あれから50年・・アンヌのひとりごと

ズバリ!団塊の世代。ひし美ゆり子のブログsince・06・1・14

かおるちゃん!安らかに...

2012年03月23日 19時50分32秒 | ゆり子のひとりごと
今朝、まったく予期せぬ悲しいお知らせがはいった。
TVドラマ『プレイガール』で長いことレギュラーをつとめていた女優・浜かおる(浜川智子)さんが3月12日に天国へ召された。
「まさか......あのかおるちゃんが!?」

先ほど、お嬢様からお電話を頂いた。

『母は4年前に食道がんを患い治療し、もう治ったかな...と、思ってる矢先に転移が見つかり、
 今年の一月入院しましたが余命を宣告され、母も緩和ケアにと転院を考えていましたが、
 それもままならずあっという間の最期でした。母の性格もあり連絡しなくてすみませんでした。』

既に密葬でご葬儀は済ませているそうです。
 
『私..母の女優時代を知りませんので..ゆり子さんから、浜かおるを知ってる皆さまに、
 どうか宜しくお伝え下さい。
 そして、母のあまりにも急な死と、幼い子供のことで色々と忙しくしておりますので、
 どうか49日過ぎるまでそっとしておいて下さい。』
...と、付け加えた。

かおるちゃんは私と同年代、プレイガール以前から40数年来の知り合いだった。
2年程前に電話を頂いて近況を話し合った。
あの時は既にがんが発覚していたのに、一言も病気については触れなかった。
かおるちゃんらしい。気の強い女性だったからなぁ。
あの電話が今生のお別れになるとは...かおるちゃん、安らかに....合掌



在りし日の浜かおるさん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 冬木透の宇宙! | トップ | 「ゴジラ対ガイガン」米国版... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サイケおやじ)
2012-03-23 20:44:14
あぁ……。

突然の悲報に言葉もありません。
ただ、ただ、衷心よりご冥福を……。
今夜は往時の出演作を鑑賞する所存です。
そしてひたすらに合掌。

どうぞ、安らかに……。

追伸、辛いご報告のひし美ゆり子様のご心中も如何ばかりか、お察し申し上げる次第です。
まだお若いでしょうに… (リンデ)
2012-03-23 21:11:24
心からご冥福をお祈りいたします。ひし美さんの心痛もいかばかりかとお察しします。お体おいといください。
あらら。。 (クワトロセブン)
2012-03-23 23:18:40
まだお若いですよね〜。。
ゆり子さんと同年代だと思うと
思うところ大ですね。
天気も何やら悲しげです。
こんな夜は故人の在りしを偲び
静かに過ごしましょう。安らかに。。
ゆり子さんもご自愛なさってくださいね。
寂しいですね (ちゅん)
2012-03-24 00:01:35
私も最近永いお別れをしました。

いつまでもひし美さんの思い出の中に登場されることでしょう。
安らかに (Dr.サトール)
2012-03-24 02:39:39
本当に訃報が続きますね。

アンヌさん、どうか心を強くお持ち下さい。
そして今は静かに、かおるさんを送って
差し上げて下さいね。

アンヌさんもどうぞお体ご自愛下さい。
・・・ (かつや)
2012-03-24 13:57:46
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
綺麗でかっこよかったひと (misa)
2012-03-24 18:28:18
名前もかっこいいなあって
子供心に思ってた方でした。

”子”がつかないだけどもおしゃれだったし。

ご冥福をお祈りいたします。。。。
寂しいですね。 (憧れのアンヌ様)
2012-03-24 21:08:06
 ご冥福お祈りします。
プレイガール・その時代から現在へ (M・エイスケ)
2012-03-24 23:34:16
「プレイガール」・・・
アンヌさんも浜かおるさんも、「プレイガール」に出演されていたことを子供時代知りませんでした。
後からアンヌさんの著書を読んで、初めて知りました。
でも、リアルタイムで観ていたことは覚えていて、随分と夜遅く放送されていたような記憶もあります。
ネットで調べたら、夜9時からの放送だったのですね。子供時代、夜9時は深夜の部でしたね 
「プレイガール」が放送されていた時代は、他にも名ドラマが沢山ありましたね。
「キイハンター」「アイフル大作戦」「バーディー大作戦」「Gメン'75」等、痛快アクションドラマが
毎日の様に数多く放送されていて、とても、楽しんで観ていました。

浜かおるさん・・・
一目お顔を見ただけで浜さんだと覚えられるくらいインパクトを受け、印象に残りました。
アンヌさんに癌であることを告げなかったのは、大親友に心配をかけたくなかったのでしょうね。
アンヌさんに悲しい顔をさせたくない、また、自分も見たくないと思われていたのではないでしょうか。

日本の女優さんは、日本女性の代表でもありますから、「プレイガール」として、その美貌、健康的な
ボディースタイルを魅せて、世界に向け「日本女性此処にあり」というアピールを示していただきました。
そして、そのスピリッツは、現在では姿・形を変え、ファッションモデル、あるいはAKB48等、
アイドル歌手・タレント、グラビアアイドルの人達等に脈々と受け継がれているのではないかと考えます。

 浜かおるさんの御冥福をお祈り致します。
こんばんは。 (無糖歯痛)
2012-03-29 20:50:09
浜かおるさん。

プレイガールの時代、親の眼を盗んでしか見られませんでしたが、朧気ながら憶えております。

どうか安らかに。

謹んでご冥福をお祈り致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゆり子のひとりごと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事