現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

雑誌連載における注意事項

2018-10-13 07:22:39 | 考察
 児童文学においても、作品が雑誌に連載されることがあります。
 現在は、児童文学の商業誌は「飛ぶ教室」などのわずかな雑誌になってしまっていますが、児童文学団体の機関紙や育児雑誌などに連載される機会は、まだまだあります。
 そして、連載終了後には一冊の本として出版される機会もあるようです。
 そうした場合における注意事項として、連載時の読まれ方と一冊にまとまった場合の読まれ方の両方を意識する必要があります。
 連載時には、必ずしも作品の初めから読まれるとは限られないので、どの号でもそれなりの小さな起承転結を持っていて、読者の興味(さかのぼってバックナンバーも読んでもらえるように)を満足させるものでなくてはなりません。
 紙面が許せば、前号までの簡単なあらすじが載せられれば、さらに読者に親切でしょう。
 その一方で、将来、一冊の本にまとめることを考えれば、その時に加筆訂正をするとしても、連載開始時に作品全体のシノプシスをまとめておくべきでしょう。
 理想を言えば、連載前に作品全体の第一稿を完成させて、それを各号の紙数に合わせて分割するとともに、各号に小さな山場を設けたいものです。
 
飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号 えっ、詩? いや、短歌! それとも俳句?)
クリエーター情報なし
光村図書出版
コメント

10月12日(金)のつぶやき

2018-10-13 06:20:19 | ツイッター
コメント