D.D Blog

Dって、ドラマティックのDなんです ファブリックに恋する物語 心に残るインテリアを求めて奮闘する日々のあれこれ・・・

真鍮のタオルリングスタンド

2011年11月28日 | 素敵に出来た!


本日のオープンにギリギリ間に合った おトイレのタイル掛けは 真新しいブラスでピカピカ。

旭町2条12丁目に出来た amie工房さんは 奥の厨房で焼くパンやパウンドケーキが買えちゃうレストラン。
グランドピアノのある店内でお食事したいけど、時間の無かった今日は パンを買うことに。

 クッキーもおいしそう。

ナプキンには 屋号のフクシアの花が刺繍されていて 
随所に おいしいものを提供します!という amie工房さんの気概を感じます。

 で、 この袋の中身は


 間違いなく美味しいパンとパウンドケーキ。

小文字でamieと 焼印のパンは ぐっとしまった噛みごたえでいい香り!

さて、ピカピカのタオルリングですが・・・

真鍮(ブラス)で出来ているので 時間とともに 渋い色に変化します。

曇った真鍮は アンティークな感じで かえって魅力的です。

でも、磨くと また輝きを取り戻してくれます。

 こちらも、届いたばかりの ピカピカ真鍮のフロアーライト。

高さ調節の出来るブラスの首振りスタンドに 小さなバラの形のグラスシェードの組み合わせ。

意外な組み合わせだけど ピアノの脇に似合ってて 可愛い。



人気ブログランキングへ   また見てくださいね!
コメント

メトロポリタン

2011年11月24日 | 神楽岡日誌
クリスマスデコレーションに 押しやられるように・・・

 入荷したばかりの カンペールのテーブルランプは カウンターの隅に・・・

隅っこにあっても 素敵ですけど。

カンペール陶器もたくさん載ってる、仏蘭西倶楽部が発行する情報誌「サリュ・ラ・フランス」の裏表紙に、

   西新宿のインテリアショップ 「プラスオペラ」のイベント情報が載ってます。

今週末のプラスオペラは ワインが飲めたり、プレゼントがあったり、行きたいですけど、遠いですね・・・残念。

プラスオペラは 初台のオペラシティの中という、とてもメトロな場所にありながら、フランスの田舎を思わせる雰囲気のお店で 東京へ行ったら 必ず寄ってしまうお店です。

もうひとつ残念なのは、サリュ・ラ・フランスのカレンダーが 来年は 発行されないってこと・・・。 楽しみにしてたのになぁ・・・。

今年の1.2月の 凱旋門とプラタナスの木の雪景色は とても素敵な写真でしたよ。

プラタナスの大木と雪景色に うちの店の前のイメージを 勝手にダブらせて浮かれてました~。

そして今日は 店の前のプラタナス並木は 大掛かりにクレーン車が出動して 剪定されて ずいぶんスッキリとなりました。
来年は 新しい枝が さらに伸びてくれることでしょう。

選定作業も終わった夕方、 スタッフ佳奈ちゃんが 歩道に落ちてたプラタナスの実をひとつ 拾ってきました。

すずかけの木と呼ばれるプラタナスの鈴は 手の届かない、とてもとても高いところだけに 冬中ぶらさがっていて 春に割れて綿毛を撒くので 丸い鈴のままで地面に落ちていることは まずありません。

 初めて触った けばだってる丸い実は クリスマスツリーにぶら下げたりしてみました・・・ (近くで見たら 可愛くないけど・・・)


遠いところとか 高いところって 憧れがつのります。

昨日は 定休日だったので 札幌までJRで出かけて 映画を見ました!

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で 先月講演されたばかりのオペラが もう早、映画で見れるのです。 

今回は ドン・ジョバンニ

素晴らしく 楽しかった~!

オペラ鑑賞の初心者には 映画っていいかも・・・だって、字幕が出るんですもん。



                    人気ブログランキングへ また見てくださいね!
  







コメント

ネイルルーム・マナ

2011年11月21日 | 素敵に出来た!
ありったけのツリーを 店の小屋に飾ったら・・・

 雪が降りました・・・。

このまま融けずに 根雪でしょうか・・・。

ツリーは

  リボンぐるぐる巻きや、

 電飾&カラフルボール

 シルバー&スノウピンクバージョンなどなど・・・

 マフラーのようなタッセルが巻きついたタイプもあったり。

スタッフ佳奈ちゃんと 去年とちょっと違う飾り方を 楽しんだりしました~!

でも うかれてばかりもいられません! 11月のカーテン工事もおお詰めです。

今日も、かっこよく、

 ハーレクイン&バンブーブラインドで ビシッと。

 オレンジのソファが入るのが 楽しみな現場とか、

 同じく バンブーブラインド&キャサリン・ハムネットとか。

大胆かつモダンな 大人の雰囲気に

 今頃 現場を見たお客様が 喜んでくれてると思います!

午後からは

スノーホワイトのソファカバーと キラキラピンクのカーテンを納めに 東光のネイルルーム・マナさんへ。



イメージどうりって とても喜んでくださいました~!

ここに座って 足にもネイルをしてもらえるのね~。

白いソファは勇気が要るけど 洗えるカバーだから安心! 清潔で 柔らか~な雰囲気のネイルルームです。

人気ブログランキングへ また見てくださいね!


                   





コメント

モデル・ビアンコ

2011年11月17日 | 素敵に出来た!
コクドホームさんの 今週末から公開のモデルハウスは 白が綺麗に見えることにこだわった スッキリモダンなインテリアなので

勝手に名前を付けてみました。

 カーテン工事の完成具合を見に現場に行くと 広告用写真撮影の真っ最中!

モデル・ビアンコのリビングは 白に起毛のストライプ。

 寝室は ビジックの白。

 洋室は 白い建具に合わせた 麻っぽいテクスチャーで。

  オープンハウスのときは ダブルシェードも上にたくし上げていると思うので 目立たないけど、 それでいいと思います~。

キッチンは 壁紙自体が麻の生地の様で、 しかもシェードも麻なので・・・

 まったく同化して 存在感がありませんが、

それも正解と思います!

麻素材っていうところが、うりです。


身近なファブリックで 麻素材は やはりいい感じです。

 ソファに置いたこちらは

実は クッションではなく、お昼ね用 枕です。

枕だけど リビングに置くので 刺繍で とてもゴージャスです。 

 裏返すと 同じシリーズの柄違いで、

こちらもリネンの爽やかな肌触り。

ブラウンのソファにお似合いですね!


履き替えたばかりのスタットレスタイヤで

びくびくしながら雪の峠を越えて

昨日は 北見 網走まで行ってきました~! 

出張の一番最後は 網走の 築35年の豪華な別荘。

 玄関を入ると 大きなガラスの建具が 邸宅!というたたずまい。

 居間は ダイニングと別れていて 応接間のよう。

 広い庭に面した 大きな窓に・・・

さてさて、どんなカーテンを選びましょうか・・・。


   人気ブログランキングへ  また見てくださいね!
コメント

タペストリーbyマリーイザベル

2011年11月12日 | 素敵に出来た!
 お待ちかね! タペストリーが完成しました。

ウイリアムモリスのマリーイザベルの刺繍の生地に 周りの額ぶちは かなりの色数が揃っている ZIMMERのシルクから選んだゴールドです。

生地自体が とても迫力がありますね!

ゴージャスな玄関になりました。

毎回、タペストリーを掛けるポールに苦労していて・・・

今回は カーテンポールのクラスト19に黒いチェーンで吊ってみました。

ファブリックパネルと違って タペストリーにすると 大きなサイズでも 季節ごとの掛け替えに ポールをそのまま使えます。

 春用のタペストリーも 一緒に作らせていただきました。

2枚一緒に納品。

曲線を互い違いにしてみたら とてもいい感じです。


 そして こちらも・・・

ずいぶんお待たせしてしまった、ソファーカバー。

 サイズはピッタリ! 


 お嬢さんのほうのソファは 座はコットンの厚手のストライプで、背あては 川島織物の生地の 窓のシェードとおそろいです。

旭川家具の無垢材の椅子にも似合う ナチュラルなピンク。 可愛いですね。 



人気ブログランキングへ
  また見てくださいね!
コメント

インテリアジェンヌ

2011年11月08日 | ときどき出張
 素敵なカーテンのついたダイニングに 可愛い女の子が隠れていますよ。

お客様のイメージのテキスタイルを実現するために、

赤いサテンの生地に ゴールドの刺繍のオーガンジーレースを重ね合わせて 装飾的な仕立てになっている カーテンと上飾りです。

とてもゴージャスになりました!

先週 出張は インテリアライフスタイル展でした。

 展示会でいただいた ヤコブ・シュレイファーのパンフ・・・

こんなテキスタイルが存在するの!?と 驚くばかりのプレタポルテの写真・・・

アパレルもインテリアも 革新的なファブリックには 心をうばわれます。

ライフスタイル展の会場で 今、一番日本のカーテン業界で有名な デコレーターズのヒデキさんにお会いすると 素敵なインテリジェンヌの宮地敦子さんとお知り合いになれました。

HEシステムの宮地さんは フィスバの生地のドレスで颯爽とされていて 存在感抜群です。 ブログを見せていただくと 世界中に飛んで活躍されて さすがです。

さて 今日からは ジャパンテックスが開催されています。

午後は ヒデキさんの司会で 宮地さんをはじめとする 素敵なインテリアジェンヌのトークセッション。これは聞き逃したくないですね。

でも・・私は 旭川・・・。

ジャパンテックスには スタッフ佳奈ちゃんが向かいました。

たくさんのインテリアに触れて 素敵な方々に刺激を受けて インテリアジェンヌの心得を学んできてくれることでしょう。


人気ブログランキングへ  また見てくださいね!!
コメント

ルフュージュ

2011年11月05日 | 素敵に出来た!
ZIMMERのコレクションのファブリック中でも 一押しのルフュージュが

 シェードになって 付きました~!

今日と明日 公開されている 昭和木材さんの とてもウッディな住宅です。

取り付けは 昨日・・・

 ひつじ雲が浮かび 大雪山も美しい 田園風景を横目で見ながら

現場に着くと・・・

 待望のルフュージュのシェードは もう取り付いていて、

 建物の外では 翌日からの展示会に備えて 旗を立てる営業の方々。

 玄関は 細く3つ並んだ窓に プリーツスクリーンで 和風のしつらえ。

庭を見る床の上の開口には モリスのアーカイブコレクションのオーチャードで とても上質感のあるナチュラルさ・・・・でも まだ掃除機が待機中です。

さてさて 本日のメインイベント  天井高7000から付く 三角のシェードは・・・

 まだ 足場の組み立て中でした~!

 階段ホールの吹抜けにも やはり同じ形状のまどがあって、

こちらは足場を立てられない・・・一筋縄ではいかない現場ですね・・・。

ところで、

ルフュージュ・・とは フランス語で 隠れ家とか 保護区とか 心のよりどころ的な意味のようです。

チロルというブックの中のルフュージュは、

 木や家のまわりに 動物たちが集まり 

 鳥のさえずりの中で 農作業

豊かな自然が コットンの生地に織り込まれています。

その平和に守られてる感じは 山岳版ノアの箱舟的なイメージで受け止めています。

こちらのお宅では 

 玄関ホールのオーチャードも

 寝室のボラスのフォグリングスツールも

ドイツ イギリス スウェーデン と 国は違っても 自然を愛する気持ちの強く現れてるデザインで統一されていますね。

さあ やっと・・・

 高いところの変形ローマンシェードが 納まりました!

 リビングは 和室の続きで モダン和風なのです。

三角の下まで シェードをたくし上げたら・・・

 月が輝いていました。


人気ブログランキングへ また見てくださいね!



コメント