覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

濃厚な2重賞

2017年06月30日 10時29分38秒 | Weblog

  今週注目の日曜重賞 第53回 CBC賞 水曜出馬表前の御送付の事前情報で 〇枠発射濃厚 を申し上げていたが、開けて見た出馬表。実に 〇枠 は御覧の通りの配置となった。一目お笑いである。これの発射なのだ。
 もう相手探しに徹する。

 一方、もう1つの日曜重賞 第66回 ラジオNIKKEI賞 これも濃い連動 過去15年で14回の連動 が貫徹されると見て、その該当レースから挙がる発射候補そのまま。どれか。

 そうなると、こちらは、波乱濃厚のレースだと見られる。人気を被ると思われる1頭だが、この出走意味だが

     サトノクロニクル    白百合ステークス  優勝 

     日曜 東京都議会選挙当日 都知事・小池百合子   

 この合致で、人気で出走してくると思われるのだが、果たしてこれの取捨。如何に。大きな焦点となる。
 わたくしの事前の判断は、水曜明確にお伝え済み。

 梅雨時の選挙週となるが、わたくしは先週の風邪から回復。黒酢を飲んだり、ニンニクに頼ったり。が、今週こそ全開で、全レースと格闘致します。

 GⅠシーズン一息ながら、本当に続々、特に年度末・有馬記念までの御継続、また中長期御登録。沢山賜りまして、改めまして、闘志を燃やして居ります。

  

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。
     

 中長期の御登録。限定数ながら、まだお受け致しております。
 
 わたくしが申し上げている、今週注目の最重要人物とは 藤井聡太くん ではない。
 もっと強烈な人物がいるではないか。暴言に気を取られ、最も重要な人物を忘れちゃ困んなぁ。

 7月2日は 一年の折り返しの日 坂上田村麻呂が清水を建立した日 金閣寺が全焼した日 東大で学生らが安田講堂を占拠した日 メッカで将棋倒しで多数の被害者が出た日 である。


暴言ウィーク

2017年06月29日 13時18分48秒 | Weblog

 先週からだが、新たな音源が公開され、TV各局で流れた。御当人及びその御家族は、どの様に視聴して居られるのだろうか。
 
 が、トドメはわたし! とばかりに、真打 稲田朋美 防衛大臣 勇躍登場。見事にトリを締めた。この人物を凝視していて、今週

     ある歴史的名馬 の あるレースの再現   

 これが画策されることを強く感じ、現時点で確信している。少し古いが 枠連 〇-〇 または 馬番 〇番〇番 今週当初からの調べで、察知していた方向性と合致する。

 都議会議員選挙の当日の2重賞

      第66回 ラジオNIKKEI賞     

      第53回 CBC賞 

 殊に今週、後者はテーマ余りにも明瞭で、あの人物の映し出しであることは、昨日水曜情報でも申し上げ済み。

  

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。
     

 週中、続々中長期の御継続賜り、真に恐れ入ります。限定数ながら、まだお受け致しております。
 

 今週、帝王賞の週中 


     6月27日 大井12R ロマンティックナイト賞 

 

 大波乱で 3連複 171万 3連単 2669万 と云う大荒れになった。

 当然、これは東京都議会議員選挙の週であることが総てを説明する。選挙で金がかかるのは当然だ。


 東京シティー競馬だぜ。
 


帝王賞 正体

2017年06月29日 08時03分27秒 | Weblog

 わたくしは馬券参加する気は無かったが、昨日夜の大一番

     第40回 帝王賞      大井    

     1着 2枠 3番 ケイティブレイブ        福永 
     2着 5枠10番 クリソライト           戸崎 
          (16頭)  

 実に、2着枠

      5枠 9番 メイショウソレイユ     
      5枠10番 クリソライト          2着 

 先日の中央の春のグランプリ 第58回 宝塚記念 優勝 サトノクラウン 実に正体は

     映画 『太陽がいっぱい』 (プレイン・ソレイユ)  主演 アラン・ドロン   
 
 これを受けた、この公営競馬春の大一番。唖然たる結末で、この決着馬番 3番10番 = 3月10日 

    3月10日   1960年 映画『太陽がいっぱい』 仏で公開
             2005年 岡部幸雄、引退を表明  
             2012年 サトノクラウン 誕生  

 プレイン・ソレイユのソレイユ枠の発射で、サトノクラウンの誕生日馬券

 かつて、岡部さんがこの日に引退を表明したのは、これが東京大空襲の日で 

     東京都平和の日   陸軍記念日 

 これらとも重なる日付だが、当然、現役防衛大臣の都内での自衛隊発言が関与したかも知れない。
             
 優勝馬 ケイティブレイブ の父 アドマイヤマックス最大限の敬意) とは、岡部引退の春、直後3月27日 高松宮記念 で、岡部を送った 武豊 が勝利を捧げた1頭である。

 無論連動した仕掛け。中央と公営も連動している。
     
 

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。
     

 週中、続々中長期の御継続賜り、真に恐れ入ります。限定数ながら、まだお受け致しております。
 


週中情報 御送付済

2017年06月28日 13時03分16秒 | Weblog

 本日、水曜 週中情報 御送付済みでございます。

 果たしてまた ラジオNIKKEI賞 サトノクロニクル なのか? 疑念と共に、別の怪しい1頭を申し上げ済み。

 また、CBC賞 これまた濃い連動合致から 〇枠発射 有力と共に、疑いの登録馬。お話申し上げました。

 

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


 都議会選挙で喧しい連日だが、また出た! 稲田発言 完全にOUT! 現役閣僚が応援演説で、街頭で、自衛隊及び関係省庁が支持しているなど、暴言を通り越し、小学生の現代社会(公民)教育のヒフミン、厭 一二三 イロハ も外している。

 公共機関の恥。またこの言い訳に「誤解を招きかねない発言をしてしまい、」と取消を図っているが、誤解の余地は無い明言で、言い訳は通じない。聞いた我々が誤解しているのが悪いと云うのかい? 決定打である。
  
 我われ以上に、首相が呆れ返り、頭を抱えていると察せられる。これは政権末期的現象で、改造では終わらないだろう。


今週最大注目人物

2017年06月27日 09時25分03秒 | Weblog

 宝塚記念 大本命 8枠11番 サトノクラウン 9倍 これからの相手探しだったが、わたくし自身も向こうの提示してきたもので、最大の誤算は7月号巻末編集後記の次の1頭だった。

 厭、読みは正しかったが、向こうが意図的に囮として仕組んで来た、と見て好かろう。

 この箇所では御紹介した通り ヤマトダマシイ 藤沢和雄厩舎 を提示して来たが、これが実に四半世紀前の3歳馬。古過ぎ、実はこれが次の1頭の暗示なのではないか、と思い当った。

    ダイワスピリット      松田国英厩舎   7戦2勝  2008年出走   

 これが向こうが宝塚記念直前に告げる ヤマトダマシイ = 大和魂 なのではないか。

 そしてこの1頭の2勝を見ると

   2008年 6月28日 函館 6R  枠連 2-3    

   2008年 8月17日 札幌11R  馬番 4番5番  

 これは前後するが、馬番 4番5番 及び 枠連 2-3 今年の次のGⅠ

 

   2017年  大阪杯   馬番 4番 5番  優勝 キタサンブラック 

   2017年  天皇賞・春  枠連 2-3   優勝 キタサンブラック    

 

 これと合致する。はっきり、この ダイワスピリット この暗示で、今年春のGⅠ2勝 キタサンブラック この発射を告げているのではないか。この疑いが兆した。上記、最初の勝利の 2着馬 シーエンプレス これが皇后であり、皇后を従え、枠連 2-3 で勝った馬。これはキタサンブラックの天皇賞と合致するのではないか。

 ここまで考え及んだが、結局この向こうの導きは、向こうのフェイク、囮だった。

 

 が、この囮の意味は、これで終わりではない。詳細は、明日の 水曜 週中情報 でお伝え申し上げるが、今後にある示唆、要するに儲けの材料を提供する。

 正しく久々の

    GⅠ大舞台での  単勝 1・4倍 の大本命の撃沈     

 このような災厄を上演した場合、その場限りのファンは キタサン 来なかったな で諦め、また秋のG1で、などと考えるが、そのころ考えるより前に、この償いは逆に強烈な儲け材料として、近い内に炸裂する。長年の経験と勘ではっきり解かる。我々はそれをも頂戴する。

 

 今回宝塚のスペシャル・プレゼンター、元月組トップスター 真琴つばさ だったが、最も近いJRAでの ツバサ馬発射 このレースは、

   2017年 3月25日 第65回 日経賞      

   1着 7枠13番 シャケトラ       田辺   角居 

   2着 6枠11番 ミライヘノツバサ    藤岡佑介 伊藤大士

       (16頭)

 これが手掛かりの1つであることは明らかだった。ひょっとして、これは、最も近く ツバサを従え先頭ゴールしたシャケトラ、これが宝塚記念当日も、先頭ゴールし、表彰式でこの人物・つばささんと並んで祝福される、とのサインかもとも、水曜考え、その可能性をお話したが、やはり最終的なわたくしの到達した1頭 サトノクラウン その11番ゼッケン告知だった。

 

 間も無く捲る、12月11日配布、今年のカレンダー ザ・レコード・ホルダー その6月カレンダー写真

    ウオッカ  の 2007年 ダービー   枠連 2-8    

 これが6月最後の大一番、宝塚記念 の結末で 馬連 5250円 馬単 10670円 までついたが、素直にそのまま 2-8 を信じても、10番 キタサンブラック を信用し切っていては余り儲からない。

 

 JRAのGⅠ管理者部門の最終決断を下すメンバーらが、どのくらいの世代か。アラン・ドロン『太陽がいっぱい』を観たジェネレーション中心であることも銘記され、仕掛け探りを丹念に行われることだ。

 

 そして情報をお読み下さった皆様方。大原則、宝塚でこのほぼ29年続いている大原則。連動としてみれば、今回で 過去21年連続 で貫徹されたあのレースの踏襲。来年もこれでこのレースは自信を以て取り組め、勝てる可能性が高いと云うことだ。

 

 余談的に、今回、わたくしは、先週次のレースが再現される可能性を申し上げた。

   2017年 4月9日 中山 7R  

   1着 8枠12番 リリカルホワイト      石川  相沢 

   2着 6枠 9番 サンヘレナ         松岡  天間 

       (13頭)

 マンネリも云われるAKB総選挙。宝塚記念も同じく、ファン投票で決まるレースなので、この同時期の開催、結末を受けた上でのこの春のグランプリ。指原の3連覇だから、キタサンの春GⅠ3連覇だと云うようなたわごとは、全く顧みなかったが、今年最大の話題の1つ。名前も読みも間違われやすいとされる

 

    須藤凜々花   すとう りりか   総選挙で結婚宣言! 

 

 この物議で、わたくしが調べ上げたこの 最も近いリリカ馬発射レース これの再現は必至と見た。

    土曜東京 2R 枠連 6-8 

    土曜東京 8R 枠連 6-8    東京ジャンプステークス 

    土曜函館 4R 枠連 6-8  

    日曜阪神10R 枠連 6-8    花のみちステークス 

    日曜函館12R 枠連 6-8    津軽海峡特別 

 

 特別競走3つを含む、5発の出現。思ったよりも多かった。正しく リリカの導くジューンブライド の5発だった。

 さて、今週の注目 第53回 CBC賞 このレースのルーツに発する正体、レースの真の意味を御承知の方に取り、今回ほどテーマ明白な年も稀だと云える。

 またこのレースには

    過去11年で10回の連動レース   

    過去10年連続の連動レース 

 

 この2つがあり、殊に後者はこのCBC賞に固有の性格上、当然浮かび上がるあるGⅠレースだが、この2つの連動レースが 〇枠〇番 で合致している。

 現時点で18頭の登録があり、16頭以上になれば、この〇枠〇番で間違い無いと思う。また今年は、このレースに関与するある名馬1頭にまつわる重賞も既に行われている。1番人気は先週勝ち過ぎの 戸崎圭太 メラグラーナ の見込みだが、今年のこのCBC賞のテーマ人物を思えば、もっと注目すべき馬が居る。

 

 もう1つの重賞 第66回 ラジオNIKKEI賞 これにも

    過去15年で14回の連動レース    

 このかなり濃い連動手掛かりがあり、去年も 9番人気 6番ゼッケンを教えたこの連動だが、これまたある大レースが連動すると確信する。

 

 むろん、皆様、目前の 都議会議員選挙

 

 そして、毎月の重要アイテム 2つの手掛かりカレンダー 捲り7月の写真を凝視しなければならない。この2つのカレンダーと云う必須アイテムが手元に無いようでは、その時点で敗北だ。

 

 今回宝塚、馬連 馬単 から 3連単 70420円 までで相当な財、払い戻しに至られた方から大変丁寧な御感謝のお便りを頂いた。頭 サトノクラウン から、週中水曜にわたくしが申し上げた位置 2枠2番 ゴールドアクター 7枠8番 ミッキークイーン そのままの組合せで、頭数も少ない11頭立てだったから、浮かび上がらせるのは簡単だった、と仰る。無論、喜捨はお断りした。

 やはり今回、少頭数だからこそ、荒れる、荒れやすいと云う実はJRAのレース原則が露骨、具現するレースともなった。

 

 丁度で合致させたのかも知れぬが、ここまで話題になるのだから

    将棋界 若きプロ中学生棋士  藤井聡太四段   29連勝 新記録達成  

 

 実は日曜、宝塚記念時点では 28連勝だったので、これをまんまで 枠連 2-8 にした、と云う見方も1つはある。が、この人物の勇躍、そして真の具現はこの先。

 むろん、今週は当然新記録なりのことはある。

 

 それ以上に、今週の最大注目人物はもうあの人に決まっている。

 

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

 


巻末に込められたサイン

2017年06月26日 08時51分23秒 | Weblog

 春の大レース、宝塚記念直前、前日24日全国発売の御用雑誌『優駿』7月号

 この巻末編集後記の読み込み。21日水曜日には入手、解読に掛かり、これをも踏まえ水曜週中情報をお送りした。これがやはり大きなポイントで、今回の大きな明暗だった。

 

 今回は、ダービー制覇 藤沢和雄先生を採り上げ、その四半世紀も前の管理馬

     ヤマトダマシイ     父シンボリルドルフ   2戦1勝     

 ここから説き起こされていた。明け3歳のデビュー戦を圧勝。当然、クラシック候補と騒がれ、注目された2戦目。アクシデントで競走中止、帰らぬ馬となった。

 

 この1頭への反省、自戒を込め、以降、藤沢先生は「一勝より一生」をモットーに、若い時焦って無理遣いすることなく、ダービーに間に合わなくても、成長し古馬になってから大きいところを獲れれば良い、との鷹揚さ、「馬優先主義」を掲げ、2年連続ダービー2着 シンボリクリスエス ゼンノロブロイ この2頭を古馬になってから大成させ、有馬記念3連覇、秋GⅠ3連覇を達成する。

 

 表装はこの藤沢さんを掲げつつ、実は宝塚記念の前、競走中止の悲劇を持ち出す以上、その真意とは、宝塚記念史上の名高い悲劇的結末

    1995年 第36回 宝塚記念   

       優勝 ダンツシアトル     枠連 1-5  1番 9番   

 

 このレースの

    中止  8枠16番 ライスシャワー     的場  

 これを暗示しているのではないか。これは自然な発想だった。そして今回、メンバー中

    ライスシャワー      天皇賞・春 2回優勝   菊花賞馬

    キタサンブラック     天皇賞・春 2連覇    菊花賞馬   

 

 これが明らかに重なり、合致する。これでわたくしは先週水曜、申し上げた。キタサンブラックの闇。この同じ実績を持つ2頭。7月号巻末で ライスシャワー を暗示する以上、これは今回の宝塚記念。圧倒的大本命と目される キタサンブラック これのアクシデントの可能性、ひょっとしてゴールしない可能性にまで水曜云い及んだ。

 果たして翌日、木曜午後出馬表発表で

 

    8枠16番 ライスシャワー         競走中止、安楽死処分

    8枠11番 キタサンブラック    

 

 この配置となり、結局はこれの取捨。これが分かれ目となった。

 

 もう1つ。暗示されているのが ライスシャワー なら、この馬のキャリアで

    クラシック無敗3冠 のかかる ミホノブルボン をゴール前、凌ぎ、阻む   

    史上初春の盾3連覇 のかかる メジロマックイーン を止め、阻む   

 

 この 3冠ストッパー = ライスシャワー に該当する、キタサンブラックに立ちはだかる、今回のこの名馬の 春GⅠ3冠を止める馬 この突き止めこそ最大のポイントだと考えるに及ぶ。

 結果、キタサンブラック 1.4倍の圧倒的人気で9着に沈む。



 実は、ライスシャワー暗示こそ、今回の 宝塚記念 に向けた、藤沢&ヤマトダマシイ 提示の真意だった。

 3冠を狙う名馬が阻まれ8枠で大きく沈む、そして3冠ストッパーが台頭する。


 無論、これだけの圧倒的人気が存在し、これが勝てず、『太陽がいっぱい』の仕掛、未来を見据える藤沢 → サトノクラウン勝利レース これが浮かぶ以上、わたくしも 11番 単 頭から 馬連 馬単 は押さえたが、ただ、わたくしの大本線にも読み違いはあった。



  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

 今日は完全休養のつもりだったが、どうしても競馬のことを考えてしまうな。

 春GⅠシリーズはフィナーレだったが、引き続き、中長期の御優遇御登録。今週はお受け致します。
 

 基本的に、競馬のGⅠシーズンは前シーズンと同じことが何らかの形で繰り返されるが、去年秋最後の2つのGⅠ 朝日杯 有馬記念 が共に サトノの馬 勝利だったが、このシーズンも 安田記念 サトノアラジン 宝塚記念 サトノクラウン この2頭のサトノの締めくくりだった。


日本人が愛した俳優

2017年06月26日 06時19分21秒 | Weblog

 第58回 宝塚記念 優勝 8枠大外 サトノクラウン デムーロ これが具現するある意味壮大な仕掛。わたくしはこの1着馬は読み切った。一言で、予め仕組まれ、予定された通りのダービーリベンジだった。

    ダービー    8枠18番 アドミラブル     デムーロ      18頭立て
    宝塚記念    8枠11番 サトノクラウン    デムーロ       11頭立て

 この配置の一致。共に 大外のデムーロ これがリベンジを果たした、と云う単純なことに止まらない。ただ、こんな一致だけで馬券など買えない。

 ただ、この大外の同じ騎手で合致する配置を見ている内、閃いたことが真実、正解だった。

 
 御登録各位にもそのまま、同様お伝えしたが、1935年11月8日生まれ、81歳。184cmでかなりの長身である。この 誕生日日付 11月8日 これが西洋風に記すと 8・11 これが 8枠11番 に繋がることも合点した。
 日本人に長らく、そして歴代これ程愛され、憧れられた俳優が居たか、と思われる圧倒的な人気。御当人は、あの当時、1960年代、70年代の日本人に取り、自分は一個人としてではなく、憧れの西洋、まだ容易に訪れることのできないハイセンスなファッションと粋、スタイリッシュなものの代表、典型として存在していたのだ、と来日時、筑紫哲也とのインタビューで分析、語っていたのを記憶している。実に冷静に、自身の人気、存在意義を自覚していた訳だ。

 先月5月9日、この俳優 アラン・ドロン が、ほぼ俳優業を完全引退することを表明した。そして今年のダービー。これをも受け、1番人気 大外の アドミラブル が造型されたのだと判断する。

 ニーノ・ロータの哀切なテーマ曲も大ヒットした、ドロンの出世作『太陽がいっぱい』。主要人物は

     トム・リプリー (アラン・ドロン)    貧しい青年 

     フィリップ・グリーンリーフ       その友人で、富豪  

     マルジュ                 フィリップの恋人  

 貧しい主人公が富豪の友人をヨットの上で殺し、その友人になりすまし、その富も地位も恋人まで奪い取ろうとする犯罪ドラマである。映画の中で、ドロンが友人の筆跡、サインを真似、繰り返し練習するシーンが登場する。そっくりのサインを覚え、様々の偽造にも手を染める。この影武者性、本物と思ったら偽。この仕掛けがJRAのこの春のGⅠで使われた。

     ダービー   1番人気 アドミラブル    青葉賞優勝馬     3着

 実はこの1頭が 青葉 = グリーンリーフ だったのである。実に記憶にない皐月賞馬を青葉賞馬が人気で凌ぐダービー。結局は、最後猛烈に外から追い込んだが レイデオロ の3着まで。そして

     宝塚記念   優勝   サトノクラウン     父 マルジュ   優勝

 実に、ドロンが奪い取ろうとする、友人の恋人と同じ名・マルジュである。実はこの1頭 サトノクラウン の父の名が、『太陽がいっぱい』のヒロインと同じであることは、この馬が2年前出走した、ドゥラメンテのダービーの頃から察知していた。

 果たして、ダービーで大方のファンに溜息をつかせた グリーンリーフの馬 即ち1番人気青葉賞馬の大外敗退。これを伏線に、今回、宝塚記念では、同じく大外の デムーロ騎乗 で、マルジュの息子 サトノクラウン が配置された。この合致に心づいた時、わたくしの脳裏に、ニーノ・ロータの主題曲が流れたことは云うまでもない。

 昨日当日情報冒頭で申し上げた。優勝馬の駄目押しサイン

 24日土曜日全国発売の『優駿』7月号。無論、既に水曜日に入手、読み込み、この最新号の巻末編集後記。ここに ダービー を制覇した藤沢厩舎が取り上げられ、10年前のNHKのドキュメンタリーへの出演にも言及し

    2007年 5月NHK『プロフェッショナルの流儀』 
       タイトル 「未来を見据えるものが勝つ

    今年今回 7月号『優駿』 藤沢先生インタビュー記事
       タイトル 「馬の未来を見据えながら」 

 この2つを並べ、紹介している。これで思い当った。

    藤沢和雄厩舎 と 馬の未来     →  アヴニールマルシェ (未来への前進)  藤沢和雄厩舎   

 この藤沢先生が扱った、実在の1頭を指しているのだ、と。この馬の代表的なレースは
    
     2014年 11月24日(月) 第19回 東京スポーツ杯2歳ステークス 

     1着 1枠 1番 サトノクラウン         ムーア    堀  
     2着 2枠 2番 アヴニールマルシェ     北村宏司  藤沢和雄  
          (13頭)

 間違い無かった。レース前日全国発売。御用雑誌『優駿』巻末で、ダービーに事寄せ、藤沢さんの未来を見据える馬を暗示しているのは、この大外の勝ち馬の解かる者だけへ向けた告知である。
 そして結局、この重賞と同じ サトノクラウンと2枠2番 との決着だった。 

 実にこの上記 3年前東スポ杯2歳の前日 11月23日(日) 東京メイン 霜月ステークス 枠連 1-6 11番2番 が馬番の完全提示だった、と云うのが驚きの仕掛だったが、アラン・ドロンの誕生月レース。

 なりすましグリーンリーフは偽物、不発。マルジュの仔がリベンジした。

 またこの7月号巻末編集後記の上段に、6月号152ページ記載内容の訂正が断り書きしてあった。
 引っ張り出し、6月号の152ページを見ると、下段のイラストが
 
     ドバイワールドカップ 優勝    ヴィクトワールピサ     デムーロ    

 この姿だった。頭は完璧にサインされており、これで 1番人気 1.4倍 キタサンブラック に過剰に傾斜しているならば、この 11番 サトノクラウン 単勝 9倍。躊躇うことは無かった。


  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


 昨日、フジTVの競馬中継で、ゲスト具志堅用高さんが登場し、生まれた時から キタサンブラック を愛していた、などと語ったが、私には強みだった。

   具志堅さん  現役時代の愛称   カンムリワシ    =  (クラウン)

 これだと察知した。急遽予定変更があったとは思わないが、優勝厩舎・堀 2着馬が黄金の俳優 やはり話題として避けて通れない 本名 越宝世 逝った麻央さんの夫を造型する意図は明らかに読める。11代目海老蔵で、11番目の堀。

 海老蔵は、本名 孝俊(たかとし) → 世(たかとし) に換えた。これが塚にも通じるので、この様な演出も着想されたのだろう。本当は、夫婦の一心同体で 8-8 が当初の予定であり、が、週中突然にも麻央さんの訃報があり、それで大方のファン御期待外れ、落胆を海老蔵と共有せしめる為、キタサンブラック を撃沈させたのか、とも疑うが、真実は解からない。


哀切、不条理ドラマ

2017年06月25日 16時26分15秒 | Weblog

 金曜だったか、JRAオリジナル壁紙カレンダー7月バージョンが提示され

      レイデオロ      このダービーでない、もう1つのGⅠ 

 去年有馬当日 ホープフルステークス 馬番 2番11番 この正解提示だったことが解かる。

 正直、ここまで キタサン 沈むとは考えていなかった。

 この方をわたくしもよく覚えていた。親父のレコード棚から取り出し、勝手に聴いた。
 
 5月9日だったか、身の振り方を発表した、と聞いた。御登録の皆様方にも、無論、お伝えした。


私の大本命サトノクラウン 優勝!

2017年06月25日 16時12分53秒 | Weblog

 第58回 宝塚記念 大本線1・2着 とは行きませんでしたが、

      キタサンブラック  は勝てない! 

 この断言に加え、もう昨日から絶対的単勝を申し上げていた

    大本命   8枠11番 サトノクラウン        デムーロ       単 9倍   

 これの単から入ることを申し上げ、皆様。大きな配当ではございませんでしたが、獲って頂けましたでしょうか。


 今日の主役。日本人が長らく愛したある俳優がベースにあり、これを具現する仕掛け。わたくしはこの1着馬は読めましたが、相手 水曜 週中情報 時点で 出馬表が確定・発表される前に、相手位置で怪しい筆頭 2枠2番 の粘り込みであった。

 昨日申し上げたが、ダービーの不発 

      ダービー    8枠18番 アドミラブル     デムーロ    1番人気  3着

      宝塚記念    8枠11番 サトノクラウン    デムーロ  

 この、ダービー不発のリベンジであることを炙り出し申し上げ、意外に人気上位となったが、単 900円 もつけば、わたくしも当然、単から大勝負した。

 
 この、2つのGⅠの大外の デムーロ  

      一方   青葉賞 勝ち馬 

      一方   あの息子    

 この2つを並べ見て、あの俳優に今思い当たられた皆様、貴方様もファンでしたか。特に貴女はそうでいらしたのでは?


 宝塚記念向け、JRAのCM。高畑充希さんが 右回り、左回り を学ぶバージョン。

 これの真意とは、宝塚記念 歴史上、阪神でも京都でもなく、唯一の右回りの中京で行われたレース

     1980年 6月1日  第21回 宝塚記念     中京 芝2400m  
 
     1着 2枠 3番 テルテンリュウ       
     2着 3枠 4番 ハシクランツ         

 これが告げる2枠発射だった。

 そして実に 春GⅠシステム で、既に朝日杯は 2016年 で終わり。この代理のレースは何なのか。水曜情報時点で、予測申し上げたその通りだった。

     春GⅠシステム   代理該当    ホープフルS   枠連 2-7  2番11番 

     今回  春GⅠフィナーレ        宝塚記念    枠連 2-8  2番11番   

 これだった。

 実は今週、わたくしは金曜午後から極端に、体調が悪化。風邪だと思うが、スタミナ、食欲とも全く無し。
 金曜昼から日曜午後の今に至るまで、全く固形食が食べられず、言い訳ながら万全で無く、サプリメントとユンケルを飲み、何とか春最後のGⅠ。一発をお送りしようと、辿り地着いた最終結論。

 これは   優勝 11番 サトノクラウン    10番 キタサンブラック     これだった。

 加えて、もしこの2頭ならば 3着 2枠2番 ゴールドアクター では無いかの疑いまで、昨日申し上げたが、整理し切れなかった。だから、大本線1・2着には及ばなかった。

 わたくし自身、今日は単純な馬券で行こうと思っていたので、この キタサン 1.4倍 世間の大本命のレースで 単 9倍 サトノクラウン ははっきり言って美味しい。


 兎も角休みます。

     ダーバン、セレレゴンス・デラ・モディアム!  

 意味も知らずずっと真似していた台詞である。

 今週は本当に、体調悪化で御迷惑をお掛けし、申し訳ございません。 誰よりもわたくし自身が寂しい。

 今日当日の 情報メールタイトル  

      6月号 152ページ   訂正  

 これだった。終わって、気が付かない方は、今からでも探られるべきだ。兎も角、来週もあるので、休みます。

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

           


宝塚記念 大本線

2017年06月23日 13時00分41秒 | Weblog

 日曜 第58回 宝塚記念 これに併せ、24日(土)『優駿』7月号を全国発売し、一般ファンに届け、訴え掛ける以上、この7月号に宝塚記念の正解サインが仕込まれていることは間違い無し。

 これをレース前日の全国発売まで待っていられる訳も無く、水曜に入手。そしてわたくしもこの、7月号の最大のメッセージに気付くのに、ほぼ1日かかった。

 一読した時は、解からなかったことに思い至り、余りに直截、はっきりしたメッセージであることに唖然とし、そして昨日も申し上げた通り。絶対的なある確信に至っている。

 現時点で、明日土曜の各場の出馬表を読み込んでいるが、日曜、この春最後の大一番 第58回 宝塚記念 春のグランプリ。焦点は最強馬 キタサンブラック 春GⅠの3連勝成るかどうか。この判断も含め、明日土曜情報冒頭で、宝塚記念の結論、自信の大本線 1点目 大勝負する馬券を、根拠明白にお話申し上げる。

 余りに鮮やか、パーフェクトな訴え方に舌を巻いている。


 朝、いや昨日から、実に聞くに堪えない女の金切り声、暴言を聞かされ、辟易と共に、午後に行われる、成田屋・市川海老蔵の会見を思い、胸が塞がれる思い。痛切である。

 また御紹介する機会もあろうかと存ずるが、どうにもこの家系、江戸歌舞伎、荒事の宗家と謳われ、現在も舞台で喝采の日々だが、どうしてこうも悲劇が付きまとうのか。


 わたくしは、宝塚記念 先ず単勝から、と申し上げているが、当然意味がある馬券だからである。


  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


 水曜 週中情報 をお読み頂いた皆様。あのことに気付かれただろうか。実は唖然とするほどあっさりとあの1頭のことを教えている。

 繰り返し再度申し上げる。 キタサンブラック  は勝てない。

 間に合えば、水曜の週中情報から今週の全情報を御送付申し上げます。

 元SMAPの各メンバーにも注目が集まった週だった。それなりのことはある。

 人皆、品格、佇まい。正しく、麗しくありたい。


思い出す昭和最後の日

2017年06月23日 10時31分19秒 | Weblog

 1989年1月7日、朝起きるとテレビで皇室の方々がしめやかな面持ちで並んで居られた。
 すぐ電話すると、意外にも予定通りやると云うので、出掛けた。

 昭和最後の日。

 締めの演目は、團十郎、新之助父子の『連獅子」』だった。 

 芝居がはねてから皇居まで歩き、二重橋が見えるあたりで立ち止まり、しばし佇んだ。

 昭和を送る小雨の中だった。


 まだ、小学生だったのかな。

 奇しくも今週のレースと同じ ・・・・さん。


宝塚 単勝を買う

2017年06月22日 19時35分44秒 | Weblog

 宝塚記念当日、スペシャル・プレゼンターで登場する、

     元宝塚歌劇団月組トップスター   真琴つばさ   

 貴女の真実が解かりました。

    第58回 宝塚記念     単勝 を買うべきレース  

である。そう読み解き、先ずはこの1頭の馬券からですね。

 さて当日25日阪神競馬場。この方が寄り添う勝ち馬とは ・・・  


  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


宝塚記念 仰天の1頭が告げる結末

2017年06月22日 18時10分22秒 | Weblog

 感激した。

 不図した記憶で、ある着想が駆けめぐり、調べ上げ、仰天の上、納得した結論に到達した、と感ずる。

 基本、今回の 第58回 宝塚記念 正解は  

     枠連 〇-〇  馬番 〇番〇番   または  枠連 〇-〇  馬番 〇番〇番   

 で、以下。昨日週中情報をお読み頂いた方々のみ、お解かり頂けるよう、お話申し上げる。

 先ず、7月号『優駿』のあの箇所の言説で、あのある「怖れ」を申し上げた。が、これは実はである。ある1頭を察知し、わたくしは、今回の発射する大本命馬絶対の確信を持った。またそれがきちんと解かるように記されている。唖然とする。

 次に、相手関係だが、上記2通りの結末可能性を申し上げたが、後者の方が、昨日列挙し、お話した手掛かりの大半に合致し、こちらが正解ではないか、と思う。

 そして、今季 2017GⅠシステム の運用、解釈だが、基本的に去年・宝塚記念と同じである。あの事柄が使われる。

 現時点で、2つの結論の内、どちらかしか無い。


 サインが余りにも素晴らしい!  昨日購入、読んだが、あっさり今日出馬表を見渡し、毎開催日、競馬を観ているお陰で、あの1頭にわたくしの頭が思い及んだ。無論、出馬表に無い1頭である。

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

 キタサンブラック の。解け、正体は見えた。
 何故、週中あのような報道が為されたのか。結論と完全に合致する。恐らくは、読み難い方が正解だ。

 皆様、お話すれば、びっくり仰天されるが、わたくし以外にも7月号あの1頭に気付かれた方々は相当数、居られるのではないか。気付かれた方のみ、今夕、にっこりされている筈である。
 


宝塚記念、喝采か!仰天か!

2017年06月22日 15時37分09秒 | Weblog

 出馬表が出た。第58回 宝塚記念 春フィナーレを飾る大一番。

 わたくしが昨日水曜情報で、大本命 と申し上げた 〇枠〇番 ここに配置の1頭は、意外に人気がある馬となったが、果たしてこの1頭で本当に良いのかどうか。
 
 そして一般ファン、最大の注目 8枠10番 キタサンブラック となったが、さてこれで週中情報で申し上げた、あの7月号の箇所の指摘。これが本当に具現される可能性。これを凝視しなければならない今週末となった。

    果たして 喝采 か! 仰天 か!

 何分にもこの頭数、期待した通りの11頭立てとなった以上、ある結論ははっきり出ているが、今週こそは慎重な大勝負となる。何故ならば、必然的に点数が絞られるからだ。そして大本命と目される1頭。ここの配置の意味。わたくしは先取りし、既にお伝え済み。ちなみに、水曜情報で第一に申し上げた、大本線は 8枠10番 など含まない。

 要するに、はっきりしている事柄の是か非か


 御承知置きだろうが、先週の ユニコーンステークス の勝ち馬 サンライズノヴァ は、キタサンブラックと同じ ヤナガワ牧場 の生産馬である。果たして2週連続となるのだろうか。

 皆様、週末情報の前、昨日水曜情報 15000字を超える内容をじっくりお読み取りの上、週末をお待ちくださいます様。
 

 わたくしも、腹を固めつつある、と云う出馬表発表後の午後である。

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


 果たして、キタサンブラック のブラックとは何なのか? この闇を凝視続ける。

 本日も続々御登録賜り、恐れ入ります。無論、大勝負に値する、核心の情報をお送り致します。
 7月号は正解提示そのものである。


キタサンブラック 死角

2017年06月21日 18時51分26秒 | Weblog

 本日、水曜 週中情報 御送付済 でございます。

 21日水曜日、本日 7月号『優駿』 逸早く入手致し、また先行購入者向け・サービスの絵葉書。非常に示唆的。

 そして、7月号のあの箇所。非常に良く味わい、調べも入れ、昨日この場で申し上げました、決定的濃い連動2つ目。これで今回

    第58回 宝塚記念   本命 〇枠〇番    

 これを出馬表発表前、断言申し上げ、この相手位置も 最大注目は 〇枠〇番 ここだと明言申しました。

 何故、そこまで言い切れるのか。一読頂ければ納得頂ける。レースには歴史があり、向こうが決め事として計zくさせている事柄がある。今日の情報で、何故、牝馬優勝の宝塚だけ・・・・・・なのか。このような歴史的事実まで横たわっているのである。

 2017年春GⅠシステム この総決算、フィナーレでもある。わたくしはこのシステム上の読みにも自信を持っている。間違い無く、100%〇枠または〇枠の発射。明日11頭立ての出馬表、午後2時の発表が楽しみな限り。本日中、御登録確認できましたなら、水曜情報。本日中に御送付申し上げます。

 申し上げました通り キタサンブラック だとは思っておりません。

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


 死角無しの大本命 など、死角も十分なことを7月号は告げている。全国発売を待っていると、レース前日24日。間に合わないので、今日入手した。まだまだ解読を進める。