青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

はるのいぶき

2021年02月25日 17時55分57秒 | 日々の思い

2月25日(木)

 

ウチの慎ましいクリスマスローズが、ようやくその蕾(つぼみ)を開いた・・

 

 

ここ数日、空は晴れているが風が強くて、散歩に出るのは控えていた。

ボクは幸い花粉症は無いが、こう風が強いと花粉が多数飛んでくるのだろう。ドアを開けるなり、目にころりときたからだ。

でも今日は大丈夫。風は弱く、そよ風というものだ。

ウォーキングに行こう。

 

▲ 小学校前の白梅は

 

 

▲ いま、満開だ。

雪のように白い。

止まれ、きみは美しい

 

お茶畑の横の休耕地には

▲ 薄ピンクの小さい花が、びっしりと

這うように咲いている。

 

 

▲ なんという花か知らないが

ちゃんとした、小さい花だ。

 

▲ この造形、花の宝石だ

神は細部に宿る。

 

追記:ジュリアさんからホトケノザでは、というご指摘あり。

はい、間違いなくホトケノザですね。やはり神の座だ。

ありがとうございました。

 

 

▲ 桜の樹が2本だけある

手前の1本が、早いのだ。

 

 

▲ ぽろっ、ぽろっ と咲いているのだ。

蕾もまだまだ多いが。

 

 

▲ ソメイヨシノではないだろう。

もちろん河津桜の類ではない。ピンクが薄い。

早咲きの桜?

 

 

▲ 春が来ていることを告げる、この桜

サイタ、サイタ

サクラ ガ サイタ ボク ノ サンポミチ (小學国語讀本改) 

あと4日寝ると3月だものな。

 

戻ると、我が家のクリスマスローズが花をついに開いていた。

 

▲ 今年も、ウチのローズは慎み深く、下を向いている。

少し顔を見せてくれよ

 

 

▲ こんなふうにですか? ご主人さま。

いや、もう少し。

 

 

▲ じゃ、ここまでですよ。

でも、恥ずかしいわ、ご主人様。

 

春が来た。ボクのウチにも。 (スキーはどうなったんだ)

ついでに、火の用心ね。

 

コメント (4)

息子家族がシンガポールから帰ってくる

2021年02月22日 14時37分10秒 | 日々の思い

2月22日(月)

息子家族がシンガポールへ赴任したのは、2019年の10月。

 

▲ 先月、孫のMayちゃんが3歳の誕生日を迎えた。

誕生日バルーンを買って、集合住宅コンドに戻る。

 

 

▲ 誕生日おめでとう だった。

姉のUmiちゃん(小3)と。

 

 

▲ シンガポールのビーチへ家族と行ったようだ。

 

 

▲ シンガポールは暑い。

おお、今は32度C。

ここ連日、日中は30度以上のようだ。

 

 

▲ 吊り橋を渡って、ビーチの向こうの人口島・パラワン島へ

パパと。

 

シンガポールのコロナ感染状況:

2月20日の新規感染者数は12人。

昨年の夏以降、コロナは見事な政府コントロール下にある。人口564万人。

 

それが、グローバルなコロナ下で当初より予定が早まって、3月中旬に帰国となった。息子家族はもう少しシンガポールにいたかったようだが。

それでも、長女のUmiちゃんは、帰ったらスシローで先ずイクラを食べたいと言う。

あのスシローはコロナ禍で、廃店になっちゃったよ。

でも、角上のイクラをいくらでも食べたらいいや(笑)。

 

息子家族の都内自宅マンションは、まだ他の人に貸す契約期間中で、当分自分らは住めない。

で、息子はシンガポールからネットで自宅近隣の物件を探した。土地勘はあるから早い。

▲ 昨日の内見の様子。

2件目になるこの物件で、賃借が内定。

LINEのビデオ通話で、物件の外観から内観までオンラインで実況中継した。ボクは巻き尺で、嫁のYちゃんの指示どおり冷蔵庫、洗濯機の置き場スペースを測って、口頭報告(笑)。その後、息子夫婦が不動産屋さんとその場でQ&Aしての決定だった。 うむ、世界は狭い。

家内が「私が住みたいわ」というほど満足のいく物件だった。

そして、早く決まって良かった、良かった。

 

 

 

コメント (6)

おさかな の日

2021年02月20日 20時26分34秒 | 日々の思い

2月20日(土)

家にいることが多くなると、関心は食べ物に向く。

久しぶりに、寿司を食べたくなった。

〇シロー とか 〇ら寿司とかは近所にある。簡単に色々食べれて好きなのだが、まだボックスに座って食べる気にはなれない。

じゃ、魚屋へ寿司を買いにいこう。

 

▲ 新潟・寺泊港から直送が謳い文句の角上(かくじょう)へ。

ボクの住んでいるところは田舎だが、コストコやらアウトレットの他、こんな直送魚専門店もあって、生活しやすい・・とは家内の弁。

 

▲ 10貫セット 1200円 X 2

まずはこれをゲットで、ランチに。

美味しかった。これで当面寿司はいいや。

 

それに、あった、あった。

▲ 銀だら西京焼き弁当 680円

先日、いつも読んでいるキャンカー・ブロガーさんが、激賞していたお弁当。

じゃあ、これも買ってみようかな。

「ほんとに、夕食もこれでいいの?」 なんとなく疑い深げに、しかし(手間が省けてか)嬉しそうに家内は尋ねた。

「ああ、これでいいよ。最近、サカナ食べていないし」

て、ことで二つお買い上げ。

 

▲ 付けたしは、左上からホタテ天ぷら、ヒジキ、海老チリソース。

西京漬け銀だらは、最近買ったパナソニック・Bistro で、食べる前にスチーム・チンしたからもあって、ホカホカ、ふかふかで美味しく、食べ応えがあった。

コロナ禍での食生活は、好きなモノの指名買いで変化をつければ、外食しなくとも結構満足するということか。いやいや語弊がある。家内にはレシピを見ての新作発表品も、もちろん感謝、満足しています。

 

コメント (4)

そろそろ走って行きたいな

2021年02月19日 15時11分44秒 | 青い空の日は旅立(全般)

2月19日(金)

今日は、気温が低めで快晴。

 

 小学校の1限目は、体育かな。

校庭の隅で、先生の説明を聞いて

 

 

走る

 

 

走る。みんなで走る。

元気、元気。

ボクもそろそろ走って行きたいな。

 

 

 

 

コメント (2)

歯くいしばりの人生

2021年02月13日 18時29分58秒 | 青い空の日は旅立(全般)

2月9日(火) 【続き】

雪の入笠山登山を終えて、そのまま自宅へ直行帰宅するつもりだった。移動を続けるため日帰り湯に立ち寄るのは避けたかったからだ。

しかし、諏訪南ICから中央道に乗り、小淵沢ICを通過、八ヶ岳PAで小用し、長坂ICに来たとき・・高速を下りてしまった。やはり行くか、清里のスキー場へ。

 

で、まず寄ったのは

▲ たかねの湯。

清里の隣りの高根町にあるお風呂。ここなら地元の人しかこないから安全だろう。

 

 

▲ 北杜市民なら410円。市外なら830円。

サンメドウズ、八千穂、シャトレーゼ、小海リエックスのリフト半券をもっていれば100円割引。

弟家族が北杜・高根町民だからとか、あしたサンメドウズで滑るからとかのオバサン的交渉は一切せず。オトコは黙って830円を払う。(ジェンダー偏見だよ)

検温を受け、連絡先住所を記入して、はいどうぞ。

 

 

HPより

▲ 脱衣場、浴室が十分に広い。

身体洗面場も一人置きに実質配置。密でない。

浴客も高齢者が殆ど。おしゃべりは誰もしない。

2回目の入浴の時は、今日はさすがにゆっくり入っていたいと思ったが、家と同じく100数えたら浴槽から出た。30分で脱衣場に戻った。コロナの行水。

 

感心したのは

▲ 脱衣かごは消毒済みを使うこと。ここまでは初めての経験。

「ここの脱衣かごは、アルコール消毒が済んでいます。安心してお使いください」

 

うん、安心した。

 

たかねの湯から30分弱で、ここへ来た。

▲ サンメドウズ清里スキー場 4:30PM

ここは首都圏から一番近いスキー場だろう。日本へ戻ったころ、日帰りで何度も来た。

 

 

▲ 陽が暮れて、点灯が始まった。

ナイタースキーをやるのではなく、明日の営業のための雪面整地をするためだ。

左手にメインリフト、そしてメインコースが見える。

中央の山は、八ヶ岳の主峰・赤岳だ。荘重だな。

明日の今シーズン初めての滑走が楽しみだ・・ と夢見ていたが・・

 

その夜半に、歯痛が始まった。去年の7月まで治療していた奥歯だ。ジン、ジンと痛む

数日前から、食事で噛むとその奥歯が少し痛かったが、それは時々あったことで、今回も気にはしていなかった。しかし、この夜中の痛みは・・ スマホのモニター画面を頬にあてがって、すこし痛みが和らぐ気がするので。

 

 

2月10日(水)

▲ 朝になると、少しは痛みが薄らいだ。

しかし、この状態でスキー滑走すればロクなことは無いだろう。帰って診てもらったほうがいいな。

朝食もとらずに(食べれない)、7時20分にスキー場を撤収。

 

▲ そのまま高速に乗って、自宅へ10時前に戻った。

予約・治療開始の10時に電話。予約はコロナ禍だからだろうすぐ取れた。

午後2時に予約。

 

 

▲ 日本橋の歯科医院へ行くまでの、通勤電車、地下鉄は去年7月よりは混んでいた。

 

診察の結果

 

▲ 歯周病は完治しないから、定期的にチェックが必要。さらに

改善することは

「くいしばり」を止めること

 

 

 イメージ

 

マウスピースを寝るとき、ちゃんとやってますか。

してません。

マウスピースをしないと、あなたの場合歯が擦り切れます。歯茎を傷めます。やってください。 

はい、今度はやります。

 

帰ってからネットで調べると

夜に歯が痛くなる原因としては、他にも『歯周病による炎症』や『親知らずの周囲の炎症』などが考えられます。 虫歯とは違った原因で痛みが起こる場合などいろいろ考えられます。 特に夜間は入浴や就寝時の姿勢により血管の膨張が起きたり副交感神経が優位になるため血管の拡張や血流の増大が起こり日中と比べて歯の痛みが生じやすいそうです

 

オオッ、昨日は冷たい体を高根の湯でポッカポッカ温めたよな。それに夜間寒くなると、ここはマイナス20度くらいになるから、初めからFFヒーターを付けたまま寝たよな。

それに、歯痛で目が覚めたときは、夢をみていた。また仕事中の夢で、時限に間に合わせるため切りきりしている夢で、夢の中でも歯をくいしばっていた気がする。目を覚ますとき、いつものように「ああこれは夢だよ、良かった」と今回も言い聞かせながら。

「くいしばり」を言えば、入笠山を登っている時は要所要所で当然奥歯を食いしばるよな。食いしばるとボクの場合あの奥歯が一番当たるのだよな。

思い出せば、去年の夏に奥歯が痛くなった時も、連日ウッドデッキの作業をやっていて、切るとき、打つとき、無意識に自然と奥歯を噛んでいたのだし。

 

振り返れば、オレは人生頑張ってきたよな。ずっ・・とな。歯をくいしばって。それは「くいしばり」であって、それは「歯ぎしり」ではなかったと思えるのが幸いだが。

ちょっと、もう「くいしばり」は止めたほうがいいかな。

けれど止められるかな。くいしばりの人生は、ボクそのものの気がするし。それに付け加えれば「他人(ひと)の言うことは容易には聞かない」のも(笑)。

 

 

コメント (6)