イタリアまるかじり

料理を通じてイタリア文化探検する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オリバーストーン監督

2013-08-30 22:05:35 | その他


8月夜中12:00~12:50NHK、オリバーストーン10回番組の「もう一つのアメリカ史」をを見る。

①第二次世界大戦の惨禍
②ルーズベルト、トルーマン、ウオレス
③原爆投下
④冷戦の構図
⑤アイゼンハワーと核兵器
⑥JFケネデイ~全面核戦争の瀬戸際
⑦ベトナム戦争、運命の暗転
⑧レーガンとゴルバチョフ
⑨唯一の超大国アメリカ
⑩テロの対策、ブッシュからオバマへ

特に③の原爆投下に対して、ニミッツ、マッカーサー、アイゼンハワー、マクナマラ等も、
戦争終結のために投下したというトルーマンに全く反対の立場。米国民の殆どはトルーマンの説明を単純に受け入れている。
酷暑の8月、上記を見て刺激を受けたが、すっかり夜型になってしまい、午前3時ごろ就寝となってしまう。9月に入り涼しくなったらせっせと散歩して、朝方に切り替えたく思っているが?

オリバーストーンのほかの映画DVDを蔦谷から借りてきて鑑賞。

①コマンダンテ(司令官)カストロとオリバーとのインタビュー 2003年
②アレキサンダー大王 2005年
③ウオールストリート 1987年、パート2、2010年

共通しているのはスピードと言葉の洪水で疲れるが、一見の価値あり。

オリバーストーン ;
1946年生まれ、仏教徒で3度目の妻は韓国人、ヴェトナム従軍
「プラトーン」-監督、[7月4日に生まれて]-脚本でアカデミー賞受賞。JFK,ニクソン、ブッシュの3名の大統領の映画あり。
1999年麻薬所持、2005年麻薬所持及び飲酒運転で逮捕暦あり。

コメント

谷文晁生誕250年・サントリー美術館鑑賞(8月21日)

2013-08-22 12:02:37 | その他
2011年12月蔦谷重三郎展を鑑賞して以来、六本木旧防衛庁後の東京ミッドタウン訪れる。
竹等使ってますますデザインがスマートなっていた。



谷文晁は「何でも鑑定団」で良く登場、持ち込んだ作品は殆ど贋作の記憶。小生は始めて鑑賞。



「この絵師何者?」とある様に谷文晁の特徴的作品が分からない。
狩野派、中国南宋画北宋画、大和絵、琳派、西洋画を吸収し「八宗兼学」と呼ばれ様式のカオスといわれている。


上記は谷文晁夫妻のを影法師でとらえた肖像。



松平定信の自画像で定信は画才にもすぐれている。田安家の扶持を貰っていたこともあり、定信が老中の時知り合う、時に定信36歳文晁31歳。以後定信の命を受け全国の古社寺や旧家に伝わる古文化財を調査し、模写と記録は全85巻「集古十種」として刊行された。



「石山寺縁起絵巻」
過去に失われた作品の復元にも挑戦している。個人的にはぐいぐいとストーリー展開する絵巻物は大好きです。

谷文晁の人脈は多岐に渡り、定信をパトロンとして、酒井抱一、大田南畝、山東京伝、大阪では木村蒹葭堂がいる。

谷文晁は体制側の優等生の巨匠であるが、小生は反骨の反体制の絵師が好きです。たとえば国芳。


コメント

歩天組が行く・谷津干潟探鳥会(8月18日)

2013-08-19 09:58:22 | その他



南船橋駅に約30名参加、いつもより少ない様である。歩天組は3名参加。
小生は最近外出控えていたので熱中症に気をつけていたが、無事終了。

今回の谷津干潟探鳥会は2度目、気温は33度Cでしたが、爽やかな風が吹き快適でした。









野鳥以外では干潟に座布団サイズのアカエイや30~40CMのボラが群れていました。
ボラの幼魚もたくさん泳いでいました。アオスジアゲハ、黄アゲハも観察できました。
この日は12、000歩あるき、熟睡できました。

K 隊長後記

今回は32種の鳥を観察しました。
谷津干潟探鳥会に参加した。8月はシギ・チドリ(成鳥)の渡りの最盛期です。シベリアで繁殖を行ったシギ・チドリが南へ帰る途中
谷津干潟に立ち寄ります。この日の谷津干潟の潮目は探鳥会が始まる10時頃が丁度干潮でした。
潮の引いた干潟には、渡り途中のダイゼン、キョウジョシギ、トウネン、キアシシギ、ソリハシシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、オグロシギ、
メダイチドリなどを中心に15種のシギ・チドリが観察できました。メダイチドリの群れの中には比較的数の少ない2羽のオオメダイチドリ、ハジロコチドリが見られました。
ダイゼン、メダイチドリなどは一部夏羽から冬羽に生え変わりかけていました。
来月にはコガモを初めとしてカモ類の飛来が本格するでしょう。
コメント

ボンジョルノ・うなぎフェスタ8月16日

2013-08-17 12:18:37 | その他


イタリア語講座「ボンジョルノ」の会員が、マッテオ先生の誕生祝と酷暑ぶっとばしで下神明にある
鰻料理店「登利源」でうな重で英気を養う。
8月から女性2名が新たに参加し9名の生徒がイタリア語を習っている。

食後はまじめに下神明にある品川区民集会所で勉強。
小生は2011年の2月から受講始め、2年半も経過したがさっぱり上達しない。






コメント

浮世絵 Floating World (三菱1号館美術館)鑑賞8月14日(水)

2013-08-14 20:26:04 | その他



毎日暑い日が続いているが、暑気払いかねて東京駅の丸の内側にある「三菱1号館」を覗く。第1~3期あり、今回は第3期。2年前にこの美術館で「ロートレック展」を鑑賞。
中庭から入館するが、下の写真の様におしゃれな雰囲気です。

歌川広重の作品が多くあり、初代(1797~1858年)二代目(1826~1869)三代目(1842~1894)の広重が展示さtれていた。

今回初めて見て印象に残ったのは幕末・明治・大正期に活躍した二人の作家です。

楊州週延(1838~1912年)



小林清親(1847~1915年)



今夜もBSでオリバーストーン監督のアメリカ史、「ベトナム戦争」見る予定だが、夜中12:00~1:00と遅いのが難点です。原爆投下の必要性が無かった事、トルーマン大統領への不信他、ケネディの対ソ平和戦略
等納得いく良心的捕らえ方に共鳴します。
コメント

理髪店セビリア (目黒区柿の木坂)

2013-08-09 21:18:57 | その他

7年ほど前から、女房の実家の近くの理髪店セビリアで散髪しています。
2ヶ月も散髪していないので、セビリアで4年ぶりに暑かったので髭もそりました。
セビリアのマスターは70歳で札幌出身、1970年開業。奥さんと従業員1名で経営している。
小生の薄い髪を上手に散髪してくれる。マスターの許可を得てブログに記載。
マスターとのたわいない床屋談義も楽しみの一つです。

2007年に南イタリアのバニャーラで料理研修をしていた時、通った床屋の写真もブログに載せましたが、写真が不明となりました。








セビリアは、東京都目黒区にある男前になるための理容室・散発・床屋・メンズヘアサロンです。
髪のトラブルに関する相談は、セビリアまでお気軽に来店下さい。

住 所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1丁目34-15

電話番号
03-3723-4347

セビリアの理髪師 あらすじ・ストーリー

オペラ『セビリアの理髪師』のあらすじは、簡単に言ってしまうと、医者の姪に恋をした伯爵が、理髪師フィガロの助けを借りて、悪者の医者の目をかいくぐりながら、彼女に思いを伝え恋を成就させるコミカルなラブストーリー。

医者バルトロは、姪ロジーナの遺産を目当てに結婚を企んでいた。彼女に一目ぼれしたアルマヴィーヴァ伯爵は、バルトロ邸の理髪師であった知人のフィガロを雇い、高貴な身分を隠しながら、ロジーナにあの手この手で愛を伝えようとする。

ロジーナも身分を隠した伯爵に好意を寄せるが、伯爵のアプローチに気が付いたバルトロにより何度も妨害されてしまう。焦ったバルトロは、ロジーナとの結婚手続きを急ごうとする。果たして伯爵とロジーナの恋の行方は…


コメント