青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

自作ウッドデッキ ~20年ぶりの改修に着手

2019年03月22日 13時54分20秒 | 日々の思い


▲ 自宅の玄関前の木製フェンスは自作。





▲ 20年前に、スチール製の柵を取っ払って木製のフェンスにした。

モッコウバラを絡ませて、GW あたりの季節になると黄色いバラがフェンスを彩る。




▲ しかし困ったことに、この手製のフェンスが徐々に傾いてきた。

底部のウッドが朽ちてきて、支えがもろくなってきたのだ。
これでは、強風が吹くと道路側にフェンスが崩落する危険がある。




▲ 裏のウッドデッキの一部も朽ちてきた。

バーベキュー用にと、これまた自作した炉も裏側が崩れ落ちた。

今から20年ほど前に、製作したウッドデッキ。何度かは塗り直して、一部ウッドを張り替えてメンテをしてきたが。いよいよ平成最後の大改修が必要になってきた(またおおげさな)
この改修はボクの人生でも最終になるだろう。


とりあえず、早めに手を打たないと危険なウッドフェンス。



▲ モッコウバラの蔓を取り払った。

泣いて馬謖を斬るとはこのこと。




▲ 切り取ったモッコウバラ。

廃棄物処理所へ運ぶ前に、もう少し短くしないとクルマに乗らない・・




▲ 切った翌朝、切り株を見ると

切り口から、水があふれてくる。
蔓が無くなっても、地中から水を吸い上げる機能はしばらく続くのだろう。
いや、オマエは泣いているのだよな・・
ごめんな。




▲ 残ったクリスマスローズは、時期が来たから、やはり乙女の如く下向きに、恥ずかしそうに咲き始めた。





▲ チューリップも、今年は更に、何本も何本も咲くのを待っている。



コメント (6)

確定申告書類の作成がやっと終わった!

2019年03月10日 20時41分21秒 | 日々の思い
この時期、面倒くさいのが、確定申告の作業だ。



年初から、先に先にと延ばしてきた。
しかし、とうとう申告期限が15日に迫ってきて、昨日から缶詰め状態で作り始めた。




▲ 国税庁の確定申告コーナーで、作成すればいいのだがパソコンを買い替えたので、前年度データを引き継いで使えるか不安だった。が、データをメールで新PCに転送して、継続使用できた!

頼みの医療費控除は、限度の10万円をほんのわずかにしか越えずで、申請はあきらめた。
しかしこれは、たいして病院・薬のやっかいにならなかったことだから、むしろ喜ぶべきだろう。

明日朝一番に、税務署へ書類を提出してこよう。
これで、気になっていた足枷(あしかせ)が無くなる(^^)。いいじゃないか。





コメント (4)

焼肉食べたら ムーミン公園へ行こう

2019年02月19日 17時42分55秒 | 日々の思い
2月17日(日)

息子夫婦と孫が来た。



▲ 孫のUmiちゃんが、「おじいちゃんにバレンタインプレゼント!」と くれた。

おじいちゃんは、チョコレートより煎餅が好きだと公言していたら、こんなしゃれたものを持ってきてくれた。
銀座あけぼのおかきの詰め合わせだ。
XジャパンのヨシキがTVで食べて、一気に有名になったとか(知らんわいそんなもの)

「ホワイトデイ忘れないでね」と、この子はすぐ付けたした(笑)。





▲ バレンタインというより、きょうは焼肉のため集まった

法事のお返し用ギフトリストで選んだ左端のきれいな肉が、届いたのだ。(南無阿弥陀仏)





▲ 外は寒いので、きょうの焼肉は室内で鉄板プレートで。

食った、食った。

ジムは修理休館日が明けて、ここ毎日行っているから構わないのだ。


デザートタイム:



左上:Umiちゃんが、自家製の水ようかんを切り分けてくれる。自分のは多めに入れていた。
右上:おはぎのもち米作りもお手伝い体験して
下 :家内がおはぎを握りはじめると、水ようかんを食べつつも目はおはぎに注がれる。



2番目の孫のMayちゃんは、掴まって立てるようになった。



▲ パパの脚に掴まって




▲ 椅子に掴まって



見つめる:



▲ Umiちゃんは、お手玉ができるようになったと見せてくれた。






▲ 赤ずきんちゃんになったMayちゃん。

では、お出かけだ。





▲ みんなでHarmonyに乗って

隣の隣の町へお出かけ。




▲ トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園  40分ほどで着いた。

北欧の童話作家として有名なトーベ・ヤンソンとの手紙のやりとりから生まれた公園、らしいが
私たちは単に、ムーミン公園と呼んでいる。(入場無料)





▲ 飯能の森を背景に造られた





▲ 中央の きのこの家

子供たちに一番人気がある。

Umiちゃんは、これを見るなり飛んでいった。




▲ 内部には暖炉があって、この季節には火が入っている。





▲ らせん状の三階建てになっていて、それぞれの階には小さな壁穴があったり迷路があったり童話の世界だ。

Umiちゃんは、滑らないように靴下を脱いで(ばあちゃんは下見で滑って腰を打ったので)駆け回る。




▲ ママと下を、伸び上がって覗く


きのこの家のあとは、



▲ 池上のタワーへ






▲ タワーの中で、Umiちゃんと男の子

ここで、一緒になった男の子にUmiちゃんは、きのこの家に一緒に行こうと誘われる。

もう見たよ、と応えたが案内するからと言われて




▲ 一緒に駆け出して、再度きのこの家に行ったとさ。

小さな恋の物語?

Umiちゃん、もうモテルねえ。2歳下の子からの誘いだったが(笑)。




▲ パパがMayちゃんを乗せたベビーカーで、公園一周して戻ってきた。





▲ 赤ずきんちゃんは、ずっとスヤスヤと寝ている。


ボクらも一周してから、帰ろう。



▲ 子ども劇場





▲ きょうみたいに晴れた日は、散歩するだけでもいいねえ。






▲ じゃあ、またね。

このあと、Umiちゃんは公園の前の遊戯施設で、もう一度遊び回った。


息子夫婦が自宅に戻った後、
「少しふてくされ気味だったUmiが、ずいぶんと朗らかになりました」、とママのUちゃんから家内へ感謝メールがあった。



コメント (8)

雪が降った 彩の森公園では

2019年02月10日 16時08分04秒 | 日々の思い
粉雪がちらついた昨日の寒い日のあと、
今日は晴れ。ありがたい。



朝食を済ませて、ウオーキングを兼ねて、いつもの彩の森公園に来てみた。
昨日の夕方に降った雪が残っていた。




▲ 日曜の朝、犬を散歩に連れてきている人が多い





▲ 人も少ないから、リードを長くして愛犬を歩かせる





▲ 元気な犬に引っ張られて、走るオジサン

滑るよ。





▲ 噴水池は、冰が張っていた。

子供が、冰を割って投げる。




▲ 氷の張った池のまわりを歩く

ママと幼児と犬と、ばーちゃん。




▲ 大池と冬の樹





▲ もう少しアップして

よちよち歩きの子と父。




▲ もう一度遠景から、冬の大池と樹と青い空


好きな風景を眺める・・
もう、文句はありません。



綺麗だけれど、寒々しいと思う方へ。

蠟梅(ロウバイ)の花で、ほっこり感のあとだしね。
じゃあ、梅はどうなったかな・・



▲ う~ん・・

満開になっている!
パシャリ!



▲ 紅梅が咲き誇っている

これは色が濃いね。





▲ 紅梅と白梅が、そろい咲きのところも

座るベンチにも、陽が暖かで。





▲ ここでも、紅梅と白梅が並んで





▲ おお、我がご同輩二人がベンチを利用して運動に励んでおられる

腰と膝をしっかり伸ばして。

ボクは・・ 1日から14日までジムが閉館中で、何もやってないよ




▲ 雪ダルマも作って

パパ、二人の娘さんは可愛いいでしょう。





▲ 今日は良い日ですね。

この瞬間(とき)は短いですよ。





▲ じゃ、戻ろうか。

これは桜の樹。お前の出番は、もう少しだ。



明日は久しぶりに、所要で信州佐久へお出かけ。
朝方、また雪が少し降るのかな。



コメント (4)

孫の一歳の誕生日祝いは 一升餅で

2019年01月21日 07時00分00秒 | 日々の思い
1月20日(日)

2番目の孫のMayちゃんが、満一歳の誕生日を迎えた。
100日目のお食い初めのお祝いに続いて、これは一升餅(誕生餅)のお祝いをせねばならない。




▲ ということで、近くの和食レストランへみんなで行った。




▲ 梅の花

ここは豆腐料理専門店。
一升餅の予約はしてある。



部屋に通されて、



▲ 一升餅の箱を開けた。

わあ、May ちゃんの名前二文字が、お餅の上に書いてある!

お餅に触ってみると、柔らかーい。
これ、つきたてだね。




▲ May ちゃん、このお餅はMayちゃんが 一生(一升)食べ物に困らないように、元気に育つように、とのパパママの願いだよ。(ジジババもね)

May ちゃんも嬉しそうだ。


だけど、人生は楽なことばかりでなくて、重いものを背負って歩かないといけないこともあるからね。



▲ まずは、このお餅を背負ってみなさい。

上①: みんなで、一升餅(約2kg)を入れた風呂敷をMayちゃんに背負わせる
上②: 状況の分からないMayちゃんは、「何するの?」と見上げる
下③: でもハイハイ歩きを始めた
下④: 餅が横にズレて、Mayちゃんもこけたよ





▲ あれれ、こけたまま起き上がれないよ!




▲ それでも、また上半身を起こした!

えらい、えらい!

エライねー。




▲ じゃあ、タカイ、タカイだあ。

よくやった!

第一孫のUmi ちゃんの一升餅のお祝いの時は、もう立って歩けた。
でも、餅を背負わせたら、泣きじゃくって・・ 歩けなかったね。




▲ 1年生のUmiちゃんが、ばーちゃんのMayちゃんへの誕生日カードを読み聞かせてくれた。

May ちゃん、分かったかな?




▲ May ちゃんにカードを渡すと、May ちゃんはカードをなめ始めた。

ダメだ、こりゃ(笑)。





▲ 仲居さんに、みんなの記念写真を撮ってもらう。

モーチー!


じゃあ、お食事をしよう。



▲ 湯葉・豆腐懐石だ。

お造りが少しあったが、あとはぜ~んぶ大豆由来だ。

グラタンもデザートも。





▲ あー、お腹いっぱいになったね。





▲ じゃあ、家に帰ってからお茶・珈琲にしよう。

きょうも、いい天気、

良い日だった。



関連日記: 「一生涯、食いはぐれないように・・お食い初め」2018.4.30
コメント (6)

クリスマスホームパーティー・・ サンタさんはキャンカーに乗ってやって来る (追記あり)

2018年12月23日 22時06分44秒 | 日々の思い
12月23日(日)

カンパーイ!




メリークリスマス!

いとこ、はとこが集まってのクリスマスホームパーティーが始まった。




▲ 食事は、もちろんチキンの他




▲ メインは、手巻き寿司だ。

子供たちも、ポロポロ落としながら、自分の好きな具を巻いて食べていた。




▲ それに、先の熊本の家内のお友達からは、天草の立派なエビを昨日いっぱい頂いた。

早速、バーベキューにしてみんなで食べました。
ありがとうございました。
メリークリスマス。

わいわいとした、時々ポロンがワンワンと吠える、喧噪の中で、食事を楽しくいただいた。

食事のあとは、もちろんクリスマスプレゼントだよね。



▲ お母さんたちがそろえたクリスマスプレゼントが・・

いっぱい、ツリーの下に置かれていて、

これを渡さねば、子供たちが落ち着かない。


で、サンタクロースの登場!



▲ 2歳の子は、いきなり現れたサンタさんを見て、あとずさりしてママのうしろへ。

これが、楽しいのだ(笑)。

大きい子は、サンタさんはどうして袋を持っていないの? と揚げ足取り的な質問をしたので、ゴミ袋を持ってきた。

メリークリスマス!

ho-ho-ho !





▲ 11か月のMayちゃんは、小さすぎて状況把握が難しいようだが

じっと、サンタさんを見つめる(笑)。




▲ ま、とにかくクリスマスプレゼントがもらえて、良かったね。

メリークリスマス!


そして、クリスマスといえば、やはりクリスマスケーキだよね ♪♪




▲ ショートケーキと、チーズケーキと、フルーツタルトケーキ

どれか一つにしてほしいと言われて、サンタさんはタルトケーキを選んでいた。




▲ みんなも、一つづつ切ってもらって

これが、一番楽しいよね





▲ Umiちゃんも、他のママから、おずおずと頂いて





▲ 子供たちは、テーブルに座って食べていた。

ケーキを食べたあとは、丸くなってみんなで「ハンカチ落とし」のゲームをした。

さて、夕方近くになったので、残念だけどみんな帰らなくてはね。
お父さんは、まだ働いているしね。

じゃあ、駅まで送っていくよ。



▲ サンタじーさんが、サンタ号でみんなを乗せていくからね。

ho-ho-ho

出発!

このじーさん、恥ずかしくないのかね(笑)



追記(12月25日)

パーティーの時、ららぽーとで買ったポロンちゃんの衣装を着せ忘れた 



▲ 遅ればせながら

I wish you a Merry Christmas and a Happy New Year !!


コメント (8)

冬至には

2018年12月22日 21時21分00秒 | 日々の思い
12月22日(土)

きょうは冬至。

一年で一番日照時間が短い日。

しかし、だからこそ明日からは日が伸びていく ♪♪



▲ 夕食は、とうぜんカボチャとあずき。

カボチャは夏野菜。だが保存がきくので昔は持ち越して冬を乗り越えようとしたらしい。
アズキ(小豆)は赤い色。この赤い色が、厄除けや魔除けに効くとされたとか。
そして、どちらも栄養バランスがよくて、風邪への予防にも中風の予防になり冬を乗り切るには最適の食事。

左のレンコンは、運盛り、縁起のいい食べ物とされる「冬至の七種(ななくさ)」のひとつ。熊本の友人から家内がいただいたので、併せて食することに。

美味しくいただきましたよ。






▲ 近所のかたから、柚子(ゆず)を6個いただいた。

鼻を近づけると、スーっと いい匂い・・・

当然、このあとはこれで温まる、ゆず湯で湯治(ゆず)♪





(明日はクリスマスホームパーティで、12月はやはり忙しい、けれど楽しき月かな)
コメント (4)

クリスマスショッピングは・・

2018年12月19日 18時46分54秒 | 日々の思い
今週末には、家で子供たちのクリスマスホームパーティーをやる。

そのための必要グッズを買いに出かけた。



▲ やってきたのは、このショッピングモールだ。朝の10時半着!

三階だての、大きな複合商業施設。
2年前にもクリスマスショッピングで来たよね。




▲ ららぽーと富士見だ。

いつもの三井アウトレットは屋根がないけれど、ここはちゃんとあるので(笑)、冬でも寒風が吹こうが寒くないのがいい。

今回も、decoのお友達のAKちゃんが前回同様にご一緒してくれた。


まずは、子供たち(6名)へのクリスマスプレゼント だ。



▲ Party Rico で、チマチマとした子供が好きそうなモノを買う。

プニュプニュもの、可愛いティッシュetc


デンマークのフライングタイガーでは



▲ ここは100円~300円で、ユニークなグッズがある。

チョコレートの文様の手帳、塗り絵して完成させるパズルシート、そして今年はポロンちゃんのクリスマスウェアも。 ポロンは泣いて鳴いて喜ぶこと間違いなしだ(笑)。


お昼になったので、ランチだ。



▲ 入ったのは、串屋物語。ここも2年ぶりだ。

何種類のも、揚げ串を自由に選ぶ。エビ、イカ、鶏、牛を始め、野菜も、色々あるよ。

好きなタレも選んで、
自分のテーブルで自分で揚げる。




▲ まだ串はいけると思ったが、キリがないので(笑)、節度を持って打ち切って

焼きめし、お茶漬け、カレーもちょぼちょぼ食べて、
デザートも好きなだけ取って、コーヒーも飲んで、

ちょうど90分の時間制限いっぱいに、食べ終わった。

三人で食べた串の総数は・・・時間が無いので数えなかった。



ランチのあとはまたショッピング開始。
今度は、ボクのを買ってくれるという。

まずは、ワークマンへ。

そう、吉幾三のCMの 作業服、ユニフォーム専門のあのワークマンだ・・



▲ しかし、きょーびの・・ていうか、この店だけなのか知らないが、ここのワークマンは違う。

地下足袋とか、超ラッパの土木作業服は売っていない。



▲ もう、働こうが遊び人だろうが、アウトドアで活動する人のためのお店のようだ。

残念ながら、気に入った温かいズボンは無くて買わなかったが。

特筆すべきは、けーごさんも指摘していたが、価格が(LLBean等と比べたら)超破格の安値なのだ。
雪道用ブーツをよっぽど買おうかと思ったが、あの長靴がまだあると思ってやめた。発想の転換ができない(笑)。


で、次に行ったのはここの社長がこの店で、ソフトバンクの孫さんに次いで日本で2番目の金持ちになったこの店へ。(前置きが長いヨ)



▲ ホワイトのタートルネックとダウンのチョッキベスト。




▲ それにウルトラライトダウンジャケット。

このえび茶色のジャケットのMサイズがなくて、お取り寄せになった。

この三点セットなら「あなたをどこに出しても恥ずかしくないから」と、元ブティックの店長・deco のお墨付きをもらった。ボクはAKちゃんのほうを見たら、うなずいてくれたので承諾した。




▲ AKちゃんの息子さんがこの店に勤めていて、decoは「若いねえ」を連発して嬉しそうだった。

写真を撮れというので、撮った。


これで、ボクのユニクロ率 はまた上がるなあ。


次には、足元も冷たかろうと



▲ 靴下専門店のこの店へ。名前忘れた。(靴下屋だ)




▲ うん、暖かそうだ。


そして、クリスマスリースを買わなくては、



▲ この雑貨店へ




▲ 実は、もうあまり残っていなくて

さて、この三点からどれを選んだでしょうか・・


ちょっと、買い物休憩で



▲ 三人三様で、フルーツジュースを飲んで一休み。

このあとは、女性陣のお買い物。




▲ もうどこかへ行っていていい、というのでボクは買い物袋をクルマに全部戻して、

本屋で、山とスキーの雑誌を眺めていた。

家に戻った時は、もう午後6時近くになっていた。
一日じゅうの買い物は、ちょっと疲れたなあ、とぼやいたら
「あらっ、ワタシたちは全然疲れないわよ」と二人から言われた。






▲ 自宅のクリスマスリース

さて、準備が整ったかな。
ホー、ホー   


    


コメント (4)

今年も クリスマスの飾りつけ

2018年12月15日 16時28分41秒 | 日々の思い
12月15日(土)

今年もクリスマスツリーを飾った。



▲ できた!

今年は、孫がいないなかでの飾りつけだったので、思い切りシンプルに。
ツリーに下げるのは、ボールだけに。

ポロンちゃん、タカーイだろう。






▲ 出窓には、いつものクリスマスグッズも並べて

「外のHarmonyにも電飾を付けたら?」とDecoに言われた(笑)。



散歩がてら、近所の飾りつけを拝見。




▲ リース をドアに付けるよね。

左:カラフルでいいねー。
右: しめ縄っぽく下がるリースも




▲ ドアとの調和も重要だよね

左:英国っぽいドアに、シンプルなリース
右:モノトーンのシックなドアに、赤い花のリースが印象的





▲ 明るい感じのドアには

左:緑のドアに、落ち着いた色のリース。いい配色だ。
右:茶色のリースと、灯りの下にもブーケが下がる。趣味を大切にされる方では。





▲ 4点のアイテムに、生活を楽しむ感じが

お子さんがおられるのだろね♪


拝見させていただき、ありがとうございました。

で、ウチは?
何も無いので、来週早々に買ってこよう。


So this is Christmas.




コメント (8)

住宅街の虹

2018年12月03日 17時50分52秒 | 日々の思い
12月3日(月)

「大きな虹よ!」

犬の散歩に出ていた家内が、ボクを呼びにきた。

出てみると



▲ 住宅の上に、大きな虹がかかっている!





▲ こんな大きな虹を、近所で見たのは初めてだ。

きょうは朝から一日中曇っていた。
日中は、少し雨も降ったりした。

そして、今、陽が雲間から差してきたからだろう。

オーバーザレインボー

あの虹の彼方(かなた)には、何があるのだろう・・・

Somewhere over the rainbow
Way up high
There’s a land that I heard of
Once in a lullaby.
Somewhere over the rainbow
Skies are blue,
And the dreams that you dare to dream
Really do come true. (「オズの魔法使い」 より)


そのまま、お茶畑の方へ歩いていった。

着いたころには、虹は消えてしまって




▲ 夕日が沈みかけていた。

明日は、良いことがあるかな。





コメント (6)