ドルフィンベルベット

マイペース人馬の自由な日記

皮質下出血

2016年12月31日 22時52分26秒 | つれづれ日記
午後、父の所にいると母からメールが届きました。
脳出血を起こしたというのです。
ただ、病院からは連絡がなく、母とはその後もメールでやり取りしていました。

病棟に電話をすると、点滴などはしておらず、担当の先生が当直なので、画像を見せて直接説明したいとのこと。
すぐに支度をして病院に向かいました。

結果は右の側頭部(だと思います)の皮質下出血でした。
術後から頭重感があり、それは動脈瘤の血栓化のサインであることが多いようですが、CTを撮ってみたら出血していたとのことでした。
術前2週間前から抗血栓薬(バイアスピリンとプラビックス)を飲んでいましたが、その量を減量して様子をみるとのことでした。

明日のCTで酷くなっていなければ良いのですが。
幸い、麻痺などはなく、恐らく出血している部位だと思いますが、母曰く「虫が這っているような感じ」がしているようです。
吐き気やめまいはなく、心電図、血圧計やサーチレーションモニターはつけられていますが、トイレは車いすで連れて行ってもらっています。

原因として考えられること(医師より)
・動脈瘤への血流がなくなり、その先の血管に負担がかかった
・抗血小板薬によるもの
・年齢的なもの

母の動脈瘤はほぼ巨大に分類されるものでした。
いずれも納得できるものです。
ステントを置いた直後から血流が変わっているのがわかりました。
それだけ効果もあるということなのですが、出血するとは…。

私の顔を見るなり泣きそうになっていた母。
治療を決めたのは私ですから、本当に申し訳ないと思います。
でも、後悔はしていません。
治療しないという選択肢はなかったのです。
あとは退院するまでしっかりフォローしたいと思います。
コメント (4)

終わり良ければ

2016年12月31日 22時17分49秒 | お馬とデート

今朝は朝飼いを食べていたクー太郎。
馬着を洗ったりして、ちょっと離れていたら、啼いて私を呼びました。



馬場に入ってもズンズン歩いていく感じ。
歩様もまったく問題なく、駈歩もしてみましたが、以前よりも後肢が踏ん張れるようになっているとT君に言われました。

明日、問題がなければ放牧できるかな?
お正月だものね。



Oさんとたっちゃん
馬たちは鼻を合わせてご挨拶

たっちゃん

チャン

今年も頑張ったお馬さんたちにお礼の人参を配りました。
来年もヨロシクね!!

コメント

筑前煮

2016年12月30日 21時44分36秒 | つれづれ日記
今日は馬はお休みして、家の用事をしました。
クイックルハンディで高い所のお掃除をして、寝具を交換して、父の布団を干して、父をお風呂に入れて、洗濯をして…
そして、筑前煮を作ってみました。
もちろん、初めてです。

父に野菜を食べさせたかったんですねー。

夕方、母の所へ行き、帰ってから味見するとちょっと薄かったので、お醤油とみりんを足して煮直しました。
まだ温かい状態だったので味がしみていなかったのでしょう。
「薄い」と。
仕方ないので少しだけお醤油をかけて食べてもらいました。

明日には美味しくなっていると信じたいです(笑)

母は点滴も取れて、明日には退院の日がわかるとのことでした。
明日は母にはごめんなさいして、「良いお年を」と病棟の扉の前で別れました。
コメント

経過は順調

2016年12月29日 22時03分54秒 | つれづれ日記
夕方は母の所へ行ってきました。
術後から不整脈(心室性期外収縮)が出ていましたが、今日は少し触れた感じでは不整脈はありませんでした。
ホッとしました。
祖母が心房細動という不整脈を持っていたので、手術を機におかしなことになってしまったらどうしようと思っていました。

今回の脳動脈瘤の手術では、動脈瘤の血流がすでに減少し、その分がその先に流れるので、血流の量が変わっています。
多少の違和感はあるかもしれません。
母も何となくスッキリしないようですが、普通(以上に?!)おしゃべりをしていたので、特に問題はなさそうです。

まだ点滴が取れないので、食事は残さず食べるように指導しました(笑)
昔から生活が不規則な人なので、3食きちんと食べることが苦痛なようですが、入院中に生活習慣も変えるように言いました。

血流が変わって、アタマが良くなるかも!!、と母には言っています。
暗示です(笑)
コメント

いつものクー太郎

2016年12月29日 21時40分29秒 | お馬とデート
クー太郎はたっちゃんの前に運動させて、お昼に20分ほどお散歩をしました。
速歩の歩様は、最初は右手前が微妙な感じでしたが、後半の速歩では問題なく動いていました。

昼飼いが終わる前に誘い出し、外周をぐるりと回ってきました。
お天気もよく、虫も少なく、最高のお散歩日和でした。

なのに、携帯を持っていくのを忘れてしまい、写真はナシ。
今度は大晦日に行きます。
コメント

最後のレッスンは太刀風

2016年12月29日 21時36分33秒 | お馬とデート
今年最後のレッスン。
プライベートなので馬の指名ができますが、たっちゃんにするかヘリ君にするか、悩んだ末に、指名するのをやめました。
結果は、たっちゃん、でした。

今日は短便を持ってちょうど良い感じ。
ただ、肩内の時に鞭が当たってしまって何度かビックリされました。
駈歩のハーフパスをしたり、最後は踏歩変換の練習をしました。
たっちゃんは姿勢を変えただけで変換することがあります。
左から右への変換は私が前傾してしまうようで、最後も失敗に終わってしまいました。

ただ、頑張った成果はあったようで、Oさんに「前よりもだいぶ乗れるようになっています」と言ってもらいました。
今年は暑さが落ち着いてから、沢山たっちゃんで練習させて貰いました。

最後のレッスンはとても気持ちよく終わることができました。
たっちゃんは名馬です。
写真を撮ろうと思っていたのですが、急いでいたので取り損なってしまいました。
コメント

手術は無事に終わりました

2016年12月27日 20時59分15秒 | つれづれ日記
今日、無事に母の手術が終わりました。
カテ室に呼ばれて迎えに行くと、会社の同僚がすでに先生とお話をしていました。
残念ながら、母の血管に入っているのは他社の製品ですが、術後の確認画像を見て、「快心の出来、絶対に大丈夫です」と太鼓判を押してくださいました。

今回のことでは、今まであまり関わることのなかった部門の同僚にどれだけサポートして貰ったことでしょう。
彼らがいなければ、恐らく、今、この恐らく日本で最高の治療を受けることはできなかったと思います。
本当に感謝しています。

その母は、術前は、「中途半端に合併症が出たらあの世に送ってほしい」と何度もいい、先生が説明するリスクばかりを考えているようでした。
手術は正味2時間程度。
麻酔を入れても3時間程度でした。
その間に、私は年賀状をほとんど書き終えることができました。

終わってICUに入り、意識がはっきりすると、一つどころではない「もうほとんどの山を越えたんじゃないかしら」と言うほど母はホッとした様子でした。

術後はカリウムが低くなり、不整脈が出ていましたが、とりあえず補正して様子をみるとのことでした。
ICUは16時までしか面会できないので仕方なく帰ってきましたが、母は手を振っていました。
ICU症候群になったりして…
まぁ、いずれにしても今日は眠れないでしょうねぇ。

さて、父は今日は家で一人、退屈に過ごしていたようです。
帰って夕食を食べ、ソファーでテレビを見ながら寝ていたところに、囲碁のゲームを持っていきました。
私は囲碁はできず、もっぱら五目並べですが…。

「眠いの?」と聞くと、すぐにゲームに気付き、無言でテーブルについて、ゲームを広げ始めました。

いきなり表情がはっきりして、ゲーム開始です。
囲碁仲間の話によれば、父の囲碁の腕はかなりのものらしいのですが、五目並べは私の方が上のようです。
15戦13勝。

父が弱いので、「本当に囲碁ができるの?」と聞いたら、笑っていました。
引っ越しの時に、囲碁のセットを捨ててしまったのはもったいなかったと、初めて思いました。
明日は父の妹が訪ねてくれる予定です。
コメント (4)

仕事納まってないけど

2016年12月26日 21時14分07秒 | お仕事
出社は今日までにしました。

朝は母を病院へ連れて行き、入院手続き。
前回と違う病棟で、スタッフも違うので戸惑ってしまいました。
ただ、2回目ということもあり、母も覚悟を決めてくれていたので、お昼から会社に行き、そのまま帰ってきてしまいました。

母とメールで色々やり取りしながら、便利な世の中になったものだなぁ…とつくづく思いました。

さて、今日は会社でノートPCにモニターを付けてもらいました。
大きい画面になって、目も頚もすっごく楽になりました。
もっと早くに設置してもらえば良かったです。

既に来年のイベントの準備やらなにやらで、仕事に終わりはありませんが、本来の仕事納めは28日なので、29日以降はしっかりお休みするつもりです。
コメント

5か月ぶりのリーベさん

2016年12月25日 22時14分21秒 | お馬とデート
夏の間、体調不良だったリーベさんが復活しました。
日記を見ると7月2日以来です。

…7月2日といえば、クー太郎に初めて乗った日です。

それはさておき、5か月ぶりでちゃんと乗れるかどうか心配でしたが、今日もリーベさんはこの下手っぴを乗せて頑張ってくれました。
大勒を使って頭を低い位置に持っていきますが、気を抜くと頭を上げてしまいます。
特に移行の時に、ちょっと緩めるとカーンと上げてしまうのです。
あー、またやってしまった。。。というのが毎回のこと。
これを経路でやったら即反抗でしょうから、Mさんもそこは厳しく指導です。

左手前の速歩と駈歩発進で尻っぱねのような、よくわからない動きを何度かされましたが、最後は私の扶助にもちゃんと応えてくれました。
後半はL1課目の要素を練習しましたが、肩内が浅いことを指摘されました。
それと、駈歩で何度かお尻が軽くなってしまうことがありました。

それでもリーベさんは気持ちよいです。
お手入れもおとなしく、前肢を洗っていたりすると私の顔に鼻先を近づけてきます。
本当に可愛いです。
楽しかったです。

これもサンタさんからのプレゼントだと思います。
コメント

本物のサラダバー

2016年12月25日 22時04分03秒 | お馬とデート

今日はだいぶ気温が下がりました。
というより、戻ったというべきでしょうか。
後肢は少し汚れていましたが、新たなボロ汁は出ていないようでした。

クー太郎は元気でした。
質はさておき、調子が良いと速歩からの停止で四肢が揃います。
駈歩は今日は左右ともに数完歩を1回だけにして終わりました。

終わってからお散歩へ。
外周の手前のところで、変な草を食べてしまったようで、その茎が噛めずにいつまでも呑み込めずにいました。
ほかの草を食べようとしても、食べられません。
仕方なく、口を開けて内容物(茎のついた葉っぱ)をとり出しました。

それからはチビチビと雑草を食べていましたが、今日は思い切って外周をぐるりと一周することにしました。

草があります



ホトケノザやハコベなど

ここは本物のサラダバーです


途中に大きな溝があり、慎重にわたらせました。
最後は丘の上り下りがありましたが、そこでは草を食べさせずにまっすぐ戻りました。
肢を痛めてから丘の上には行きませんでしたが、明日はどうでしょう。
T君に気を付けて歩様を見てもらうようにお願いしました。

コメント (2)