ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

ハイボールをバケツで

2020年08月08日 | ボート

9:30~12:00 晴
エイト、クオド、ダブル乗艇@相模湖

《Filippi》 C廣江 S西山 7山下 6宮本 5関野 4山本たかお(四神会) 3大野 2岡野 B河上
《いちょう5》 C渡辺s⇒高橋K3 S高橋K3⇒渡辺s 3佐藤桂助 2雨森 Bカナブン
《やまゆり14》 S中本 B藤野

《メニュー(エイト)》
・W.U.
・技術練習(キャッチロー、Legs only)
・NW~LP
・NW~LP~水中P(片道×2)
・ハイピッチNW
・10本P×2(R28)
・20本P×3(R28)
・1分半P(R28)
・10本P(R34)×2
・C.D.

四神会ミドルの山本たかおさんがペンタに初参加。総勢16人でエイト、クオド、ダブルスカルに乗艇しました。

梅雨も明けて真夏の太陽とガチで勝負。650mmペットボトル2本搭載して出艇(昔の相沢さんのように2Lボトル持ち込む人もいるかもしれません…)。

ちょうど高校生(中杉)の練習とも重なり、でんすけや碧水会の方たちも来ていて、前回とは違って相模湖は大賑わいでした。鶴見川漕艇場が閉鎖していた2015年のようになっていくのでしょうか?

(エイト)
タイミングの合いがいまいち(いつものこと?)。風が無いようで小さな波がけっこうあったので、その影響もあるかもしれない。LPをやっていくうちにだんだん合ってきたが、水中Pの2回目(順風)はリズムがつかみづらかった。

低レートの漕ぎはポイント(間とか)をどこに置くかが全員で了解されリズムができるまでに一定の時間がかかる。その点最後にやったR34パドルのようなハイピッチは動きの選択の余地があまりないのでリズムが合いやすい。

10本P、20本P(どちらもR28)もそれぞれのパワーのベクトルが揃わず、ぶつかり合って消えていく(?)という感じでした。自分がパワー全開で艇を進めるというよりも、まずは艇速より少し軽いドライブで流れに合わせて(運んでもらって)、徐々に強めていく、というのはどうでしょうか?

今日はカンカン照りではなくて助かりましたが、それでも気温は32~33℃はあったようで、かなり消耗しました。「ハイボールをバケツで飲みたい」(2480さん)という名言も飛び出しました。
でもその気持ちだけ胸に秘めて、寄り道せずに直帰しました。

 風が吹くと気持ちいいんです(廣江さん撮影)
 マスクとソーシャルディスタンスが世界標準

コメント

梅雨明けの宮ヶ瀬湖

2020年08月01日 | ボート

9:00~11:30 晴
スカル乗艇@宮ヶ瀬湖

《S1》宮本
《S6》藤野
《S2》岡野⇒山下
《かなべい5号》大野 山下⇒岡野

土曜日はことごとく雨、という今年の長梅雨も明けて、夏晴れの宮ヶ瀬湖で今年初の「スカルの日」。しかも前半は鏡面コンディションで(後半は遊覧船の波に揺られ)、みなさんたっぷりシングルスカル練習を満喫しました。

私も今年初のモーター乗艇。新艇のかなべい5号は旧艇と同じ型ですが、船体もきれいでエンジンも滑らか~。快適でした。

ところで、湖上での艇乗り換えは危険なため禁止となりました。途中交替できないとなると、次回以降モーター専任を1名募集!

 波静かな船溜まり
 岡野さん
 宮本さん
 山下さん
 弁当は換気の良い屋外で距離を置いて

山下さん撮影動画 ⇒ YouTube

コメント (3)

Go To 相模湖 は中止

2020年07月25日 | ボート

今日は相模湖deエイト の予定でしたが、クルー体調不良、および天候不良(相模湖地方大雨のもよう)のため、中止となりました。ステイホームです。
この4連休、東京からの県境にはバリヤーが張られているのかもしれません。

んで、家ルゴ10km。

コメント

This is 宮ヶ瀬湖

2020年07月18日 | ボート

9:00~12:00 小雨
クオド乗艇@宮ヶ瀬湖

《Q2》 C廣江 S大野 3山下 2高橋K3 B藤野

《メニュー》
・技術練習(Finish、Legs only)
・NW~LP~水中P(R18~20)
・10本P×1(R28)
・20本P×1(R26)
・30本P×2(R26)
・LP3分×2(R18~20)
・LPインターバル(遊覧船来襲で中断、その後3番オールのカラー破損)
・C.D.

乗艇再開以降三回連続雨も梅雨だから当然か。でもみなさんの心掛けがよく、雨といっても小雨~微雨でかえって暑くなく快適。しかも風無し特上コンディション。静かな湖面をブレード1枚切り取って艇が走る(本当か?) This is 宮ヶ瀬湖Rowingという感じです。

宮ヶ瀬湖ボートクラブのガイドラインで、舵手付き艇はCOXと整調ペアはフェイスシールド着用です(マスクは不要)。マスクして漕ぐのは苦しいですが、フェイスシールドだと酸素取入れまったく問題ありません。慣れるとフェイスシールド付けているのも忘れるくらいです。ただ、横風が強いと煽られるらしいです。

キャッチでブレードがロス無くカチッとハマると気持ちがいいですね。腕で引いてはダメ。手を遠くに置いてくるだけ。ん? 置いてくる(©SLAM DUNK)か…。LPロングの後半、力を入れなくても体の動きと艇の動きがシンクロするいい感じでした。

短力は最初R28でしたが、力んだわりに艇速出ず。少し下げてR26のほうが落ち着いて漕げました。キャッチを遠くからつかんでくる感触もあり。

今日は車の人が少なかったので、一部の人は本厚木から神奈中バス利用。「1時間かかる」と敬遠していましたが、実際には45分ほどで着くし、車とそれほど所用時間は変わりません(私の場合、家を出るのが10分~15分早まるだけ)。バスは空いていて終点の宮ヶ瀬で降りたのは廣江さんと私の2人だけ。途中から貸し切り状態でした。

 廣江さん撮影
 
宮ヶ瀬湖新ルール:COXと整調ペアはフェイスシールド着用

※私は午後1時から宮ヶ瀬湖BC理事会があり居残り。

コメント

困ったときの相模湖

2020年07月11日 | ボート

9:30~11:30 曇/雨、日差しもあり
エイト乗艇@相模湖

《Filippi》 C廣江 S宮本 7大野 6高橋圭 5関野 4岡野 3カナブン 2藤野 Bワン

《メニュー》
・技術練習(Finish、6WでLegs only、空漕ぎ、1本ロー)
・LP片道(レート↑↓)
・水中P片道(R18)
・10本P×3(R28)⇒R29.5
・20本P×1(R26)
・30本P×1(R26)

鶴見川使用不可(1X以外)の間は相模湖に行きます。困ったときの相模湖です。
季節はまだまだ梅雨ですが、今日はうまい具合に雨の合間で、途中晴れ間も出て夏の暑さを十分感じました。

7月から再開した相模湖漕艇場でも新型コロナ感染防止対策を徹底しています。
・手指消毒
・チェックリスト
・体温測定
・参加者名簿
・マスク着用
・乗艇時のCOXのマスクまたはフェイスシールド
・更衣室人数制限
・シャワー使用不可,etc.
手順は増えましたが、利用者も少ないので、それほど混雑することもなく、スムーズに乗艇できました。

遊覧船やスワンボートは営業しているものの、観光客は少なく、私たちのエイトのほかには、高校生クルーが数艇と釣り人のボートが浮いているだけ。広々とした湖面はほぼ貸し切りでした。

エイト乗艇はほぼ4か月ぶりですが、まるでみんな昨日まで漕いでいたかのよう。ブランクを感じさせません。陸上期間中もeエルゴで(廣江さんのハードメニューで)毎週トレーニングしていたおかげでしょう。

微妙にローリングしながら進んでいた艇が、ふと揺れがなくなりまっすぐ水をとらえて走り出す(この感触や!という)のは、いったい何が原因なのでしょう? パドルは30本くらいやるのがいいのかな。

個々の漕ぎの細かい点よりも、エイトならまず最初は8人の動きを合わせることですかね。というか艇の動きに各人がチューニングしていくこと。まずは束ねて、束ねたものの形を整えていくのはそれから、という順番かな。

 (廣江さん撮影)
 ミニ三脚で撮ったので湖面がほとんど見えませんな

《昼食抜き》
デミタス碇屋が営業しているかどうかは確認しませんでしたが、今日も会食は無しということで直帰。

コメント

おひさしぶりで~す

2020年07月04日 | ボート

9:00~11:00 雨
スカル系乗艇@宮ヶ瀬湖

《Q1》S関野 3カナブン 2岡野 B大野
《2X》S中本 B渡辺真
《2X》S堤 B藤野

7月から宮ヶ瀬湖の湖面閉鎖が解除され、3か月ぶりに水上に戻ってきました(宮ヶ瀬湖に来るのは今年初)。ペンタは本来は「スカルの日」でしたが、久しぶりの乗艇なので、シングルスカルは使わずに、ダブルスカル、クオドに乗艇しました。

梅雨の真っ最中らしく今日も雨。予報通り朝のうちは大雨でしたが、乗艇時には小止みに。ただし風が強まるという予報もあり、本湖へは出ず艇庫前で練習。

クオドはCoxlessで出艇。水面コンディションもまあまあで、バランスよく漕げました。3か月のブランクを感じさせません。eペンタで3か月間鍛えた成果でしょうか? 水のつかみ~ストロークが安定している感あり(気のせい?)

新型コロナ対策で漕艇場での作法も増えています。
・こまめな手洗い、消毒
・マスク着用(艇上以外)
・コックスは艇上でもマスク or フェイスシールド着用
・ソーシャルディスタンスを取る
・チェックリスト、参加者名簿の提出
・納艇時にオールグリップをよく水洗い(アルコールは材質を傷めるので使わない)
・更衣室定員制
・シャワー入れ替え制で、一回使用の都度20分換気
・昼食会なし
etc.

まだまだたいへんな状況の中でも漕げるようになったのは、宮ヶ瀬湖BCのみなさんのおかげです。ありがとうございます。

 
 ソーシャルディスタンス(with PENTAマスク)

コメント

eペンタ(最終回)

2020年06月27日 | ボート

8:45~9:45 曇
eペンタ@Zoom
12人参加

《メニュー(エルゴ)》
◉Drag Factor100〜115、NW基準R18 
・WU (R18程度、NW•LPで合わせる)(整調:大野)
・水中P 20分(R18)(整調:大野)
 目標平均タイム 2分00〜15秒/500m
(rest7〜8分程度)
・短力(整調:岡野さん)
    R28ダッシュ付20本程度×2sets(調整)
・1分漕インターバル×3sets(整調:川本さん)
 R28×2、R30×1、ダッシュ付、繋ぎ1分半
 目標平均タイム 1分50秒〜55秒
(rest3分程度)
・1,000m(スタート付、コンスタントR30、ラストスパートR32)(整調:川本さん)
・CD

回を重ねて12回目となったeペンタ。来週からようやく水上練習に戻るので、今日が最終回です。

水中P20分は整調。
整調だというだけでなぜペースが上がる?
前半10分はいつもならW.U.を兼ねるのだが、最初から2:10切って焦る。結局最後まで2:10前後で推移。

1000mはコンスタント2:00ペースを目指す。途中レート合わせに気を取られると2:00オーバーしたり。安定しない。あれ? 廣江さんのコールが少しずれる(早い)。あっ、川本さんメーターだから1000m早く終わっちゃうんだ。最後イージオールで80m残り。川本さん速すぎ。

というわけで、eペンタはこれでいったん終了です。
家ルガー調教師廣江さん、eペンタ世話役のみなさん、ありがとうございました。

 eペンタ最終回

コメント

eペンタ(第11回)

2020年06月20日 | ボート

8:45~9:45 晴
eペンタ@Zoom
15人参加

《メニュー(エルゴ)》
◉Drag Factor100〜115、NW基準R18 
・WU (R18程度、NW•LPで合わせる)
・水中P20分(R18)(整調:川本さん)
 目標平均タイム 2分00〜15秒/500m
(rest8分程度)
・短力(整調:宮本さん)
 ダッシュ付 R28、30本×2sets
 ダッシュ付 R30、30本×2sets
   目標平均タイム1分45秒〜1分50秒/500m
   各rest1分程度
・4分漕(整調:宮本さん)
 R28→R30→R28→R30
   ラスト30秒R32
・CD

(深筋)各々筋トレ(深井さんは欠席)

昨日は一日雨でひんやり。今日はまた気温が上がるようですが、朝のうちはそれほど暑くありません。
eペンタも11回目となり、参加者も固定(いつメン化)してきた感があります。自粛解除で用事ができたのか、参加者はやや少なめの15人。

20分水中Pはいつもの感じ。前半15秒+、後半15秒-。

短力30本。上体の力みを無くして、体全体を飛ばす(⇒ハンドルが軽くなる)感じが出したい。

4分漕。±2分ペース目安。3QでR28に下げると水中も落ちてしまう。4Qは余力あり上がる。

ふだんのエルゴでは速度基準(レートは成り行き)でやってますが、eペンタのようにレート基準だと、いつの間にか速度が落ちていることがあり…。レートと速度の両方をコントロールするのは難しいです。

7月から乗艇再開なので、eペンタは来週が最後となる予定です。

 いつメン

コメント

eペンタ(第10回)

2020年06月13日 | ボート

8:45~10:00 雨
eペンタ@Zoom
17人参加

《メニュー(エルゴ)》
◉Drag Factor100〜115、NW基準R18 
・WU (R18程度、NW•LPで合わせる)(整調:高橋K3さん)
・水中P 20分(R18)(整調:下遠野さん)
 目標平均タイム 2分00〜15秒/500m
(rest8分程度)
・短力(以降整調:吉田さん)
    R28ダッシュ付20本程度×2sets
・1分半インターバル×4sets
 R28×2、R30×2、ダッシュ付、繋ぎ1分半
 目標平均タイム 1分50秒〜55秒
・CD

(深筋)深井さんスクワット

昨日まで暑い日が続きましたが、今日は朝から雨でほっと一息。しかも室内エルゴなので雨でも楽ちん…すっかりインドア生活に慣れてしまったなぁ。

今日のメニューは20分ロングと1分半インターバル×4。
20分は淡々と、前半2分15秒+、後半2分15秒-、のペース。

1分半はインターバルが1分半で助かった(以前の1分半/1分はきつかった~)。いつもレース前にやっている500m×4(インターバル2分)と似た感じ。1分半だから400mくらいかな。

1~3本目は1分57~58秒。バックスピードを意識しよう。4本目はPCの画像が途切れたので廣江さんの声だけを頼りに。1分55~56秒、いつもの500mインターバルの感覚で漕げました。

コメント

「藤原辰史:パンデミックを生きる指針」

2020年06月10日 | お知らせ

かずとのSNSからコピーしました。

Dropboxリンク

ダウンロードできないかたはこちら

B面の岩波書店HP

コメント