おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

久々フルコース

2010年03月29日 | フレンチ
昨日は母と姉を招き久々のディナー。
日本酒と肴で渋く・・・という日々が続いていたので
華やかなレシピに少々緊張。
メニューはこのとおり。

レギューム・プランタン
春のサラダです。
筍、グリーンピース、アスバラガス、プチトマトなどと、
大好きなお魚・ほうぼうを塩マリネにしてトッピングし、
新タマ葱のドレッシングでまさにドレッシング。
美味しかったです。


帆立とエビのテリーヌ・レタス包み、シャンピニオンのスープ仕立て
ペーストにした帆立にぶつ切り海老と
卵白、生クリームを加えてムース状の生地を作り、
レタスに包んで湯を張ったオーブンでスチーム。
マッシュルームをスゥエ(じっくり脂で炒めること)し、
ほうぼうのアラからとったフュメ・ド・ポワッソンで
旨味を出してスープ仕立てに。
トレボンです。


ラムの香草パン粉焼き・野田味噌商店の溜りソース
ラムにバジル・パセリ・ガーリック
パルミジャーノを含ませたパン粉を、
マスタードを糊にしてトッピングし焼き上げたラム。
ソースは“そう”で取材させていただいた野田味噌商店さんの
正真正銘“味噌だまり”と
バルサミコで酸味をプラスしたソース。
旨かったです。
あわせたナパのカベルネソーヴィニオンとマリアージュし
至福のひと時。
ご馳走様でした。

明日早朝家を出発し
沖縄へ飛びます。
3泊4日の旅で何が起こるか
何を得られるか・・・
期待に胸膨らんで眠れないと困る。
ナイトキャップを少々嗜み
床に就きます。
コメント

花嫁になったつもりで書いてみた

2010年03月26日 | 和食

次号のブライダル雑誌の特集で
花嫁が朗読する手紙の描き方
を特集しようと思ったのですが
何分marriage経験がありながら(twice )
私、書いた事がないんですね。
人に論ずる前に先ず自分
ということで書いてみました。

~~~~~ここから本文~~~~~~

お母さんに宛てて手紙を認めるのは
これが初めての事ですね。
少し照れくさいですが
感謝の気持ちをここに記します。

幼い頃からお母さんっ子で
どこに行くにもちょこちょこと
足元にまとわりついていた私。
幼稚園時代は登園拒否をして
お母さんを困らせましたね。
幼稚園に無事行けた日を
カレンダーにバッテンでマークして…
自分との戦いとばかり思っていましたが
お母さんも戦っていたのだと
今更ながらに気付きました。

大学に進学して一人暮らしを始める時
不安と寂しさのやり場に困って
私は家族中に八つ当たり。
その気持ちを察してか
大きな愛情でフォローしてくれました。
アパートの玄関でお別れする時は
二人で号泣しましたね。
遠ざかる車の姿を
涙溢れる瞳で
いつまでも追い続けていた事を
昨日の事のように思い出します。

そして学生生活にも慣れ
精神的にも親離れし始めていた時
「もう貴女を近くで守る事はできないから
何事にも責任を持って行動しなさい」とひと言。
凛とした強さと寂しさが入り交じった横顔が
とても印象的でした。
この言葉は私の一生の宝ものです。

まだまだ未熟な私ですが
こうして今日の日を迎えられるのも
お母さんがこの世に送り出してくれ
慈しみ育ててくれたから。
本当にありがとうございます。
そして私もお母さんのように素敵な母親になり。
○○さんに一生ついていきたいと思います。

○○さんのお父様、お母様
不束な嫁ですが
これからどうぞよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
終盤は決まり文句なのでフィクション。
そして父との関係は微妙なのでここでは割愛します。

エピソードは事実ですが
一人暮らし開始のくだりに
一つ付け加える事があります。
母が部屋を後にしてから
一人残され慟哭していた私の部屋に訪問者が…
ピンポーン♪
ドアを開けると
何とそこにはきまり悪そうに佇む母。
車のキーを忘れたのですと。とほほ。
TAKE2を演じました。
さすが私を生んだ女性です。

たまには感謝を態度であらわそうかな。

コメント

プリンプリン物語

2010年03月25日 | つぶやき
昨日パートナーが私の顔を見
「プリンプリンに似てる」とひと言。
ここで言うのも恥ずかしいぐらい
“アバタもエクボ”も甚だしい。
だってプリンプリンはプリンセスキャラ。
青白くて丸顔ぐらいしか共通点はない。

私の顔は忘れていただいて…と

プリンプリン物語の記憶が
ダダダ~と甦った。
放送期間は'79-'82。
開始当時、私は小学校の低学年。
ストーリーには軍事的背景や
難しい語彙が扱われ、
チンプンカンプンなところが多かったが、
大筋は何者かに漂流を強いられたプリンセスが
少女になって母国を探す旅に出るというお話。
奇妙なゲストキャラの登場に
心をときめかせたものだ。

中でも忘れられないのがルチ将軍。
ナチスドイツのヒトラーがモデルと言われているが
なんだかおっちょこちょいで憎めなかったりする。
「知能指数1300」なのに、だ。
大きく張り出した後頭部が特徴で
当時後頭部がこんもりしている友人を捕まえ
「ルチ○○」と○○に彼女のファーストネームを入れ
泣かせた事もあった。悪童極まりない。

あとはゼロゼロセブン・ヘンナキブン。
コンビニと言えばサークルKしか知らない
愛知県人としては(当時は)
セブンイレブンいい気分♪のパロディなどと
想像できるはずもあるまい。
しかしフレーズがずっと頭に残っていて
だいぶ経ってからセブンのコマーシャルを聞き
点と点が線で結ばれた。
さすがセブン。サブリミナル手法のようだ。

レギュラーの「火星人」の「ルールールー、予感がします」
も聞きたいし、とにかくあの人形劇がもう一度見たい!
という欲求にかられ色々調べた結果(今日からヒマ人)、
残念ながら70年代後半までは
番組を録画して残すという慣習がなかったらしく
'79-'80のテープは現存していないんですと!
今NHKでは録画テープを募集しているそうだ。
一日も早く集まる事を期待したいが
あの時代にホームビデオがある家なんて
そうそうある訳ない。期待薄。

幼き日々を回想すると
人形劇やクレイアニメなど
大人達が手の込んだ娯楽を用意してくれたものだ。
今のようにゲームやCGなどにも
もちろん莫大な時間と人の手が掛かっているはず。
でもあのあったかさは感じられない。

何気なく見ていたものが
今はとても輝きを帯びて思い出される。
記憶を美化し始めている?
年をとったせいだろうか。

コメント

ご褒美ご褒美

2010年03月24日 | 和食
本日は原稿を無事入稿した後
仮眠を取ってから名古屋へ向かいました。
目的は気になっていた蕎麦屋訪問。
十割蕎麦で評判の
西区の七里庵です。

私は十割の天ざるをオーダー。
パートナーは寒い寒いと
得体の知れない
蕎麦味噌煮込みに。

まず私。
蕎麦は十割らしく無骨なフォルムで
コシもあり視覚触覚へのアプローチはまずまず。
しかし嗅覚をあまり刺激してくれない。
この時期というハンデもありますが
少々物足りない感が。

汁はダシが効いて
塩分、甘味とも控えめで私好み。
最後の楽しみ蕎麦湯が
お洒落な片口で
恭しく一合ほど給じられたのが
少々興ざめでした。
多分器を温めておらず
いきなり片口に注いだため
蕎麦湯は忽ち温もりを奪われ
汁の香りが開きませんでした。

パートナーの味噌煮込みは
予想をいい意味で裏切る代物。
細くて脆い蕎麦を煮込めば
惨憺たる結果になるに違いない、
と思っていたところ
山本屋の味噌煮込みを思わせる太さと弾力。
店に居合わせた私以外
皆食べていたので名物なのかな?
一食の価値ありかもしれません。

忘れていました。天ぷら天ぷら。
口元に運ぶと
ホットケーキみたいな粉臭さが鼻を突きます。
店内に漂う油の匂いも少々気になる。
アスパラやワカサギなど
素材はいいのに活かし切れていないよう。
辛口の点数ですが
総合評価しては75点。
しかし名古屋では頑張っている店だと思います。

夜は原稿お疲れさんのご褒美で(自分への)
厚切り牛タンの焼肉。
それに合わせて何時買ったか忘れてしまった
イタリアのバルベーラダスティをオープン。
2003のビンテージにもかかわらず
花の香りがするチャーミングなワインでした。



贅沢は明日への活力。
明日明後日ご奉仕して
火曜日からは島人(しまんちゅう)になってきます!
コメント

夜が明けた

2010年03月24日 | つぶやき
現在朝の7時。
薄墨色の空から
しとしとと雨が降りているよう。
この雨が上がれば
土手の桜は
春の衣を纏うのかしら

今、そうの原稿を送信いたしました。
春の陣、ここに終結(暫定)。

携わっている二誌が
共に季刊誌なので
1月に2度締め切りがあり
毎回オタオタしております。

何度も申し上げますが
コツコツ?無理。
ペース配分?知らん。
先手必勝?あっそう。
などと自分に甘くて
賢く時間を使えない性分。

だから締切日当日の
朝4時から原稿を書くなんて
アホな行為に走るわけです。

眠い。

隣の部屋から
朝の喧騒が伝わってきます。
小学生のお兄ちゃんを
激しく叱るママの声を子守唄に
私はこれから仮眠します。

zzz...
コメント

茹で小豆と珈琲

2010年03月23日 | つぶやき
昨日は思うように執筆が出来ず
早朝からPCに向かっております。
眠気覚ましの珈琲と
脳を活性化させるために
糖分補給としてとして茹で小豆を食んでおります。

何故昨日捗らなかったかというと…
体を目覚めさせるためと
冬の間に溜め込んだ脂肪を燃やそうとして
午前中からジムで汗を流したんです。
一旦始めるとストイックな私は
午後に控えた執筆を忘れゴー・マッスル!
お陰で体中乳酸溜まりまくり。
案の定、魂の抜け殻になってしまったのでした。

そして遅遅として進まなかったもう一つの要因は
今回のキーワードの難しさ。
音のない二次元の世界で
音を表現していく。
文字を通して読者の耳に
空気の振動を伝えていく。
擬音語を使うのはルール違反
そんな気がするので
余計に頭を捻ります。

捻っても頭にある語彙が増えるわけでもなく
借りてきたような美辞麗句は意味がない。
嗚呼、文章の神様が降臨しないかしら…
私のところに降りるほど暇ではありませんね。

つべこべ言わずに書きますよ、はい。

よし頭に茹で小豆が周ってきたぞ。
Let's Write!
コメント

美味しい取材

2010年03月22日 | お出かけ
昨日は黄砂が舞い飛ぶ荒れ模様。
全国で様々な被害があったようです。
春の暖かさに体が慣れつつあるのに
昨日は北風の中、コートの襟を立て
取材へと向かいました。

一件目は吃音に悩む方たちが発起した
豊橋言友会さんの取材。
先回よりもメンバーさんが増え
様々な意見を交換していただき
私達の理解の浅さを認識させられました。
詳しくは「そう」キーワード・音で書き綴ります。

取材後はMさんのもとへ伺い
これから始まるプロジェクトの概要を聞くとともに
今月末の沖縄旅程について打ち合わせ。
どちらの内容も心をワクワクさせます。
私に出来ること、私の中に刻み込めること
新たなチャンスに思いを馳せると心が凛とします。

その後は「そう」キーワード・音の取材2件目。
老舗BARで今まで語っていただいたことを
実地で体感するチャンスでした。
久々にカクテルを頂きましたが
作る方が違うとこうも違うものか
と思い知らされた次第です。


【名物、その名も“最初の一杯”。ゴクリと飲んでから慌てて撮影】


調子に乗って何杯もいただき(5杯!)
こだわりぬかれたお料理、
パフォーマンスも堪能でき至高のひととき。
取材費が少々お高くつきましたが
取材でなくてもいつかお邪魔していたはずなので
ま、いいさ…です。
カメラマンのAさんと色々お話も出来
あっという間の4時間(時計を見てびっくり)。
充実してました。

様々なお話が頭の中を駆け巡り
帰宅してからも妙に冴え冴え。
熟睡できたのは夜明け前でした。
アドレナリンがドクドク放出されているのが
寝てると良く分かるんです。
ただの血流かもしれませんけれど。
今日こそ頑張って執筆します。
ブログ書く暇なんて
実はないのにな…ふふ。
コメント (2)

春告魚

2010年03月20日 | 和食
春告魚といえば
かつては鰊、最近はメバルを指すようですが
私的には小女子も加えてあげたい。
当地域では釜揚げで食べるのが主流ですが
九州では「カナギ」といって
カラカラに干したものが市場に並びます。
去年小倉の旦過市場で購入し
これは酒の肴にぴったり!
と感動したものです。

先日、スーパーで生の小女子を見つけ
早速塩して干してみました。
脂が非常に多いのでフライパンで乾煎り。
はらわたの絶妙な苦味と風味が
本当に美味しいです。

そして昨日。
小女子の更に稚魚の生を見つけたので
いかなごの釘煮風に
山椒と甘辛醤油で煮てみました。
山椒は昨春伊那で購入し
塩漬けしたものを使用。



ただ今煮上げて乾燥中。
部屋中甘辛い香りで一杯です。
春を堪能しております。
コメント

ちょっとリッチなディナー

2010年03月19日 | フレンチ
昨日はちょっとしたアニバーサリー。
イブの一昨日、Nさんおすすめの
「すし義」さんへ行こうと思ったけれど
何となく二の足を踏んでしまい家ご飯。
そこで昨日の晩餐はその分を補おうと
すこし豪華にしてみました。

・トマトのムースとサーモンの温冷製
・トマトのシチュー
・新玉ねぎのグラニテとポークローストマスタードソース

リーズナブルなスパークリングワインのハーフと
オーストラリアの赤で楽しみました。
トマトのムースは少し泡立てが足りなかったかな。
新玉ねぎのグラニテは絶品でした。
玉ねぎを半割にしてオーブンでじっくりと焼き
焦げる手前でベシャメルソースとチーズをオン。
更に焼いてとろけさせ、新玉ねぎならではの甘みを楽しみます。
オニオンスライスはもちろん美味しいですが、
火を入れても美味しい素材ですね。

船宿の女将さんにいただいた大量の新玉ねぎ
腐らせちゃうかしら?と思ったけれど
全て無駄にせずお腹におさまりそうです。

黒マグロ、日本の意見が認められましたね。
私はお寿司屋さんでもマグロよりは
小肌、鯵、鰯、鯖、穴子など
近海物ばかりをオーダーするので
流通しなくなってもさして痛手はないのですが…

小さな島国の胃袋を満たすために
他国の漁域に回遊するお魚まで
がっぽりいただくのは反感を買うかもしれません。
そして反対している国々はマグロを食さない文化圏。

例えば「トキ」を食べる文化を持つ国が
「トキ」を保護しようとする日本にまでやってきて
バンバン狩りをするような…
反対を表明する国からすればそうなのでしょう。
いや、例えが突飛で乱暴すぎますね。

中国の消費もかなり伸びているようですが
需要に応えて乱獲ばかりず
栽培漁業に切り替えていく時期なのかも知れません。
コメント

取材って素晴らしい

2010年03月18日 | つぶやき
ブライダル雑誌も下版し
そうの原稿一本に力を入れられるようになりました。
締切間際でドキドキですが…
妥協はなしで情熱、注がせて頂きます(押忍)!

昨日は早速(っていうか今ごろ)キーワード・音の取材。
老舗バーのマスターにお時間をいただきました。
先回お邪魔した時もあっという間の時間でしたが
今回は緊張も解けてさらに充実し
気が付くと既に3時間経過。
とにかく引き出しの多い方なので
話題が尽きることがありません。
何事も突き詰めるその姿勢に触れ
自分の浅はかさと小手先加減を
恥ずかしく思うばかり。
今度爪の垢でももらっておこうか…

2回にわたってお酒に対してのこだわりをうかがい
酒に目がない私にとってはお預け状態。
今週末にやっとその技と味わを堪能させていただくことに。
いや~楽しみ。
飲み過ぎて失態を見せやしないかが気がかりですが。
自己管理、自己制御。

次の三連休は取材と執筆三昧になりそう。
忙しいという事は有難い事ですね。





コメント