おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

書くということ

2018年06月18日 | つぶやき
大阪北部を震源にして
関西で大きな地震がありましたね。
被害が最小限に止まることを祈るばかり。
地震列島、日本。
東海地震が起きる起きると言われて久しいですが
地面の下では何が起きているのでしょう?
住まわせてもらっている身の我々には
起きた後どうするかの対策しかできませんね。


テーマのお話に移りますね。
現在7、8軒のクライアント様からお仕事をいただき
ややもすると全てが同時進行になるという
修羅場をくぐり抜けながら何とか生き延びております。
その中の一つに、豊橋を中心に配布されている
フリーペーパーのお仕事がありまして。
毎月テーマを決めて飲食にまつわる特集を組むのですが
テーマ決めも取材先ピックアップも
ほぼ一任されていおります。
2ヶ月前に「豊かな食、豊かな人生」
というテーマで特集を組みました。
特集のコンセプトはこうです。


「豊か」…決して贅沢を意味するわけではありません。
自然のサイクルに生かされている人間は
カラダが欲しがるものを素直に摂ることで
健全な心と健康なカラダが育まれます。
ここでいう「豊か」とはそういうこと。
春は冬のツケが回って不調を感じる季節。
この時期こそ豊かな食について考えてみませんか?




ということで
東三河で食について真剣に考えておられる
飲食関係の7店にお声をかけさせていただきました。
その中の1店があるパン屋さん。
取材時に食パンを頂いたところ
これがとっても香り高くて味わい深い。
国産小麦粉、ホシノの天然酵母、水、塩だけで作ったそれは
米と水だけで炊いた白飯を思わせるような
懐の深さと食べ飽きない素直さを持ち併せていたのです。
オーナーさんの人柄も素晴らしく
受けた印象そのままを文章に表して世に送り出しました。


私の朝食は98%ご飯食なので
訪れるきっかけがなく
ご無沙汰が続いてしまいました。
先日、突然食パンが食べたくなり
思い立ったら吉日と
そのパン屋さんを訪ねたのです。
せっかくだから記事の反響はどうだったかと
お尋ねしましたところ
誠に嬉しいエピソードをうかがいました。
ここからはオーナーさんの言葉で綴ります。


2年間引きこもり続けていた女の子が
このパン屋さんに連れて行って欲しいと
お父さんにせがんだそうです。
普段なら「これ買って来て」と言うだけで
一歩も外へ出ようとしないんですって。
娘さんを連れて来店したお父さんは
一歩を踏み出してくれたことが嬉しくて仕方ないらしく
店の前で泣いてらっしゃったんですよ。
記事から彼女に何かが伝わったんでしょうね。

それだけでなく、
乳製品アレルギーのお子様をお持ちのお母さんが
わざわざ豊橋の真反対から来てくださり
子供が喜んで食べたからと
翌日もご来店されました。
きっと乳製品を使っていないパンを
探していたんでしょう。
ご家族と同じパンが食べられて
お子さんも嬉しかったでしょうね。

中にはmieさんが書いた記事を切り抜いて
お財布に入れて持って来た方もいらっしゃいましたよ。



オーン、オンオン(←鳴き声、じゃなくて泣き声)
これを聞いて思わず涙してしまいました。
自分で選び、綴った言葉で誰かが喜ぶ…
こんな私でも生きている価値があったんだ、
存在意義があったんだ、
人生の免許証みたいなものを与えられたようで
体が熱くなるのを感じました。


資格試験も何もないから
正確には「自称ライター」というお仕事。
15年近く続けて来て
自分が書いたものが不特定多数の方に読まれることに
少し鈍感になっていたのかもしれません。
今回の件で改めて言葉の力について考えさせられました。
お金をいただく関係上
ライターという肩書きを名乗っていますが
このブログをはじめとしたSNS等で
国民全員ライターチックなことができる時代。
自分の発した言葉で誰かが喜び
誰かが傷つき、あちこちで争いごとが起きる。
ニュアンス一つで伝わり方も雲泥の差。
意思の伝達手段に文字が使われる時代が続く以上
言葉選びには責任を持たなければなりませんね。
今回のことは大変嬉しい反面
逆パターンもありき、と
気を引き締めるきっかけとなりました。
とにかく、一歩を踏み出した彼女が
もっと美味しいものを食べてみたい
もっと綺麗な景色を見てみたいと
外への欲求が増大していくことを祈ります。


書くということ…人間にだけ与えられた
素晴らしい能力です。
それを仕事にできることを
大変嬉しく、誇りに思います^^


さて、仕事しよ♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(自称)選ばれしレディの会 at まねき寿司

2018年06月10日 | お出かけ
本日は取材の予定でしたが
急遽日程変更なりまして家仕事。
フリーライターなんて
曜日感覚のうっすいお仕事ながら
お休みモードの世間様に想いを馳せると
どうも仕事ぶりが緩慢になります。
今もちょっと書いて行き詰ったところです。
ってことで、備忘録編纂タイム。

淑女会の次は選ばれしレディの会ですか…
と呆れないでくださいね^^:
この他、オヤジ会にも所属しておりますし
紳士会や死なば諸共会、略して「しなもろ会」
そして忘れてはいけない
Mie&BlueSkys、略してM&Bなど
様々な会に首を突っ込んでおります(笑)
どの会もメンバーは全員女性。
それぞれにそれぞれのカラーがあって
毎回新鮮な風を感じている今日この頃。


さて、表題の(自称)選ばれしレディの会は
ひょんなことで発足した会でございます。
メンバーも個性派揃い。
共通点は美味しいものに貪欲で
とにかくよく飲むことかしら。
あ、Nりんと私は同級生(笑)
多忙な4人のスケジュールが運よく合致したので
選ばれしレディファミリーの
美樹女将にお願いしまして
まねき寿司さんのカウンターをジャックしました。



その前にゼロ次回へ




タマゴサンド

そうです。円頓寺の西アサヒ。
現在はオーナーが変わっているので
このサンドイッチは復刻版。
お寿司の前にサンドイッチってどうよ。



グリーティング和紙

美樹さんが手書きしてくれました。
こういうセンスとお心遣い、素敵ですね。




フグの煮こごりと白子



タラの白子です

フワッフワ〜とお口の中に淡い存在感。
舌で押さえるとサッと乳化しますよ。




ふぐの煮こごり

お財布と相談して諦めたふぐ尽くしコース。
前菜でお目にかかることができました^^
大将、美樹さん、ありがとうございます。


さて、ここからは怒涛の握り尽くし。
ネタの紹介だけにとどめます。
それさえもまともにできないかもしれない…




雲丹



アナゴとのれそれ



甘エビ



豆腐の味噌漬けと香の物




中トロ



烏賊



小肌



河豚



海老



モロコ



マグロのヅケ



小鯛の〆







いくら



なんだったっけ・・・ヒラメ?







河豚のあら汁



バッテラ



みる貝?



細魚



玉子



鉄火巻き



キンカンのシロップ煮

よく食べて飲みました。
お寿司に所々で使っているツブツブは
クラタペッパーの故障の実のオイル漬け。
目が醒めるピリピリ感がありますよ。
ニコニコと大将が握って置いてくれるのを
雛鳥のようにパクパクと啄み
合いの手のようにお酒を飲む我々。
「見ていて気持ちがいい」と美樹さん(笑)
お褒めいただき光栄です^^
愛想はいいけど寡黙な職人気質の大将と
女将になるために生まれてきたような美樹さん。
名コンビでございますね。
いい夜を過ごさせていただきました。
ご馳走様でございます!



ガレット・デ・ロワ

私がわがままを言ってYちゃんに作ってもらい
美樹さんにわがままを言って持ち込ませていただきました。
ガレット・デ・ロワはフランスのお菓子。
1月の祭日にこぞって食べる風習があります。
中にはフェーブというおまけが入っておりまして

これに当たった人は女王様となって祝福を受け
一年幸せに過ごすことができるんだとか。


残念ながら…私は外れました^^;
当たったのはジョーズキッチンのマダム。
ちょうど1月開催でしたので
素敵な一年のスタートになりましたね〜♪
Y子ちゃん、美味しかったよ!ありがとう♪



選ばれしレディ会のキックオフとなった当宴。
たくさん喋って放出したパワーを
間髪入れず補充しまして
来た時よりもパワーアップしてしまったよう。
来月はいよいよ第二回目開催。
(自称)選ばれしレディの名に恥じぬよう
せっせと差別化してまいります。
意味わからん(笑)



さて、お仕事に戻ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

淑女会Vol.16・睦月の章/馳走和醸すぎ

2018年06月09日 | お出かけ
ついに梅雨入りしましたね。
くせ毛には大変辛い時期に突入です。
どんなに温めて引き伸ばしても
雨風がスッと髪を撫でれば
あっという間に縮み上がってそのまんま。
いっそのこと丸刈りにしてしまいたいわ。
あ、ダメ。私の頭、見苦しいんだった。
後頭部に10針縫った跡があります。
夜中に某プールへ忍び込み
帰り際に塀を乗り越えようとしたら
真っ逆さまに落ちたあの時の傷です。
って知りませんよね^^;
ちなみに年の頃はハタチでしたw
時効とさせてください。

さて、梅雨入りしたのに新年会の話。
季節錯誤な話題ばかりでスミマセン。
16回目を数えます淑女会睦月の章を
お正月だから和食でね、と
スギちゃんこと、馳走和醸すぎさんで開催しました。




まずはYマーケットブルーイングでゼロ次会

実はこの前に「糀や」さんでの取材だったのですが
「糀や」さんは18時オープンのため
ゼロ次会には間に合わず系列店のココへ。



取材時に撮影するのみだったビールを
心置きなく飲ませていただきます。



乾杯

仕切り直して一次会スタート。
淑女の皆様
今年もよろしくお願い致します。




八寸

小さな器萌え♪
一つ一つ手をかけた酒肴が
肩を寄せ合います。
これだけで何合飲めるでしょう?




お造り盛り合わせ

サワラ、ミズタコ、ノドグロ
カツオ、牡蠣、マグロだったかな?
カツオに辛子、オツな組み合わせです。
家でやろうと思ってまだやっていない。




蒸し物

今まで食べたことないお料理。
色々な要素が詰まっています。
汁物のようで汁物でない
茶碗蒸しでもない、不思議な一品。
とても美味しかったので真似してみよう
と思いつつまだしていません。



クジラ鍋

おお!精が付きそうなお鍋です。
この日はお疲れ気味だったのですが
鍋をつつき始めた途端、急速に元気になりました。
疲れ?なにそれおいしいの?ってほど。
クジラパワー恐るべし。





おじや

クジラの旨味を余す所なくお米が吸う。
和風鍋の〆は断然おじや派です。
さらに身体もパワーアップ!



誕生日プレゼント贈呈

淑女会では誕生月のメンバーを
お祝いする慣わしがあります。
慣わしといっても
淑女会が発足してまだ2年経ってませんけど(笑)
1月はS子お姉さまの誕生月。
プレゼントはお世話になっている
ギャラリーサンセリテさんで選ばせていただきました。
SNSを使って写真付き実況中継を私めがし
みんなでS子さんが喜びそうなものをセレクト。
錫を塗った漆器のお猪口をプレゼントしました。
期待以上に喜んでくれて何より^^
大切な人が喜んでいる姿を見ると
こちらまで幸せになりますよね。





スギちゃんとN子さんのコラボサンド

ワガママを聞いていただきました^^;
二人がタッグを組めば
美味しくなるに決まっています。
常に時間に追われるシンデレラな私は
ガツガツとむさぼり食べて駅へと急行。
美味しかったなぁ〜
一見強面なスギちゃんですが
とても優しくて気遣いの方。
どんなに忙しくても
必ず帰りはお見送りしてくれます。
変顔写真撮影会付きで(笑)
ご馳走様です!


ようやく淑女会の記録も
2018年度版に切り替わりました。
未アップの5ヶ月分もサッサと書かねば。
お付き合いのほど、よろしくお願い致します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Le Costeの会

2018年06月08日 | お出かけ
執筆していたら行き詰まりました。
こんな時は全然違うことを考えるに限ります。


一つ前の記事で愛しのモカイオさんについて書きましたが
またまたモカイオさんに登場していただきます。
モカイオのシェフとマダムが愛してやまない
Le Coste(以下レコステ)の作り手である
ジャンマルコ・アントヌーツィとクレメンティーヌご夫妻が
モカイオにやってくるという
素晴らしき会にお招きを受けました。
次の日も名古屋で飲み会でしたし
宴もたけなわなのにも関わらず
シンデレラのように家路を急ぐのは嫌なので
近くにお宿をとっての参戦。
同じ愛知県在住なのに
宿泊しないと心置き無く飲めないとは…



どっひゃーっ!

テンションが上がりまくります。
当たり前ですけどレコステばかりですぞ!



ロザートのマグナム〜

これを枕にしてストロー挿し
寝ながらチューチュー吸いたいほど好き。



ジャパンツアー2018用のイラスト

鎧をまとった武士が後ろ手にワイン注いでる(笑)


せっかくの来日ですから
日本らしいものでおもてなししようと
確実担当を割り振られました。



私は鯛の巻き寿司担当

日本人にはウケが良かったけれど
当のご本人たちの感想は聞いていません^^;



たこ焼きや


マダムの豚汁だったかな?



大盛ちゃんのだし巻き卵



Yちゃんお手製のパン

皆様の愛情がこもった
おもてなし料理の数々で
お二人をお迎えいたしました。



ジャンマルコ

ブレッブレの写真1枚だけ。
飲み始めると本当に使い物になりません。
クレメンティーヌのお美しいお姿を
撮影し忘れたとは何たる失態。
驚くほど小顔なので一緒には撮りたくはありません(笑)



トマトのサラダ



オイルもレコステ



蒸し野菜や



猪だったっけ?

まるでマンガ肉。
じっくり低温で焼き上げてあり
とってもジューシー。
肉々しくって美味でした。



付け合わせのポテト


そして・・・



ラザーニャ!

白目になるほど美味しすぎて
後々語り草になった料理です。
一口頬張った途端、酔いが覚めましたわ。
特別な料理なので普段はございません。
ちなみにこのグラタン皿は
うちのダイニングチェアのシートくらい大きいです。




空瓶群

それぞれ趣向が異なるも
感じる共通点は素直さと秘めたパワー。
ロザートやプリムール、
ビアンケット…あれもこれも美味しかったな。
ますますファンになってしまいました。
料理もそうですけど、ワインや日本酒も
造り手の人柄がストレートに現れます。
まてよ?
文章なんて最たるものか…気をつけねば^^;


かけがえのない時間を過ごさせていただきました。
レコステご夫妻とモカイオご夫妻
そして楽しいひと時を一緒に過ごしてくれた皆さんに感謝!


さて、頭が完全にリセットされたので
仕事に戻りまーす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼愛しきオステリア・モカイオ

2018年06月06日 | お出かけ
モカイオ、なんて食欲をそそる響きでしょう。
お邪魔するようになって3年ぐらいかしら。
常連面するほど回数はお邪魔していませんが
行くたびにガツ(胃)をガッツリ鷲掴みにするこのお店が
私は大好きなのでございます。

この時の訪問はようやく2018年の記録。
私たちの可愛いマスコット的存在
Hちゃんの新たな門出を祝う会でした。
メンバーは10人強だったかな?
まとまった人数で集まれたので
なんでも好きなもの頼んでや〜〜的な
大盤振る舞いな会となりました(笑)
大量発注したので説明はサラリと済ませます。



フォカッチャ

塩分ちょうどよし。
塩分のボケたフォカッチャは
塩のないおにぎりのようなもの。
あんまりいい例えではないw




ポレンタのフリット

マストアイテムです。
熱々のうちにいただきましょう。



生ハム盛り合わせ

人数少ないと割愛しがちな当品。
大人数なのでたっぷりといただきました。
ワインが進むわ〜。



トンノデルキャンティ

ひよこ豆のサラダです。これも定番。
私のブログに何度登場したことでしょう。



ゆでカリフラワー

シンプル・イズ・トゥーマッチな一皿。
シンプルすぎる調理とは思えない美味しさなのです。



タコの水煮

これもシンプル極まりない料理。
だから食べ飽きない。
イタリアの港町の日常を思わせる味です。



ソプレッサータ

豚の頭部分のテリーヌを
カリッと焼いたモカイオのスペシャリテ。
全部スペシャリテですけど
これは頼まずにはいられない一品です。
行ったら絶対食べなはれや〜



蒸し野菜

これ以上どうシンプルにしたらいいの?的料理。
元気で素性の良い野菜をセレクトしているので
蒸すことでポテンシャルを発揮。




チブレオ

鶏のキンカンや卵管を煮込んだ料理です。
卵で濃度をつけたソースがこれまた美味。
幼い頃、煮ても煮ても味を含まない
キンカン煮が大の苦手でしたが
美味しいソースを絡めるこの食べ方なら
きっと喜んで食べていたはず。
キンカン人生損した…



トリッパの煮込み

絶妙な処理の仕方をしているので
過度な臓物臭さを感じさせず
されど臓物らしさを残した仕上がり。




リボリータ

トスカーナの郷土料理です。
マンマの味そのものの優しさ。



鴨のサルミ

濃厚なソースと引き締まった鴨。
冬のご馳走ですね。



鹿のペポーゾ

こちらもソースの力がすごい!
赤ワインが進みます。



ラヴィオリ

悶絶卒倒させるラビオリを出す店
モカイオ以外知りません。
とにかく美味しいの一言。
百聞は一食に如かずです。
メニューに見つけたら是非実食を。



親鳥のミンチとマッシュルームのパスタ。

この旨味も炸裂していました。
お肉の破片一粒たりとも残すまいという勢いで
みんなで奪い合っていたのを記憶しています。



ピチアリオーネ

ツルモチ生地のピチ。
この食感、艶かしすぎます。
大好きなパスタの一つ。



猪のリゾット

旨味を含んだコメ一粒一粒の主張に
食べては魅了されるばかりです。
病に伏した時に食べたら
劇的に効果がありそうな予感。


こんな感じで欲望の赴くままいただきました。
Hちゃんも喜んでくれて何より^^
愉快な面々で集まったため
最後の最後までゲラ笑いが絶えません。
この時撮影した写真は今見ても吹き出します(笑)


シェフとマダムの人柄が
ストレートに現れたモカイオの珠玉の料理。
今すぐにでも駆けつけてラヴィオリ食べたい…
いつも美味しいお料理をありがとう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加