が終わると、必然的にサインが解明されざるを得ないのである。それは結果=正解が示されるからである。


 わたくしは今回の高松宮記念、『優駿』4月号のあるサインページからの選択で


       4枠 か 7枠 さてどちらでしょう


の選択肢、当初の読み通り、4枠本命を貫いてしまい、正解をお伝えできなかったが、4月号最大のポイント、春のクラシック 桜花賞・皐月賞 へ向けた、テーマ(キーワード)をはっきりと受け止めた。


 ある秩序で、 2-7 4番13番 という今回の高松宮記念の結果が、予めはっきり示されているレースも見つけた。びっくりしましたね。正しく、この今回の宮記念に向けてこその、4月号の あの目立つ文字だったのである! 毎度思いますが、上手く造ってありますね。


 従って、桜花賞・皐月賞 で正解を託されてある、ある馬、そのレースも見つけた積りでいる。



 無論、それはレースの週、お話しすることとして、その前に、今週の


       ダービー卿チャレンジトロフィー   ・・・○枠の発射
 
       産経大阪杯             ・・・○枠の発射



 そう、読み取れております。これはしっかりした連動レースがあり、その示唆が共に1つの枠で合致しているからであり、連動表を含め、今週ご登録のある方々には、今週の内に、出馬表発表前に、前発表致します。


 ご期待下さい。サイン、キーワードを読み切れて待ち構えるクラシックほど楽しいものはないのである。


 解散、いつでもいらっしゃい。


 昨年2008年の例を牽けば、わずか1年に3回しかないのにも拘らず、JRAプレミアム と向こうが連呼するので、調べ上げて、プレミアム が春のクラシックの秩序だったサインを出すことに気付き、その通り、最後春の掉尾宝塚記念、3頭立てまで、お伝え申した。その詳細は、昨年のこのブログ記事に残っておりますので、ご参考までにお読み下されたい。
 サインは、必ず、キーワードを使った、ある秩序だった予告レースである。その予告とは、必ずしも大きなレースとは限らない。



 ご登録は   sir_delacroix@yahoo.co.jp  まで、登録希望の件名で空メールを下さい。


 

今日だけ、公開!!

2009年04月01日 16時24分53秒 | Weblog


 今年の皐月賞は


   1着 ロジユニヴァース
   2着 セイウンワンダー


です。


 今年のダービーは


   1着 リーチザクラウン
   2着 ロジユニヴァース


です。



 今年の春の天皇賞は


   1着 アルナスライン
   2着 マツリダゴッホ


です。


   デヘヘ、


 今週の重賞 ダービー卿チャレンジトロフィー 産経大阪杯 この2つのレースは、長い連動レースがあり、一方は、平成に入り、2度しか外れていません。もう一方も、過去15年で13回連動が続いている。これから、発射馬は絞り易いと考えており、わたくしは、愈々、今週から先ず大勝負と考えている。


 2009年 卯月朔日                      どら



 ご登録は  sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで