ちいさなつづら

肩幅で暮らす。

伊予生糸の伝承へ!!

絶滅の危機にある文化、養蚕・製糸。その中でも、最高級品質の絹糸、「伊予生糸」は、日本の地理的表示保護制度で現在四国唯一の選定を受けています。養蚕農家、製糸技術者が減ってゆく中で、どのように後世に残して行くか、皆さんのご協力を得ながら、課題解決に向けて頑張ります。応援よろしくお願い致します!

2018初秋蚕 上ぞく終了!!

2018-09-01 06:28:33 | 養蚕


 猛烈に暑い中、お蚕さん、順調に糸を吐いてます。


 この時期は、一番暑いのですが、できる繭は、比較的、きれい。



 おそらく、湿度が関係してると思われます。



 蒸し暑い空気、といえども、晴天が続くので、湿度は比較的、低い。



 夏蚕の時期なんか、モロに梅雨真っ只中なので、湿度は80%以上。なかなか、苦労します。



 今日から9月。繭の出荷が終わるとすぐに、今シーズン最後の晩秋蚕の飼育が始まります。



 忙しい!!
コメント