イタリアまるかじり

料理を通じてイタリア文化探検する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

29日スパゲッテイボンゴレ

2009-09-01 17:35:52 | その他
前日に小樽の長崎屋でアサリを購入し、砂をはかせておいた。北海道のあさりは少し茶色がかっておおぶりで貝が厚い。
関東とは違う種類の様であるが旨い。

「スパゲッテイ ボンゴレ」 レシピー

 材料(二人分)
 スパゲッテイ(1.6mm)160g
 あさり(殻つき) 400g
 にんにく(つぶす)2片
 赤唐辛子 1本
 白ワイン 大匙1.5
 オリーブ油 大匙2
 イタリアンパセリ (粗ミジン)
 EXVオリーブオイル 適量
調理
 1.フライパン
   オリーブ油、にんにく、赤唐辛子を弱火でゆっくり炒める。
 2. にんにくが狐色となったらアサリ、白ワイン大匙1.5、水80ml加えて蓋して強火の蒸し煮。 
 3.アサリの口が開いたら、パセリ加え、EXVまわしかける。
 4.茹でたパスタを3.にいれソースをすわせながら手早くあえ、器に盛る。
コメント

29日再びI氏宅で料理

2009-09-01 17:32:08 | その他
写真は真カレイの天ぷら。
I氏が釣った一枚のカレイと冷凍しておいた前回のカレイをI氏の奥さんがカリッと揚げていただきました。旨い。
コメント

H氏と朝里沖

2009-09-01 17:28:04 | その他
写真はH氏と朝里沖、小樽築港にある旧ヒルトンホテルが見える。
前回の竿頭(真カレイ50枚)のH氏もこの日はあたりもなかったとの事。
コメント

8月29日小樽で釣り

2009-09-01 17:16:57 | その他
写真はI氏。
6月25日の大漁に気をよくしてI氏とO氏(高校友人)と3名で釣行。
この日は波が2.5Mで白波が立ち前回の祝津沖の根は避け、
あちこち移動したが、小生とO氏、そして船長もボウズ、わずかにI氏が手のひらサイズの真カレイ一匹だけ。
一同がっくり。今回小生は船酔いの薬(トラベルミン)服用のかいありまったく酔わず。
ただ、眠くなる成分がはいっており(マレイン酸フェニラミン?)、とにかく眠かった。
コメント

28日の食事

2009-09-01 17:08:58 | その他
写真は伊藤夫妻とボルシチ、花咲ガニ。
ワインはチリ産の白、旨かった。
コメント

8月28日ボルシチ

2009-09-01 17:00:07 | その他
写真はボルシチ。ニセコでビーツを購入できたのでボルシチ料理を作る。レシピーは08年の8月のブログご参照下さい。
サワークリームとの相性抜群、ビーツは半分はすってレモンと発色させより赤い色に、半分は千切り。具用と濾してスープ用の野菜をを調理する事で洗練されてくる。今回は豚肉を使用。出来上がりはまずまず。
コメント (1)

8月28日小樽の友人宅でボルシチ他。

2009-09-01 16:51:53 | その他
8月28日
東京から友人のI氏夫婦が2ヶ月に一回のペースで来樽。奥様のお母さんが入院中で介護のため。
奥さんは北大薬学の後輩で小樽潮陵高校の後輩でもある。I氏は北大薬学の同期。写真はI氏が
小樽の中央市場で茹でた花咲ガニを購入(2,500円)の安さであったが大変美味でした。
コメント