覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

メイン後

2006年01月29日 16時00分15秒 | Weblog
 東京根岸 7番リミットレスビッド これでいいのだ。(お話しているようにメインのサイン馬です。)



 昨日も出た9番11番、小倉のメイン結果。どうやら、今週六本木ヒルズを襲った騒擾、果ては東証の混乱と言う事態を、同時多発テロ に喩え、ヒルズ=日本の貿易センタービル倒壊に類えているものであるようだ。



 ヒルズ も、偽装マンションも、信頼を失墜させる。これが日本の9・11なのだろう。



 どうもオスカル3着で、レクレドールの枠は不発だったな。小倉1Rも7枠メイショウなのでね。Oh, 同着ですか! 



 フジでの放映、ディープインパクトのキングジョージ挑戦の話が出ているが、



  キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(King George VI & Queen Elizabeth Diamond Stakes)



 という名を、ダイヤモンドステークス2月12日の前に出す点が匂う。このバレンタイン週の2つの予告、昨日今日提示されている。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 京都異様 | トップ | 善いホームズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リミットレス・・・ (有柴)
2006-01-29 21:00:50
今晩は、こちらに書き込みました。根岸S1着、リミットレスビッドにずっと引っ掛かってた点がありましたが、やっと分かりました(私見ですが)。リミットレスビッド=時間無制限の穴倉ピットとはまさに、拘置所ではありませんか。曖昧な日本語の中のJRA、楽しいです。
マルカシェンクと同じ (ドラクロア)
2006-01-31 20:57:53
わしには、五輪近し であの妖艶な有名選手 2度までもの五輪金メダリスト 4度の世界チャンピオン をなぞり、回顧を促すものと思われたのです。その昔、物好き馬主がシンザンの子にカタリナラビットと名づけ、走らせたことがある。2着馬名は、ドイツの大戦中の暗合システムであり、この1着馬金メダリストは東ドイツ出身である。今年、世界舞台ドイツに気を配られたしの競馬会の諭しと見る。  歴史に "もし" は禁物ですが、 エニグマ暗号が "もし" 解読されていなければ、 ノルマンディ上陸作戦や大戦での連合軍の勝利はずっと遅れたか、 あるいは、勝利そのものさえなかった (?) かもしれません。



 の記述にも出会う。

Weblog」カテゴリの最新記事