太陽フレアと黒点数(まとめ)

■更新は11時半以降です
※臨時情報があれば随時更新します(速報はMクラス以上が目安です)

太陽フレアと黒点群(21日更新)※無黒点18日目

2019-10-21 12:27:05 | まとめ報告
まとめ報告です。

■過去地震のまとめ(tenki.jp・・・震度3以上表記)・・画像ができるまではリンク先でご確認ください(準備にはもう少し時間がかかりそうです)
tenki.jp(過去地震まとめ:震度3以上)


■ぽりぽりさんのサイト
こちら


■10月の特異日■
画像へのリンク
※09/30リンク先を更新しました


■太陽フレア■(JST) ※発生源はNOAA等から
発生日 JST 検出 (MAX時)
10/21
 --- ---
10/20
 --- ---
10/19
 --- ---
10/18
 --- ---
10/17
 --- ---
10/16
 --- ---
10/15
 --- ---


■黒点数■ 手計算
 10月14日 000 ※無黒点(12日目)
 10月15日 000 ※無黒点(13日目)
 10月16日 000 ※無黒点(14日目)
 10月17日 000 ※無黒点(15日目)
 10月18日 000 ※無黒点(16日目)
 10月19日 000 ※無黒点(17日目)
 10月20日 000 ※無黒点(18日目)


■地磁気[柿岡]■※更新時の値です(後で値が変わる可能性があります)
10/14 sum11 Max2
10/15 sum09 Max3
10/16 sum09 Max2
10/17 sum06 Max1
10/18 sum12 Max3
10/19 sum10 Max2
10/20 sum08 Max2
活動:Sum 3≦10≦15≦21≦23
※20日は「静穏」でした
※スポラディックE層は画像を参照





■潮の切り替わり■
10/21 小潮(22.4:二十三夜)【下弦】
10/22 小潮(23.4:有明月)
10/23 小潮(24.4:有明月)
※()内:月齢(数字)と月の満ち欠けの通称



■天文現象■・・・AstroArtsより
10/21 21時39分:下弦
10/24 06時40分:P/2009 SK280スペースウォッチ・ヒル彗星が近日点を通過(周期10.5年)
10/26 12時20分:76P/ウェスト・コホウテク・池村彗星が近日点を通過(周期6.5年)
10/26 13時52分:383P/クリステンセン彗星が近日点を通過(周期6.7年)
10/26 19時39分:月の距離が最近(0.940、36万1311km、視直径33.1′)
10/28 12時38分:●新月



■静止軌道系チャート■
[静止軌道電子]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)

[Proton]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)


■黒点数など■
無黒点です。



■黒点群の動向■
無黒点です。回り込んできそうな領域もありません。



■フレアの発生状況■
X線チャートのレベルは、前日と同等で低い状態です。フレアは発生していません。
引き続き全体を注視したいと思います。
※フィラメント:北半球東端にフィラメントがあります


■CME到着予測■
ありません


■太陽風■
速度は少し下がり、現在330km/s前後で推移しています
磁場は、やや北寄り


■コロナホール■
南半球西寄りのコロナホールは消滅
北の極と、赤道を挟んで南北に伸びるコロナホールが正面から東側にかけて広がっています


■衛星関連■
※チャートの値は急激に変化しますので、可能な限りリアルタイムチャートで状況を確認するようにしてください。


●静止軌道電子(GOES13と15)
10/20 02~08時(UT)前後に強い反応がありました。
10/21 01時(UT)以降も強い反応が続いています。ご注意ください。

●プロトン
通常のレベルです


データはSWC宇宙天気情報センター発表のものです。
※天文現象:AstroArts
※静止軌道電子等の画像はNOAAからお借りしました
※日本の静止軌道のチャートはJAXAからお借りしました
※CMEの到着予想はNASAのSPACE WEATHER LABの情報です


アメリカの地震予想サイト

●Hi-net日本地震分布(過去24時間)・・・小笠原のデータは掲載日がずれて反映されるようです(翌々日に掲載)








※テスト掲載(USGS:https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/ より)→回線の都合で画像更新できない場合があるかも
コメント

太陽フレアと黒点数(20日更新)※無黒点17日目

2019-10-20 14:25:43 | まとめ報告
まとめ報告です。

■過去地震のまとめ(tenki.jp・・・震度3以上表記)・・画像ができるまではリンク先でご確認ください(準備にはもう少し時間がかかりそうです)
tenki.jp(過去地震まとめ:震度3以上)


■ぽりぽりさんのサイト
こちら


■10月の特異日■
画像へのリンク
※09/30リンク先を更新しました


■太陽フレア■(JST) ※発生源はNOAA等から
発生日 JST 検出 (MAX時)
10/20
 --- ---
10/19
 --- ---
10/18
 --- ---
10/17
 --- ---
10/16
 --- ---
10/15
 --- ---
10/14
 --- ---


■黒点数■ 手計算
 10月13日 000 ※無黒点(11日目)
 10月14日 000 ※無黒点(12日目)
 10月15日 000 ※無黒点(13日目)
 10月16日 000 ※無黒点(14日目)
 10月17日 000 ※無黒点(15日目)
 10月18日 000 ※無黒点(16日目)
 10月19日 000 ※無黒点(17日目)


■地磁気[柿岡]■※更新時の値です(後で値が変わる可能性があります)
10/13 sum00 Max0
10/14 sum11 Max2
10/15 sum09 Max3
10/16 sum09 Max2
10/17 sum06 Max1
10/18 sum12 Max3
10/19 sum10 Max2
活動:Sum 3≦10≦15≦21≦23
※19日は「静穏」でした
※スポラディックE層は画像を参照





■潮の切り替わり■
10/20 中潮(21.4:宵月)
10/21 小潮(22.4:二十三夜)【下弦】
10/22 小潮(23.4:有明月)
※()内:月齢(数字)と月の満ち欠けの通称



■天文現象■・・・AstroArtsより
10/21 21時39分:下弦
10/24 06時40分:P/2009 SK280スペースウォッチ・ヒル彗星が近日点を通過(周期10.5年)
10/26 12時20分:76P/ウェスト・コホウテク・池村彗星が近日点を通過(周期6.5年)
10/26 13時52分:383P/クリステンセン彗星が近日点を通過(周期6.7年)
10/26 19時39分:月の距離が最近(0.940、36万1311km、視直径33.1′)
10/28 12時38分:●新月



■静止軌道系チャート■
[静止軌道電子]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)

[Proton]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)


■黒点数など■
無黒点です。



■黒点群の動向■
無黒点です。回り込んできそうな領域もありません。



■フレアの発生状況■
X線チャートのレベルは、前日と同等で低い状態です。フレアは発生していません。
引き続き全体を注視したいと思います。
※フィラメント:北半球東端にフィラメントがあります


■CME到着予測■
ありません


■太陽風■
320km/s前後で推移していましたが少し上がり、現在350km/s前後で推移しています
磁場は、南に強く振れた後、南北に大きく振れています


■コロナホール■
北の極、赤道付近東端、南半球西寄りにコロナホールがあります


■衛星関連■
※チャートの値は急激に変化しますので、可能な限りリアルタイムチャートで状況を確認するようにしてください。


●静止軌道電子(GOES13と15)
10/19 05~07時(UT)くらいに小さな反応がありました。10/20 03時(UT)前後に強い反応が出ています。
この後乱れ等が出るようなら要注意

●プロトン
通常のレベルです


データはSWC宇宙天気情報センター発表のものです。
※天文現象:AstroArts
※静止軌道電子等の画像はNOAAからお借りしました
※日本の静止軌道のチャートはJAXAからお借りしました
※CMEの到着予想はNASAのSPACE WEATHER LABの情報です


アメリカの地震予想サイト

●Hi-net日本地震分布(過去24時間)・・・小笠原のデータは掲載日がずれて反映されるようです(翌々日に掲載)







※テスト掲載(USGS:https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/ より)→回線の都合で画像更新できない場合があるかも
コメント

太陽フレアと黒点数(19日更新)※無黒点16日目

2019-10-19 10:15:25 | まとめ報告
まとめ報告です。

■過去地震のまとめ(tenki.jp・・・震度3以上表記)・・画像ができるまではリンク先でご確認ください(準備にはもう少し時間がかかりそうです)
tenki.jp(過去地震まとめ:震度3以上)


■ぽりぽりさんのサイト
こちら


■10月の特異日■
画像へのリンク
※09/30リンク先を更新しました


■太陽フレア■(JST) ※発生源はNOAA等から
発生日 JST 検出 (MAX時)
10/19
 --- ---
10/18
 --- ---
10/17
 --- ---
10/16
 --- ---
10/15
 --- ---
10/14
 --- ---
10/13
 --- ---


■黒点数■ 手計算
 10月12日 000 ※無黒点(10日目)
 10月13日 000 ※無黒点(11日目)
 10月14日 000 ※無黒点(12日目)
 10月15日 000 ※無黒点(13日目)
 10月16日 000 ※無黒点(14日目)
 10月17日 000 ※無黒点(15日目)
 10月18日 000 ※無黒点(16日目)


■地磁気[柿岡]■※更新時の値です(後で値が変わる可能性があります)
10/12 sum07 Max2
10/13 sum00 Max0
10/14 sum11 Max2
10/15 sum09 Max3
10/16 sum09 Max2
10/17 sum06 Max1
10/18 sum12 Max3
活動:Sum 3≦10≦15≦21≦23
※18日は「やや静穏」でした
※スポラディックE層は画像を参照





■潮の切り替わり■
10/19 中潮(20.4:宵月)※干支重複
10/20 中潮(21.4:宵月)
10/21 小潮(22.4:二十三夜)【下弦】
※()内:月齢(数字)と月の満ち欠けの通称



■天文現象■・・・AstroArtsより
10/21 21時39分:下弦
10/24 06時40分:P/2009 SK280スペースウォッチ・ヒル彗星が近日点を通過(周期10.5年)
10/26 12時20分:76P/ウェスト・コホウテク・池村彗星が近日点を通過(周期6.5年)
10/26 13時52分:383P/クリステンセン彗星が近日点を通過(周期6.7年)
10/26 19時39分:月の距離が最近(0.940、36万1311km、視直径33.1′)
10/28 12時38分:●新月



■静止軌道系チャート■
[静止軌道電子]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)

[Proton]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)


■黒点数など■
無黒点です。



■黒点群の動向■
無黒点です。回り込んできそうな領域もありません。



■フレアの発生状況■
X線チャートのレベルは、前日と同等で低い状態です。フレアは発生していません。
引き続き全体を注視したいと思います。
※フィラメント:東端に南北に伸びるフィラメントがあります


■CME到着予測■
ありません


■太陽風■
390km/s前後で推移していましたが下がり続け、現在320km/s前後で推移しています
磁場は、南寄り



■コロナホール■
北の極、赤道付近東端、南半球西寄りにコロナホールがあります


■衛星関連■
※チャートの値は急激に変化しますので、可能な限りリアルタイムチャートで状況を確認するようにしてください。


●静止軌道電子(GOES13と15)
10/18 06時(UT)前後に少し反応がありました

●プロトン
通常のレベルです


データはSWC宇宙天気情報センター発表のものです。
※天文現象:AstroArts
※静止軌道電子等の画像はNOAAからお借りしました
※日本の静止軌道のチャートはJAXAからお借りしました
※CMEの到着予想はNASAのSPACE WEATHER LABの情報です


アメリカの地震予想サイト

●Hi-net日本地震分布(過去24時間)・・・小笠原のデータは掲載日がずれて反映されるようです(翌々日に掲載)







※テスト掲載(USGS:https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/ より)→回線の都合で画像更新できない場合があるかも
コメント

太陽フレアと黒点群(18日更新)※無黒点15日目

2019-10-18 12:37:29 | まとめ報告
まとめ報告です。

■過去地震のまとめ(tenki.jp・・・震度3以上表記)・・画像ができるまではリンク先でご確認ください(準備にはもう少し時間がかかりそうです)
tenki.jp(過去地震まとめ:震度3以上)


■ぽりぽりさんのサイト
こちら


■10月の特異日■
画像へのリンク
※09/30リンク先を更新しました


■太陽フレア■(JST) ※発生源はNOAA等から
発生日 JST 検出 (MAX時)
10/18
 --- ---
10/17
 --- ---
10/16
 --- ---
10/15
 --- ---
10/14
 --- ---
10/13
 --- ---
10/12
 --- ---


■黒点数■ 手計算
 10月11日 000 ※無黒点(9日目)
 10月12日 000 ※無黒点(10日目)
 10月13日 000 ※無黒点(11日目)
 10月14日 000 ※無黒点(12日目)
 10月15日 000 ※無黒点(13日目)
 10月16日 000 ※無黒点(14日目)
 10月17日 000 ※無黒点(15日目)


■地磁気[柿岡]■※更新時の値です(後で値が変わる可能性があります)
10/11 sum13 Max3
10/12 sum07 Max2
10/13 sum00 Max0
10/14 sum11 Max2
10/15 sum09 Max3
10/16 sum09 Max2
10/17 sum06 Max1
活動:Sum 3≦10≦15≦21≦23
※17日は「静穏」でした
※スポラディックE層は画像を参照





■潮の切り替わり■
10/18 中潮(19.4:更待月)
10/19 中潮(20.4:宵月)※干支重複
10/20 中潮(21.4:宵月)
※()内:月齢(数字)と月の満ち欠けの通称



■天文現象■・・・AstroArtsより
10/21 21時39分:下弦
10/24 06時40分:P/2009 SK280スペースウォッチ・ヒル彗星が近日点を通過(周期10.5年)
10/26 12時20分:76P/ウェスト・コホウテク・池村彗星が近日点を通過(周期6.5年)
10/26 13時52分:383P/クリステンセン彗星が近日点を通過(周期6.7年)
10/26 19時39分:月の距離が最近(0.940、36万1311km、視直径33.1′)
10/28 12時38分:●新月



■静止軌道系チャート■
[静止軌道電子]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)

[Proton]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)


■黒点数など■
無黒点です。



■黒点群の動向■
無黒点です。回り込んできそうな領域もありません。



■フレアの発生状況■
X線チャートのレベルは、前日と同等で低い状態です。フレアは発生していません。
引き続き全体を注視したいと思います。
※フィラメント:北半球東端に南北に伸びるフィラメントがあります


■CME到着予測■
ありません


■太陽風■
450km/s前後まで上がりましたが徐々に下がり、現在390km/s前後で推移しています
磁場は、南に強く振れています


■コロナホール■
北の極にコロナホールはカウントされなくなりました


■衛星関連■
※チャートの値は急激に変化しますので、可能な限りリアルタイムチャートで状況を確認するようにしてください。


●静止軌道電子(GOES13と15)
10/17 04~09時(UT)くらいまで小さな乱れがありました。

●プロトン
通常のレベルです


データはSWC宇宙天気情報センター発表のものです。
※天文現象:AstroArts
※静止軌道電子等の画像はNOAAからお借りしました
※日本の静止軌道のチャートはJAXAからお借りしました
※CMEの到着予想はNASAのSPACE WEATHER LABの情報です


アメリカの地震予想サイト

●Hi-net日本地震分布(過去24時間)・・・小笠原のデータは掲載日がずれて反映されるようです(翌々日に掲載)







※テスト掲載(USGS:https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/ より)→回線の都合で画像更新できない場合があるかも
コメント

太陽フレアと黒点数(17日更新)※無黒点14日目

2019-10-17 13:37:01 | まとめ報告
まとめ報告です。

■過去地震のまとめ(tenki.jp・・・震度3以上表記)・・画像ができるまではリンク先でご確認ください(準備にはもう少し時間がかかりそうです)
tenki.jp(過去地震まとめ:震度3以上)


■ぽりぽりさんのサイト
こちら


■10月の特異日■
画像へのリンク
※09/30リンク先を更新しました


■太陽フレア■(JST) ※発生源はNOAA等から
発生日 JST 検出 (MAX時)
10/17
 --- ---
10/16
 --- ---
10/15
 --- ---
10/14
 --- ---
10/13
 --- ---
10/12
 --- ---
10/11
 --- ---


■黒点数■ 手計算
 10月10日 000 ※無黒点(8日目)
 10月11日 000 ※無黒点(9日目)
 10月12日 000 ※無黒点(10日目)
 10月13日 000 ※無黒点(11日目)
 10月14日 000 ※無黒点(12日目)
 10月15日 000 ※無黒点(13日目)
 10月16日 000 ※無黒点(14日目)


■地磁気[柿岡]■※更新時の値です(後で値が変わる可能性があります)
10/10 sum13 Max3
10/11 sum13 Max3
10/12 sum07 Max2
10/13 sum00 Max0
10/14 sum11 Max2
10/15 sum09 Max3
10/16 sum09 Max2
活動:Sum 3≦10≦15≦21≦23
※16日は「静穏」でした
※スポラディックE層は画像を参照





■潮の切り替わり■
10/17 中潮(18.4:寝待月)
10/18 中潮(19.4:更待月)
10/19 中潮(20.4:宵月)※干支重複
※()内:月齢(数字)と月の満ち欠けの通称



■天文現象■・・・AstroArtsより
10/21 21時39分:下弦
10/24 06時40分:P/2009 SK280スペースウォッチ・ヒル彗星が近日点を通過(周期10.5年)
10/26 12時20分:76P/ウェスト・コホウテク・池村彗星が近日点を通過(周期6.5年)
10/26 13時52分:383P/クリステンセン彗星が近日点を通過(周期6.7年)
10/26 19時39分:月の距離が最近(0.940、36万1311km、視直径33.1′)
10/28 12時38分:●新月



■静止軌道系チャート■
[静止軌道電子]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)

[Proton]

※傾向把握のための掲載です。上記チャートはリアルタイムデータではありません。(名称クリックでリアルタイムチャート表示)


■黒点数など■
無黒点です。



■黒点群の動向■
無黒点です。回り込んできそうな領域もありません。



■フレアの発生状況■
X線チャートのレベルは、前日と同等で低い状態です。フレアは発生していません。
引き続き全体を注視したいと思います。
※フィラメント:北半球東端と西端(小さい)にフィラメントがあります



■CME到着予測■
ありません


■太陽風■
速度は少し上がり、現在390km/s前後で推移しています
磁場は、北に強く振れていましたが現在は南寄り



■コロナホール■
北の極にコロナホールがあります


■衛星関連■
※チャートの値は急激に変化しますので、可能な限りリアルタイムチャートで状況を確認するようにしてください。


●静止軌道電子(GOES13と15)
10/16 03~11時(UT)くらいまで小さな乱れがありました。

●プロトン
通常のレベルです


データはSWC宇宙天気情報センター発表のものです。
※天文現象:AstroArts
※静止軌道電子等の画像はNOAAからお借りしました
※日本の静止軌道のチャートはJAXAからお借りしました
※CMEの到着予想はNASAのSPACE WEATHER LABの情報です


アメリカの地震予想サイト

●Hi-net日本地震分布(過去24時間)・・・小笠原のデータは掲載日がずれて反映されるようです(翌々日に掲載)








※テスト掲載(USGS:https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/ より)→回線の都合で画像更新できない場合があるかも
コメント