青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

Umiちゃんの 秋の音楽会へ

2018年10月21日 18時52分05秒 | 日々の思い
10月20日(土)

孫のUmiちゃんは、区立の小学校1年生。

「学校で音楽会があるので、ばあちゃん、じいちゃん見に来て」 というので出かけた。



▲ 小学校の体育館で、それは始まった。

6つの学年の父兄の方が集まっていた。




▲ 1年生の番になり、1年生全員が壇上へ上がった。

おお、あそこにいるのはUmiちゃんだ。
分かるかわからないが、手を大きく振った。




▲ 一年生の演目。

合唱が二曲、合奏が一曲だ。




▲ 合奏。

Umiちゃんはピアニカみたいなものを吹いていた。
一番うまいのではないかと思う。どうしてわかるのだよ、とお思いのアナタ、それは分かるものだよ(笑)。

全部の学年の演奏、合唱が終わって音楽会は終了。



▲ 父兄たちが体育館から出てきて、運動場を横切って校門出口に向かう。

ここは都庁にも近い、都会のど真ん中の小学校。
運動場の周りには桜の木があって、なんてイメージには程遠い。
静かな住宅街だが、桜並木ではなくて高層マンションが立ち並ぶ。
運動場のグラウンドには芝生が敷き詰められているが・・



▲ こりゃ、人工芝だよ。

転んでも痛くない、土ぼこりも上がらない、人工芝生だ。




Umiちゃんたちは、これから給食を食べてから帰るので、息子夫婦+Mayちゃん、そして我らジジババだけが一足先に息子の集合住宅に戻った。




▲ 息子が撮ったヴィデオを、確認のために上映。

ウン、上手く撮れている。

じゃあお昼にしよう。



▲ ボク達は、京都のdecoの弟夫婦から送られてきた、鯖寿司を嫁のYちゃんに渡した。

息子が、ウマイ、ウマイと言ってよく食べた。
貴重なものを、有難うございました。




▲ 鯖寿司のあとは、Yちゃんが先ほど自転車に乗って買ってきた老舗のお弁当を食べた。

弁松の折詰弁当だ。
弁松は創業160年、知る人ぞ知る日本初の仕出し弁当専門店だとか。
ボクは知らない人だったが(笑)、食材すべてに味が十分しみ込んでいて、ご飯が進む、進む(^^)。
イインジャナイこれ。




▲ Mayちゃんが、のびのびと遊んでいた。

わたしらの家に来たときは、敷布団を2枚フロアに敷いてその上で這わせていたが、息子宅ではフロアそのものに這わせている。
あっちこっち、テーブルの下、椅子の下を這いまわっている。まだハイハイは出来ず、ほふく前進ないしは背泳ぎだけだ。おかげさまで、ルンバは不要で助かる・・とまではYちゃんは言ってなかったが。

じゃあ、長居は無用だし。

そろそろ、帰ろうか。


コメント (1)

2か月遅れたけれど、やはり誕生日会

2018年10月15日 17時39分39秒 | 日々の思い
10月14日(日)

孫のUmiちゃんの誕生月は8月。ボクの家でのお祝いは、ボクが夏旅に出ていたこともあってまだやっていなかった。 ので、遅ればせながら本日はUmiちゃんの誕生日会

まずは、Umiちゃんの希望によって(親の都合もあるのだが)、毎度のスシローでランチ。



▲ スシローに来ても、Umiちゃんのオーダーするものは、うどんなのだが。

スシ以外のメニューを充実させている「スシロー顧客戦略」が成功している(笑)。




▲ ボクらは間違っても牛ステーキ寿司を注文したりせずに、まともなスシに専念する。

承継順位第2位の新孫 Mayちゃんは、来る前にYちゃんが授乳してきたので、おとなしく我らのスシの饗宴を眺めていてくれた。





▲ 食べた、食べた。




お次に向かったのは、西松屋
Mayちゃんが生まれてからの我らの移動は、5人乗りのHondaでは定員オーバーで、定員7名のキャンカーだ。



▲ Mayちゃんも、クルマの中でごきげん。

西松屋では、Mayちゃんの次の服をみんなで探していた。


さて、家に戻って本題のUmiちゃんの誕生日会だ。



▲ バースデイケーキ。

ケーキ上面の絵は手書き。さすがプロ、上手いね。

1か月前に、Umiちゃんがこの子の顔にしてほしいと、スマホの写真をケーキ屋さんに見せて作ってもらった。
プリキュラのなんとかちゃん、というらしい。
きょう朝できたのを取りにいった。

Umiちゃんは、もちろんご満悦で・・




▲ Umiちゃん、お誕生日おめでとう!

そのあと、息を二回吸って7本のローソクを吹き消した。




▲ ママが5等分に(72度だよ難しいなあ)ナイフを入れて・・

どれを選ぶかの第一選択権は、もちろんUmiちゃんで。
イチゴが2個も載ったのを選んだ。




▲ おじいちゃんのは、欠けていて少し小さめだと思ったが、オトナなのでもちろん黙っていた。

ティーは、インドからの出張帰りの息子がお土産に買ってきたセイロンティーでして。
みんなで、わき合い合いとケーキと紅茶を楽しんだ。



そのあと、Umiちゃんには「クルマの中でパズルをやろうよ」と誘って、



▲ Harmony のフロアーに、ジョイントマットを敷くのを手伝わせた。

板の間のままでは、これからは足が冷たいので毎年冬場には敷くのだ。




▲ できた! パズル完成!

これで、冬準備も第一歩を踏み出した。

Umiちゃん、ありがとうね。


コメント (4)

秋の味覚を真っ先に

2018年09月20日 21時37分22秒 | 日々の思い
9月20日(木)

巾着田の彼岸花を見て帰ってきた夕方。

宅配便が届いた。



▲ 信州のdeco さんのご友人から。

あの季節のモノでは?? とボク。






▲ 開けると

ジャーン!

やはり愛しの マ・ツ・タ・ケ

deco さんが、メールをチェックすると 「秋の味覚を真っ先にお届けよ」 と着信も入っていた。




▲ こ、こんなに大きいのが!

傘の直径9cm、柄の長さ16cm もある。





▲ 早速、今晩は松茸ご飯にしよう。

ネットで美味しい調理法をチェック。
そのとおり、手で裂いて入れるのがいいということで。




▲ 二合のご飯に

おお、こんないっぱい敷き詰めていいのかな。

これは、めちゃウマイ松茸ご飯になること間違いなし。

N&Tさん、ありがとうございました。
今年も、秋の味覚の王者を楽しませていただきます。

それにしても、今年は昨年と違って信州の松茸の作柄?は良いのですね。

信州万歳! (なんのこっちゃ)


コメント (8)

としよりの日には

2018年09月18日 21時39分28秒 | 日々の思い



▲ deco さんは、花束を。





▲ ボクは、シャツをもらった。





▲ お手紙も添えてあって。

Umiちゃん、息子、嫁Yちゃんからお祝い?励まし?のメッセージが。

小学1年のUmiちゃんは、全部ひらがな書きだったが、字が子供のそれではなくてきれいな字体だったのには驚いた(^^)。けれど、封筒は気に入っているので、返してほしいと言われた(笑)。




▲ きょうのみんなとの食事は、春巻きだ。

ママの指導を受けながら、春巻きを作るUmiちゃん。





▲ ごはんはUmiちゃんの希望で、オムライス。

春巻きもアツアツのうちにね。

息子は出張中で、残る5人だけで食べた。

新生児(7ヶ月)のMayちゃんはどこに?




▲ 食卓テーブルのうしろに敷いた布団の上だ。

わ、わー、ま、まー と、ひとりで喋りながら遊んでいるよ。

この子もこれから、どんなふうに成長していくのだろう。
楽しみだ。



コメント (4)

ふたりの孫娘と ささやかなGW

2018年05月04日 20時45分06秒 | 日々の思い
5月4日(金)

GWには、田舎に帰省した孫が祖父祖母と再会するニュースがよく流される。

「おじーちゃーん」とプラットフォームで駆け寄る孫、相好をくずして抱きかかえる祖父・・ というアレだ。一度やってみたいものだ(笑)。




▲ GWも後半に入った今日、駅に息子家族を迎えに行った。

今日から、来る孫は二人になった。
Umiちゃんの方は、何度も来てるから何もドラマチックなものはないが、それでもおばーちゃんを認めると、走り回る。


全員をクルマに乗せると、そのまま近くの三井アウトレットへ行った。



▲ さあどこへ行こうか。アウトレットの案内図を見る。

10時オープンに合わせて息子達も来たので、それほどの渋滞に会わずに入れた。




▲ 新生児・Mayちゃんはどこ?

ママの胸もとで、小さなバッグの中に隠れている。
頭部には黒い布がかかっていて、人間の子が下に潜んでいるとは、小さく出ている足を見るまでわからない。

へ~、今はこんなふうに持ち運ぶのか・・(笑)


Umiちゃんの、新しい服とか靴を買ったあと、ランチにしよう。



▲ フードコートは満員。

それでも、じじばばは先回りして、キッズ専用エリアで席取りをしていたので、すんなり座れた。





▲ うどんが好きなUmiちゃん。

伸びるうどんに合わせて、立ち上がって食べる。





▲ ボクのカルビ丼。

えっ? そんなものわざわざ見せなくていい?





▲ 買い物は、割合簡単に終わった。

きょうはコストコには寄らないの?

もう自分の会員証の期限が切れたから、入れないのだとか。
じゃあ、帰ろう。




▲ キャンカーは毎回、このバス・大型車専用の駐車場に誘導される。

ここでは、入場チケットは発券されず、時間制限もない。
だからといって、どうってことはないのだが(笑)。


じじばばの自宅に戻って。



▲ May ちゃんを、ガラガラを持ってあやそうとするdeco 。

彼女も少し疲れたのか、テーブルに腰掛けてあやす。

Mayちゃん、もう寝てるよ。

見慣れぬ場所に来ると泣き出す子もいるらしいが、我が家は初めてだが受け入れてもらえたようだ。(^^)




▲ 今シーズン初めてのスイカと柏餅。

deco の知人から送られてきたスイカ。
ありがとうございます。これ、甘くておいしかったですよ。




▲ みんなで、いただく。





▲ Umi ちゃんは、スイカがよっぽど気に入ったのか、流し台でもまだ食べていた。

うん、たくましくていいな。


Mayちゃんを、あまり連れまわすのはよくないので、このあと夕食前までに息子家族は帰った。

コメント (6)

一生涯、食いはぐれないように・・お食い初め

2018年04月30日 10時15分15秒 | 日々の思い
4月29日(日)



▲ 孫の May ちゃんが生まれ、おしめ おむつを始めて100日たった(笑)。

この時期に 「一生涯、食べることに困らないように」 との願いを込めて、食事をする真似をさせる儀式、お食い初めを、息子宅できょうやった。




▲ 「祝い膳」を前にして。

鯛は、じじ・ばばが持ち込み。
一汁三菜は、息子達が用意。




▲ お赤飯を食べさせる、まねをするばば。

おいちいでしょ。





▲ 次は、鯛も食べれるよう。めでタイな。

汁物は、吸う力が強くなるようにとの願いを込めて。




▲ 歯固め石。

歯が丈夫になるように・・。

近所の神社から拾ってきたとか。

(このあと、神社へ散歩がてら戻しに行った)





▲ では、May ちゃんのお食い初めを祝って、カンパーイ。

ついでに、Umi ちゃんの入学式を祝って、カンパーイ。
(ついでに、は余計だよ)
そしたら、Umi ちゃんが、「おじいちゃん、おばあちゃんのお誕生日も、おいわーい!」
と言ってくれて。




▲ 特注の鯛。

さすがに、食べごたえがありました。

残った分は、鯛メシにするとか。




▲ そして、ケーキだ。

”100日”祝いは、分かるが、"Happy Birthday" のプレートもあって。


4月生まれのじじ&ばば は、Umi ちゃんと Y ちゃんが選んだ、誕生日プレゼントをこの場でもらいました。



▲ ボクのシャツ (^^)




▲ deco の ブラウス(^^)

ありがとうね。





▲ ケーキも美味しかった。

近所の行列のできるケーキ屋さん(エーグルドゥース)で買ってきたとか。

生クリームがフワフワ感覚、イチゴがいっぱい。






▲ 二人の孫。

「Umi ちゃんの時も、ちゃんとお食い初めはやったんだよ」、と7年前のボクの過去記事を見せた。

あの時は、故義父・故義母の佐久の実家で。
義母がひ孫に食を与える役だったな・・・

コメント (6)

リクライニングチェアで 安楽生活を実現!?

2018年04月17日 08時00分00秒 | 日々の思い
天気が悪くて外に出れない日は、家にいるしかない。
しかも、これからは体調的に外には出れないことが多くなるかも、しれない。

 イメージ


いや正直に言えば、そんな先のことまで考えているわけではない。ただ単に、テレビを見る時ソファーに座っているのは疲れるので、リクライニングチェアに沈んで楽に見たい、と以前から思っていただけだが(笑)。

そして今回の誕生日に、意を決してリクライニングチェアを買ったことは、先に書いたとおり。リタイヤしてもう丸2年たった。少しは安楽にしてもバチは当たらないだろう。




従来のソファーを脇にやって、この安楽チェアをデ~ンとテレビの前に設置した(笑)。
電動で、傾斜が直立からほぼフラットまで倒れて、足部も上げ下げができる。
これ↑が、気に入った傾斜だ。


さてTVも飽きたし、新聞でも読もうか。
おーい、今日の新聞は?
えっ? 外出であまり読んでないから解約した?!

ボクの安楽生活に欠かせないアイテムが・・ これからなのに 
まだ準備は完全でない。


~・~・~・~・~・~・



付録;



歌手のピーター (65歳)は、リクライニングチェアを自分のキャンピングカーの中央にド~ンと据え付けている。
これは究極のキャンカー一人旅用だな。
コメント (10)

第二回の誕生日会 ~ それは愉悦の時間(とき)

2018年04月15日 20時23分30秒 | 日々の思い
4月13日(金)

義姉兄夫妻が、ボクの誕生日を祝って食事会をしてくれた。



▲ 八王子のうかい亭だ。

うかい亭にも料理によっていろいろ店があるが、今回はステーキ専門のお店だ。
例によって、初めてなのはボクだけで、あとの方は何度も来ているとかのお店。
ま、いいのだ。ボクの専門はキャンカー車内食だから(笑)。




▲ 古風な門構えから入っていく。

お義姉さんは、今回はシックな和服だ。
deco は・・ いつものとおりだ。




▲ 12ある個室のひとつに案内される。

和と洋が混じりあった大正モダンの内装に、目を見張る。


会食が始まった。



▲ 豪州産白ワインで、まず乾杯!

おめでとうございます。
ありがとうございます。


 

▲ スターター。

左: 才巻海老とアボガド
右: フォアグラと熊本産竹の子のロースト

才巻海老は車海老の小型版で、身がしっとりしっかりしていたよ。
フォアグラか牛肉かの選択だったが、あまり食べたことのないフォアグラにしたが、あのフワフワ食感はあまり好きでないな、肉のほうが良かったかな。




▲ メイン 1。

ジャーン! 今が旬の桜鯛だ。これを海草蒸しにするらしい。

やはりめでタイことなので。
ありがタイことです。


 

▲ シェフは、桜鯛の切り身の皮を下にして、上から軽く押さえて鉄板上で焼き目をつけていく。

軽く塩も振って。

調理しているあいだに出てきたのが、



▲ グリーンピースの冷やしたスープ。

えんどう豆の味が強く出ているスープだった。


さて、桜鯛に戻って、
 

▲ 皮に焼き目をつけた桜鯛を、上下に敷いたワカメで包み込むようにセットして。

真鍮のボウルを被せる。
蒸し焼きにするのだ。

このピカピカのボウルは、毎日磨くそうな。さもなくば黒ずんでくるとか。


 

▲ 蒸し終わった桜鯛のワカメを切断して(左)、細かくして炒めたアサリの入ったソースを桜鯛に振りかけると。




▲ 桜鯛の海草蒸ができた。

鯛の切り身は厚く、骨もなく、食べ応えがあった。
ソースによく浸して、ひとつひとつ惜しむように食べた。


さあ、次のメインは

 

▲ 牛肉のステーキ。

左: サーロインの部位と赤味の部位。どっちか一つの選択でも可だが、我々はハーフ&ハーフとした。
右: どちらも鉄板で焼いて。ミディアムでお願いした。




▲ サーロインはさいころ状に、赤味肉はスライス状に切り分ける。





▲ はい、どうぞ。

胡椒入りゴマ、スライスガーリック、わさびをお好みで付けながら、ポン酢、小豆島醤油に少し浸して食べる。
赤味肉は肉の旨みを感じながら、サーロインはじゅわっと広がる脂の甘さを混ぜながら、頂いた。

うむ~ うまい。

いくらでも食べていたい。


とは言うものの、至福の時はまもなく終わってしまって、

 

▲ はい、シメに入るのだ。

左: フレーク状になるまで炒めた青森産ガーリックをご飯に載せて、これまた紅花油を少しひいた鉄板の上で、何度も何度も、サッサッとひっくり返して、軽い感じのガーリックライスを作ってくれた。
右: そして、越前塗りと有田焼の器に盛り付けて、頂きました。

ガーリックライスも、うまいねー。これも、いくらでも食べられそうだった。




▲ シェフさんから、バラ二輪もらいました。


デザートは2階へ移動する。



▲ ここも重厚な内装で、上品なBarみたいで(入ったことないよ)。





▲ デザートは、ボクはシフォンケーキにした。

フワフワのケーキだ。

もう、おなかいっぱい。
満足、いっぱい。

お義兄さん、お義姉さん、今日はお祝いをありがとうございました。


西の都のKさん、Kちゃん、読んでますか。
次回は、もう一度3家族で うかい で食事をしましょう。

コメント (4)

My Birthday には

2018年04月06日 17時36分40秒 | 日々の思い
4月某日

きょうは、ボクの67回目の誕生日。
思えば、遠くへ来たもんだ(笑)。

まず、ずーと目を付けていた、大塚家具のリクライニングチェア売り場へ来た。

▲ そして、とうとうコレを買ったよ。自分へのプレゼント。

もうリタイヤして2年たった。走りまわった。
そろそろ、たまにはこれに身をあずけて、新聞を読みながら、TVを観ながら、知らぬうちにひっくり返って寝ていてもいいだろう。ん? deco さん?



その大塚家具のあとは、ここへきて、



▲ お誕生日おめでとう、カンパーイ !


ジジ&ババは、アップルジュースとオレンジジュースを飲む。
健康的なもんだ。




▲ ゴボウスープ と 赤パプリカのテリーヌ とか

バースデイメニューだ。


 

▲ 生ハム と パン

パンは焼きたてで、アチアチ。
種類を替えて次から次へと給仕されて、好きなだけ頂けばよい。


 

▲ メイン

白身魚(左)と チキン(右)

ボクは白身魚を。魚の外側はカリカリのコロモでおいしかった。




▲ この店のアーバンな(都会的な)雰囲気が、ボクは好きなのだ。

なんせ周りは、お茶畑とか雑木林が残っている田舎なので(笑)。




▲ デザート

あ、リクエストしたバッハの○○のピアノ演奏が流れてきた・・♪

誕生日の人は、リストの中からの希望曲を演奏してもらえるのだ。

(気取って、クラッシクをリクエストしたので曲名を覚えていないが)




▲ ゆっくり、コーヒーを飲み干して。

はい、まいどおなじみの、私お気に入りの サンマルク でした。

第一回 My Birthday 食事会はこれでお開きだ。




▲ また、くるよ。


コメント (12)

近所のあの桜は、どうなったのだろう

2018年04月03日 20時27分27秒 | 日々の思い
4月2日(月)

自宅でチューリップが、見事に咲いたことは分かった。

そうだ、あそこの桜はどうなっただろうか、見てこよう。
信州・佐久では、まだ桜は全く開花していなかったが、ここでは満開を過ぎているのでは・・




▲ 近くの雑木林のあるところ、へきた。

「さと山のこみち」 を通って、そのはずれにくると・・




▲ オオー、

やはり満開だ。
よかった、そんなに散っていない。♪




▲ ここは、もともと蕎麦畑。

蕎麦畑の周りにコの字形で、桜が植えてあるのだ。





▲ 正面の奥の遊歩道。

桜の花びらを敷いたような道。
歩くのが、もったいないような。





▲ 菜の花が咲いている区画があって、彩りを加える。





▲ 桜の樹と手作りのベンチ。

ここに座って、蕎麦畑の桜並木風景を、風のそよぎを感じながら眺めていた。





▲ ベンチの近くの地面には。

青色をした、なんかのベリーが小さく群生していた。


追記: もうこれはムスカリですよ(笑)




▲ 桜の樹には、その下部から小枝がつき出ていて、そこにももうサクラが数輪咲いていた。

日本の国花の桜。

開いても 桜 
散っても 桜 
我らの心を捉える桜 

とうとう春が来た。



コメント (6)