ドルフィンベルベット

マイペース人馬の自由な日記

青草で夏バテ防止

2015年07月31日 21時22分43秒 | お馬とデート

昨日は午後からクー太郎のところへ。
やっぱり昼飼いを食べていましたが、私を見るとソワソワしだして、馬房掃除でボロを捨てに行くと、私の後を追ってぬぅ~っと顔を出しました
何回か繰り返すうちに、ガマンの限界を超えたのか、低い声でグゥ~と啼きました

暑くても、お散歩に行きたいようです。
でも、元気があるのは嬉しいことです

丘の上にあるイタリアンを美味しそうに食べ、そのまま外周の奥に行くと、そこはまるでジャングルのようでした
美味しそうな草はなくて、そのまま、奥の厩舎を回ってクローバーの残っている所に出ましたが、そこはハエが多くてクー太郎はパニック状態
またまた逃げるようにして帰ってきました。

そのままクー太郎は流し台に直行しました。
お水が飲みたかったのです。
給水して落ち着いてから、再び丘の上に行きました。
そして暫くすると自分で戻って、馬場に入りたがりました。

運動前だったので躊躇しましたが、放しました。
両面ゴロゴロして満足したのでしょう


丸洗いしたあとで、雲行きが怪しくなりました。
風も吹いてきたので、2時半過ぎに運動しました。
クー太郎、元気です

コメント (2)

夏バテ寸前

2015年07月28日 12時27分51秒 | つれづれ日記
今度は私。

家のこと、仕事のこと、で忙しく、食事をとる時間がありません。
馬に乗った後は、食欲もありません。
この2日間の夕飯はスイカでした。

でも、来週末にはデビ子と1泊2日で赤岳(八ヶ岳)に登る予定です。

筋トレもできていないし、体重はこのこの30年で最低になりました。
これ以下になると(私的に)不整脈が出やすくなる数値も切ってしまいました。

これではいけません。
なので、今日のお昼は高カロリーのロコモコ丼にしました。

やっぱり、肉ですね!
この暑さ、あと2週間も続くのだそうです。
頑張って体力つけます。

コメント (2)

元気を維持しています:クー太郎

2015年07月28日 12時22分11秒 | お馬とデート

日曜日は午前中に工務店に寄ってからクラブに行きました。
うだるような暑さで、2時3時の予約はゼロ。
ですが、クー太郎は私を見つけると出たいと言って啼きました
元気があるのは嬉しいことです

ただ、外に出して顔を見たら、やたらと白い毛(差し毛)が増えていて驚きました

歩様も問題なく、T君も駆歩をしているということだったので、折り返しをつけて騎乗することにしました。
夕方になっても暑さは変わりませんでしたが、4時半すぎから10分ほど厩舎で歩き、馬場にでてから早めに速歩をしました。
歩様は大丈夫そうです。

私がちゃんと乗るのは久しぶりなので、脚の反応がイマイチ。
拍車はつけていましたが。
なので、またまた鞭で私の脚を思い出させました。

そして駆歩。
T君が外から見ながら指導してくれました。
最初は動かさないと、と思って走らせていましたが、馬体を起こしてゆっくりな駆歩をするように言われました。

折り返しをつけてできるかな?とちょっと不安でしたが、以外にもクー太郎、ゆっくりと良い駆歩を続けてくれました

問題の左手前も、最初こそ伸びようとしましたが、駆歩と常歩を繰り返す―移行の際に左内方姿勢を崩さす、腰が逃げないようにしながら、正しい常歩をしてから発進する―と、結構良い感じで走ってくれました。

運動後の脈も落ち着いていたし、この元気を維持できたら良いなと思います。






手乗りトカゲ

まだ小さいです。
トカちゃんの行くてを手で遮ったら乗ってきました
まったく動かず、暫くこうしていました。
地面に手を付けても、降りようとしません。
本当に可愛いです 

コメント (2)

女三人プラス1

2015年07月26日 01時45分12秒 | つれづれ日記

今日は何年ぶりかに馬友3人でお食事会。
大阪から上京したHちゃんに、Kちゃん、そして名古屋から戻った私。
3人のLINEのグループ名はチャーリーズエンジェル(Kちゃん命名)

KITTEのダ・ボッチャーノに集合しました。
その前に、チャーリー(ということにしましょう)から連絡があり、結局4人で食事をしました。
まぁ、ディープな話をしたあとで、最後はドルチェ



2時間制といわれましたが、最後まで粘ってしまいました

記念撮影

驚くべきはこの、衣装?!
もちろん、偶然です。
恐るべし仲良し3人組です。
ちなみに、チャーリーは事情があって写真には写れない(・・;)ので、怪しいカメラマンになりました。

一旦チャーリーとお別れしたあとで、やっぱりもう1軒・・・、ということで、ステーションホテルのバーOakへ

メニューに気になる「東京駅」というジンベースのカクテルを発見!!
ということで、Kちゃんと私はそれを注文。
そして、Sちゃんは「新大阪」を頼みました。

もちろん、新大阪などというカクテルはメニューにはありません。
が、ちゃんと作ってくれましたよ。

オレンジ色が東京駅
そしてウォッカベースにブルーのピーチ?リキュールでUSJの地球儀を再現したという「新大阪」です。

楽しい時間はあっという間。
気づけば家まで帰る終電は終わっていて、山手線の終電で行けるところまで行って、タクりました。
そしてこの時間。

旦那は私と入れ違いで大阪、名古屋出張なので、今日は気楽ですヾ(´▽`)

コメント (2)

『きしめん よしだ』

2015年07月24日 22時28分02秒 | ごちそうさん

今日は仕事で名古屋に来ました。
暑い・・・です
ちょっと外を歩いただけで汗だくになりました。

ちょうど1年前にも同じ同僚と同じイベントできましたが、その時はやばとんに行ったのでした。
今回は、お昼が遅かったこともあり、きしめんが食べたくなりました。
ホテルのフロントでエスカの中にあるお店を教えてもらいました。



若い店員さんのイチオシのごま酢というメニュー。
冷やし中華のきしめん版のようなものですが、南瓜の天ぷらと、なんと厚焼き玉子

めっちゃ美味しかったです
おかかと油揚げのシンプルなきしめんも好きですが、これはヤミツキになりそうです

さて、本番は明日。
無事に終わりますように

コメント (2)

速歩できました

2015年07月23日 21時27分09秒 | お馬とデート

今日は一日休むつもりでしたが、朝は自宅で電話会議録音、出社して資料をコピーして発送したり・・・
できることだけやって、11時前には会社を出て、12時すぎにクラブに着きました。

月曜日の夜にロキソニンを1回飲ませ、火曜日は馬休日、昨日は左の繋部分が腫れていて、厩舎から出す一歩目が慎重だったということで、引き運動にしたそうです。

そして今日、肢はスッキリしていて、脈も落ち着いていました。
クー太郎は昼飼いを食べていましたが、私が馬房を離れるたびに顔を出して、頚をブンブン振りました。
「出して出して」のサインです
クー太郎が元気そうなので安心しました

ドキドキしながら出してみると、一歩目は少し慎重でしたが、跛行はありませんでした。
お天気が朝から雨が降ったり、晴れたり、曇ったりを繰り返し、気温は30℃くらいだったでしょうか。
風もあったので、昼のうちに騎乗してみました。

常歩はまったく問題なく・・・
いつものように馬場を大きく歩いていると、奥の厩舎の近くで突然物見をして、走り出しました
乗っている時の物見は何年ぶりだろう?
近くの中学の運動会でピストルが鳴った時にハッとして走り出しそうになったとき以来です。

カラスが異常に多かったので、何かあったのかもしれません。

15分ほどしっかり歩いて、試しに速歩をしてみましたが、跛行はありませんでした。
T君にも見てもらいましたが、大丈夫です。
終わって、少しだけお散歩もしました。

運動後も跛行はなく、ただ、指動脈だけは結構亢進していました。熱はありません。
暫く様子を見ながら運動します。



夕飼い前

コメント

跛行

2015年07月20日 22時02分40秒 | お馬とデート

今朝は旦那と車でクラブへ
夜も暑く、朝も蒸し暑く、とても乗れるような気候ではありませんでしたが、駐車場には車がいっぱい

クラブハウスへの階段を登りながら、繋がれている馬を見ると、なんとなくクー太郎に似た馬がいます。
でも、Mちゃんがお水らしきものを飲ませていたので、たっちゃんか、ヘリオスかな?と思いました。

着替えて降りていくと、なんとクー太郎は丸洗い後で、扇風機の前で涼んでいました
やっぱりクー太郎だったのです
予約ノートに記載し忘れました。

既に運動も終わっていたので、お散歩だけししょうかな?と思いましたが、洗い場から帰るときに肢の運びが怪しい・・・
そろりそろりと歩きます。
昼飼いを挟んで、お散歩に誘いましたが、厩舎の中で既に跛行していました

指動脈は触れましたが、酷い跛行ではありません。
夕飼いにロキソニンを混ぜて様子を見ることにしました。

そんなこんなで、午後はずっと厩舎で過ごしました。
窓につけている虫除けのネットを洗ったり、デリケートゾーンのお手入れをしたり。

そうそう、時々あるのですが、運動後に頻尿になりました。
30分おきくらいに、水のような比重の低いおしっこを大量にしました。
本人はいたって元気で、食欲もありました。

おしっこの量が多かったので、夕飼いの前にオガ粉を足すと


やっぱり寝ました
30分以上寝ていたでしょうか。
私も中に入って座り、子守唄を聞かせました
甘えん坊のクー太郎は可愛いです
跛行が大したことないといいな。

コメント (4)

水曜日のクー太郎

2015年07月17日 22時04分55秒 | お馬とデート

15日に6日ぶりにクラブに行くと、クー太郎、嬉しそうに鼻を鳴らしました
それからは早く出してとばかりに、頚をブンブン振り続けました
前日の馬休日には、啼いていたそうです
どうもヒカリちゃんが放牧されていたようで、クー太郎も出たかったのでしょう

午後からは仕事だったので、乗れるかな? と思いましたが、昼間は暑くてとても乗れず、運動はT君にお願いしました。
パックを取ったせいか、オガ粉は詰まっていましたが、肢はスッキリしていて、脈も落ち着いていました。
が、右前の蹄中央が縦に少し割れていました。
ひどくならないように様子をみます。







このあと、何かに驚いて急ぎ足で戻ってきて、案の定、馬場に入って行きました。

パックが取れたので、丸洗いをして仕事にいきました。
晴れた日は、お昼の騎乗はできなくなります。
夕方、涼しくなってから乗ります。

コメント (4)

ソーセージの悲しい最後-餌やりが熊を殺す-

2015年07月14日 12時21分45秒 | つれづれ日記

知床五湖のレクチャールームの建物に入るとすぐに、小学校の校庭で射殺されたヒグマの写真が目に入ります。

ソーセージの悲しい最後 (全文)

「コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。初めてであったのは1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。翌年の夏、彼女はたくさんの車が行き交う国立公園入口近くに姿を現すようになった。その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできた。観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。それからの彼女は同じクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。
我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。かつて北米の国立公園では餌付けられたクマが悲惨な人身事故を 起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。我々は彼女を必死に追い続け、厳しくお仕置きした。人に近づくなと学習させようとしたのだ。しかし彼女はのんびりと歩き続けた。

翌春、ついに彼女は市街地にまで入り込むようになった。呑気に歩き回るばかりだが、人にぱったり出会ったら何が起こるかわからない。そしてある朝、彼女は小学校のそばでシカの死体を食べ始めた。もはや決断の時だった。子供たちの通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。私は近づきながら弾丸を装填した。スコープの中の彼女は、一瞬、あっというような表情を見せた。そして叩きつける激しい発射音。ライフル弾の恐ろしい力。
彼女はもう動くことは出来なかった。瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。

彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻っていくはずだった。それはたった一本のソーセージで狂いはじめた。何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えて欲しい。」


ヒグマだけではありません。
日光の猿も同じです。
野生動物への餌やりは絶対にやめてください。

コメント (2)

知床岬クルージング

2015年07月13日 18時44分59秒 | 

日曜日は朝から晴れて暑くなりました 
午前中はゴジラ観光のクルージングに行きました。

出発早々に足の赤いケイマフリという鳥に出会いました。
「ケマ」=足、「フレ」=赤、という意味なのだそうです。
http://dc.shiretoko-whc.com/keimafuri/keimafuri/index.html 
200羽くらいしかいない希少な鳥で、ケイマフリに出会えたら良い事があると言われました。

そしてオジロワシ


この時期に見られるのは珍しいのだそうです。
私たちは本当にラッキーです。

そうそう、ホテル北こぶしでのSさんのレクチャーで、知床の3大猛禽類を教えてもらいました。
このオジロワシ、オオワシ、そしてシマフクロウとのことです。

この後、ヒグマも8頭ほどみることができました。
ちっちゃ

親子のヒグマもいました。

そして知床岬です


今回はうっすらと国後島が見えました。


カムイワッカの滝です。

3年前、第一の滝まで両親と行きました。
こんな所で落ちていたんですね。

コメント (4)