覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

ナインの思い出

2013年10月30日 19時10分29秒 | Weblog
 打撃の神様 川上哲治氏、死去が報じられ、明らかになった。
 大巨人のV9時代(9年連続日本一)を思えておられる方も、ある世代以上に限られるが、かつて東大の平野龍一総長も熊本での高校野球部在籍時代、ショートを守っていて、川上選手の強烈な弾丸ライナーが飛んで来た思い出を語られた。
 
 哲のカーテン、多摩川での非常に短い練習時間、ベンチでの貧乏ゆすり、不人情采配、阪神入りがあらかた決まっていた早実の王貞治獲り、など。正しく一代の黄金期を築いた、稀有なマネージャーだった。サッカーのペレのような伝説のプレーヤーでもある。
 
 
 アルゼンチン共和国杯の今週、別に、歴史浅い2重賞、第4回 みやこステークス 第2回 アルテミスステークス が組まれている。
 
 初期重賞は本質を明らかにする以前で、扱いにくい面もある。が、
 
 みやこステークス 去年 ローマンレジェンド からの的中をゲットした時、はっきりわたくしはこのレースのオリジナルが解かった。今回もある著名な馬の勝利したレースがベースで演出されることがはっきり解かっている。
 
 アルテミスステークス これも去年、初めて行われたが、その去年の発射馬のこの春の活躍、云うまでも無い。
 
 歴史浅い重賞だからこそ、貴ばれるのは当然である!
 
 
 古い思い出話を一つ
 
 かつて、終戦の玉音放送の原盤をめぐる長い1日(1945年8月14日~15日)の騒動を描いた映画に『日本のいちばん長い日』がある。舞台は無条件降伏決定の御前会議~玉音放送までの、ほぼ24時間=1日。
 
 この作品で、次の配役があった。
 
    昭和天皇   八代目松本幸四郎 
 
 玉音の録音シーン、原稿を朗する姿で登場する場面くらいで、当然、映画の製作中、存命の陛下である以上、必要な顔かたちも映らぬままである。今の息子・九代目幸四郎(松たか子、市川染五郎のパパ)は、本名が 藤間昭暁
 
 今回、この洒落が効いていたことをわたくしは実感している。映画の上の配役だが、俳優世界だからこそリアルなジョークとして
 
   父  昭和天皇   八代目 幸四郎
 
   息子 今上天皇   九代目 幸四郎    本名 (てるあき) 
 
 何故なら、今回の秋の天皇賞の優勝馬主が  大和屋さん
 
 同じ 「暁」 の人物だったからだ。
 
 
 そして、この ジャスタウェイ の馬主さんは、アニメ作家で主な脚本作品の1つに
 
    轟轟戦隊ボウケンジャー 
 
 これがあるそうだが、先週に新潟メインが ステークス であり、『轟(とどろき)』の日に併せた演出だったことが解かる。
 
 わたくしは、今年の春先、JRAの年間テーマを読み取った折、同じく梨園の人気立ち役
 
     十代目 坂東三津五郎   屋号・大和屋
 
 この人物に行き当たり、何らかの仕事がある年かも知れない、と感じたが、今回わたくしの感性は素通り。何故、今年この人物か!? かつてのこの人物の役者名に由来がある。
 
 結局、元フジTV局アナ近藤サトと離婚した、三津五郎の屋号・大和屋さんの所有馬がフジTV局アナ松尾翠と結婚したジョッキー福永に導かれ、天皇賞馬に輝く。
 
 今週のメイン、アルゼンチン共和国杯 〇枠発射 だと見ている!
 
 また、今週土日開催から、
 
   2011年 エプソム・ダービー 優勝 プールモア
 
 実に、19歳でこのレースを制し、ダービージョッキーとなった、ミカエル・バルザローナ騎手が短期免許で、日本で乗ることになった。ただ、挨拶があるのみならず、無論、来年の日本ダービーへの予告だろう。
 
 エプソム・ダービーは世界のダービーの最高峰だが、日本のファンは人馬ともほぼ知らないのだから。
 
 
 幸四郎、国立劇場の舞台からの転落もあった週ながら、脚本は揺るがなかったものである。
 
 

CM馬・エマズウィッシュ 真実の物語!

2013年10月29日 19時29分15秒 | Weblog
 昨夜の発見から、非常に気分好く目覚め、また過ごしております。
 いずれお話します。無論、ここでは一切申し上げられません。
 
 JRAの今年のブランドCM、小田和正さんの音楽とともに流れる 
 
      エマズウィッシュ物語  
 
 わたくしは、この馬の役割は、GⅠレースのサインだと思う。
 
 わたくしの読み込みでは、この馬は結局は、
 
     実在のある競走馬 
 
 これを表わしており、この1頭を通し、この秋は
 
   スプリンターズステークス   10番7番 
   秋華賞               10頭立て6番 = 16番 の優勝
   菊花賞               13頭立て 3番1番 = 3番14番 
   天皇賞・秋             4枠7番 の優勝
 
 これらを順々に教えて来ている。
 
 次の 11月10日 エリザベス女王杯 も同様で、わたくしもてぐすね引いて待っている状態である。CMが出るたびに考えたり、出馬表にある馬を探したりする必要はなく、一貫して、ある1頭を追えば好いのである。
 
 
 その前に、今週 第51回 アルゼンチン共和国杯 このレースには、2つの連動レースが見つかっており、
 
  1つ 過去12年で10回 の連動
 
     例外 1回 直前のレースと 枠連が一致
     例外 1回 当日 の別競馬場 の枠連 馬連 が一致
 
  1つ 過去14年で12回  8年連続 の連動 
 
     例外 1回 下位2頭  と 1・2着馬番が一致
     例外 1回 3着 が 優勝ゼッケン 
 
 前者は、10年以上前のある重賞であり、通常の方が見つけることは、さぞかし大変だろうと思う。
 
 後者は近年大変濃い連動だが、何故、このレースと連動するか。これは日本とアルゼンチンの「ある関係」から必然性がはっきりしている。
 
 8月頃からわたくしの情報をお読み頂いている方は御存知だろうが、今回のアルゼンチンのレースのテーマは明瞭である。今年は格別の意味がある。誰しも、そうだった!と後でお解かりになる事柄である。
 
 今回、上記2つの連動レースが 〇枠の発射 で一致しており、わたくしはこの 〇枠確実 と見ている。
 
 
 
 皆様、涼しくなりました。紅葉の便りと共に、日本シリーズも長けて参り、もう11月の競馬の突入する。
 
 
 天皇賞 この春、4枠で1.3倍の人気馬 ゴールドシップ が圧倒的な支持の上で沈んだことを踏まえ、何故、最初から4枠と決め付けなかった秋の天皇賞だったのか! 手頃な人気薄で、絶妙の狙い目 ジャスタウェイ これを逃した、悔しい思いの方も多かろうが、大丈夫! 存分に払い戻す日は近い。
 
 エマズウィッシュ どしどし流し、世人を酔わせれば良い。
 
 本当の意味は、解かる者にしか解からない!
 
 このムード的な、ショート・ロマン!  You Tube で誰でも確認できる。
 
 ある遣り口で、ある競走馬の運命を辿っている ・・・
 
 
 府中の競馬ファン、将棋の渡辺明竜王。今日は夕方早々に投了を告げ、2連敗で旗色、かなり悪くなった。崩れないことが身上の、森内俊之名人が相手。
 
 将棋界の7大タイトルは、現在、2人が3つずつ。もう1つの名人を森内さんが保持している。この「三頭政治」がなかなか崩れない。が、呆気なく2冠に退いた渡辺さん。府中のスタンドでJCの馬券を買うのか!? 
 エマは何を祈る!? 
 
 秋、4つのGⅠを終え、わたくしの頭は整頓と秩序化がすすみ、臨戦態勢は十分である。
 
 
 御登録は
 
     sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名で空メールをください。
 
 これだけGⅠが続くシーズン。最も重要なことを踏まえた内容を申し上げる!
 
 GⅠラッシュは来週からだが、今週末の土曜情報で、真実の
 
      エマズウィッシュ・ストーリー  
 
 わたくしが、この秋の全貌を、お伝えする! 4つすべてのGⅠで、優勝馬を告げるか、1・2着のゼッケンをもろともに教えている仕掛けである!
 
 意味と、告げる1頭の正体が解かれば、もはやCMなど視聴の必要は無い。
 
 

今夕、生涯の発見をした

2013年10月28日 20時10分16秒 | Weblog
 マー君は今日、沢村賞を獲得したが、
 
 わたくしは今夕、中央競馬の富士山を見つけた。
 
 一体、何故、今までこの様な単純なことに気が付かなかったのだろう!?
 
 
 今年の場合だと、
 
   〇・・・〇の勝利    8番
   〇・・・〇の勝利    4枠8番
 
 この重なりが、NHKマイルカップ 4枠8番 マイネルホウオウ 優勝
 
 予告である。
 
   〇・・・〇の勝利    1番9番  → 日本ダービー 予告
 
    1番 キズナ   9番 エピファネイア 
 
 さらに、
 
   〇・・・〇の勝利    その下位2つの着順 3枠 と 1枠1番 
 
 これが、枠連 1-3 1番6番 天皇賞・春 への予告 
 しかも、このレースでは 6番 競走中止 まである!
 
 これを踏まえれば、そしてこれが勝つことを前提に
 
   〇・・・〇の勝利   1着 5枠9番 2着 4枠7番 
 
 これが、言わずもがな!! 1・2着を入れ替えただけ
 
 Sちゃん 仕事中かも、解からんけど、アンタにだけ、先程(さっき)書き送った!
 
 
 簡単に人に喋れない! いつ喋ろう!
 
 基本的に、来年大レースまで御登録のある方々にだけ、お話しする。
 
 無論、来週11月10日の エリザベス女王杯 から使える。
 もうどれが予告レース!なのか。特定した。
 
 日本人が何故、富士山を大切にするのか、得心し、受け入れた!
 
 日本の最高峰 生涯の私の馬券を強くする大発見である!
 
 物凄く、単純なのである!! だから、解からないんだよ。
 
 
 本日、ハクタイセイ 死去した。平成2年の皐月賞馬 ハイセイコー産駒である。
 
 昨夕は、高層階から晴れ上がった夜の都心の夜景を眺めたが、今日は、こころに真白き富士が嶺を仰ぐ ・・・
 
 わたくしは饒舌な方だが、余りに恐ろしいことは喋れなくなるのである。
 
 

春からアキへ じぇンティルドンナ!

2013年10月28日 15時07分59秒 | Weblog
 Nさん、天皇賞前日土曜、スワンステークス わたくしの申し上げた連動を信じてくださり、御両親を温泉に連れて行く資金稼ぎなされたこと。真に結構!
 
   3連複   55880円 
 
 で、天皇賞にまつわり、土曜日に貴方からお話し頂いたこと。逸し難く、ここに記させてもらう。
 
 先ず、前提として
 
 菊花賞で人気を博した1頭
 
      マジェスティハーツ    
 
 これが神戸新聞杯でいきなり走った時、正体を察知した。これは「(天皇)陛下の御心」であると共に、
 
      マジェスティハーツ   天皇陛下の心臓
 
 これであることが、はっきり解かった。 心臓 = (安倍)晋三 しんぞう だからこそ、元神戸製鋼社員の総理にあやかり、この神戸のレースで発射したこともよく飲み込めた。
 
 天皇陛下の御持病。云うまでもなく、心臓である。
 
   2012年 心臓バイパス手術   執刀・天野 順天堂医大教授 
 
 この去年2月の手術の衝撃。国民全体の見守り。そして、執刀医が、東大ではなく、順天堂の高名な世界的名手と言われる方であることも驚きだった。
 
 思えば、去年の春の天皇賞の衝撃 ビートブラック これも陛下の心臓の鼓動へしばし傾けられた国民全体の耳、ここに伝わる鼓動を表した、病後見舞いだったことが解かる。
 
 ここに天皇賞の由来があったらしいことが、Nさん、貴方の以下のお話で直ぐ解かりました。
 
   天皇陛下の執刀医と同じ 天野さん   いや あまちゃん
 
 昭和天皇も最後の病床で、NHK朝ドラ『のんちゃんの夢』を観ておられたと、かねて連日報道されたものだったが、恐らくは、今上天皇も皇后陛下と共に、毎朝のように御覧になっておられると拝察される今年の朝のNHK人気ドラマ。JRAはこれを承り、察知の上、この演出を施したのではなかったか!
 
   NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』
 
     主人公   天野アキ     配役・能年玲奈 
 
     その母   天野     配役・小泉今日子
 
 この 春から秋へ。正しく競馬会の年中行事。天皇賞・ から 天皇賞・ へ。これと重ね観られていたものであろう。
 
 だからこそ、Nさん。貴方の一言  
 
   流行語 じぇじぇじぇ   → ジェンティルドンナ 
 
 アキのレース、天皇賞・秋 でこれが矢張り怖い。この御一言が、わたくしにも刺さった。
 
 昔は、天皇陛下を 天ちゃん(てんちゃん) と呼ぶ者もあったそうだが、これからも要するに
 
    『あまちゃん』   天野アキ  → 天ちゃん (あまちゃん
 
    天皇陛下             → 天ちゃん 
 
 この合致が想起され、今回の天皇賞こそは、天ちゃんレースなのでは、との疑い。
 
 ドラマにも影を落とす東日本大震災。その東北が生んだ日本中のヒロインに、東北楽天の優勝、松井ドラフトで楽天指名 も重なり、陛下も御心を寄せられる、そして御心(心臓)をあずけられた、天野先生と天野アキ。
 
 これから  じぇじぇじぇ  ジェンティルドンナ これも外せないとの読みだった。
 
 
 一方、6月16日 香淳皇后 を示しつつ、この皇后陛下の97歳御逝去を偲びつつ、日の東京五輪決定こそ、この秋の東京最大の話題だったことは疑い無し。暴走老人・石原慎太郎の発案から、
 
  ただひたすらの、招致への道   ジャスタウェイ  7番9番 への帰着  
 
 私にはこの結末が読み切れなかった!
 
 それにしても、水曜の ダークシャドウ 調教中に、ラチ越えアクシデント。
 
 これで、この馬の2年前の 2着位置 4枠7番 そして1着馬 トーセンジョーダン の今回置かれた5枠。この2つでの決着、とは、露骨なラチ越えサインだった。
 
 また先週のニュース 来年度の重賞競走の変更
 
 
   朝日杯フューチュリティステークス  →  阪神競馬場に変更 
   ラジオNIKKEI2歳ステークス     →  ホープフルカップ へ改称 
 
 
 わたくしはこれも当然、先週メインのサインと読んだ。
 
 
 これらから、わたくしは 土曜 スワンステークス ここでは、出走馬中、唯一の朝日杯FS優勝馬 グランプリボス の7枠を大丈夫と申し、日曜の天皇賞では、矢張り出走馬中、唯一のラジオNIKKEI2歳ステークスの勝ち馬 ダノンバラード を狙ったが、実際は、最も近い去年のレース
 
   ラジオNIKKEI2歳S 7番 エピファネイア    福永祐一
   天皇賞・秋        7番 ジャスタウェイ    福永祐一
 
 同じ 7番 福永 優勝 この告知だった! 
 
 
 最も根源の 番 天皇賞 このルーツは 
 
    1533年   エリザベス1世 誕生日
    1822年   ブラジルのポルトガルからの独立 
    2013年   東京五輪開催決定 
 
 
 これじゃなかったのか。
 
    2012年 英国    ロンドン五輪
    2016年 ブラジル  リオデジャネイロ五輪
    2020年 日本    東京五輪  
 
  先立つこの両国への敬意。そして引き継ぐ東京の気概と決意。
 
 そして、菅元首相は、被災者の暮らされる避難先の体育館を訪れ、足早に十数分でまわり去ろうとしたらしいが、すべての御家族のスペースを回られ、両膝をついて同じ目線でお話しを交わされ、じかに励ましを伝えられた両陛下。
 
 東北に寄り添うレースだったのだろう。
 
 巨人には悪いが、東北のチームが日本一を果たして欲しい。
 
 
 御登録は
 
    sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名にて、空メールをください。
 

あのオークスへ! そして・・・

2013年10月28日 10時54分19秒 | Weblog
 この秋のGⅠでわたくしが最も大切だと思っている事柄から振り返ろう。
 
 2013年GⅠシステム というものをわたくしは特定しており、今回の天皇賞に該当するレースは、5枠の発射だった。わたくしは、これではなく〇番の方を取ってしまった。これがまず失敗。
 
 次に、わたくしは今年のJRAの年間テーマから、1日のあるレースでこの秋のGⅠすべてをサインするある開催日のある競馬場の1日のレース2010年秋GⅠ特異日 と云うものがあることを知っており、これを既に特定している。この該当レースでは 1着 4枠7番 だった。これがそのまま使われた。
 
 シーズンを通す、この2つの基本はきちんと踏まえられた。問題はわたくしの側の解釈にあったことになる。
 
 また、秋の天皇賞には固有の連動レースがあり、これは〇年前の〇・・・・・〇 と云う大レースだが、この連動は過去16年で14回。内、外れた2年は、1回が3着ゼッケン→1着 このスライド連動と2着騎手の一致。もう2回は、下位2頭の代理連動で、ブービー・最下位が1・2着に転用されるという、例外的連動だった。今回わたくしはこの連動を素直に取り、〇枠または〇枠の発射で間違いなしと踏んだ。が、これも今回は、この該当する連動レース 3着が4枠 4着が5枠9番 だった。今回は、3着・4着→1着・2着 これへのスライド連動だった。これも肩透かしを食った。
 
 昨日情報で申し上げたが、過去17年1度の例外もなく、この秋の天皇賞は、ある宿命的なレースと関連があり、原則はあるレースの1・2着 または 3・4着が必ず反映、使われることをわたくしは掴んでおり、原則では1・2着が使われる。これで、その該当レースの 1着 4枠7番 2着 〇枠〇番 どちらを取るか、だった。結局わたくしは後者を取り、この1着位置 4枠7番 ジャスタウェイ に勝たれた。
 
 正直なところ、4枠7番 これへの顧慮が甘かった。
 
 
 発売された直後の、『優駿』11月号。わたくしはこのJRA機関誌の表紙の見出し
 
    チャンピオンロード をとことん楽しむ!
 
 これに意味があることを察知、ある事柄から自らの予想の補強材料として昨日これを申し上げた。が。結局この意味は
 
   (チャンピオン)ロード  →     ジャスタウェイ 
 
 この「道」の馬の勝利だった。
 
 終わってから調べると、最も近い、JRAでのチャンピオン馬の勝利は
 
    2012年8月18日 札幌9R
 
    5枠 6番 クリノハナミチ       = 花道
    5枠 7番 チャンピオンブルー      1着 
 
 この5枠が チャンピオンと花道  → チャンピオンロード で、7番と5枠 これの訴えであったということも事実だろう。
 
 
 以上にも増して、憤激的にわたくしが唖然となったことがある。
 
 今回、次の配置 今回の天皇賞の8枠である。
 
    8枠15番 レッドスパーダ      蛯名正義
    8枠16番 ダノンバラード      池江泰寿厩舎
    8枠17番 ヴェルデグリーン    相沢郁厩舎
 
 この ヴェルデグリーン 母レディーダービー(母ウメノファイバー) 
 
 ここまで揃えば、このレディーダービーの母のGⅠ馬 ウメノファイバーの次のレースに行き当たることは当然だ。
 
 
    1999年 5月30日 東京11R 第59回 オークス
 
    1着 8枠16番 ウメノファイバー    蛯名正義 相沢郁厩舎 
    2着 3枠 6番 トゥザヴィクトリー   池江泰郎厩舎
 
 
 わたくしは、来年の凱旋門賞への日本の祈りという、恐らくは今回のテーマから、別の経路でも天皇賞の焦点がこのレースであることへ導かれていた。
 
 蛯名 相沢 に加え、池江ジュニアに勝ち馬ウメノファイバーの産駒の息子を同居せしめている以上、上記99年オークス。これに、向こうが誘っていることは紛れなく、明らかだった。でこのまま 枠連 3-8 6番16番 なのか!?
 この疑念は自然だった。結局は、このオークスの直後の東京最終
 
    1999年 5月30日 東京12R
 
    1着 4枠 7番 ミヤギローマン
    2着 5枠 9番 コンプルスキャン 
 
    2013年 第148回 天皇賞・秋
 
    1着 4枠 7番 ジャスタウェイ
    2着 5枠 9番 ジェンティルドンナ 
 
 これが正解だったのである。!! 第59回 オークス に辿り着かせ、そのレースそのものではなく直後の最終の結末で、決める!これは作為というよりはもはや悪意である。憶えとけよ!
 
 
 昨日冒頭で申し上げた次の事柄。
 
 この春の 4月28日 天皇賞・春 このレース以降、エンペラー馬 が勝利したレースは中央競馬ではただ1つ、次のレースだけだった。
 
   2013年 5月5日 東京9R 湘南ステークス 
 
   1着 5枠10番 フジマサエンペラー  
   2着 4枠 8番 ダンスファンタジア   
 
 そのまま 枠連 4-5 この正解だったのだが、わたくしはそのまま素直には取らなかったのである。
 
 
 日曜裏のメイン、京都のカシオペアステークス 
 
 簡単で、お伝えした見解も簡潔・明白だったはずだ。
 
     4枠 4番 トリップ      去年の弥生賞2着馬    取消 
 
 これが予め、発表されていた以上
 
     1枠 1番 ミヤジタイガ   今年の弥生賞2着馬   4番人気
 
 これの発射に決まっている。加えて、一昨年のこのレースの勝ち馬 ダイワファルコン これが天皇賞の 2枠3番 に登場している以上、その位置 2枠か3番の発射 これで間違いない。相手は
 
     2枠 2番 アグネスワルツ     2番人気
     3枠 3番 ミキノバンジョー     8番人気 
 
 このどちらか。人気のある方だった!
 
 馬単 重点 1番2番  馬単 3550円  馬連 1670円 
 
 大勝負天皇賞の裏の保険  これもごっそりと買い入れていた。 
 天皇賞で勢いがついていた。3連単 76020円 これも行くべきだった。 
 
 
 オークス見せて、最終で決める ・・・
 憶えとけよ! 
 
 
 が、わたくしの踏まえたこの秋の基本システムは間違っていない。
 
 そして菊花賞 3番優勝をも告げた この秋のGⅠサイン馬 これは
 
 
    〇〇〇〇〇〇〇〇〇   父ネオユニヴァース 
 
 
 これで間違いない! 今回も 枠連 4-5 をそのまま教えている。
 スプリンターズはそのまま 秋華賞は 16番 を 菊花賞も 3番14番 を 今回天皇賞も枠連そのまま ズバリ!を教えている。
 
 何故、この馬がサイン馬かというと、有馬記念を 〇・・・・・・〇 が勝つからだと思われる。
 
 これらシステム上からは、次のGⅠ エリザベス女王杯 は〇枠発射となるが。
 
 
 御登録は
 
     sir_delacroix@yahoo.co.jp     まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名にて、空メールをください。
 
 
 もう1つの大きな後悔
 
 先週、調教中に ダークシャドウ 溝に嵌って、お遊戯して見せたのだから、
 
   日曜東京7R  6枠 8番 シャドウウィザード   8番人気
 
 これ 単 2000円 同じ 馬主・飯塚知一さんの1頭。買うべきだった。
 

天皇賞 2着・3着 まで!

2013年10月27日 16時01分31秒 | Weblog
 本日天皇賞情報で御提示した、連動表。これの過去17年の100%の実績から
 
    〇番 でなければ 7番 
 
 これを読んでいたが、もっとも厭な1頭に勝たれた!
 
 私は直線、悲鳴が挙がることを予想、申し上げたが、別の馬に託していた。
 
 相手 3番手評価の 9番 ジェンティルドンナ で、3着 6番 エイシンフラッシュ これとの 6番9番 2番目に買った馬券だったが、この馬券が 2着・3着 絞った大勝負なので、もうこれが来れば仕方なし!
 
 トウケイヘイロー 2番人気不要切捨て断言! その上で 
 
 軸1頭 から3点 計4頭で勝負したが、 2着・3着 
 
 
  番    → 今年の年度最初からの注目点  
               東京五輪 成るか!?決定のIOC総会の日 
 
 2週連続 福永祐一 だからね! 手が出なかった ・・・
 
  この道 ・・・
 
 
 カシオペヤステークス 京都メイン
 
   ミヤジタイガ から  馬単  2点勝負!  3550円 
 
 これを貰い、今夕は夜の街へ出る。
 

土曜スワンS 連動そのまま!

2013年10月26日 16時22分24秒 | Weblog
 土曜重賞 第56回 スワンステークス 過去12年で11回の連動レースがあることを申し上げたが、このレースが
 
   連動レース 枠連 6-7   → 結末 枠連 6-7 
 
 そのままだった。私の判断は、7枠中心で大丈夫!
 
 レース経過判断だが、先ず申し上げた、あの発射で、予定通り、先週やった 福永祐一 1番人気 マジンプロスパー この8枠を切り捨てた。もうエピファネイアの祭りの名残を払い落とし、来る訳がないよ。
 
 そして、疑いの焦点だった、あの新潟の一連の造型からの、枠連 〇ー7
 
 これが結実しないことを示したのが、一般レースでの次の劇走!
 
 
  東京 5R メイクデビュー東京
 
  1着 1枠 1番 カッテ         田中勝春   11番人気
  2着 6枠10番 シングンゴールド
 
 この 枠連 11960円 の万馬券決着。実に 馬単 8万馬券
 
 これ、申し上げた「あれ」と全く同一だったでしょう!!
 
 これこそが、あのレースを造型して見せた理由だった。当然、メインでは、成就しない。
 
 ここまで踏まえ、新潟メインの結末も見て、あのメイン競走サイン馬、今年固有の1頭からの 4枠も薄まり がはっきりし、買う馬券 枠連 6-7 この連動通りしか、他に無いような有様だった。
 
 本当は 〇-7 これに期待していたが、こうはならないことが明瞭になった以上、枠は 6-7 重点で、これから刻むかどうか。
 
 天皇賞前日、わたくしは素直に この 枠連 890円 これを頂戴し、6枠がどちらか解からない以上、これ以上は控えた。実に7枠とて、人気薄の発射となり、馬連は荒れた! 6770円 
 
 が、これも明日の大勝負を思えば、漣(さざなみ)ではなかろうか!?
 
 日曜出馬表で、決め手! また転覆材料を既に読み込んでいる。
 
 これに専念する。
 
 
 本日、実に3万字を超える情報を展開し、既に 天皇賞・秋 結論まで述べた。
 
 問題は、この検証! 別角度及び当日からの強烈なメッセージがあるかどうか~!
 
 先ず以て、明日の府中、晴れ上がることを祈る!
 
 今日注目の、新潟のあれ! 不発に終わった ・・・ 
 
 
 本日御登録希望を承りました方々、御案内の通り。お手続き確認できましたなら、今週全情報をお送り致します。
 
 壮大なドラマ!  荘厳な大舞台!
 
 また一からの積もりで、簡潔直截な決め手を探す、明日の出馬表!
 
 思い出す、(と言いつつ、憶えている歳ではないが) 1964年10月10日 朝の日本晴れ!
 
 歴史は繰り返すのではなく、競馬が歴史を繰り返させているのである。
 

五輪の秋、東京の大舞台!

2013年10月25日 11時32分03秒 | Weblog
 土曜重賞 第56回 スワンステークス このレースへの、過去12年で11回の連動レースのことをここで申し上げたが、今回、13頭立てとなり、この連動レースと頭数的に紛れなく、
 
    〇枠 または 〇枠  の発射
 
 これで間違い無いことになる。この2つで云えば、断然、〇枠である!
 週中、向こうが提示してきたこととも合致する!
 
 まず、この土曜重賞を仕留めてから、日曜、秋の大一番 第148回 天皇賞・秋 に臨むことになる。
 
 ひと夜明け、一層の自信が重なってきた。
 
 東京競馬場を舞台の大一番と云えば、ダービー ジャパンカップ そしてこの秋の天皇賞である。もう誰しも、この9月7日の、東京五輪招致決定! これが大きな影を落とし、レース演出に関与するものであることはお気付きだろう。
 
 1964年 初の東京五輪開催の年、中央競馬会は、不世出の名馬、シンザンに三冠の栄誉を与えている。
 東京五輪の年、競馬会は三冠馬を誕生させた以上、この秋の2020年東京への決定が、この東京の秋の大舞台で無関係である訳がないではないか! 中央競馬GⅠは、抽籤など入り込む余地のない、脚本通り行われるドラフト会議なんだぜ! 最初から松井は楽天!と決まった上で、演じて見せているだけである。
 
 だからこそ、先週日曜、馬名2頭の頭文字の並びキク尻文字の並びキク となっている枠順のレースを、ただ1つ日曜京都8Rに準備し、その
 
    ブービー・最下位
      15着 2枠 3番  = 菊花賞 1着 
      16着 7枠14番  = 菊花賞 2着 
 
と云う、完全予告を放ったのである!
 
 東京を舞台の2020年の国際舞台の決定! これで、この慶事に最も似つかわしいのは、この秋のジャパンカップと云う五輪と同じ国際競走であるとも考えられるが、ある意味恭しく海外の客を招待する国際レースと違い、国内の歓喜や国民の沸き立ちを投影するレースこそ、この東京を舞台の天皇賞のはずだ。
 
 7年後も、また1964年も、開会宣言は天皇陛下が宣せられる。
 
 このことがテーマの1つ、ベースであることも見抜いていたからこそ、今回の勝ち馬も着想され、わたくしも納得が行った。この勝ち馬には、歴史的前例がはっきりある!
 
 そして、土曜、スワンのレース! 今年のスワンとは、一体何か?
 
 〇・・・・・〇 のことの筈である!
 
 該当する、今日全国発売当日の『優駿』11月号、該当56ページのメッセージも合致する。このページには、はっきり天皇賞が刻印されている。が、暗示、サインで、である。
 
 今週も、来年度末までの御登録もお受け致しましたが、大一番日曜前、御希望はお受けいたします。
 
 わたくしが既に到達した、と思っております天皇賞の核心。
 先週、菊花賞の記事を読み込まれましたら、是非、今週お付き合いください。
 
 明白なサイン、からくりをレースの前、事前に詳述、御納得していただきます!
 
 御登録は
 
    sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで
 
 JRAページで、この11月12月壁紙カレンダー 提供が始まっております。
 あのレースが選ばれております。
 
 勿論、この天皇賞も、凱旋門賞出走2頭 キズナ オルフェーヴル からサインが放たれております。
 一般の方は、見てはいるが感じないか、連想を及ばせないだけ。
 
 連動レースなどから、出馬表発表前から見抜いていた 〇枠〇番 これが何故、今回のような同居馬と一緒に組まされているのか、理解も出来ました。
 紛れなく、〇番〇番 だからである! ここにも文化が横たわる。
 
 こころ乱すは台風ばかり! 無事に通り過ぎ、喨々たる秋空の下の、日曜府中の直線最後、多くのファンは意外なただ1頭の馬に置き去りにされる ・・・
 
 

天皇賞・秋 テーマ確信!と2頭

2013年10月24日 21時12分01秒 | Weblog
 第148回 天皇賞・秋
 
 出馬表発表から6時間以上が経過し、わたくしは、意外にも週中、余り顧慮を費やさなかった1頭の浮上を見つけ、凝然としている。
 
 正直、これが正解なのでは! という結論めいたものに到達している。
 
 
 この週中の記事で、馬名の上で、先週「天皇」「皇后」があるゼッケンに同居していることを取り上げたが、その意味がはっきり解かった。
 
 そして、かねて申し上げて来ている、週中から私が怪しいとにらんできた 〇枠〇番 ここに配置された1頭が、愈々有力視されることから、これの相手関係から、極めて疑わしい「真犯人」候補が俄然、髣髴してきた。こちらの方が1着なのではなかろうか。
 
 何故、(まあ現在の競馬ファンの関心から当然ではあるが)11月号の表紙もまた、凱旋門賞のレース写真なのか。
 
 何故、11月号にあの人物が登場してきているのか。
 
 そしてわたくしは、この秋の秋華賞終了の時点で、この
 
   2013年秋GⅠ競馬   =  〇・・・・・・〇 の再現 
 
 であることを宣言し、菊花賞を 2枠福永 から射止めて見せたが、今回再現される、再上演されるあるレース。これが一体何で、何故、現役最強牝馬 ジェンティルドンナ これが人気で登場するのか。
 
 わたくしは、ある凝然たる過去のレースとぶち当たり、既に今回の天皇賞の結論と思うものを最も近しい方には書き送り済み。
 
 明日、土曜出馬表発表から、したためる土曜御提供の、この週末の開催日情報。その冒頭から申し上げるべき事柄はもう固まっているが、これを余り詳細に競馬を見ておらない方にも解かり易く、また入念に過去のレース、手掛かりとなる事実を挙げつつ、詳述、お伝え申し上げる。無論、このブログの場では、発射すると思われる1頭のゼッケンも馬名すら申し上げない。御登録ある方々のみにであり、当然である。
 
 だから、今回の 第148回 天皇賞・秋 このテーマを抽象的に申し上げる。
 
 この秋の天皇賞のテーマ
 
    来年の凱旋門賞への祈り!
 
である。
 
 今回、去年あれほどのパフォーマンスを示したオルフェーヴル、前哨戦もスミヨンが後ろを振り返るほどの楽勝。今年こそは! 恐らく日本中の競馬ファンが一度は今回は日本馬が勝つ!と確信、夢見、あの結末に至った以上、列島の競馬ファンには、仏の壁高し!巴里の灯は遠し!
 
 このような感慨が支配的だろう。草深きロンシャンは正しく日本の兵どもが夢の跡 ・・・
 
 来年はオルフェの出走は無く、また、今回仏3歳牝馬に軽く手を捻られた以上、出走する必然性も薄い。4着キズナ と云う夢の選択肢はあるものの、果たして、オルフェーヴルほどの稀代の名馬。そう簡単に出現するとは思えない。一体現役馬で、どの1頭に夢を託せるのか!? この湿った感慨の最中にも、高らかに、しかし落ち着いた、明日への夢が奏でられる天皇賞となる。
 
 かつて全く同じことが、同じ舞台で起きた!
 
 無論、今回の府中芝2000mの覇者が、来年ロンシャンへ雄飛する、と云う意味合いではなく、もっと別の形で、終わった凱旋門賞から来年への夢が語られるレースとなる。
 これがわたしの読みだ。
 
 絶対に偶然では有り得ない、今回の出馬表の、異様過ぎる〇枠の配置
 
 この意味を解明し、驚くべきある過去の大レースとの照応を解きほぐし、先週同様、〇枠〇番 の発射、これで間違いなく、相手も断然 〇枠〇番 そしてこの2頭の決着の意味合い。サイン提示を『優駿』11月号と出馬表とを引き比べつつ、詳述申し上げる。2000年に起きた、ある歴史的出来事が今回、関与している。
 
 シェイクスピアの『十二夜』を全く御存知無い方には、先週エピファネイアの菊花賞制覇の真の意味など、終わった後までも全く関知できない夢物語であったと同様、今回の天皇賞の裏側、真のテーマは、人間的で、また希望的で、しかも歴史を踏まえ、皇室の重要人物が関与し、今週末、天皇皇后両陛下が水俣病関係者の元を訪れられることなど、競馬に全く関係ないと考えているような方々には、思い付きようもない、真実が横たわる。
 
 実に、2歳馬にあのような1頭を登場せしめたこと自体、今回への大きな布石だったのである。
 
 勝利の美酒を浴びる1頭 人気薄の方だと思う。
 
 
 御登録は 
 
   sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名にて、空メールをください。
 
 長期御登録、御要望ある方には、御案内もお伝えいたします。今年一杯御登録ある方も、来年長期まで、この週中、まだ御優待申します。
 無論、通常御登録、有馬記念までのGⅠシーズン御登録もお受けしております。
 
 ひょっとして、素晴らしいなのかも知れません。
 
 トレヴィア~ン! のトレヴ優勝 
 
 来年の凱旋門への祈りですよ!!  どうやって祈るのか? さっぱり解からない方を思うと寂しい。是非、耳を傾けていただきたい。終わった後でなく ・・・
 
 この傍証を一般出馬表から固め、検証するこの土日となる!
 

天皇賞 軸不動!

2013年10月24日 15時27分05秒 | Weblog
 第148回 天皇賞・秋 出馬表が発表された。
 
 わたくしが、事前読み込みから、最大の注目と踏んでいた 〇枠〇番 ここには、人気上位が予想される内の1頭が配置された。
 
 これが今回の優勝馬なのかどうか。現時点では肯定できないが、発射することは間違い無いと思われ、一応の馬券の軸に据える。
 
 ただ、人気は予めの世評によるもので、わたくしの関知外である。
 
 
 本質はこれから読み込む。17頭の多士済々。
 
 
 昨日申した、
 
   意外な近くにある宿命的手掛かりレース 
 
   秋の天皇賞固有の 〇年前 連動レース 過去16年で14回 
 
   今年総てのGⅠを支配する 〇・・・〇システム
 
 
 これら総てから、〇番ゼッケン が出て来る。
 
 さらに
 
   先週菊花賞でも機能した、
     今年テーマに沿う、サイン馬  該当レース
 
 
 このレースでも、〇番 〇〇厩舎 これが合致する。
 
 相手も、現時点で、4頭程度に映り、このどれか。
 
 枠連 〇-〇 そのままになるのなら別だが、人気の一角 〇・・・・・・〇 は買ってはならない、危険な人気馬だと思う。
 
 
 何故、今回この同居なのか? 
 
 また、先週大勝した菊花賞同様、〇・・・〇のレースの再現のはずだが、一体、その再現性の本質とは!?
 
 
 あと1頭  読み切って御覧に入れる! 相手の中に、先週同様 2・3着を含む、上位3頭。また読み切り、3連単の的中が目標となる。
 
 まあ、武ヘイローの逃げで始まることは間違い無い。4コーナーまではせいぜい離すのだろう。
 
 そして凝視する、11月号に登場のあの人物!
 
 
 ひょっとして、あの折の天皇賞と同じなのか??
 
 

天皇賞 浮上する疑惑の1頭!

2013年10月24日 12時00分30秒 | Weblog
 木曜、あと2時間余りで出馬表発表。
 
 これで明らかになるが、JRA機関誌優駿』11月号を入手、読み込んでいるが、どうやら今回、重要な役割を果たす、ポイントとなる馬1頭が浮上してきた。
 
 それも、11月号に掲載されている、あの人物からである。おかしい。
 
 今年がどのような年であるか考えると、主役または脇役がこの1頭、またはその配置される枠にあるのかも知れない。この27日発走の天皇賞。今週がどんな週か思い当たると、愈々、どう見てもおかしい。わたくしも無論、この週末の皇室の動静、両陛下の御予定は調べ上げ済み。それから、サインとなるかも知れない、今年のあるレースも浮かんでいる。
 
 単勝 1.3倍 ゴールドシップ が圧倒的人気で沈んだ春、淀の大舞台から半年。
 秋は、何かが同じであるはずである。そして今回、春の1着・2着とも出走しない。トーセンラーは武豊でマイルCSへ向かうことを決め、今回回避した。
 
 週中、水曜調教での、かつてのこの天皇賞2着馬 ダークシャドウ のアクシデント。これは、ひょっとしてある波乱の予告、試し花火ではなかったか!?
 
 昨年秋の、息子・市川染五郎の転落に続き、父・九代目松本幸四郎が同じ国立劇場舞台から客席に転落した。熊谷を演じている最中、花道の馬の前足(黒子)がこけ、客席に馬上の熊谷が落ちる。大事故には至らなかった模様だが、弟・吉右衛門が当たり役とする舞台での、この馬のアクシデント。
 
 落馬舞台(一旦)中止! が国立の舞台で起こったのである。
 三宅坂。隣は最高裁、近所に桜田門。
 
 これ、わたくしなら、あの乗り役で今週、再現して見せるがな。
 
 
 10月号も、ある箇所で、今月の大レースで 枠連 2-7 が出現することを告知し、それが先週の菊花賞 2-7 だった。
 
 最新11月号も、これと同様の告知はある。
 
 60年に一度の遷宮の今年、記念行事の1つ。出雲大社で、両横綱の土俵入りが奉納された。モンゴル出身2横綱とも、最早日本の八百万の神々の拝殿の一つの前でも堂々、その恵みに浴する程、まほろばの大和の国の風土の1つと化した観がある。
 
 今週は、スワンステークスも番組に組まれている以上、出走予定の
 
    〇・・・・・・・・〇
 
 これが一体、天皇賞で何処に置かれるか!
 
 御登録は 
 
     sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで
 
 『登録希望』 または 『詳細希望』 の件名にて、空メールをください。
 
 何故、11月号 あの天皇賞、かつての勝ち馬を掲載しているのか?
 
 台風明け、晴れやかな秋空の下の大舞台を期待している。
 府中の最後の直線、絶叫の果てに、栄光の盾と我われの再びの凱歌が待つ!
 
 
 メジャー上原、凄いことになってきた! 今日から、ワールドシリーズ!
 
 ここでもクローザーとして、完封劇を見せるのか!
 松井秀樹に続き、二人目のメジャー・ワールドシリーズのMVPの期待すらかかる、レッドソックスに聳え立つ、日本人投手。
 
 そして天皇賞・枠順発表の午後を過ぎ、夕刻に運命のドラフト会議。
 偽装ホテルで飯を食っている暇などない。
 
 ああ、桐光・松井青年の運命や、如何に!
 

大一番前の絢爛!

2013年10月23日 11時40分35秒 | Weblog
 また、別のある秋の天皇賞への連動レースだが、意外に近い場所に置いてあるレースだが、宿命的にこのレースが秋の天皇賞へのサインを含まざるを得ないのだろう。
 
 実に、上位2頭にとどまらず、上位3頭まで含めると、過去17年で15回の連動
 またその内、例外の2年は、実に4着ゼッケンの連動であり、要は過去17年間1~4着まで広げ眺め見れば、100%の連動である!
 
 その4着が絡んだ例外の2年は、特殊事情、春秋連覇、そして天覧競馬があった年である。
 
 もう、明らかに意図、作為である。
 
 まず、今回は該当の連動レースの1・2着、せいぜい3着の連動までで、わたくしが凝視し、疑いを感じている〇番ゼッケンがきちんと上位2頭の内に入っている! 矢張り、焦点はここだ。
 
 明日の 第148回 天皇賞・ の出馬表、真っ先に確かめるのは、この
 
     〇枠〇番 
 
 ここに配置される1頭である!
 
 
 昨日の調教中、出走を予定している ダークシャドウ これが調教中に、ラチを超え、側溝に嵌まるというアクシデントが報道された。一昨年のこのレースの2着馬。所謂水曜木曜の調教と云う、「公開リハーサル」でのこの演技。一体何の意味があるのだろう!? 勿論、この「アクシデント」は「わざと」である。
 
 
 目聡い方は既にチェック済みで、待ち構えておられようが、天皇賞1週前の先週日曜日。
 
  新潟11R 驀進特別  3枠 4番 エンプレスラブ      = 皇后
  東京12R 最終     4枠 4番 フジマサエンペラー   = 天皇
 
 この、天皇・皇后両陛下揃い踏みが 4番ゼッケン であった。
 
 ここがどの1頭になるか。これを焦点と待ち構えておられる方もあろう。
 
 わたくしの注目ゼッケンは、ここではないが。
 
 ここ 4番 ジェンティルドンナ なら喜んで買われる方もあるのだろう。
 
 
 『優駿』11月号 秋GⅠのエッセンスの詰まった1冊。今日入手の上、解読にかかることとする。
 
 
 今週中、残りあと3名様のみ、来年2014年有馬記念、年度末までの超・御優待、お受けすることとする。格別な御優待なので限定数にて勘弁してもらいます。
 
 
 御登録は  
 
     sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名にて、空メールをください。
 
 出馬表発表の前、大きなレースほど、正道を歩む限り、読んで絞り込めるものである。
 出馬表が出てから、おたおたしているようでは、こころもとない。
 
 
 既に材料は揃い、出馬表を待つばかり ・・・ 
 
 
 まだ錦秋には程遠く、今年もまた晩いのだろうが、昨日が時代祭だった。
 
 
 今回の秋の天皇賞。レース後気付いたが、あの秋に行われたある重賞こそ、絶対的な手掛かりである!
 
 今週は、絶対に! ただでは収まらない。高配当決着となる!
 
 

チャンピオンズカップ へ!

2013年10月22日 15時38分27秒 | Weblog
 今週土曜の重賞 第56回 スワンステークス 毎年激戦となる、マイルチャンピオンシップの前哨戦に位置付けられるレースであるが、これには、
 
   過去12年で11回 連動レース
 
 これが解かっており、このスワンステークス自体、過去18年間で1番人気が2勝しか挙げていない混沌としたレースである。そのように装われているのである。
 従って、このような連動に大いに頼ることになる。
 
 
 今日、JRAから来年度の競馬番組、そして主たる変更点が発表された。
 
 意外に大きな変更で、2歳馬競走体系の変更、ジャパンカップダートの変更、また札幌競馬場のリニューアルオープン、中山競馬場整備の為の競走施行の変更、など。
 
  ジャパンカップダートGⅠ     → チャンピオンズカップ  中京で開催
 
  朝日杯フューチュリティS GⅠ → 阪神競馬場で開催
 
  ラジオNIKKEI2歳S        → ホープフルステークス 
 
 
  新設重賞 
            ラジオNIKKEI京都2歳ステークス
  
            いちょうステークス 
 
 等、である。
  まあ、2歳馬の中距離競走の充実が著しいので、ラジオNIKKEI2歳は、格としては発展的な競走位置付け。名称は残し、新設重賞に代わる、など。
 
 JCダートが、チャンピオンズカップと名前を換え、中京開催。朝日杯FSは阪神で行われる、などGⅠも変更となる。
 
 この変更の意味はこれから咀嚼する。去年のあの大一番の意外な発射馬、人気薄の台頭を思っても、新設や変更には意味がある。馬券には直結する!
 
 ま、私の知り合いの競馬通も、実質、マイルの朝日杯よりも、ラジオNIKKEI2歳こそ、2歳馬最強戦である、と云っていたが、2歳でも長めの距離を番組上で充実せしめるという体裁である。
 
 
 へ~ぇ! フジTVのお昼の長寿番組 『笑っていいとも!』 が来年3月で終了する、と発表された。わたくしは余り観たことはないが、長過ぎてまだやっていたのか、と思う程ながら、来年3月の フジテレビ賞スプリングステークス など、一体どうなるのだろう、と思い遣られる。森田一義アワーだったな。
 
 しかし発表は今週であり、何らかの反映は見られるだろう。
 
 
 常識的に、今回の天皇賞・秋 ぶっつけとなる、ジェンティルドンナ 1番人気は間違いなかろうが、これが勝つまでは果たしてどうか、と感ずる。
 
 が、これも出馬表次第だ。どう読み込めるか。また何が仕組まれ、凝らされるか。1回1回のGⅠをテーマ追求からじっくり読み解くしかない。まだ、明日明後日辺りでないと、『優駿』11月号も入手できず、全国発売は25日金曜である。
 
 わたくしもまた早く、菊花賞をあそこまで読み切った充実した出馬表との戦いが待ち遠しい。また、まだ勝利の余韻が漂い、燃える心が名残る。
 
 明後日の出馬表発表に向け、わたくしも、今年の、今回の「天皇」とは何か。思いめぐらす。
 
 
 御登録は
 
    sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで   
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名で、空メールをください。
 
 多くのお問い合わせ、御登録、ありがとうございます。
 長期間の御登録ほど、御優遇させていただきます!
 
 今週もまた、必ず驚愕の核心、的中をお届けいたします!
 
 無論、わたくしはある歴代天皇を思い浮かべている。
 
 
 

菊次郎の秋

2013年10月22日 00時16分27秒 | Weblog
 今週末に迫る大一番 第148回 天皇賞・秋
 
 このレースには、過去16年で14回と云う連動レースがある。これもまあ、表層的には 8年で7回の割りだから、絶対的に信頼すべき確率ではない。
 
 が、その過去16年で2回の連動しない例外の年を見ると、ある年は3着馬の〇枠〇番がそのまま、1着ゼッケンに合致し、要は3着連動。そして2着ジョッキーが一致していた。
 もう1つの例外の年は、実に下位連動、ブービー・最下位が 枠連 1-4 で、その該当天皇賞、2002年も シンボリクリスエス 優勝 で、枠連 1-4 だった。またこれは、この折の秋の天皇賞が、東京ではなく中山競馬場で行われた例外的な年だったのである。
 
 連動レースでは、1・2着ではなく、3・4着をずらして使ったり、下位2つ、ブービー・最下位のゼッケンを代用して使う、この遣り口は向こうの常套である。向こうの、所詮人間業で、機械などが勝手にやっているわけでは決してない以上、こうした「揺らぎ」、意地悪とも思える、「すかし」をかましてくる。
 
 そして、この天皇賞・秋への連動は、素人では極めて気付きにくい、意外な、古いレースなのである。が、調べ上げようと思えば、誰にでも不可能なことではない。
 
 これからも、今回の天皇賞。どうしても、〇枠 そして〇番ゼッケンが非常に目に付く。多くの手掛かりレースで、出現しているからだ。
 
 
 
 先週の菊花賞だが、当日お伝えした手掛かりで、次のような配置もあった。
 
  日曜東京 6R
 
    3枠 6番 キョウエイショウリ  
    4枠 7番 クラウンフィデリオ
 
  日曜京都 8R
 
    3枠 6番 キンシノキセキ  
    4枠 7番 クラシックマーク       武豊
 
 これを見たとき、また他にも探し、これと同じ配置がもう別にはないことを確認した時、揃ってこれはこの日の菊花賞へのサインだと思った。後者の方がより強烈だ! だからこそ、この京都8Rの結末を見ると、完全サインが提示されていた。これは、申し訳ないが、このレース自体が終わらないとお教えできないのである。
 
 何故、この両方の 枠連 3-4 6番7番 これが菊へのサインだと解かるのか。もしお解かりにならない方は、正直、まだまだで、才能が薄い。いや、見るべき視点が確立されておらないのである。
 
 当日にただ2つしかなく、それが共に同じ2つの枠・ゼッケンで揃えられているのだから、サインに間違いなし。
 
 皆様、これを見て本当に何も感じられないんでしょうか??
 
 これを菊花賞当日に示す以上、次のレースへの誘いであることは直ぐ解かった。
 
    2005年 菊花賞
 
    3枠 5番 アドマイヤフジ   
    3枠 6番 アドマイヤジャパン      松田博資厩舎  2着
    4枠 7番 ディープインパクト       武豊        1着
    4枠 8番 シャドウゲイト
 
 史上に残る、記憶にも鮮明な、2頭目の無敗の三冠馬誕生、ディープインパクトの単勝100円戻しのレースである。
 
 まず、7番 武豊 これが京都8Rで合致し、また予め解かっていた エピファネイア 発射絶対! これから、東京6Rの クラウンフィデリオ これがエピファネイアと共通することも、はっきりしており、明らかにエピファネイア菊花賞へのサインと感じられた。何故なら
 
    エピファネイア   母シーザリオ が男装の女性
 
    フィデリオ     ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』主人公
                男装し、獄中の夫を助ける為活躍する妻レオノーレ
                その女性の使う変名
 
 この男装の人物ゆかりの主役が見込まれる、同じ菊花賞だったからだ。
 
 7番 武豊 男装の主役   これが、昨日の菊花賞主役を、歴代の優勝馬ディープインパクトに託し、告げる仕掛けだった。
 
 で、何故、この昨日の菊花賞当日に、ディープインパクトの菊花賞そのものを暗示して見せるのか。何を訴えかけているのか。
 
 今回、ディープインパクト産駒の出走馬は
 
    5枠 9番 インパラトール      父ディープインパクト
    6枠11番 ヒラボクディープ     父ディープインパクト
    7枠14番 サトノノブレス       父ディープインパクト   2着
    8枠17番 ラストインパクト      父ディープインパクト 
 
 結局この中に正解 2着馬 が居たわけだが、ディープ産駒を教える為だけなら、4頭もいるので、さしたるサインとも思えない。わたくしはもっと別の本質を読み込んだ。
 
 上記、2005年ディープインパクトの菊花賞だが、歴史的なヒーローの名シーンとして、幾度もビデオなどでファンなら御覧になられただろう。きちんと重要なことを覚えておられようか?
 
 この折の2着、3枠アドマイヤの馬主・近藤さんの馬の同居で、染分け帽。所謂、同じ馬主の勝負服が同一枠に同居する配置になってしまったとき、同じ3枠の赤い帽子では2頭の区別がつかないので、一方の帽子を赤と白の2色、染分けにして実況アナもファンも識別できるようにする主催者側の措置である。
 
 今回、この2頭 ディープインパクト アドマイヤジャパン この菊花賞の提示に符合するものは、菊花賞の次の2つの枠だった。
 
 
    8枠16番 アドマイヤスピカ
    8枠17番 ラストインパクト
    8枠18番 マジェスティハーツ      武豊
 
 まずこの8枠が、アドマイヤジャパン ディープインパクトと 同じ、アドマイヤとインパクトの接触、並び。また優勝ジョッキーの武豊も同居していた。
 
 さらに、
 
    7枠13番 ダービーフィズ      馬主・社台レースホース
    7枠14番 サトノノブレス
    7枠15番 ユールシンギング    馬主・社台レースホース
 
 この7枠が、05年の2着枠、3枠と同じ、同一馬主の同居で、やはり染分け帽子。
 皆様、英雄ディープインパクト三冠ゴールのシーンで、ニコニコ笑いつつ直ぐ後方でゴールする、横山典弘の赤と白の染分け帽子。このシーンを覚えておられようか? そこを覚えていないと!
 
 
 結局、結論はこの2つ。どちらか。共に、ディープインパクト産駒の配置された、7枠 または 8枠 一体どちらが正解か。だったのである。
 
 結局、角居厩舎同居の 2枠3番 エピファネイア この相手は、ディープ菊花賞と同じ馬名接触が配された、やはり松田博資厩舎同居の8枠か。アドマイヤジャパンと同じ染分けの枠の7枠か。
 
 わたくしは8枠の方が露骨にも見え、これをより疑わしいと思ったが、結論は 枠連 2-7 2-8 このどちらかしかなかった。
 
 加えて、全く別の手掛かり。菊花賞自体の次の配置も直ぐ、おかしいと思った。
 
   昨日 菊花賞
 
     5枠10番 バンデ           矢作厩舎 
     6枠11番 ヒラボクディープ    蛯名正義  国枝厩舎
 
 これから、わたくしは昨年のダービーが直ぐ髣髴した。
 
 
   2012年 ダービー
 
     5枠10番 ディープブリランテ   矢作厩舎            1着
     6枠11番 フェノーメノ              蛯名正義  国枝厩舎   2着
 
 何故、去年のダービーと同じ、5-6 10番11番 に同一配置を凝らして見せたのか? しかも、11番 ヒラボクディープ フェノーメノ 共に、同じ年の青葉賞を勝った同一要素の馬である。また、今回、この同一要素配置で、 枠連 5-6 などになるとは到底思いがたい。
 
 これは、去年のダービーと今回の菊花賞、出馬表の中に何らかの別の合致点があり、それが発射要素であることを教える仕掛けではないか。こうわたくしは読み、お伝えした。で、比べ見ると3頭が見つかる。
 
   去年ダービー 今年菊花賞 共通配置
 
    1枠 1番 スピルバーグ      横山典弘   ダービー  14着
    1枠 1番 チョウサン        横山典弘
 
    7枠14番 トーセンホマレボシ  池江泰寿厩舎 ダービー  3着
    7枠14番 サトノノブレス      池江泰寿厩舎
 
    8枠18番 アルフレード       武豊       ダービー 13着
    8枠18番 マジェスティハーツ   武豊      
 
 
 この3頭だった。これも結論は、結局、7枠14番 この同一要素位置の発射2着。
 
 実に、去年のダービーを想起させ、その1・2着配置を再現して見せ、3着位置の今回の発射を告げる。そしてそのサインに関わっている1頭 5枠10番 バンデ これが3着にとどまらせる。実は、暗示された、去年のダービーの3着位置が2着発射、1着位置が3着発射という、同一ではない類似レースを挙行してきたものである。
 
 終わって見ると、一般ファンは何故こんなことに気付かないのか、お前らは何を見ているか! と向こうの演出者側が思うほど、鮮やかにサインが提示、散りばめられているものである。
 
 
 また次のような事柄も目に付き、お伝えしている。
 
 菊花賞直後の、京都最終12R
 
      4枠 7番 メイショウイザヨイ    
 
 これは、イザヨイ = 十六夜 であり、これを踏まえると
 
     3番   エピファネイア   = 十二夜
     7番   イザヨイ       = 十六夜
 
 ちょうど、この菊花賞の 十二夜=3番目 これを前提にして、十六夜=7番目 が直ぐ傍の最終に置いてある。7番に十六を配置し、菊花賞の3番が4小さい十二に溶け合うこと、今日の主役であることを指し示すさりげない、芸の細かい決め手だとと思われた。
 
 一体、大レースの日、一般レースの出馬表は飾りや飾りや前座芸で仕込まれている訳ではない。わたくしとて、メイン前の途中レースの結果で、メインへの読みが全く覆されることはある。
 
 要は、向こうは巨大払い戻しされてしまうことも考えられる大レース、メインの日、あれこれ的中馬券を提示する為、懸命に努力しているのだ、と云う事実である。
 
 学ぶべし! 
 
 だからこそ、わたくしは学ぶ気力が皆無で、ただただ結論だけ教えて欲しいと云う要求を悉く退けさせて頂いている。
 
 
 御登録は
 
     sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで
 
 
 今回の、天皇賞・秋 
 
 わたくしに取っても重要なリベンジレースである。
 
 昨年は、水曜情報をご送付申し上げ、出馬表が出る前日に、枠連 2-6 が最有力であり、これで決まるのでは、との疑いをお示ししていながら、前日ある事柄に引っかかり、別様の結論を出してしまった失敗レースだったからである。
 
 今年は、オルフェーヴルの再挑戦以上に、事前の読み磐石で、大量払い戻しさせて頂く!
 
 菊花賞のキクだよ!
 
 
 原巨人は、マー君を打てるのか!?
 
 
    10月13日(日) 京都8R  
 
    15着 2枠 3番 マダムリシェス       ブービー
    16着 7枠14番 エンドレスシャイン     最下位
          (16頭立て)
 
 要するに、競馬の着順は、1着2着3着の馬券圏内だけでなく、全着順が決められて施行されているということだよ。
 
 鮮やかなもんだ!
 
 競馬会の本音は、解かる者だけ儲ければ良い、と云うことである。
 

天皇賞は〇枠発射!

2013年10月21日 12時10分54秒 | Weblog
 先週、週の半ば
 
    ミルコ・デムーロ  JRA騎手試験不合格 
 
 これが報道された。何故、このようなニュースが菊花賞の週、流されるのか。無論、残念とか、実力は十分なのに試験が厳しいなどの感慨は全く別に、これは菊花賞へのサインである、とわたくしどもは読む。
 このミルコの日本競馬最初のGⅠ制覇、これが
 
      2枠 3番 ネオユニヴァース    皐月賞優勝
 
 これだったからだ。今回、同じ2枠3番に注目と云う、メッセージであり、その通りだった。また、この皐月賞では 2着 サクラプレジデント 田中勝春 小島太 厩舎 だったが、これと同じコンビが、菊花賞に出走してきていた。
 
 結局、今回の菊花賞は、このミルコ最初の日本GⅠ制覇と同じ、2枠3番の優勝、田中勝春 小島太厩舎 の枠の発射で終わった。しかも、そのネオユニヴァースのダービーと同じ、枠連 2-7 ミルコ不合格はそのメッセージ、暗示表明だったのである。
 
 
 加えて、『優駿』10月号、第74回 菊花賞 だから、この最新号の74ページ。ここは、日本人初、NBA(全米バスケットボール協会)でプロとなった、
 
      田臥勇太    たぶせ ゆうた
 
 これとJRA騎手、戸崎圭太の対談で、このページ自体は、田臥くんのメガネ、髭の写真。
 
 実に、この人物の造型が、菊花賞出馬表にあった。
 
 
     7枠13番 ービーフィズ     田中勝春  小島太厩舎
     7枠14番 サトノノブレス        2着
     7枠15番 ユールシンギング   
     8枠16番 アドマイヤスピカ    戸崎圭太
 
 
 この、『優駿』10月号74ページ。これをその前後のページもぱらぱらとめくりつつ、見直されたい。
 
 当日情報で、私も御指摘申し上げたが、この前の72ページの田臥くんの写真。日本でのプレー風景だろうが、彼のユニフォームの胸に
 
     コジマ
 
 このスポンサーロゴの文字が見える。そして、隣の75ページには、戸崎騎手の写真。
 
 要するに、昨日の菊花賞の7枠には ユータ(勇太)の造型が2頭の馬で提示され、彼のユニフォームロゴと同じ コジマ(小島)厩舎 が同居し、隣の8枠には戸崎が居た。
 
 これが、この7枠の発射、サトノノブレス 2着 のサインだった。
 
 この、2着馬14番 このゼッケンは、先週のもう1つの該当ページ、10月号16ページ。ここのキズナだが、この馬の最も近い出走
 
     凱旋門賞   14番ゼッケン キズナ 
 
 これとも合致し、この74ページ、16ページは併せて 7枠14番 の訴えだったということになる。
 
 また同様先週のニュース、ウンベルト・リスポリに短期免許。これもリスポリの唯一の日本のGⅠ制覇。これが高松宮記念、キンシャサノキセキ の2枠での優勝だったからだ。
 
 
 再度申すが、
 
    エピファネイア   キリスト教の公現祭 1月6日
 
 日本人には馴染みない馬名だが、クリスマスは祝い楽しむ日本人だが、これにほぼ縁がない。ご説明するが、
 
    12月25日 ~ 1月6日
 
 この期間が、実は救世主キリストの誕生日(クリスマス)から、それが公けに世界に姿を現すまでの間の祭りの期間とされ、この最後の12番目の夜 = 『十二夜』 これがシェイクスピアの作品のタイトルであり、由来である。
 
 男装のシーザリオが実は女である正体を明かすこと、死んだと思ったお富、いやその双子の兄が出現し、二人の双子が正体を現わし、共にめでたく2組のカップルが誕生するハッピーエンド。この 正体明かし = キリストが世間に出現、姿を顕わすこと これを重ね見て、このキリスト教の祭りを恋愛喜劇に仕立て上げたシェイクスピア。
 だからこそ、今年フジのアナ、松尾翠と結婚した新婚ジョッキー福永が、ここまで勝たずに待っていたのである!
 
 エピファネイアの母シーザリオ この変名のヒロインの真の名はファイオラ(楽器のビオラ)。これが皇太子殿下の演奏される楽器であり、双子はその雅子妃のお妹様たち。明らかに、この馬に、皇后陛下のお誕生日の昨日、皇太子殿下が重ね見られていた。
 加えて、神戸のレースをに寄り添われ勝ってきたエピファネイア。ここには、元神戸製鋼の社員、安倍晋三首相という、自民党・派出身の現役首相も投影していた、JRA。
 
 この2要素、2人の人物が揃って観戦したのが、
 
   2007年 ダービー
 
   1着 2枠 3番 ウオッカ          角居厩舎
   2着 8枠16番 アサクサキングス    福永祐一
 
 首相の昭恵夫人は牝馬だからウオッカの馬券を買って儲けたという報道もあり、皇太子殿下は「おっ母ぁ~(ウオッカ)」と絶叫しつつ、この牝馬の圧倒的な直線を見守られたのであろう。
 
 このウオッカのダービーの再現、同じ 2枠3番 角居厩舎 ここに2着のジョッキー・福永を配し、2枠には角居厩舎を同居せしめて、エピファネイアの母シーザリオの双子性を強調して見せ、また先週土曜の、日ソ友好宣言、国交回復の日に併せ、
 
   日本の東京でロシアの酒(ウオッカ)を飲み干したレース
 
 これを再上演して、併せて両国友好の歴史を噛み締める。これが 第74回 菊花賞 だった。
 
 
 
 わたくしは、秋のGⅠが始まる前から、
 
    〇月〇日  〇〇競馬場 の1日  = 秋GⅠ特異日
 
 こう断言し、昨日のその該当レースが、枠連 2-7 菊花賞も 2-7 だった。正しかった。
 
 また、今年のGⅠは総て、〇・・・・・〇の再現だが、この該当レースも、2枠優勝で、合致した。
 
 競馬は仕掛けである。馬が強いなどは、全く関係ない。そもそも競走をしているわけではなく、シェイクスピア劇と同じで脚本通り、役者が馬を操作し、演技をしているだけだ。本質はアートなのである。
 
 ただ、賢く本質を見抜けた者には、儲け=払い戻し が待っている。
 
 
 昨日、次の配置にわたくしは注目を申し上げた。
 
 
  日曜東京 8R 1枠 1番 アポロドーロス
  日曜京都12R 1枠 1番 アースソニック
 
 明瞭に、今年のダービー3着馬 2枠3番 アポロソニック この分散造型である。
 
 2つの事柄が浮かんだ。まず、1枠1番にダービー3着馬の間接配置。これはこの日の東京メイン ブラジルカップ この1枠1番にオルフェーヴルの2011年のダービーの3着馬 ベルシャザール が置かれており、この発射サインではないかと云うこと。事実そうで1着した。
 
 もう1つは、何故、菊花賞の当日
 
   ダービー優勝位置 1枠1番 に、3着馬を置くのか?
 
 これは、昨日の菊花賞にダービー1着馬も3着馬も登場しない以上、
 
   ダービー3着位置 2枠3番 のダービー2着馬が発射する!
 
 このサインとして置かれたのではないか。この疑いである。そしてその通りだったのである。
 
 アベノミクスへの国民的支持、7月参院選でのねじれ解消、そして9月の東京五輪招致決定での森さんと安倍さんの並んだ喝采と歓喜、この余勢を駆った消費税8%の断行宣言 ・・・ これらがあったこそ、神戸のレースで森に寄り添われた1頭を、昨日の大一番、菊の大輪のレースで、華咲かせた中央競馬会である。
 
 
 今週の天皇賞・秋 GⅠ特異日 2013年GⅠのある再現システム サイン馬の指示 これらから、既に発射位置は解かっている!
 
 3連単 面白いですね。
 
 
 御登録は
 
    sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 この件名で、空メールを下さい。
 
  来春のピークシーズンまでの限定、長期優遇御登録。まだ今週も受け付けます。昨日の大勝で、もっと多くの方に、情報を送りしたい心持、昂まりましたのでね。
 
 双子のGⅠジョッキー、柴田大知 NHKマイルカップ優勝 これがあった年らしい、双子レースであった。1着枠は角居の同居 2着枠は社台の同居。
 
 コジマはワーグナーの妻だったな。今年、生誕200年 
 
 天皇賞は 〇枠 である!
 
 やはり、わたくしの読んだ、今年のJRA年間テーマは正しい!
 また麦藁帽子だった。