ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

おいしいものだけを売る-奇跡のスーパー「まるおか」の流儀

2018年10月15日 | 
おいしいものだけを売る-奇跡のスーパー「まるおか」の流儀
丸岡 守
商業界

「おいしそう」

高崎市にスーパー「まるおか」というユニークな食料品店があります。社長が全国を探し歩いて、自らの舌で「おいしい!」と認めたものだけをお客様に提供する店。「安かろう悪かろう」でも、「安物買いの銭失い」でもなく、価値のある本物だけをお客様に理解して買っていただく。必然的に価格は大手スーパーに並ぶ大量生産品よりは高くなりますが、地元だけではなく、東京などからも買い物に来る熱心なファンがいるそうです。今の世の中、なにかと肩身の狭い「まっとうな商売」。一度行ってみたいお店です。

コメント

2018東日本新人選手権(2日目)応援

2018年10月14日 | ボート

東日本新人選手権の応援に戸田へ。

W1X(赤井)
 

W2X(S日比野 B室園)
 

W2X(S中本 B槙本)
 

M2X(S中村 B宮川)
 

M2X(牧野 小林)
仕事があり午後は応援できず失礼しました。

毎年思うことですが、ボートに出会ってまだ半年足らずの1年生、立派に漕いでます。コーチ陣の優秀さを証明しています。

今年の外語は1年生が比較的多く入ったので、東日本新人もにぎやかでした。来年以降どんどん盛り上がってきそうです。

コメント

十人十色の「ひとり税理士」という生き方

2018年10月13日 | 
十人十色の「ひとり税理士」という生き方
井ノ上陽一
大蔵財務協会

「『ひとり税理士界』のパイオニア」

井ノ上陽一さんの著書『ひとり税理士の仕事術』と『ひとり税理士のIT仕事術』を読むごとに、私の事務所が進化してきました。専用事務所スペース、モバイルPC、クラウド…。この本は何人ものひとり税理士が書いた「合格体験記」風。税理士の世界もいろいろです。これを読めば、ひとり税理士っていいね、と思う人がさらに増えるのでは。

コメント

ご無沙汰してました鶴見川

2018年10月13日 | ボート

8:45~11:00 曇
エイト乗艇@鶴見川

《SE1》 C廣江 S茂木 7深井 6弾塚 5佐藤桂助 4藤野 3ワン 2雨森 B大野

《メニュー》
・W.U.
・技術練習(フィニッシュ等)
・NW~LPインターバル
・NW~LP~水中Pインターバル
・水中P R18からR30に2枚ずつ上げ

私は、かなり久しぶりの鶴見川です。なんと7月1日の横浜市民体育大会レース以来! 毎年夏は宮ケ瀬湖や戸田でスカル乗艇が増えるということもありますが、3か月半ぶりとは…。

さて、今日のエイトは初心者3人が乗って、基礎練習メニューでした。その初心者の中には、来週の堀切遠漕や11月の紅葉レガッタに出る人もいるので、まずは長く安定して漕げるようになるのが目標。

1周目はなかなか両舷で漕ぐところまではいかず4W、6Wでの練習中心でしたが、2周目は慣れてきて、ふつうに両舷でNW~LP~Pを漕いでいました。

キャッチで1枚入れて、ブレードをそこに固定して、ブレないように艇を運ぶ、というのに苦労している様子。水の動き(艇の動き)にシンクロできないと、自分一人だけの孤独な戦い(?)になってしまいます。水の速さに負けてはじかれたり、逆に水を追い越してブレたりします。

水の動きを把握して、それより少し速く自分が動いて艇を加速する。あとはブレード固定のタイミング。というのがポイントだと思いますが、それをどういう言葉で伝えればいいのか? これも難しいところです。まあ、急になにもかも上手くはいきませんが。

 廣江さん撮影
 弾塚にも久しぶりに会いました

練習後、これも久しぶりのタンゴに行こうとしたら、マスターが元気のない声で、店はしばらく閉めているとのこと。ママさんの具合が良くないようです。心配です。
今日は庶民の味方サイゼリヤに行きました。

コメント

ひとツブリで三度おいしい琵琶湖遠征

2018年10月07日 | ボート

今年の琵琶湖遠征は、日程の都合で、いつもの「びわこ市民レガッタ」ではなく、「かいつぶりレガッタ」となりました。10月6日のかいつぶりレガッタ出漕、その夜の京都での祝勝会、10月7日の瀬田川漫漕と、ひとツブリで三度おいしい(©️中野さん)琵琶湖遠征なのでした。

【第一部:かいつぶりレガッタ】
一年前からの舞妓さんイベント告知のおかげで、今年もペンタ参加者15人と大人気。みなさん期待の舞妓さんは置いといて、まずはレースから。かいつぶりレガッタには、ペンタは50歳代と60歳代の2クルーが、withYOUはペンタ5人も混ぜて4クルーが参加。遠征組は現地集合で三々五々と集まり、それぞれのレースに出漕しました。

私は東京発6:00の新幹線で瀬田へ。台風25号通過の影響か、この日の琵琶湖は七色天気。漕艇場に着いたころは曇りでしたが、PENTA50、PENTA60のレース前には豪雨に。その後少し小降りになったかと思うと、今度は晴れて暑くなり、大きな虹も出て、また雨になり、強風も吹き荒れるという、ひとツブリで何度も変わる(©️中野さん)琵琶湖の天気でした。

マスターズの部ではPENTA50、PENTA60とも優勝。withYOU海鷹も準優勝となり、1-2フィニッシュ。ビギナーミックスの部では、カナブン、佐藤桂助さんのペンタウィズユー1が決勝まで進み5位と健闘しました。

《記録/写真》
(PENTA50)C大野 S西山 3川本 2岡野 B大竹
(withYOU海鷹)C安藤真由美 S下田⇒グレン 3伴 2田村 Bグレン⇒下田
  勝本朋子さん撮影
 

(PENTA60)C小林 S関野 3渡辺 2中本 B出井
 
 

(withYOU海王)C勝本朋子 S吉川 3久山 2谷口 B霜村
 
 

(ペンタウィズユー1)C安藤隆一 S高田(蔵前) 3さおり⇒佐藤桂助 2カナブン B佐藤桂助⇒さおり
 

(ペンタウィズユー2)C勝本卓 S津嘉山(蔵前) 3ワン⇒堀川 2英子 B堀川⇒ワン
 予選

 金・銀メダル獲得

 ペンタ&withYOU

【第二部:祝勝会】
withYOUさんアレンジの合同祝勝会は19時から木屋町の「めん坊」にて。
うどんを食べ終えた頃に、お待ちかねの舞妓さん3人と芸妓さん2人が登場。舞妓さんの踊りを観賞したり、「♪ とら、とーら、とーらとら」や金毘羅船船のゲームをしたり、みんなで写真を撮ったり。ふだん会うことのない、真っ白な顔の(キョンシーではない)舞妓さん芸妓さん。何百年もかけて考え抜かれたこの日本の「芸」はすごい、と思いました。

 PENTA&舞妓さん
 踊り
 PENTA & withYOU(津嘉山さん提供)

【第三部:瀬田川漫漕】
10月7日は、安藤さんご夫妻、勝本さんご夫妻にお誘いいただき、ペンタ7人(出井、西山、渡辺、カナブン、下田、小林、大野)が参加して、瀬田川漫漕。昨日で琵琶湖の天気は出し尽くしたのか、この日は天気も水面も穏やかで(琵琶湖ではなかなか無い好コンディションだそうです)、川岸の景色や橋や、かいつぶりを眺めながら、「本当の」漫漕を満喫しました。

   
  これが「かいつぶり」だそうです

納艇後は石山駅近くのお好み焼き屋「ぶんぷく亭」で昼食後、解散。
今回の遠征も、安藤さん、勝本さんはじめwithYOUのみなさんに何から何までお世話になりました。ありがとうございました!

 

コメント

嵐の前の静かな宮ケ瀬湖(2018第8回スカル練習日)

2018年09月29日 | ボート

9:00~11:30 曇/小雨
シングルスカル、ダブルスカル乗艇@宮ケ瀬湖

(シングルスカル)岡野 藤田 中本 大野
(ダブルスカル)S藤野 B浅野

強烈な台風24号がこれから日本列島縦断するそうです。明日は関東も暴風雨の予報ですが、今日の宮ケ瀬湖は曇り時々小雨なれど、水面はいたって穏やかでした(納艇後、本降りに)。

今日は立花さんがモーター(作業艇)を出してくれるということで、船長のつもりで来湖した私もスカル乗艇。

出艇すると、Bサイドのオールが切れ込む。前回(8月11日)よりも潜りが大きい。注意しながら漕ぐが、気を抜くと大きく傾き、危険。

また、出艇前にどの艇に乗るのか確認していなかったので、ストレッチャー位置未調整で、レール前に当たり、フィニッシュは引きにくい。フィニッシュでバックを大きく取るようにして調整。(水上でストレッチャー動かそうと思いましたが、「事故」が起きそうなのでやめました。)

というわけで、絶好のコンディションにもかかわらず、なかなか楽には漕げなかったのですが、意識を自分の体(グリップ)からブレードの方向に移すことで、いい感じで漕げるようになることを再発見しました。

自分の手(グリップ)に意識を置いていると、そこからつながるシャフトも意識してしまうので、ブレードの動きが水にフィットしない(某業界用語で「プロダクトアウト」)。意識をずーっとブレードの方に移していくと、シャフトが消えて自分の後方にブレード2枚だけがあって(手のように)水をつかむのを感じることができるし、水の状況によって体を反応させることができます(同「マーケットイン」)。

スカルの漕ぎ方は、やはりボルダリングのイメージがいちばん近いと感じます。つかんで、引き付ける。

今日もノーグローブ、ノースクラッチ。

 中本さん
 寒天のようにつるつるな水面
 雨なので艇庫前で集合写真

コメント

鶴見川練習(大野は欠席)

2018年09月22日 | ボート

私は会社出勤日で欠席。佐藤さんと宮本さん撮影の写真を転載します。
鶴見川でエイトとナックル乗艇。新しい人も古い人(?)もいて、ちょうどいい感じです。

--------------------------------------------------------
  エイト(佐藤さん撮影)
  ナックル(宮本さん撮影)
--------------------------------------------------------

コメント (2)

第5回ペンタ・スカル記録会

2018年09月17日 | ボート

11:00~13:30 晴
ペンタ・スカル記録会@戸田

(東工大 颯)山下 関野 岡野 
(東工大 HANS&TADASHI)大野 藤野 中本
(三菱 Ⅱ)井上
(埼玉大 HISTORIA)益村
(記録)廣江
(ビデオ)川本

一昨日の寒い(?)宮ケ瀬湖から一転して、また暑い戸田で今季2回目(通算5回目)のペンタ・スカル記録会を行いました。

今回はオランダから一時帰国中の井上さん(海洋)、久しぶりの益村さん(埼玉)を含む8名の参加でした。計時班長の廣江さん、動画撮影班長の川本さん、ありがとうございました。

本日のコンディションは良好。時おり東の風がありました。益村さんが初の2分切り。他の皆さんも日ごろのスカル練習の成果が表れ、全体的にタイムは速くなっているようです。

《大野(HANS&TADASHI)》
川本さん欠漕により、いつもの三菱艇ではなく、初めて東工大艇で参加。
前回と同じく山下さんとの組。1本目はやや順風。スタートはそれっぽく短く数本漕いでから(あまり意味は無かった)、大きく。中盤からレンジを大きく脚を使って漕ぐことを意識。ラストはピッチというよりレンジで上げる(つもり)。

2本目はやや逆風。そのせいか、はたまた最近の運動不足のせいか、ゴールが遠い。脚が使えずレンジ短くなっているが、もはや体力の問題。ラスト200mほどは水中が落ちているのが分かる。苦しんでゴール。

日ごろの練習(とエルゴ)は大切ですね。

PS.ノーグローブ、チョットスクラッチ。力が入ると、擦れてしまうのかな。

今年はもう戸田コースが空いている休みの日は無いので、今シーズンのペンタ・スカル記録会はこれにて終了。

 関野さん/藤野さん
 益村さん
 井上さん
 岡野さん
 中本さん
 今日も無事故終了

コメント

終わらない夏は無い(2018第7回スカル練習日)

2018年09月15日 | ボート

9:00~12:00 雨
シングルスカル、ダブルスカル乗艇@宮ケ瀬湖

(1X)藤田 井上 山下 河上 岡野⇒浅野
(2X)S浅野 B小林
(2X)S藤野 Bワン
(モーター)大野 川本

朝、やまびこ大橋に差し掛かると、道路わきの気温表示は19℃。ついこの間まで、朝から30℃超えでげんなりした記憶がありますが、驕れるもの久しからず。どんなに暑い夏も、いつかは終わる。

さらに今日は久しぶりの雨。その代わり水面コンディションは良好で、漕手は涼しい宮ケ瀬湖でのROWINGを堪能していましたが、モーターボートは寒いくらいでした。

オランダから井上さんが約2年ぶりに参加。姫路の小林さんも久しぶりの参加。と遠路はるばるの参加ありがとうございました。

今日は珍しくカヌー練習も無く、艇庫前での練習がOKだったので、カナブンさんシングルスカル初乗艇。とはいえ、ダブルスカルもクオドももうかなり漕いでいるので、落ち着いたもの。艇が傾いてもなんだか余裕があり、安心して見ていられます。

私は前回に続き2回目のモーター船長(指導員無し)。補助の川本さんお疲れさまでした。冷えて腰に良くなかったかもしれませんね。

私のカメラは電池切れのため、川本さんに写真撮影してもらいました。

    
藤田さん、井上さん、山下さん、岡野さん、河上さん


遊覧船とスカル


小林さん/カナブンさん


師匠と弟子


師匠と弟子その2


船長操縦中

コメント

2018インカレ3日目応援

2018年09月08日 | ボート

また暑さがぶり返しています。選手も応援のみなさんもお疲れサマー。

■関西大のM2+ががんばっていました。
 

■いつもお世話になっている筑波大のW2X。もう少しでA決勝でした。
 

■海洋大のM2X。ゴール後方からは分からないくらいの差でしたが、惜しくもA決勝逃しました。

■外語大M4X。後半追い上げてましたが、相手も速かった。3位に終わる。
 

■こちらもお世話になっている筑波大M4X。五大学決勝対決は成らず。
 

ラストレースのみなさん、おめでとう。いつの間にかあなたの心と体にはボートという無敵のソフトがインストールされました。一生アンインストールされることはありません。
来年もある人、次は勝とう!

コメント