青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

春スキーは志賀高原・焼額と奥志賀で、 ランチはもちろんあそこで

2018年04月10日 15時02分40秒 | 同上 (スキー)
4月8日(日)

朝から、雪が降っている。




春のさなか、キミは何をしているのだ?!
リクライニングチェアに寝そべって、安楽な余生を送りたい、と言ってたではないか・・

(いや、まだ、チェアが配送されてきてないので)

【続く】

~・~・~・~・~・~・


【続き】

この日曜日は、気温が下がることそして場合によってはユッキーがくることは、1週間前から分かっていた。いわゆる寒の戻りだ。おそらく今シーズン最後の戻りだろう。

よし、誕生日も迎えたことだし(カンケイナイ)出動ということで、昨日の午後4時過ぎに志賀高原焼額ゲレンデ第1ゴンドラ横に、Harmony と現れたボクだった。

8時半からの通常ゴンドラに乗った。



▲ 第一ゴンドラの頂上に立つ (右側にボクのスキー板)

今日の天気予報は、晴れのち曇りのあと晴れ (ややこしいが)
要は、晴れたり曇ったりだ。

恐らく今シーズン最後のスキーになるだろうからと(ホントか?)写真はあまり撮らずに滑走に専念したので、以下はアラカルトで。




▲ 夜から今朝にかけて10cmほど新雪がつもったようだ。

キュッツ、キュッツと新雪が気持ちよい音を立てる。
信じられないっ。




▲ 日本のブラックフォレスト、志賀の針葉樹も雪が乗るときれいだ。





▲ こういう林のシーンが好きなもので。


ひとしきり焼額コースを滑ったあと



▲ 昼近くに、隣の奥志賀高原コースへ移動した。

奥志賀第三ゲレンデ。ここが終日、雪が一番柔らかだったような。

昼に、ここに移動した理由はモチロン・・




▲ ここで、ランチするためだよね。




▲ ホテルグランフェニックスだ。

皇太子さまご家族がスキーで滞在するお宿だ。

(まいったなあ。「奥志賀高原 皇太子 ホテル」で今年は滞在されたかグーグルチェックしようとしたら、ボクの過去記事がブログトップで飛び出てきたよ・笑)

窓際の席に案内してくれた。ありがとう。
ここは、2年前の晩秋にdeco と食事して以来だ。


▲ 新メニュー「スキーヤーズ・ランチ」1700円(税込)

~ 筋肉作りに欠かせないタンパク質は運動直後に摂るのが最も効果的とか ~
なんていう説明書きまでメニューに付いていた。

ヨシッ、コレで、ということでオーダーした。




▲ 仔牛スネ肉と茄子のトマト煮込み 。

美味かったよ。

筋肉付いたかな(笑)。



▲ コーヒーとデザートもつけてもらって 。プラス1000円。

きょうのデザートは、チーズのムース。



窓の外を見やると



▲ このあたりの別荘に住んでる人かしらん。

犬とウオーキング。

ここでは、ポロンみたいな小型犬をチョロチョロ連れ歩いているのでは、駄目だな(笑)。




▲ はい、ゆったりした時間(とき)を過ごさせていただきました。


さあ、行こう。



▲ 再び、奥志賀高原のダウンヒルコースで。





▲ ちなみに、午後2時過ぎの山頂での寒暖計を見ると。

マイナス4度Cだ。

通常4月の春スキーとなると、午後には優にプラス5~10℃になって、ゲレンデの雪質もグシャグシャ、ジャブジャブになるが。

全くそんなことにはならず、焼額のメインコースなんかはガチガチになっていた。



▲ 焼額に戻る。

向こう側の山にもコースが見える。
一ノ瀬だろうか。
志賀共通券を買ったから、あそこまで行けるのだが。
もう、春スキーまでそんなにガツガツ滑る気はない。
コレ、オトナのスキーの楽しみ方なのだ(笑)。

それにしても、ヤケビといえども人気(ひとけ)がないなあ。
みんな明日からのお仕事を控え、日曜日の午後は早く引き上げるのだろう。




▲ おおっ。もう4時前だ。

ゴンドラは4時15分までだ。

では、明日のないボクだが、ボクもあがるとするか。

予報どおり4時ごろから快晴になってきたのがチト癪だが・・

GO !!




▲ Harmony クン。

おおお、ヨダレをたらしてボクを待っていてくれたか。

帰るぞ、帰るよ。




▲ 下山して、通り道の湯田中温泉で、日帰りの湯・楓の湯に寄る。

さすが湯田中、300円ぽっきり。


このあと2月の志賀と同様に、道の駅・北信州やまのうち で車中泊。



関連過去記事: 「雨の中のホテルグランフェニックス奥志賀 でランチ」2016.10.29

コメント (8)