イタリアまるかじり

料理を通じてイタリア文化探検する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月29日(木)蛸入荷

2007-03-30 23:33:38 | その他
ユーボーと蛸とチッチョ
写真は29日(木)夕刻に地元の人が10HGはありそうな巨大な蛸を持ってきた。
シェフは買い入れた。
まだ生きていて墨をはきチッチョのコックコートが汚れた。
ユーボーもぬめりをとって頑張る。
まかないで、蛸しゃぶとたこ焼きつくる。
蛸しゃぶはチッチョは良く食べてくれたが、他のイタリア人、ブルガリア人は拒否反応。
コメント

貸し別荘

2007-03-30 23:22:05 | その他
写真は夏のシーズンは貸し別荘となるらしい。
宿舎から徒歩5分。
コメント

バニャーラの海岸

2007-03-30 23:19:36 | その他
写真は3月27日(火)の休みにいつもの散歩コースを写したもの。
シーズンオフなのでボートはあがっている。海岸はシーズンに入るとビーチパラソルで埋まるとの事。
コメント

漁師のおばさんたち

2007-03-27 22:59:11 | その他
バニャーラの漁港の露天で魚を写していたら、「私達も撮ってよ」と言うことで記念撮影。このあたりは昔ギリシャの植民地だったらしく、小生はギリシャは行ったこと無いが、この女性達の風貌に何だかギリシャ(グレコ)風を感じる。
コメント (2)

小さいサメが生きたまま売っている。

2007-03-27 22:53:01 | その他
写真はイタリア人が食べる小さなサメでまだ生きていた。
学校(ルッカ)のレシピーに良く出ていた。
コメント

バニャーラの港の魚の露天。

2007-03-27 22:41:47 | その他
3月26日(月)
バニャーラの漁港で漁師のおかみさん達が魚を売っていた。
この浜に水揚げされた魚らしい。特に真っ赤な海老は珍重される。
コメント (2)

フルビオシェフの竹馬の友

2007-03-27 22:32:23 | その他
添付の写真は毎日厨房にやってきてコップ一杯のワインを飲んでいくフルビオシェフの友人。この日チッチョに「すぐにムール貝むく。」と手伝わされていた。
公務員らしいがシェフとの良い関係はなんか良いですね。
コメント

バニャーラの古い家

2007-03-27 06:37:52 | その他
3月26日(月)
散歩をしていると写真の様な古い、今にも崩れそうだが愛着の持てそうな家に良く出会う。家の中はどうなっているのだろうか?
コメント

3月26日露天の魚屋

2007-03-27 06:25:34 | その他
3月26日(月)
バニャーラの漁港に向かう途中で露天の魚屋が、まながつお(シンガポールでフィッシュヘッドカレーに入っていたと記憶?)太刀魚など並んでいた。
コメント

3月26日(月)

2007-03-27 01:53:34 | その他
3月26日(月)
今日明日休みでいつものようにセニョーラマリア(シェフのおばちゃん83歳)の手料理;ゆきおさんーー確かに今日もブロッコリーの細メンパスタで食傷ぎみだが、豚肉のステーキは旨かった。ミンモ(シェフの兄)は孫達とレストランの2階に住んでいる、彼は母親の味が世界一、典型的なイタリア人のマザコン?
食事の後は一人2KM先のバニャーラの漁村へ歩く。
写真はバニャーラの港。今日はうす曇で肌寒い、洗濯物は取り込めた。
コメント