D.D Blog

Dって、ドラマティックのDなんです ファブリックに恋する物語 心に残るインテリアを求めて奮闘する日々のあれこれ・・・

グルーミーな午後

2012年03月31日 | 神楽岡日誌
 今日の神楽岡はどんよりグルーミーな静けさ。

先日のTVで ユーミンが 薄暗い雰囲気の気分を グルーミーって言ってた。

ユーミンが言うと グルーミーがかっこよく思えてきます。

只今公開中のモデルホームも かっこよくグルーミー。

 建創社さんのモデル イン東川。

壁の色がスモーキーでいかしてる。


 こちらは 永山で公開中の 家計画さんのモデル。

うちで納めたカーテン工事は シンプルな形だけど

 全体のコーディネートは 随所に見どころ満載ですね。

 落着けそうな階段下のコーナーには スモークなアクリルのブラインド、アフタービートと・・・

革のカードケースには 当社のDMを置いてくださって うれしいです。

 枕もとの目覚まし時計がアンティークで まだ眠い朝を思わせますね。

天気予報どおりに 午後は雪になりました。

粉砂糖を茶漉しに入れて ガトーショコラにふりかけてるように

 白いグラデーションが濃くなっていきます。

ふわっと起毛した雪がベルベットのような 柔らかい薄暗い 旭川のイースターはユーミンの歌のようです。



人気ブログランキングへ   また見てくださいね。


コメント

はちみつセブン!

2012年03月27日 | 神楽岡日誌
FMリベールのスタジオで にっこり微笑むマダムケロコさん 相変わらずお若いわ。

 ケロコさん主催おしゃれしてパーティーの恒例プレゼント 今年は可愛いスリッパを用意させていただきました。

83.7~あさひかわ~ みんなの声が聞こえる~FMリベール♪

プレゼント持参ついでに 生放送に飛び入りさせていただきましたよ。

「ママ~、パンツは変えるのに、どうしてカーテンは替えないの?」というCMで 長いことお世話になった番組 「マダムケロコのちょっと長話」は 13年の長寿番組です。

ケロコさんの幼稚園が札幌の大谷幼稚園(仏教)で 私の幼稚園は 聖母幼稚園(キリスト教)で 弁当箱がなんだった・・とか リスナーさんにはまったく関係の無い 何十年前の話をしたあげく、

ケロコ節で 「ディー・ドレープの美人社長でした~」に 大笑いして帰ってきましたが・・・

ラジオも 今の時代は インターネットでスタジオの生放送の様子が覗けてしまうんですね! やばい!

後になってから はちみつセブンで知りました~

 はちみつセブンは FMリベールの情報誌 83.7MHZだから。

地域のFM局も インターネットなら 世界中で見て、聞けてしまうってことなのね。

さて、

今日一番可愛かったお客様は 現役の幼稚園女子。

 クッションバックをお買い上げ! ありがとうございます~!

ハートのブーツがいいな~! バックがよく似合ってますね。



人気ブログランキングへ また見てくださいね!

                      
 
 
コメント (1)

スペースエイジなミッキーコスモ

2012年03月24日 | 素敵に出来た!
 新築の住宅の寝室に レトロ感のある柄のシェードが付いたりして

シンプルなインテリアにも ミッドセンチュリー的なアイテムは人気ですね。


こちらは、築30年の住宅。
 真下建設さんでのリフォームの 内装のコーディネードをさせていただきました。
おばあ様の家を改装して お孫さんのご夫婦がお住いになります。

 和室は ちょっと意外性のある感じにして、

 リビングは ブラウンのシェードでベーシック・・・と思いきや、

 ディスニーのバンビちゃん!です。

確かに、ディズニーはレトロ感たっぷりですよね。

 高窓には ミッキーのカフェがついたりして、

ミッキー大好きな客様が寝室に選ばれたのが

 ミッキーコスモのボイルのシェードでした。

そうきたか・・・

 カーテンファブリックには珍しい スペースエイジ的なデザインを選ぶとは、やるな~。

・・・若い世代感覚を ちょっとうらやましくも思ったのでした。


 じゃ~ん、私です。

スタッフ佳奈ちゃんのアイフォンのアプリを使うと こんな写真が出来ます!
撮って撮ってとねだって 作ってもらったのでした~。

スペースエイジ的で お気に入りの写真です!


人気ブログランキングへ また見てくださいね!
コメント

足踏み

2012年03月22日 | 神楽岡日誌
 旭川の春は 足踏みどころか 後戻り・・・

 せっかくの生のチューリップも 雪景色には似合いませんね・・・

でも、

 店の中だけでも 春っぽくしたいので サンダーソンのチューリップ柄 ペインターズガーデンを出してきて 吊ってみました。

 ハギレも額に入れてみました。


 チューリップの花が開ききって 花びらが一枚 落ちそうで落ちてない、ギリギリっていう絵が 心憎い 大人な花柄です。

チューリップの入っている壷の柄はオリエンタルで 東西の融合は いつも人気のデザインですね。

昨日は 畳の入れ替えリフォームがありました。

 おもいっきりヨーロピアンな花柄の居間から 市松に敷いた琉球畳が見えて、かっこよく融合した感じがしましたよ。

今日は 夕方から 美瑛の丘へ。
丘へ着く前に暗くなりそうで あせりながらの夕日。

 まだまだ夕焼けも雪景色です。













人気ブログランキングへ
コメント

あなたの 春色

2012年03月17日 | 神楽岡日誌
本日、カメラを持って現場に着くと、

 わぁ~ 春が来た~ と うれしくなるカーテン。

 クラーク&クラークの水玉柄が 春色です。

壁の色とコーディネートされて、お子さんも大喜びしてくれることでしょう。

今日は多少暖かかった、とはいえ・・・

 お花の刺繍が可愛いカフェカーテン越しに見える造成地は まだ雪がたっぷり残っています。

日陰の歩道も 雪と氷でザックザクのツルッツル・・・

そんな中 一人のご婦人が バスを乗り継ぎ ひとつの小さな雑貨の為に わざわざご来店になりました。

お目当ては

 マグネットで挟んだり出来る オレンジ色の蝶。

レースカーテンにアクセントで付けたり、

 アイアンの雑貨に くっつけてみたりしている物ですが・・・


何でも、オレンジ色のものを身につけるルールのパーティーがあって、
デパートなど あちこち探して見つからず、
困っていたところ 先週のライナー誌に載ってた このマグネット蝶を発見して、
「これだ!」 と 遠くからご来店くださったそうです。

あって良かったわ~と とても喜んでくださって 私共もうれしかったり

 115円という安さに・・・お互いに恐縮したり・・・

ほのぼのとした 春色の一日でした。

春色・・・桜色だったり うぐいす色とか・・・

私は 雪の解けた地面に顔を出す 福寿草の黄色かな~。

人を動かすに春色 多くを用いず  今回は 蝶のオレンジ色! でした。

いつも その時々の 旬なたった一つが 見つかる店でありたいですね。


              

人気ブログランキングへ  また見てくださいね。





コメント

たまに、工作

2012年03月15日 | 神楽岡日誌
 かわいい~!クッションバックが入荷してきました。

コットンのパッチワークで 手作り感満載です。

バック・・・というのは名ばかりで、小さなファスナー付きポケットに ティッシュが1個入るくらいの実用性です。

ギターやカメラの形をした可愛いクッションを 楽しんでね、という商品です。

 こんな可愛いジョーロを持ってお出かけしたら 春の気分ですね。

・・・大人の方にはお勧めできませんが。


じっくりと手芸を楽しむ時間はありませんが、

 ホーマックで こんな木箱と塗料を買ってきて

工作 してみました。

 木箱の継ぎ目に沿って ノコギリでスライスし 適当に塗りたくっただけですが・・・

 キューセントのファブリックブラインドやシェルシェードの 小さな実物サンプルを展示するための・・・枠が欲しかったんです。

 ブラインド等のサンプルコーナーに置いてみたら こんな感じ・・・。

木枠に納める・・・という発想はよかったけど、 作り方が幼稚だったかな・・・。 

でも 可愛い感じもするから とりあえず。

 窓に置いてみたけど・・・ ちゃんとした枠を頼んで作らないと せっかくのグッドデザイン賞のファブリックブラインドが 良く見えないかも でした。

ノコギリの使い方は 上手になりましたよ。



              
人気ブログランキングへ また見てくださいね!   





コメント (3)

イタリアの織物

2012年03月13日 | 素敵に出来た!
 5種類の色がある イタリア製の織物は サンゲツのカタログROMANEに入っています。

どの色をとっても さすがイタリア おしゃれ~と うなってしまうほど いい色味です。

 縦糸と横糸の 織り方で柄を出していく織物って 表と裏が正反対の色味になります。

表から見ると 淡いベージュやクリーム色などの柄なのに 裏を見ると 縦糸に赤が使われているのがわかります。

表から見ても 赤い糸が織られているように見えないのですが、そこが 隠し味の 奥深いポイントなんですね!

最近 タイプの違う2つの現場で同時期に 使うことが出来ました。

 こちらは シンプル モダン ナチュラル な 高級感あふれるインテリアに。

イメージにピッタリのダブルシェードに仕上がっています。

 織物ならではの質感が 優しく木と調和していますね。


そして こちらは、

 ぐっとデザイン的なインテリアに。

 こだわりのインテリアに 似合うファブリックは コレしかない!というくらい はまっていますね。

 こちらのお宅では それぞれのお部屋に 織のもの色と組み合わせの無地の起毛コットンの色を合わせて つけさせていただきました。

かなりのおしゃれカーテンです。

 家具の引き出しの色も計算済み!という コーディネーション。

私としては 仕上がりの色の位置にこだわってみました。

 ぐっと渋い色あわせは グレイッシュなカーキーで。

起毛のコットンは MILANOというコレクションで やっぱりイタリアの織物とは 名前も色味も合ってます。

どちらのお宅も 素敵に納まって ファブリックの美しさに、イタリアのデザイナーさんは やっぱりすごい!と思うのでした。



人気ブログランキングへ また見てくださいね!



コメント

未来への階段

2012年03月03日 | 神楽岡日誌
 トーソーのビジックデコラバーチカルというNEW製品が かっこよく付いた住宅は 昭和木材㈱のY邸。 近々オープンハウスが開催されます。

 北欧のプレーンシェードもついてる 若い世代の住宅で この落ち着き感は・・・・

やっぱり無垢の木材がふんだんに使われているから・・・ですね。

ダイニングテーブルや キッチン周りはもちろん、

 2階のフリースペースにも 特大の無垢材。

 階段も

 トイレのカウンターまで 徹底的に 木へのこだわりが。

半世紀経って Yさんがおじいさんになった時 無垢板に貫禄がついていて かなり渋いお家になっているんだろうな~って 長生きして見てみたいと思います!

階段といえば 

 おひな祭りの 素晴らしい写真を送っていただきました。

段飾りの高さに負けないくらいに大きく成長されていて 圧巻です。
来年の写真も楽しみです。 すこやかな1年でありますように。

私も 子供の頃は 7段飾りのお雛様を狭い和室に無理やり飾ってもらっていましたよ。

今となってはもう、段飾り全てを飾ることも無いのですが・・・

 店の中で アンティークな飾り台として置いている 古い足踏みミシンの引き出しには 半世紀前のお雛様の飾り方説明書が ボロボロになって ボビンなどと一緒に入ったままになってます・・・。なぜか そんなとこに・・・。

思えば かなり痛んだお雛様でも 汚くなった説明書でも 手元に残っていることや 思い出を作ってくれた親がまだ生きてそばにいることは 恵まれていて幸せなことですね。

 先日 あしなが育英会の広報誌が届きました。

もうすぐ 震災と津波から 1年。

私は もうすぐ11日がくると思うと 恐い感じがします。

思い出の物や 家族をなくされた多くの方がその日、あれから1年・・・と また悲しみを新にするのでしょう。

今夜 半世紀無事に残ったお雛様に すてきな未来への願い事をたくさんして また来年まで大事にしまって置こうと思います。


人気ブログランキングへ また見てくださいね。
コメント