青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

再び サンメドウズ清里スキー場 に来た

2021年03月03日 20時26分20秒 | 同上 (スキー)

3月3日(水)

 

サンメドウズ清里スキー場

前回このスキー場に来たものの、前夜の歯痛で翌朝は滑走(初滑り)を断念。その後、歯くいしばりの人生を反省し(笑)。今回、捲土重来(リベンジ)を期して、再びこのスキー場に来た。

 

 

▲ 中央フリーウェイを走って、山梨県の長坂ICを下りる。

正面に、八ヶ岳。

右から、主峰赤岳2899m(済)、真ん中に権現岳2715m、ポールの影になるが編笠山2524m(済)。

 

 

▲ 佐久甲州街道411号を清里へ向かって北上。

ここでも三つの山がきれいに顔を出している。

 

 

▲ 人のいない清里の町中を抜けて、スキー場へ上がっていく。

 

 

▲ 別荘地に入る手前で左手に折れて

Sun Meadows スキー場へ入っていく。

meadows とは 汀(みぎわ )のこと。

この辺りは晴天率日本一だから、「太陽の光の降り注ぐ憩いの地」となずけたのだろう。

 

▲ トーチャコ。3:45PM

巻頭にも挙げたが、八ヶ岳の主峰赤岳、スキー場スロープがくっきり。

 

▲ 赤岳をズームアップすると

 

 

▲ 山頂に山小屋が見える。

 

明日も晴れのはずだ。

 

▲ 夜になった

ゲレンデは明日のための雪面整地作業でライトアップされている。

 

さて、今晩の夕食は

▲ 双葉SAで買ってきた ほうとうのレトルト 702円(税込)

なんのことはない。

チンするだけだ。

 

ところが、このチンを助ける新兵器を備えた。

▲ EF デルタ ポータブル電源だ。1260Wh の大容量!

1時間でその80%が充電できる。

ハラさんが使っていて、欲しいなあと思ったが高くてやめといたが

うなぎさんが、アマゾンでのタイムセールを紹介してくれたので159,500円 ⇒ 129,500円

買ってしまったもの(笑)。

いつもはレンジを使うときは、発電機をガラガラと同時に回す必要があり夜間は憚れた。

が、きょうは静かにレンジだけの作動音で。

 

▲ サラダ以外は、全部ポータブル電源でチンした。

 

さあ、あしたは初滑りだ!

 

コメント (2)

シンガポールから家電のオンライン商談を

2021年03月01日 17時26分57秒 | これからの旅予定

2月28日(日)

 

 ~家電購入の商談もオンラインで~

 

シンガポール赴任から帰国する息子家族の賃貸住居は決まった(既報済)。

2年前に赴任する時は長期間いるとのことで、家財道具は一切合切処分して出ていった。

帰国後は、2週間の自主隔離で外出はままならないため、食料はもとより、最低限必要な家電製品は予め帰国前に買っておかねばならない。

 

▲ 冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、湯沸かし器、テレビ、電子レンジ、空気清浄機の注文リストがメールされてきた。

家電量販店のノジマに行って、買ってほしいと。ノジマは、なんとかの調査で顧客満足度が一番高いからだからそうだ。そんなもん、ネット通販で買って配達指定日を決めてやればいいのにと思ったが、若いもんのすることには口出ししないほうがいい。

前日に家内が量販店へ行って、オンラインで商談、カード決済できるかを確認してきた。担当主任さんも決まった。

当日の今日、午後3時(シンガポール午後2時)に家内と量販店へ行った。

担当主任さんは、今回も家内のスマホで、LINEビデオ通話で電化製品を映し出して製品の説明、相談をうけながら、購入製品を一つずつ決めていった。

▲ 洗濯機は、スペースに収まるかどうか賃貸物件の間取り図を見ながら、決めていった。

この洗濯機の上蓋は右開きと左開きがあります。この間取り、ドアがここにありますから、左開きですかねえ・・ 。嫁のYちゃんは、やはりドラム式で、満足のいく選択をしたようだ。

 

 

▲ 電子レンジ

ウチと同じくBistro系のレンジを選んだ。使いこなせば、食事はリッチになる(はずだ)。

 

 

▲ 空気清浄機

「高いわねえ、大きいわね」

こんなもん、ウチではいらない。窓を開けておくだけでいい。しかし、若いもんには黙っていたほうがいい。彼らのライフスタイルがある。

 

 

▲ 最後に、テレビ。

ソニーの4K49インチで当初希望どおりに。

 

 

▲ 購入商品が決まったところで、まとめのご商談に。

値引き額、製品保証期間、別クーポン付与、一括配送日等々。

担当者はPCを打ちながら、息子達とビデオ通話で商談をまとめる。

中途でスマホが電源切れになりそうになって、コンセントコードを付けて。

全部終わった時、ボクは大きい横のテレビで7時のNHKニュースを見ていたよ。

おお、4時間のオンライン商談。

ノジマさん、お世話さまでした。

 

帰ってくる息子家族たち

 

Before : 2年前にシンガポール赴任時。写真立ての中から。

 

 

After : 2月の春節休み

息子夫婦は変わらないが、子供たちの大きくなったこと・・

Yumiちゃん、ピースサインはもうやめなさい(笑)。

 

3月の中旬・吉日に帰ってくる。

 

コメント (2)

はるのいぶき

2021年02月25日 17時55分57秒 | 日々の思い

2月25日(木)

 

ウチの慎ましいクリスマスローズが、ようやくその蕾(つぼみ)を開いた・・

 

 

ここ数日、空は晴れているが風が強くて、散歩に出るのは控えていた。

ボクは幸い花粉症は無いが、こう風が強いと花粉が多数飛んでくるのだろう。ドアを開けるなり、目にころりときたからだ。

でも今日は大丈夫。風は弱く、そよ風というものだ。

ウォーキングに行こう。

 

▲ 小学校前の白梅は

 

 

▲ いま、満開だ。

雪のように白い。

止まれ、きみは美しい

 

お茶畑の横の休耕地には

▲ 薄ピンクの小さい花が、びっしりと

這うように咲いている。

 

 

▲ なんという花か知らないが

ちゃんとした、小さい花だ。

 

▲ この造形、花の宝石だ

神は細部に宿る。

 

追記:ジュリアさんからホトケノザでは、というご指摘あり。

はい、間違いなくホトケノザですね。やはり神の座だ。

ありがとうございました。

 

 

▲ 桜の樹が2本だけある

手前の1本が、早いのだ。

 

 

▲ ぽろっ、ぽろっ と咲いているのだ。

蕾もまだまだ多いが。

 

 

▲ ソメイヨシノではないだろう。

もちろん河津桜の類ではない。ピンクが薄い。

早咲きの桜?

 

 

▲ 春が来ていることを告げる、この桜

サイタ、サイタ

サクラ ガ サイタ ボク ノ サンポミチ (小學国語讀本改) 

あと4日寝ると3月だものな。

 

戻ると、我が家のクリスマスローズが花をついに開いていた。

 

▲ 今年も、ウチのローズは慎み深く、下を向いている。

少し顔を見せてくれよ

 

 

▲ こんなふうにですか? ご主人さま。

いや、もう少し。

 

 

▲ じゃ、ここまでですよ。

でも、恥ずかしいわ、ご主人様。

 

春が来た。ボクのウチにも。 (スキーはどうなったんだ)

ついでに、火の用心ね。

 

コメント (4)

息子家族がシンガポールから帰ってくる

2021年02月22日 14時37分10秒 | 日々の思い

2月22日(月)

息子家族がシンガポールへ赴任したのは、2019年の10月。

 

▲ 先月、孫のMayちゃんが3歳の誕生日を迎えた。

誕生日バルーンを買って、集合住宅コンドに戻る。

 

 

▲ 誕生日おめでとう だった。

姉のUmiちゃん(小3)と。

 

 

▲ シンガポールのビーチへ家族と行ったようだ。

 

 

▲ シンガポールは暑い。

おお、今は32度C。

ここ連日、日中は30度以上のようだ。

 

 

▲ 吊り橋を渡って、ビーチの向こうの人口島・パラワン島へ

パパと。

 

シンガポールのコロナ感染状況:

2月20日の新規感染者数は12人。

昨年の夏以降、コロナは見事な政府コントロール下にある。人口564万人。

 

それが、グローバルなコロナ下で当初より予定が早まって、3月中旬に帰国となった。息子家族はもう少しシンガポールにいたかったようだが。

それでも、長女のUmiちゃんは、帰ったらスシローで先ずイクラを食べたいと言う。

あのスシローはコロナ禍で、廃店になっちゃったよ。

でも、角上のイクラをいくらでも食べたらいいや(笑)。

 

息子家族の都内自宅マンションは、まだ他の人に貸す契約期間中で、当分自分らは住めない。

で、息子はシンガポールからネットで自宅近隣の物件を探した。土地勘はあるから早い。

▲ 昨日の内見の様子。

2件目になるこの物件で、賃借が内定。

LINEのビデオ通話で、物件の外観から内観までオンラインで実況中継した。ボクは巻き尺で、嫁のYちゃんの指示どおり冷蔵庫、洗濯機の置き場スペースを測って、口頭報告(笑)。その後、息子夫婦が不動産屋さんとその場でQ&Aしての決定だった。 うむ、世界は狭い。

家内が「私が住みたいわ」というほど満足のいく物件だった。

そして、早く決まって良かった、良かった。

 

 

 

コメント (6)

おさかな の日

2021年02月20日 20時26分34秒 | 日々の思い

2月20日(土)

家にいることが多くなると、関心は食べ物に向く。

久しぶりに、寿司を食べたくなった。

〇シロー とか 〇ら寿司とかは近所にある。簡単に色々食べれて好きなのだが、まだボックスに座って食べる気にはなれない。

じゃ、魚屋へ寿司を買いにいこう。

 

▲ 新潟・寺泊港から直送が謳い文句の角上(かくじょう)へ。

ボクの住んでいるところは田舎だが、コストコやらアウトレットの他、こんな直送魚専門店もあって、生活しやすい・・とは家内の弁。

 

▲ 10貫セット 1200円 X 2

まずはこれをゲットで、ランチに。

美味しかった。これで当面寿司はいいや。

 

それに、あった、あった。

▲ 銀だら西京焼き弁当 680円

先日、いつも読んでいるキャンカー・ブロガーさんが、激賞していたお弁当。

じゃあ、これも買ってみようかな。

「ほんとに、夕食もこれでいいの?」 なんとなく疑い深げに、しかし(手間が省けてか)嬉しそうに家内は尋ねた。

「ああ、これでいいよ。最近、サカナ食べていないし」

て、ことで二つお買い上げ。

 

▲ 付けたしは、左上からホタテ天ぷら、ヒジキ、海老チリソース。

西京漬け銀だらは、最近買ったパナソニック・Bistro で、食べる前にスチーム・チンしたからもあって、ホカホカ、ふかふかで美味しく、食べ応えがあった。

コロナ禍での食生活は、好きなモノの指名買いで変化をつければ、外食しなくとも結構満足するということか。いやいや語弊がある。家内にはレシピを見ての新作発表品も、もちろん感謝、満足しています。

 

コメント (4)