ちいさなつづら

肩幅で暮らす。

伊予生糸の伝承へ!!

絶滅の危機にある文化、養蚕・製糸。その中でも、最高級品質の絹糸、「伊予生糸」は、日本の地理的表示保護制度で現在四国唯一の選定を受けています。養蚕農家、製糸技術者が減ってゆく中で、どのように後世に残して行くか、皆さんのご協力を得ながら、課題解決に向けて頑張ります。応援よろしくお願い致します!

おふくろの味 たくさんあるしあわせ

2013-06-29 19:56:17 | うまい!

 夏野菜の季節。


 わたしは、ピーマンが、大好きだ。


 ピーマンが嫌いな人もたくさんいるみたいだけれど、わたしは、ピーマンが、大好きだ。



 子供のころの、大好物は、母の手製。


 縦に二つ割りしたピーマンの、種を取ってカップ状にしたものに、ハンバーグの種を詰めて、ジューシーに焼き上げたもの。

 うちではよく、『ピーマンの肉詰め』と呼んでいました。


 肉のうまみもさることながら、加熱調理したピーマンの、独特の甘い香りが、重くなりがちなミンチの味をマイルドにしてくれる、素晴らしい組み合わせだと思っています。


 今、私の夏の食卓には、欠かせない野菜となっています。ほんのちょっと、加えるだけで、料理の味がぐっと引き立ちます。

 庭に植えたピーマン、今年はうまく実るかな?

 いつもたいてい、カメムシにやられてしまうのだけど。



 それにしても、母がいつも家族においしい料理を作ってくれていたことに、深い感謝の念が絶えません。

 
  母から料理を教わったことは、ほとんどないですが、母が台所に立つ姿を見て育った私は、その心を学んだ・・・と言ったら、カッコ良すぎですかね?



 ついでですが、今年の夏は、早くも私のオリジナルのレシピが二つできました。(一つは、ピーマンを使います)

 
 今度の土曜夜市で、お披露目になるかも!?
コメント

たぬきのこども

2013-06-27 19:21:06 | いきとしいけるもの

 昨日から、ウズシリの畑の柿の木の下に、タヌキの親子があらわれるようになりました。


 親一匹と、子二匹。


 
 今日は、子だぬきが、一匹、5メートルほどの目の前で、のんびりタヌキ寝入り。


 大きさは、犬の赤ちゃん程度。


 めちゃくちゃ、かわいいですよ。


 タヌキは、木に登れないので、柿の木の隣のびわの木の実が、自然に落ちるのを待っているのかもしれません。


 秋になって、みかんを食べてしまうかもしれないので、タヌキ対策はしておかなければ、と思いつつも、あの愛らしい姿を見ると、なかなか本気になれないですな。


 ともあれ、みかん山にはありとあらゆる生き物たちがいて、楽しませてくれます。
コメント

丘の上の日曜市 2013・6月

2013-06-21 20:21:59 | 丘の上の日曜市

 今月は、時折、雨、の中での笑心村日曜市となりました。


 時期的には、田植え前後で、たいていの農家さんは疲労がたまっているころ。また、最近イベントが続いていたので、お客さんの方も、外出を控えているのかな?


 ともあれ、今月の日曜市も、新しい出会いがあって、いいものにもたくさん出会えて、ゆったりのんびり、開放感に包まれて、満足感の高い時間をシェアすることができました。

 この笑心村ならではの、心地よさです。


 この日は久しぶりに、産休・育休明けで参加の「野菜とパンと猫」さんが。

 あの素晴らしいカンパーニュ(パン)を購入することができました。感激!!


 今も、パソコンの隣で、ふくよかな麦の香りが漂っております。


 また、この日は、親子でわらべ歌、のコーナーあり、鎌の研ぎ方講座もあり、面白い企画だったとおもいます。


 
 出店者と、お客さんと、みんなで作る手作りのイベント、皆さんに感謝です。


 さあ、いよいよ来月は土曜夜市です!



 第四土曜日、7月27日 午後5時から、8時まで。キャンプも可です。


 内子ではおなじみのacomiちゃんの、フラのステージもあり、若手実力派シンガーのかんちゃんのライヴもあります!!

 たき火を囲んで、盛り上がりましょうぜ!サタデー・ナイト・フィーバーとしゃれ込みましょう。

 お待ちしてます!!
コメント

数字か観察力か

2013-06-18 17:20:27 | 阿部みかん農園

 どちらも大事。


 今シーズン、雨が少ないですね。


 過去にないほどの、少雨です。現在まで。


 気象庁のデータを見ても、雨の少なさがはっきりわかりますし、日照量も多くなっています。


 身近なところで言えば、いつも水が流れている沢が、枯れてきているところ。


 沢の水は、山から少しずつ、流れているわけですが、今年のように枯れているのは、過去に経験がないほどです。



 今シーズンは、表年に当たり、豊作が期待されていますが、もしかしたら、大不作になる恐れもあります。


 恵みの雨が、待たれるところです。
コメント

2013年 6月 高知への旅

2013-06-16 18:34:59 | ぼうけん

 珍道中は、突然、始まった。


 玄米おにぎりを、漆のお重に詰めて。


 山を越え、谷を渡り。


 お隣、高知県へ。


 仁淀川を渡る橋の上からの、美しい、夕陽。


 そして、たどり着いた目的地には、期待通りの優しさがあふれていました。


 
 真夜中に帰る道で、たくさんの狸たちと出会いながら。



 ともに旅をしてくれたあなたに、もういちど、ありがとう。
コメント