goo

登別市探偵事務所(興信所)のよもやま話 絶対にその頑張りは幸せな日々につながります

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『死ぬほと辛い思いをしたその後・・・』




探偵はたくさんの方々の人生に関わりを持たせていただく。




そして配偶者の浮気問題や離婚問題で




今を生きるのも辛く、死んでしまいたいと思っている方々もたくさんおられた。




だが全ての人が今も強く生きておられる。




そして日々の幸せを感じられている。




先日も3年前の依頼人(男性)からご連絡をいただいた。




当時、妻の浮気問題に悩み、自分の心も体も壊していた。




きっと生きるもの辛い日々であっただろう。




だがこの方は頑張って生き抜いた。




妻も、妻の浮気相手の男も開き直り、結局は裁判で決着する。




その後も一人ぼっちの自宅で孤独になえながら生き抜いた。




仕事もがんばり抜いた。




今は仕事も順調、新しい恋愛も始まっているとのこと。




探偵が「あれから頑張りましたね」と言うと




その方は「頑張りました、そして生き抜きました」と強く言われた。




夫のDVと浮気で悩まれたいた奥さん。




夫の暴力に怯えながらも勇気を振り絞って夫に離婚を要求する。




紆余曲折があり、離婚が成立する。




生活は切り詰めながらも子供の寝顔を見ながら




幸せな日々を過ごしているとのこと。




妻の浮気、そして妻が子供を連れて失踪する。




何とか子供の居場所を探し出し、親権者の裁判を起こす。




夫が親権を取るのは大変であった。




だが夫は頑張り抜いた。




長年、勤めていた会社も辞め、子供を育てられる仕事を見つけた。




結果、親権は夫が得た。




新しい仕事は収入も減り、生活は楽ではない。




先日、探偵のところに子供の運動会の写真が送られてきた。




楽しそうに笑う二人が写っていた。




探偵はハッキリと言います。




今が死ぬほど頑張って辛くとも生き抜いてください。




絶対にその頑張りは幸せな日々につながります。







(株)アイシン探偵事務所 登別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富良野市探偵事務所(興信所)のよもやま話 下手な駆け引きよりブレナイ要求

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は富良野市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『配偶者の浮気・駆け引きよりブレナイ要求』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




夫は開き直り、逆ギレ。




文句があるなら離婚だ・・・・




ガタガタうるさい・・・・




まるで自分の浮気を反省するどころか、妻を恫喝する。




このような場合、妻が夫と話し合いや駆け引きをしてはダメです。




いつまでに浮気をやめてくれるの・・・・




帰宅が遅くなるのは認めるから外泊はしないで・・・・




妻は「きっとそのうちに浮気をやめてくれるわ」と考える。




だが浮気問題は夫婦の重大な危機なのです。




そのような事態において




相手の顔色を見ながらの駆け引きなど意味がないのです。




浮気は許しません・・・・




浮気をやめて下さい・・・・




そうでなければアナタの浮気相手を訴えます・・・・




どうしても浮気を止めないのであれば離婚します・・・・




下手な駆け引きよりブレナイ要求です。




探偵はハッキリと言います。




配偶者の浮気問題が発覚する。




「早く浮気をやめて下さいね」




「そうでないと私は離婚を考えなくてはなりませんよ」などの




相手の顔色を見ながらの駆け引きなどしてはダメです。




「その浮気、許しません」と覚悟を持って要求してください。







(株)アイシン探偵事務所 富良野市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

深川市探偵事務所(興信所)のよもやま話 浮気問題と戦うために必要なもの・・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は深川市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『浮気問題と戦うために必要なもの』について。




私は探偵ですから『浮気の証拠』と言いたいところですが、




残念ながら『浮気の証拠』はベスト3には入りません。




例えば夫の浮気問題で悩まれている奥さん。




そして夫の浮気問題と戦おうと決断する。




その時に必要なものベスト3。




1番目に必要なもの   覚悟




覚悟がなければ何もできません。




例えどんな証拠を持っていても、




夫に「それじゃ離婚でもすればいいだろう」と言われ




ひるんでいては浮気問題と戦うことなどできません。




2番目に必要なもの   気迫




浮気をしている夫に気迫で負けていれば




やはり証拠があっても勝てません。




夫が「お前は何をしたいんだ」と開きなおり、恫喝してきても




「私はアナタの浮気を許さない、浮気をヤメナサイ」と




言い返す気迫が必要です。




3番目に必要なもの  気力




浮気問題の解決には時間がかかります。




仮に調停や裁判になれば1年はかかります。




気力を持ち続ける必要があるのです。




4番目に必要なもの  浮気証拠




浮気証拠は覚悟・気迫・気力があってはじめて生きてくる。




逆にいえばいくら証拠があっても覚悟・気迫・気力がなければ




宝の持ち腐れになってしまうのです。




探偵はハッキリと言います。




浮気問題と戦うために必要なもの・・・・



覚悟・・・




気迫・・・




気力・・・







(株)アイシン探偵事務所 深川市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

歌志内市探偵事務所(興信所)のよもやま話 」「とりあえず結婚」での離婚

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は歌志内市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『結婚という人生の約束』について。




最近、結婚観が変わってきたことを探偵は感じる。




探偵が思う「結婚」は互いの人生に責任を持つことの約束。




だが最近は「できちゃった結婚」「とりあえず結婚」的な感覚なのだろう。




例えば妻の場合・・・・




「他に好きな人ができたから別れて」




「やっぱりこの結婚は間違いだった」




「やっぱり私、結婚に向いてないかも」




「最初からアナタのことを愛してはいないわ」等などと離婚を迫ってくる。




夫の場合・・・・




「彼女に子供ができたからお前とは離婚するから」




「お前のことは女として見れないから離婚する」




「お前と離婚できないのなら俺、自殺する」




「もう家庭に給料入れたくないから離婚する」等など。




まるで結婚という責任を持っていない人たち。




恋人関係と結婚の大きな違いが分かっていないのだろう。




結婚は互いの人生に責任を持ち、二人の間に子供を授かる。




そして結婚という安心感の中で子供を育てる。




探偵はそれが結婚の意味だと思うのです。




探偵はハッキリと言います。




「できちゃった結婚」「とりあえず結婚」での離婚。




その一番の被害者はやはり子供たちです。







(株)アイシン探偵事務所 歌志内市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

砂川市探偵事務所(興信所)のよもやま話 ラブホテルを使わない浮気に対しての対処

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は砂川市を含め、北海道全域での様々な調査を承っております。




今回は『ラブホテルを使わない浮気』について。




例えば夫の不審な行動。




妻からの依頼で探偵が調査をする。




すぐに夫の浮気相手が勤務先の同僚であることが判明。




相手の女性は独身の一人暮らし。




当然、夫は相手の女性宅に入り込み、密会をしている。




相手の部屋があるのでラブホテルは使わない。




仮に裁判になり、彼女の家には何度か遊びに行ったが




浮気(性交渉)はしていないと主張した場合、どうなるのか?




まずここで述べなければならないことが2つある。




1.浮気の定義はあくまでも性交渉であること。




  キスもフェラチオも厳密にいえば浮気(不貞)ではない・・・




2.裁判所の考えが遅れていること。




  浮気関係ではラブホテルを利用すると思っている。




  実際、最近ではカーセックスをする浮気も珍しくないし、




  相手が一人暮らしの独身であれば、ラブホテルなどは使わない。




  そして相手の部屋に日中に入り込んでいても、




  日中からはセックスなどしないと考える裁判官までいる。




ラブホテルでの出入りであれば浮気証拠の撮影としては簡単である。




だが相手宅の出入り状況だけでは夫と浮気相手の女性に




「遊びに来ていただけ」との言い訳もされる。




いかに探偵といえど浮気相手の女性宅での性交渉を撮影することは無理である。




ここで重要になってくるのがその関係の親密度も確認することです。




浮気相手の家に行った場合、その滞在時間と頻度・・・




買い物に行った際に手をつないでいる状況・・・




デートをしている時の二人の表情・・・



そのような複合的に関係を証明することによって




裁判官に浮気関係(性交渉)を推認させることになります。




またカーセックスの場合はボイスレコーダーの活用です。



例えば夫が浮気相手の女性を車で迎えに行く。



そして人気のないところで長時間、駐車しているようなケースにおいては



車内にボイスレコーダーを設置する。



当然、性行為の音声が取れる。



また荒っぽい方法ではあるが、車内に盗聴器を設置し、



車内の音声を聞きながら行為のクライマックスの時に



妻がクルマに行き、現行犯で浮気を確認をしてしまう。



探偵は様々な浮気に対応する知識と術が必要になってきています。







(株)アイシン探偵事務所 砂川市ホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

根室市探偵事務所(興信所)のよもやま話 「浮気くらいいいじゃん」の価値観

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は根室市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




例えば結婚後1年の夫婦。




夫は週末は必ずお酒を飲みに街へ出る。




キャバクラ、ニュークラ、風俗店等など。




夫は悪びれた様子もなく「なんで出かけたらダメなの」と。




そして浮気がバレても「浮気くらいいいじゃん」と




妻が何を言ってもおかまいなし。




妻はやはり夫のそのような行動は許せない。




価値観が違いすぎるのである。




結婚は互いの価値観のすり合わせです。




だが、それがあまりに違いすぎるのであればどうしようもない。




ここで妻の選択肢は2つしかない。




夫の「浮気くらいいいじゃん」の




価値観を容認するのか? 離婚を決断するのか? しかない。




探偵はハッキリと言います。




一時の感情だけで結婚するのは危険です。




できるだけ互いの価値観を確認し合うべきです。







(株)アイシン探偵事務所 根室市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三笠市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 浮気をして何が悪い・・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は三笠市を含め北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『浮気の罪悪感をごまかす人たち』について。




人は自分自身の罪悪感には弱い。




あの時にあんなことを言わなければ良かった・・・




俺があんなことを言ったからアイツが死んだんだ・・・




アイツが事故にあったのは俺のせうだ・・・





人は普通の状態では適正な罪悪感を持つ。




だが浮気問題になると一変する。




普通の状態だと結婚に対しては互いの責任や




子供に対しての義務などを自覚している。




だが浮気をしだすとそれらの感覚がなくなり、罪悪感すら持たなくなる。




私が浮気をしたのは妻がちゃんと主婦をしなかったからだ・・・




子供が産まれてからは妻は母親ではあるが妻ではなくなった、




だから浮気をして何が悪い・・・




夫が仕事ばかりしていて私は寂しかった、だから私は浮気をしなのよ・・・




自分が浮気をした罪悪感をこじつけの理由で自分自身をごまかす。




そしてそのこじつけの理由を相手にぶつける。




例えば・・・・




夫は働き者の子煩悩な人物。




妻も浮気をする前までは良き妻であり、良き母親であった。




だが浮気をしだしてからは豹変する。




夫がたびたびの外出をとがめると、




「私だって息抜きが必要なのよ」と逆ギレ。




子供の食事もコンビニの弁当を買い与えて浮気相手と遊びに行く。




夫が離婚を決断し、妻と話し合いをするが




妻は自分の論理をぶつけてくるのである。




私だって自由が欲しいのよ・・・




私だって恋愛して何が悪いのよ・・・




だから離婚してよ・・・




夫にとっては到底、受け入れることのできない理由を言ってくるのだ。




この妻に取って自分が浮気をして家庭を壊し、




子供と夫を不幸にすることの罪悪感などないのだろう。




探偵はハッキリと言います。




浮気をして家庭を壊す。




そしてその罪悪感を自分勝手な論理でごまかす。




その報いは必ずアナタが償う日が来るのです。







(株)アイシン探偵事務所 三笠市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名寄市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 ため息の後は深呼吸

(株)アイシン探偵事務所   代表の高橋です。




当社は名寄市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『ため息の後は深呼吸』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




妻が夫に浮気を問いただすと夫は逆ギレ、そして開き直る。




何度も話し合いを持つが平行線。




調停、裁判、当面の別居などいずれにしても、




浮気問題の解決までには時間がかかります。




そこで重要なことは気力を持ち続けることです。




そして気力を奪うものは「ため息」です。




仕事が一息つくと、浮気問題を思い出し「ハー」




ベットに入り、眠ろうとすると不安が頭をよぎり「ハー」




ついついため息が出てしまう。




ついため息をついてしまったら、すぐに深呼吸をして下さい。




ため息で逃げて行った気力を深呼吸で自分に戻すのです。




探偵はハッキリと言います。




配偶者の浮気問題・・・・




つい出てしまうため息。




そんな時は力いっぱい「深呼吸」をして下さい。








(株)アイシン探偵事務所  名寄市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

士別市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 フェイスブックの投稿を見てはため息をつく

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は士別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『心の浮気』について。




例えば結婚して3年目のご夫婦。




二人は会社の同僚として知り合った。




結婚前、夫は別な女性と交際をしていた。




だがその女性との交際が破局した。




そんな時に妻と知り合い、結婚する。




彼女もまた別の男性と結婚する。




当初、夫は良き夫であった。




子供も産まれ、幸せな日々が続く。




ある日、夫のフェイスブックに一通のメッセージが届く。




内容はその彼女からの「お元気ですか?」の何気ないものだった。




夫はその日から態度が一変する。




俺はお前と結婚しなければ彼女と結婚したんだ・・・




俺はやっぱり彼女が好きなんだ・・・




挙句の果てに妻を罵倒するようになる。




なぜ、離婚してくれないんだ・・・




俺には彼女が必要なんだ・・・  等など。




だか彼女の方は自分の夫と仲良くやっている。




そして夫は彼女とその夫との




何気ない日常のフェイスブックの投稿を見てはため息をつく。




彼女も本当は俺とやり直したいはずだ・・・




まずは俺がお前と離婚しなければ何も始まらないんだ・・・




夫の彼女への気持ちは日増しに強くなる。




そして彼女もきっと・・・と妄想をするようになっていく。




探偵はこのようなケースのご相談をたくさんいただく。




だがこのようなケースでの対処は非常に困難である。




実際に夫とその元彼女が浮気をしているのであれば




その証拠を取り、その女性に対して




「交際中止」や「慰謝料の請求をすることができる。




だが夫の一方的な片思いと妄想ではどうにもならない。




いわゆる「心の浮気」はどうにもならないのです。




もしこのようなケースにアナタが直面した場合、




まずは「別居」をお勧めします。




夫を一人で生活をさせ、それでもまだ「妄想」をしているようであれば




やはり離婚を決断するしかないかもしれません。







(株)アイシン探偵事務所  士別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紋別市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 浮気をする人ほど「愛」を語る

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は紋別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『愛ってなんですか?』について。




探偵はつくづく思います。




「愛」を理解していない人ほど「愛」を語るのです。




例えば妻の浮気・・・・




妻はとにかく「愛」を語る。




彼のことを愛しているのよ・・・




もうアナタのことを愛することはできない・・・




この愛だけは失いたくないの・・・




他の全てを捨ててもこの愛はだけは捨てられない・・・ 等など




とにかく浮気相手と自分の愛を語る。




だが、かたわらで眠りについている子供に対しての愛は語らない。




このような浮気妻は実際に多い。




だがこのような妻たちは愛をはき違えている。




妻が語っている「愛」は単に「刺激」に置き換えることができる。




浮気相手との刺激的な時間・・・




夫とは違うセックスの刺激・・・




浮気相手と知り合ってからの刺激的な日々・・・




子供に対しての本質的な愛を知らずに浮気相手との愛を語る。




これは何をどう考えても間違いです。




探偵はハッキリと言います。




浮気をする人ほど「愛」を語る。




だが「愛」は自分の身勝手を正当化する言葉ではないのです。







(株)アイシン探偵事務所  紋別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤平市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 俺のことを信じられないのか・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は赤平市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『もう彼女とは別れた』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




当初、夫は開き直っていたが、妻の「離婚の覚悟」と「気迫」に押され、




浮気相手と別れる約束をする。




その後、夫の帰宅時間が少し早くなった。




また飲み会の回数も半分になった。




だが妻はまだ夫に対しての違和感が残る。




でも妻が夫に「本当にもう会っていないんだよね」と話をすると




「俺は別れたと言っているだろう」




「俺のことを信じられないのか」等と逆に妻を責めてくる。




妻は探偵に「本当に夫が浮気相手と別れたのか?」の調査を依頼する。




結果、夫の浮気は続いていた。




それもより親密になっていた。




このようなケースは実に多いのです。




密会のパターンを変え、会う時間帯を変えて綿々と続いている。




だが夫が「ゴメン、もう彼女とは別れる」と謝罪した場合、




妻はその後は夫を疑いづらい。




探偵はハッキリと言います。




夫の浮気・・・




もう別れた・・・・とすぐに言ってきた場合、注意が必要です。







(株)アイシン探偵事務所  赤平市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

江別市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 ラインでのやり取りは証拠になるのか?

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は江別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『LINEでのやり取りは浮気証拠になるのか?』について。




例えば夫の不審な行動が続く。




帰宅が遅くなり、休日も会社に行ってくると言っては出かける。




妻は夫の浮気を疑う。




ある日、夫がお風呂に入っている間に夫の携帯電話を覗いてみる。




浮気相手とのLINEでのやり取りを発見する。




夫       「来週、飲みに行こうよ」




浮気相手  「いいわよ、どこで待ち合わせる?」




夫    「それじゃ、いつものところで・・・」




別な日



夫   「昨日は楽しかったよ」



浮気相手  「昨日のホテルはキレイだったね」



夫   「そうだね、また行こうね」



ホテルに行ったり、飲みに行ったり等のやり取りが確認された。



妻はそのラインのやり取りの画面を写真に取る。



さて、ここで考えなくてはならないのは




「ラインのやり取りは証拠になるのか?」です。



答えは「証拠になるし、証拠にならない」です。



例えば夫にそのラインのやり取りを見せて、素直に認めて謝罪すれば、




それは「証拠」になった。



だが夫が「そんなの冗談でやり取りをしただけだ」と言ったらどうだろう。




それで終わり、証拠にはならない。



仮に妻が夫との離婚を決断し、離婚裁判になる。



そして夫の浮気が原因として慰謝料を請求する。



浮気の証拠として「そのラインのやり取り」を出す。



だかこれだけでは裁判官は「浮気の証拠」と断定しない。



基本的に電子メール(携帯電話でのメールの送受信)だけでは



浮気の証拠にならないのです。



探偵はハッキリと言います。



LINEでのやり取り・・・・




相手が認めれば証拠になる。




相手が認めなければ証拠になりません。







(株)アイシン探偵事務所  江別市ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

芦別市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 不倫関係でお花畑の上で恋愛をしている二人

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は芦別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『不倫関係という泥の上のお花畑』について。




探偵は最初にハッキリと言います。




不倫関係でお花畑の上で恋愛をしている二人。




だがそのお花畑の下は泥の沼なのです。




例えば妻子ある男性と不倫関係にある女性。




男性は包容力も経済力もあるように見える。




どんどんその男性に魅かれていく。




毎日、彼のことを想うだけで幸せを感じる。




彼と自分が毎日、お花畑で生きているような幸福感に満たされている。




だがそのお花畑の下は泥の沼になっているのです。




妻子がいるにも関わらず、不倫をする男性は




少なくとも家庭に対しての責任感はない。




また自分が結婚しているにもかかわらず、




独身の女性と交際する感覚も自分主義でしかない。




そんな男性に限って「妻とはうまくいっていない」




「俺は家族の中では孤独なんだ」等と自虐的に自分の状況を言う。




妻とうまくいっていなことは決して不倫の免罪符にはならない。




また本当に妻とうまくいっていないのであれば、




不倫をする前に前向きな離婚に踏み切ればよいだけ。




またそのように言う男性に限って普段は妻のきげんを取っている。




今、不倫をしている女性へ。




アナタの目の前にいる男性はアナタが思っているような人物ではない。




嘘と脚色でアナタの前で演じているだけなのです。




本当にステキな男性は妻とも仲良くしています。




それを気づかずにいるとお花畑の下にある泥の沼に落ちてしまいます。




どうか気づいてください。




アナタの真の出会いの相手には妻子などいないのです。







(株)アイシン探偵事務所  芦別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

美唄市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 プリウスと浮気

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『プリウスに乗っている夫は浮気をしない』について。




当社の調査車両は年間、4万キロは走る。




複数台の調査車両があるため、毎年一台づつ入れ替えて行く。




先日も10万キロ(3年間で)を超えた車があるため、




入れ替えの準備のためクルマ屋さんにカタログをもらいに行く。




そんな時、フッと思ったことがある。



これだけプリウスが走っているのに



プリウスに乗っている夫の浮気を調査したことがない。



当社は夫婦間の様々な調査を年間100件前後、依頼される。



ですから統計的な数字を出せるのだが、プリウスがない。



簡単に言ってしまうと「プリウスに乗っている夫は浮気をしない」のです。



探偵は以前から乗っている車と浮気には因果関係があると思っている。



自己顕示欲の強そうなクルマに乗っている夫の浮気率は非常に高い。



アルファード(ベルファイアも含む)



ランドクルーザー100(200も含む)



ポルシェ911(カイエンも含む)



エスティマ



ステップワゴン(オデッセイも含む)



ハイエース



また浮気をする夫はホイールを変えている。



運転マナーも悪い傾向もある。



その対極にあるのがプリウスに乗っている夫なのかもしれない。



物事を合理的に考え、トータルな維持費を計算する。



当然、その傾向が浮気をすることのリスクも計算するのだろう。



プリウスが発売されて15年。



探偵はまだプリウスに乗っている夫の浮気を調査したことがないのです。



探偵はハッキリと言います。



プリウスに乗っている夫を持つ奥さんへ。



アナタのご主人は浮気をする心配はありません《たぶん》・・・・








(株)アイシン探偵事務所  美唄市ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

苫小牧市探偵事務所(浮気調査)のよもやま話 妻が実家に行く回数が極端に増えた

(株)アイシン事務所  代表の高橋です。




当社は苫小牧市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『妻の浮気の兆候・実家に行く』について。




配偶者の浮気の対処については基本的に早い段階でする方が良い。




そして浮気をすると色々な部分で兆候が出てくる。




妻の浮気の兆候で夫が一番、分かりやすいのが「実家に帰る」です。




例えば・・・・




お母さんの具合が悪いので今日、実家に行ってくるね・・・




お父さんを病院に連れて行くから実家に行くね・・・




おねーちゃんが実家に帰ってくるから私も実家に行くわ・・・




お母さんと買い物に行ってくるね・・・・  等など。




そして妻は実家の母親に子供を預けて浮気相手と密会をする。




夫も妻が実家に行くことに文句は言いづらい。




探偵はハッキリと言います。




妻が実家に行く回数が極端に増えた場合、




それは浮気の兆候かもしれません。







(株)アイシン探偵事務所  苫小牧市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ